【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

人類史上最悪の事件15選まとめ!世界から日本の事件まで紹介

アメリカ連続殺人犯 | ロバート・ハンセン – 1971~1983年

ロバート・ハンセン
出典:441 notepad

アメリカのアラスカ州で起こった連続殺人事件です。立件されただけで17名、実際は30名以上殺害したと考えられています。事件の発覚はトラック運転手から「裸足で手錠をかけられた女性を乗せた」という通報からでした。犯人として挙がったのはロバート・ハンセンというパン屋で、人当たりが良いため当初警察も半信半疑だったものの凶器のライフルが発見されたために逮捕されています。

逮捕されたロバートの供述によると、売春婦を獲物に見立てた「狩猟ゲーム」をしていたことが判明。ターゲットは10代の家出少女や売春婦で、自宅に連れ込み暴行して小型飛行機に乗せて人気のない荒野に行き、逃げ惑う女性を追い回し射殺していたといいます。逮捕後ハンセンは禁固461年の刑を受け服役していましたが、2014年に刑務所で死去しました。

アメリカ連続殺人犯 | エドモンド・ケンパー – 1972年

エドモンド・ケンパー
出典:Wikipedia

1972年のアメリカ・カルフォルニア州で、8人の女性が犠牲になった事件です。被害者は女子大生が多く、殺害後に屍姦されて、山や海に遺棄されていました。当初捜査は難航していましたが、別件から逮捕されたエドモンド・ケンパーが連続殺人の自供を始めたことにより事件が進展しました。

犯人は警察官が仕事帰りに通うバーの常連で、人当たりが良かったために警察官と親しくしていたといいます。「母親を殺した」と自首してきたのがきっかけで逮捕。ケンパーは日ごろから殺害に対する妄想を持っており、現実でも被害者の頭部などを使って屍姦後に遺体を遺棄したと供述しています。

サンタクルーズという小さな町で異常な事件が起こった
出典:Wikipedia

最後に殺害した母親も、遺体をバラバラにした後に頭部を使って屍姦したそうです。逮捕後本人は死刑を望んでいましたが、一時的に死刑が停止されていたために終身刑を言い渡され現在も服役しています。

アメリカ連続殺人犯 | テッド・バンディ – 1974~1978年

テッド・バンディ
出典:Wikipedia

1974~1978年の間に、アメリカで36名の女性が強姦・殺害された事件です。これはあくまで立件で来た数であり、実際は100人以上に及ぶのではないかと予想されています。事件の犯人は、テッド・バンディという一見容姿端麗な青年だったことも、世間を驚かせました。

殺人のターゲットになったのは「長いブルネットのストレートヘアーをセンターわけした10代後半から20代前半の白人女性」でした。犯行の手口は怪我を装い、荷物を運ぶのを手伝ってもらい油断したところを殺害というものでした。殺人のペースもハイピッチで、1か月に3名行方不明になった時期もあります。

被害者女性、センターわけした女性を多くねらったという
出典:Wikipedia

結局逮捕されましたが、2度脱獄に成功しています。脱獄後は偽名を使い生活をはじめますが、すぐに殺人を再開しています。再度捕まるまでトータルで30名以上殺害しました。バンディは裁判で弁護士を置かずに自ら弁護を行っています。そして婚約者と裁判中に結婚。死刑執行まで何百というファンレターが届いたそうです。バンディは執行直前まで容疑を否認していましたが、電気椅子で処刑されました。

テッドバンディってどんな人?映画のあらすじや連続殺人鬼の犯行、生い立ちについても解説

人民寺院集団自殺事件 | ジム・ジョーンズ – 1978年

教祖のジム・ジョーンズ
出典:Wikipedia

カルト教団で起こった918名の集団自殺事件です。人民寺院という宗教は、創設者のジム・ジョーンズによって始まった宗教でした。人民寺院は若者や黒人、お年寄りなどの社会的弱者を救済しており、時代のヒーロー的な存在だったといいます。信者の半数近くは黒人であり、彼らの衣・食・仕事を与えていたといいます。

しかし脱会者によって、性暴力・差別・拷問が発覚。身の破滅を予感したジョーンズは南米のガイアナに移住して、自給自足の生活をし、自らの土地を「ジョーンズタウン」と呼んでいたそうです。しかし1978年にアメリカ議員が調査のためにジョーンズタウンを尋ねると、複数の信者に「脱会したい、助けてほしい」と詰め寄られたといいます。

集団自殺の現場
出典:japaneseClass.jp

そのために再度議員はジャーナリスト3名を引き連れ、教団離反者を引き取り空港に向かうものの、信者の銃撃に合い死亡してしまいます。その日の夕方にジョーンズは集会を開き、信者約900名と共に集団自殺しました。自殺者の中には、無理やり自殺を強要された人、逃げるところを銃殺された人も主に子供で300名程いたそうです。ジョーンズ自身は拳銃自殺しています。

アメリカ連続殺人犯 | ジェフリー・ダーマー – 1978~1991年

アメリカで男性17名が連続殺害された事件です。犯人のジェフリー・ダーマーは黒人少年を好んでおり、自らのアパートに誘いこんで薬物を飲ませ動けなくなったところを殺害。電動のこぎりを使用して遺体を切断し、性器や手などは入れ物に入れてベッドの横に置いていたといいます。

