小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

世界で一番悲惨な事件17選まとめ!日本で起きた悲惨な事件も紹介

今日までに世界中では多くの事件が起きていますが、その中には身の毛もよだつような恐ろしい事件が多くあります。殺人を楽しんでいるもの、人を苦しめることを楽しんでいるといった恐ろしい殺人も存在するのです。

この記事ではそんな事件の中から、「世界で一番悲惨な事件」と考えられる事件を17選紹介します。おぞましい事件ばかりですので、閲覧は自己責任でお願いいたします。

満月の狂人 | アルバート・フィッシュ – 1910~1935年

アルバート・フィッシュ
出典:Wikipedia

19世紀のアメリカでアルバート・フィッシュという殺人鬼に、立証できただけで15名、自供では400名殺害したという連続殺人事件です。被害者は特に6歳以下の子供が多く、「苦しむ姿を見たい」と2週間に渡って拷問を受けた末に性器を切り落として殺害された被害者もいます。

フィッシュは非常なマゾサド思考であり、同性愛者でもあり糞尿を食したりなど倒錯した性癖を持った人物でした。しかし一見紳士的な外見と、貧民層をターゲットにしていたこともあり、25年にも渡って殺人を続けていたといいます。

殺害された被害女性
出典:SIP

フィッシュが逮捕されるきっかけとなった事件は、新聞に掲載されていた求人先の家から被害者の女児を連れ出して殺害。食人に及んだといいます。犯行から6年後被害者宅に不気味な手紙が届きました。内容は食人の感想が書かれていましたが、その手紙を手がかりに逮捕されています。逮捕の1年後、電気椅子により処刑されました。

アルバートフィッシュとはどんな人?起こした事件や結末、生涯を紹介

ワグナー事件 | エルンスト・アウグスト・ワーグナー – 1913年

エルンスト・アウグスト・ワーグナー
出典:Murderpedia

1913年にドイツで発生した大量殺人事件です。犯人のエルンスト・アウグスト・ワーグナーは、14名を殺害し、12人に重軽傷を負わせています。犯人はミュールハウゼン村の教師として赴任してきた人物で、周囲は「礼儀正しく穏やかな人物」と評していましたが、ある日突然妻と4人の子供を刺殺。

そしてミュールハウゼン村をあちこち放火し、炎から逃げる住民を次々に銃殺。男性のみ負傷させるつもりだったそうですが、女性にも死傷者がでています。被害者の大半は心臓を撃ち抜かれ死亡しました。最後は住人や警官に打ちのめされて重傷を負い、逮捕されています。

ミュールハウゼン村(現在はミュールアッカー市となっている)
出典:Wikipedia

犯人の犯行の動機は、

「ミュールハウゼン村の赴任した時に酒に酔って獣姦したという噂を流されたから」

というものでした。そして村人に復讐してから自殺しようと考えたものの、残された家族がかわいそうと感じ殺害したと供述しています。ワーグナーは裁判にかけられますが、パラノイア傾向から責任能力がないと判断され療養所に収監されています。結局犯人は、1938年に結核で死去しました。

カール・パンズラム事件 | カール・パンズラム – 1920~1928年

カール・パンズラム
出典:Wikipedia

カール・パンズラム事件とは、アメリカでカール・パンズラムという男が起こした連続殺人で、立証されていない人も含めて22名を殺害、その他1000件以上の同性愛行為、何千もの強姦や放火を行ったといわれています。

初めての殺人は、ニューヨークで10名の水夫をレイプした後に殺害し、海に捨てています。他にもワニ狩りと称して雇った6人を沼地で殺害し、遺体をワニに食べさせたりもしました。そして男性相手の強姦を繰り返し殺害。しかし生まれついた同性愛ではなかったといいます。

遺体をワニに食べさせたという

1928年に逮捕され懲役25年の刑に服していましたが、数か月後に死刑を望み、洗濯場の作業監督を鉄棒で殴り殺して起訴されています。そして望みどおりに死刑が決まり、絞首刑に処されました。最後の言葉は、

「さっさとしろよ。田舎者め。お前がもたもたしているうちに、俺なら10人は殺せるぞ!」

だったそうです。

おもちゃ箱の殺人鬼 | デイビット・パーカー・レイ – 1950~1999年

デイビット・パーカー・レイ
出典:441 notepad

1950年頃から1999年に逮捕されるまでの約50年間、自らのトレーラーハウスを拷問部屋に改造したデイビット・パーカー・レイにより恐らく14~60人程殺害された事件です。トレーラーハウスから逃げ出した女性により事件が発覚。女性は裸で頭などを負傷しており、鎖の繋がった南京錠がついた首輪をしていたといいます。

女性の証言により、レイのトレーラーハウスを捜索すると、山ほどの拷問道具や拘束用道具が詰め込まれており、犯罪の様子を録音したテープまで並んでいたといいます。レイはこのトレーラーを10万ドル程度の大金を使って改造し、「おもちゃ箱」と読んでいたといいます。1950年代くらいから女性を監禁し、拷問を繰り返していたようです。拷問の様子は録音・録画しており、被害者に薬物を投与して記憶をあいまいにさせて解放していました。

