小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

テッドバンディってどんな人?映画のあらすじや連続殺人鬼の犯行、生い立ちについても解説

「テッドバンディとはどんな人なの?」
「テッドバンディの犯行はどのようなものだったの?」
「テッドバンディの犯行動機や生い立ちって?」

テッドバンディとは、アメリカの連続殺人鬼です。1ヶ月以上にわたり、一定の期間をおきながら殺人を繰り返す連続殺人鬼に対して使われる「シリアルキラー」の語源ともなった人物です。

彼は1974年〜1978年の約4年間で30名以上の女性を殺害したことで逮捕、死刑判決を受け、1989年1月にアメリカ合衆国フロリダ州の刑務所にて、死刑が執行されました。

しかし彼の犯行は全てが解明されたわけではなく、実際に判明している以上の被害者がいたのではないか言われています。事実、テッドバンディの告白によって発見された遺体や、事件も存在するのです。

シリアルキラー、テッドバンディ
出典:Wikipedia

彼は、イケメンでIQ160以上を誇る優秀な人物であり、それまでの「連続殺人鬼」という恐ろしいイメージを覆しました。そして驚くことに、テッドバンディには犯行時期を通して長く交際していた女性がおり、後に彼女の手記をもとに作成された映画も公開されました。

今回は、歴代の犯罪に興味を持ち、テッドバンディという人物の生い立ちや犯行の詳細について深堀りした著者が、「史上最悪の連続殺人鬼」についてご紹介します。

彼の許されざる犯罪に至った経緯や暗い過去に触れるとともに、話題になった映画のあらすじについてもお話します。

テッドバンディとはどんな人物か

名前セオドア・ロバート・バンディ
誕生日1946年11月24日
没日1989年1月24日
生地アメリカ合衆国
バーモント州バーリントン
没地フロリダ州立刑務所
死因電気椅子による死刑執行
配偶者なし
埋葬場所ワシントン州カスケード山脈

テッドバンディの生涯

幼い頃のテッドバンディ
出典:celeby

テッドバンディは1946年、アメリカ合衆国バーモント州にて、母ルイーズの私生児として誕生しました。母は当時は私生児に対する差別の目があったことから、自身の父母、つまりテッドバンディの祖父母の養子として育てることにしたのです。

テッドバンディは、高校時代までを大人しい生徒として過ごしました。成績は優秀で、大学はピュージェットサウンド大学を経て、ワシントン大学へ転学を果たします。しかし失恋をきっかけに学業不振に陥り中退すると、選挙活動のスタッフとして働き、周囲からの人気も獲得していきました。

後に彼は「シリアルキラー」として覚醒し、1974年〜1978年の間に7つの州で殺人を繰り返し、逮捕されます。雄弁な彼は人々を魅了しましたが、テッドバンディの語った犯行の詳細は極めて残忍なものであり、最高裁までで計3度もの死刑判決を受けるに至りました。

そして1989年1月24日、野次馬が刑務所前に集まる中、彼の死刑は執行されました。

テッドバンディの心の闇

平凡な少年に暗い影が降りる

祖父母の養子として育てられたテッドバンディは、祖父母を父母、母を年の離れた姉だと信じて疑いませんでした。祖父は、祖母や動物に対する加虐行動のある人物でしたが、テッドバンディには優しく接していました。それ故に、テッドバンディは祖父に対して愛情を抱いていました。

しかし10歳のとき、従兄弟が家族の真実をバラしてしまいます。テッドバンディは騙されていた事実にショックを覚え、さらには「私生児」というコンプレックスを抱えるようになったのです。同時に、騙していた母を憎むようになりました。

成績優秀な反面、小学校では凶暴な面も見られ、度々通知表に心配事として書かれるほどでした。そして高校生になると、ガールフレンドに対して奥手な一方、夜には女性の部屋を覗くことで欲を満たす、異常な性癖を覚えるようになるのです。

この頃のテッドバンディは、私生児というコンプレックスから、次第に自身の理想の姿を思い描き演じることで、精神を保とうとしていました。現実と空想の区別が徐々に崩れ、彼の心の闇は、精神の崩壊を促す結果となりました。

テッドバンディの凶行のきっかけは失恋?

人生を狂わせた恋

テッドバンディの凶行のきっかけは、ひとりの女性と言われています。彼女の名前は、ステファニー・ブルックス。1965年、ワシントン大学の在学中に出会った2人は恋に落ちました。裕福な家庭で育ち、美しく聡明であるステファニーは、まさにテッドバンディの理想とする人物だったのです。

しかし、交際はあまり長続きしませんでした。なぜなら、テッドバンディは自身が作り上げた理想像を演じていただけ。ステファニーは次第にテッドバンディの幼稚で冴えないところに気付き、別れを告げて去っていってしまったのです。

テッドバンディは失恋のショックで学業にも支障をきたし、大学を中退。この出来事がきっかけで、彼の精神は完全におかしくなってしまいました。しかし1973年に2人は再会します。今度は魅力的になったテッドバンディに対し、ステファニーが惹かれました。2人はまもなく婚約しますが、テッドバンディは復讐心から、ぱったりと姿を消し、久しぶりに連絡が取れ慌てる彼女に対して、「何のことかわからない」と電話を切ったのです。

テッドバンディの犯行が始まったのは、まさにこの時期でした。

テッドバンディは逮捕後、自ら弁護を行った

裁判中に笑うテッドバンディ
出典:ガンダルフネット

テッドバンディは犯行をスタートさせると、月に1〜数人を殺害してまわりました。しかし暴行を受けても助かった女性がいたこと、目撃情報がいくつも報告されたことから、警察は犯人の特徴をある程度把握していました。