後のダーマーの下の階の住人が「大きな声で誰かと話していた」と証言していますが、これは誰かといたわけではなく、遺体と話していたといわれています。そして被害者が逃亡し警察に証言したことにより、犯行が発覚。警察が室内に入ったときには、室内にハエが飛び回るほどの悪臭であり、残虐な事件に慣れた警官ですら嘔吐したといいます。

遺体は調理して食べたと証言している

冷蔵庫の中には人間の頭部があり、後にダーマーは遺体の一部を切り取っては塩コショウで味付けをして食べたと証言しています。判決は懲役936年が下され、コロンビア連邦刑務所に収容。全面ガラス張りで監視という異例の待遇をうけていたといいます。ダーマーは1994年に、同じ刑務所の黒人囚人に殺害されました。

ジェフリー・ダーマーとはどんな人?ミルウォーキーの食人鬼の全て

華城連続殺人事件 | イ・チェンジェ – 1986~1991年

イ・チェンジェ
出典:映画.com

華城連続殺人事件は韓国で、1986~1991年までの間に10代から70代までの10名が殺害された事件です。事件は時効を迎えていましたが、2019年に犯人が別の刑で服役中のイ・チェンジェだと判明しています。

10名はいずれも華城市近辺で被害にあっており、中にはストッキングで手を縛られて強姦されている女性も複数いました。見つかった遺体は下半身のみ裸にされているものや、被害者の陰部に所持品であるボールペンやフォーク、傘などが刺さっていたといいます。

事件現場
出典:HARYU

事件は何人か容疑者が浮上し、中には過酷な取り調べにより死亡したり、拷問のストレスで釈放後に自殺した人物もいました。しかし2006年に時効が成立してしまったものの、2019年にDNA調査により犯人が特定。しかし時効が成立してしまっているために罪に問えず、警察の捜査の杜撰さも指摘されているようです。

ロシア連続殺人犯 | ミハイル・ポプコフ – 1992~2010年

ミハイル・ポプコフ
出典:SUBUURTUREAT

ロシアで1992年から2010年にかけて、78名(推定は81名)の女性が殺害された事件です。犯人のミハイル・ポプコフは、3都市にまたがって78名を殺害。「狼男」とあだ名されました。

犯人は警察官であり、警察官の服を着て被害者に近づき性的暴行。ナイフや斧・ドライバー・バッドなどで殺害し、遺体を切り刻んでいました。警察官であったために捜査は難航しましたが、事件跡に警察車両に使用されている車種のタイヤ痕を発見。現職警察官と元警察官のDNA判定をし、ミハイル・ポプコフにたどり着いたといいます。

犯人の職業は警察官だった

結局立証されただけで78名、自供はあったものの証拠が足りずに立証できなかった3名、合わせて81名を殺害したと見られています。ロシアには死刑がないために、終身刑を言い渡され収監されています。

地下鉄サリン事件 | 麻原彰晃 – 1995年

現場の一つとなった霞ヶ関駅
出典:Wikipedia

宗教団体オウム真理教によって、帝都高速度交通営団(現:東京メトロ)で発生した同時多発テロ事件です。地下鉄に神経ガス・サリンがまかれ、死者14名、負傷者6,300名に上りました。平時の大都市で無差別の化学兵器の使用は、世界でも類を見ないものでした。

犯人は麻原彰晃が教祖のオウム真理教で、国家転覆を目論むクーデターの意味合いと、強制捜査の矛先を別に向けるためにサリンをばらまくという理不尽な理由だったといいます。犯行は麻原彰晃を含む犯人18名で、丸の内線、日比谷線、千代田線を標的として実行しました。

首謀者の麻原彰晃
出典:JapaneseClass.jp

結局オウム真理教が恐れていた強制捜査は予定通りに実行。決定的な証拠は掴めませんでしたが、2か月後に実行犯の1人、林郁夫が自白したため警察はオウム真理教の支部「第6サティアン」を強制捜査。麻原たちを地下鉄サリン事件の実行犯として逮捕したのです。結局幹部のうちの6名が死刑宣告を受け、2018年に刑が執行されました。

地下鉄サリン事件とは?経緯や目的、犯人まとめ【被害者の後遺症も紹介】

タイ連続殺人犯 | アピチャイ・オンウィシット – 2021年

アピチャイ・オンウィシット
出典:海外B級ニュース

タイの首都バンコクで、アピチャイ・オンウィシットという人物により300人近い人物を殺害し、自宅に遺棄していた事件です。現在も調査中であるとのことですが、人類史上最悪な事件の一つになることは間違いないといわれています。

アピチャイは資産家の息子であり、親の遺産で悠々自適に暮らしていたといいます。そして交際した女性を次々と殺害。殺害後は自宅の池に中に投げ込んで、池に飼っている大型の肉食魚・アリゲーターガーを放し飼いにして食べさせていました。

アリゲーターガー
出典:Wikipedia

現在も調査が続けられており、人数はもっと増え続けると見られています。余談ですが、資産家だった犯人の父も、15歳の少女を殺害した罪で銃殺刑に処されているそうです。

人類史上最悪の事件に関するまとめ

今回「人類史上最悪の事件」ということで、被害数・残虐性などが突出している事件を紹介しましたが、あまりの惨さに執筆しながら嫌悪を抱かずにはいられませんでした。しかしこういった事件があったことを知って、今後このようなことが起こさない手助けになればと願ってやみません。

1 2

コメントを残す