【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

日本の三大凶悪事件【概要や犯人の素性も紹介】

現在に至るまで、日本では数多くの犯罪や事件が起きてきました。

凶悪性が類を見ない事件もあったため、当時のニュース映像や報道が脳裏に焼き付いている人もいるのではないでしょうか。

今回は、中でも特に凶悪性が高かった下記3つの事件を、「日本三大凶悪事件」と題し紹介します。

  • オウム真理教事件
  • あさま山荘事件
  • 世田谷一家殺害事件

事件の概要はもちろん、犯人の素性や事件発生から解決までの過程も詳しく細に解明していきます。ぜひ最後までご覧ください。

今回は、警視庁のデータをもとに日本三大事件を選定しております。

この記事を書いた人

一橋大卒 歴史学専攻

京藤 一葉

Rekisiru編集部、京藤 一葉(きょうとういちよう)。一橋大学にて大学院含め6年間歴史学を研究。専攻は世界史の近代〜現代。卒業後は出版業界に就職。世界史・日本史含め多岐に渡る編集業務に従事。その後、結婚を境に地方移住し、現在はWebメディアで編集者に従事。

日本三大凶悪事件①:オウム真理教事件

オウム真理教のシンボル
出典:Wikipedia

オウム真理教事件は1988年9月から1995年5月までにオウム真理教が起こした45の事件のことを指します。オウム真理教は後ほど紹介する麻原彰晃を教祖とした新興宗教団体のことです。

最初は和気あいあいとしたヨガサークルが新興宗教団体となり、オウム真理教の陰で麻原は国家転覆を計画。これにより、29人の死者と6000人の負傷者を出す戦後治安の良い日本を震撼させる事件となりました。

オウム真理教とは?起こした事件や幹部、修行法を解説【現在の活動も紹介】

首謀者は麻原彰晃

麻原彰晃
出典:週刊女性PRIME

麻原彰晃は本名松本智津夫と言い、熊本県の貧しい家庭に1955年に生まれました。生まれつき左目があまり見えていなかった麻原は、6歳になると盲学校に転校。当の本人はこれに対して親に捨てられたと思っていたようです。

オウム真理教結成後は、ポアという自身の関与した殺人を肯定する言葉と共に活動を開始。1990年には衆議院議員選挙で真理党代表として出馬します。しかし、結果は落選で終わります。

この頃からポアの意識がさらに強くなり、武器の密造やサリンの開発に着手。そして、悲劇的な事件を引き起こしました。

麻原彰晃とはどんな人物?生涯年表まとめ【事件の理由や生い立ち、妻や娘についても紹介】

事件発生から解決までの経緯

1988年9月22日
在家信者死亡事件(事件発生)
1989年2月10日
男性信者殺害事件
1989年11月4日
坂本堤弁護士一家殺害事件
1990年
国土法違反事件
1991年頃
女性信者殺害事件
1992年9月14日
オカムラ鉄工乗っ取り事件
1993年11月
第一次池田大作サリン襲撃未遂事件
1993年7月2日
第二次亀戸異臭事件
1993年11月~
サリンプラント建設事件
1993年12月18日
第二次池田大作サリン襲撃未遂事件
1994年1月30日
薬剤師リンチ殺人事件
1994年2月~
自動小銃密造事件
1994年3月27日
宮崎県資産家拉致事件
1994年5月9日
滝本太郎弁護士サリン襲撃事件
1994年5月~
LSD密造事件
1994年6月27日
松本サリン事件
1989年2月10日
男性信者殺害事件
1994年7月~
覚醒剤密造事件
1994年7月10日
男性現役信者リンチ殺人事件
1994年7月15日
元仙台支部長死亡事件
1994年7月28日
元女性看護師拉致監禁事件
1994年9月~
チオペンタールナトリウム密造事件
1994年9月20日
江川紹子ホスゲン襲撃事件
1994年11月20日
鹿島とも子長女拉致監禁事件
1994年12月
府中運転免許試験場侵入事件
1994年12月~
メスカリン密造事件
1994年12月2日
駐車場経営者VX襲撃事件
1994年12月9日
大阪における拉致監禁事件
1994年12月10日
ピアニスト監禁事件
1994年12月12日
会社員VX殺害事件
1994年12月28日
三菱重工広島研究所侵入事件
1995年1月
自動車免許証偽造事件
1995年1月4日
被害者の会会長VX襲撃事件
1995年2月28日
公証人役場事務長逮捕監禁致死事件
1995年3月15日
霞ケ関駅アタッシュケース事件
1995年3月19日
大阪における拉致監禁事件
1995年3月19日
島田裕巳宅爆弾事件
1995年3月19日
東京総本部火炎瓶投擲事件
1995年3月20日
地下鉄サリン事件
1995年3月20日
名古屋における老女拉致事件
1995年3月22日
第6サティアン礼拝堂信者監禁事件
1995年3月22日
第10サティアン信者監禁事件
1995年4月-5月
新宿駅青酸ガス事件
1995年5月16日
東京都庁小包爆弾事件(麻原逮捕により一連の事件収束)
オウム真理教青山総本部
出典:Wikipedia