トレーラーの中にあった道具
出典:ASAVA MINO

しかし拷問の末に死亡した人数は14~60人程にのぼるだろうと考えられています。レイは懲役224年の判決が下り刑務所に服役していましたが、2002年に心臓まひで死亡しています。

恐怖の館住人 | フレッド&ローズウエスト – 1967~1994年

フレッド&ローズウエスト夫婦
出典:海外のシリアルキラー

イギリスで1967~1994年の間に、フレッド&ローズ・ウエストという夫婦により12名が殺害された事件です。被害者を拉致・強姦・拷問の末に殺害しバラバラにして自宅に遺棄していました。その中には、自分の実の子供も含まれていたといいます。事件があった館は「恐怖の館」と呼ばれることとなります。

二人は近親相姦が当たり前の環境で育ったために、子供と性交し、妻と娘を売春婦として働らかせ収入を得ていました。そして虐待の延長で娘を殺害。その他にもベビーシッターの女性などを殺害し被害者は12名にも及びました。フレッドは女性の体に異常に執着していたといい、殺害した女性の体を解体し、妊娠している被害者の遺体は胎児を取り出していたといいます。

恐怖の館跡、現在は遊歩道となっている
出典:ハナママゴンの雑記帳

自宅から発見された遺体はほとんどが、バラバラに解体された状態だったそうです。夫婦は1994年に逮捕され、フレッドは刑務所で自殺、ローズは10件の殺人事件で終身刑を受け刑に服しています。

メアリー・ベル事件 | メアリー・ベル – 1968年

メアリー・ベル
出典:怖い話ネット

弱冠11歳のメアリー・ベルが、3歳と4歳の男児を殺害した事件です。最初に4歳の男児が空き家で絞殺されましたが、子供の力で絞殺したために跡が残らず突然死として処理されてしまいます。この殺人のあと、メアリーは被害者親族と接触。そして「マーティンはいないのよ」というと、「いなくなったのは知っている。あの子が棺に入っている姿を見たいのよ」といってニヤニヤ笑ったといいます。

事件から2日後の朝、近所の保育所が荒らされており、教材の中から4枚の紙切れが見つかります。そこには「わたしがころした、またやってくる」「くそったれ、わたしがころした。きをつけろ。おまんことおかまより」など事故死ではなく殺人を示唆した内容が書かれていました。しかし子供のいたずらと判断され、事件性はないと判断されてしまいます。

保育所に残されていた紙切れ
出典:殺人博物館

そしてメアリーは最初の事件から2か月後に、3歳の男児を殺害します。死因は「子供による絞殺」で、体には無数の切り傷があったといいます。そこで近所の子供を調査し、今までの行動からメアリー・ベルが浮上。逮捕されています。メアリーは2件の殺人で有罪となり矯正施設で過ごしますが、23歳の時に出所。現在は孫もいて、自伝を出版し物議を醸しています。

元祖シリアルキラー | テッド・バンディ – 1974~1978年

テッド・バンディ
出典:Wikipedia

1974~1978年にかけてテッド・バンディという男が、アメリカの7つの州をまたがり少なくとも30名を殺害した事件です。女性たちは性的暴行され、遺体を切断された上に屍姦されています。犯人のテッド・バンディは、いわゆるイケメンで高学歴な男性であったため、当時の人は大変驚いたそうです。

彼が常に狙った女性は「長いストレートヘアーをセンターわけした知的な10代後半から20代前半の白人女性」だったといいます。手口は大体けが人を装って女性に話しかけ、荷物運びを手伝ってもらってい油断したところで殺害でした。

被害者女性、センターわけした女性を多く狙ったという
出典:Wikipedia

しかし「待ち合わせがある」と逃げた女性の証言で犯行が発覚。一度逮捕され刑務所に入るも脱獄し、逃亡先で更に殺人を重ねています。女性たちは強姦された上に頭を強く殴られ、体中は嚙みちぎられている被害者もいたそうです。しかし車の窃盗がきっかけで再逮捕されました。当然死刑が宣告され、1989年に電気椅子で死刑執行。遺体は新聞にカラー写真で掲載されたそうです。

テッドバンディってどんな人?映画のあらすじや連続殺人鬼の犯行、生い立ちについても解説

ミルウォーキーの食人鬼 | ジェフリー・ダーマー – 1978~1991年

アメリカで1978年から1991年にかけて17人の青少年を絞殺し、死姦した後に人肉食が行われた連続殺人事件を起こした事件です。食人していたことから「ミルウォーキーの食人鬼」と呼ばれました。

殺害後は床下で解体し、近くの森に捨てていたそうです。「ジェフリー・ダーマーの神殿」と呼ばれるアパートに引っ越してからは、「ロボトミー手術」と称して生きたままドリルで頭蓋骨に穴をあけ、そこから塩酸を流し込んだりもしています。しかし17人目の犠牲者が出た後に警察により逮捕。

ジェフリー・ダーマーの冷蔵庫
出典:Amino

部屋の冷蔵庫の中には、死体の肉片、酸で溶かされる途中の胴体などがありました。冷蔵庫を運び出すときは、野次馬が嘔吐するほどの悪臭だったそうです。逮捕後ジェフリーは終身刑を言い渡されますが、刑務所清掃中に同じ囚人に殺害されました。

ジェフリー・ダーマーとはどんな人?ミルウォーキーの食人鬼の全て
1 2

コメントを残す