とある小さなきっかけで違和感に気づいたトンプソン刑事は、テッドバンディを殺人の疑いで裁判にかけました。テッドバンディは脱獄と殺人を繰り返しましたが、最終的に逮捕。

しかし優秀なテッドバンディは弁護士を雇わず、自らを弁護して見せたのです。彼は自信たっぷりに無実を訴え、自身を殺人犯だと主張する警察やマスコミを批判しました。そして彼をひと目見ようと、多くの女性が傍聴席に詰めかけました。

三度の死刑判決、そして死刑執行

注目の判決とは
出典:Wikipedia

テッドバンディははじめ、女性の誘拐未遂事件で裁判にかけられました。陪審員の判決は懲役1年以上15年以下。しかし警察は、さまざまな殺人事件の裁判も準備していました。するとテッドバンディは移送先の刑務所から脱獄し、またも殺人・暴行の犯罪を犯します。

逮捕と脱獄、殺人を繰り返したテッドバンディは、ついに裁判で死刑を言い渡されます。控訴するも判決は変わらず、「極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣」として、合計3度もの死刑判決が下されたのです。

テッドバンディは死刑執行が近づくと、自らの犯行を自供し始めました。その中には遺体の発見すらされていない事件もありました。自供を引っ張ることで死刑執行の延期を目論みましたが、最終的に彼の希望は叶わず、1989年1月24日に電気椅子による死刑は執行されたのです。

映画「テッドバンディ」での描かれ方

2019年公開の映画「テッドバンディ」
出典:ファントム・フィルム公式

2019年に公開された映画「テッドバンディ」は、彼が長年交際していたリズの手記をもとに、ジョー・バリンジャー監督がメガホンをとり作成された犯罪映画です。

テッドバンディを演じたのはイケメン俳優、ザック・エフロン。映画の冒頭は1969年、シアトルにあるバーから始まります。テッドバンディは、リリー・コリンズ演じるシングルマザー、リズと出会い恋に落ちます。リズの娘モリーと3人で幸せな家庭生活を営み、ハンサムで優しいテッドバンディはよい男性そのものです。

しかし警察に職務質問をされたテッドバンディが、ある事件の疑いをかけられ逮捕されたことから幸福な生活は終わりを迎えます。彼の犯罪への関与に気付きながらも愛し続けたリズ。映画ではモリーの相手をしながら朝ごはんを作る姿も描かれており、視聴者側も「彼が本当に残忍なシリアルキラーなの?」と疑いたくなるほどです。

テッドバンディの犯行

被害女性たち
出典:Amazon

テッドバンディの犯行の始まりは、厳密に言えば特定されていません。判明している始めの事件は、1974年1月に起こったカレン・スパークスの事件です。

彼は1974年から4年間かけて、わかっているだけでも30名以上の女性を殺害、他にも多くの女性を暴行しました。

テッドバンディの犯行の詳細を、3つの時期にわけて解説します。

一部に残忍な表現が含まれていますので、ご了承の上読み進めるか、犯行の章を飛ばしてください。

1974年〜1975年、最初の逮捕まで

1974年1月4日、テッドバンディ初の被害者とされるカレン・スパークスは、当時17歳。ワシントン大学の学生だった彼女は、深夜アパートの自室で眠っていました。

テッドバンディは0時過ぎに部屋へ侵入し、カレンが寝ていたベッドフレームを破壊。取り出した鉄の棒を彼女に振り下ろし、カレンの意識がなくなるまで何度も殴りつけたのです。その後、鉄の棒で性的暴行を加えました。

カレンは一命を取り留めたものの、内臓を損傷し、障害を負うことになりました。

テッドバンディは1975年8月に最初の逮捕をされるまでに、わかっているだけでも15人の女性を誘拐して殺害しています。殺害方法は、多くが強姦後に絞殺または刺殺、撲殺でした。

脱獄後の犯行

最後の犠牲者、キンバリー・リーチは当時12歳でした
出典:COURRIER japan

テッドバンディは、逮捕後の1977年に2度の脱獄に成功しています。1度目は脱獄して2日後に捕まったものの、2度目の脱走時には6人もの女性を死傷させました。

そして驚くことに、6人のうちの4人は同じ大学の学生で、学生寮に侵入したテッドバンディは一晩で4人を襲ったのです。ストッキングでの絞殺、性的暴行のほか、刃物で切りつけるや顎を砕くなどして立ち去りました。

そして移動の道中にも1人に重傷を負わせ、最後の被害者キンバリー・ダイアン・リーチを殺害したのです。彼女は行方不明になってから1ヶ月後に、豚舎で一部ミイラ化した無残な姿で見つかりました。

逮捕、被害者の特徴は黒い長髪の女性

被害女性たちの特徴、わかりますか?
出典:mehvaccasetudies.com

1978年2月、テッドバンディは職務質問をされた際、盗難車に乗っていたことから逮捕されました。逮捕した警官は、彼が指名手配中の連続殺人犯とは知らぬまま移送しましたが、去り際に「いっそのこと殺してくれればよかった」という言葉を耳にしています。

そしてテッドバンディの被害者には、皆同じ特徴がありました。それは「黒い長髪で、前髪をセンター分けした女性」という点でした。この特徴は、以前失恋したステファニー・ブルックスに酷似しており、彼の性的嗜好やステファニーへの憎悪があったことなどが指摘されています。

テッドバンディの事件には、正式な被害者数や、本当の犯行理由などについては解明されていない部分も多くあり、今なお人々の関心を集めています。

1 2

コメントを残す