1988年9月オウム真理教信者が錯乱後に意識不明し死亡した在家信者死亡事件が起こります。その後の男性信者殺害事件、坂本堤弁護士一家殺害事件での関与を疑われますが、否定。

その後は1995年5月に東京都庁小包爆弾事件に引き起こしますが、同年同月に麻原が逮捕されます。逮捕をきっかけにオウム真理教は解散。2018年に麻原を含むオウム真理教幹部が死刑執行されたことにより、一応の収束をみせました。

しかし、オウム真理教事件での被害者の中には未だにサリンの後遺症に苦しむ方がいます。悲惨な事件となった2つのサリン事件である、松本サリン事件と地下鉄サリン事件の詳細を下記に記載します。

オウム真理教事件を一覧で紹介!わかりやすく時系列でまとめて解説

1994年6月:松本サリン事件

松本サリン事件の新聞記事
出典:世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

松本サリン事件は1994年6月に長野県松本市で発生したテロ事件です。事件のきっかけは、土地を巡った問題でした。

松本市に支部道場と食品工場を建設するため、土地購入や賃貸をオウム真理教は行います。しかし、反対派による民事裁判で支部道場のみの土地しか得られず、報復として今回の事件が発生しました。

この事件での死者と負傷者は8人と約600人。また、戦争状態のない国でサリンが一般人に無差別に使用された世界初の事例となりました。

1995年3月:地下鉄サリン事件

被害を受けた電車
出典:Wikipedia

地下鉄サリン事件は1995年3月に東京都で発生した同時多発テロ事件です。この事件では東京メトロの丸ノ内線と日比谷線、千代田線にサリンが散布。また、平日朝の通勤ラッシュ帯に発生したこともあり、首都圏に混乱が起こりました。

首都で起きたテロ事件だけあって死者は14人、負傷者が約6300人と戦後の日本で最も悲惨な事件となりました。今も地下鉄サリン事件の被害者の中には、視力低下や寝たきりといった肉体的にサリンの後遺症に苦しむ方。PTSD(心的外傷後ストレス障害)で電車に乗れなくなった方がおり、事件を忘れたくても忘れられない方が多くいます。

地下鉄サリン事件とは?経緯や目的、犯人まとめ【被害者の後遺症も紹介】

日本三大凶悪事件②:あさま山荘事件

浅間山荘
出典:Wikipedia

あさま山荘事件は、1972年2月19日から2月28日にかけて、長野県北佐久郡軽井沢町の浅間山荘にて起きた人質立てこもり事件です。当時の状況はテレビで報道され、平均視聴率は50.8%を記録。この視聴率は2021年でも破られることのない報道特別番組における日本記録です。

また、マイナス15度の中で事件解決に当たった機動隊に向けて、手軽に温かい食事ができる日清カップヌードルが配給されました。食事の様子がテレビで写されたことで、カップヌードルが大ヒットしたことでも知られています。

あさま山荘事件とは?概要から原因、与えた影響まで分かりやすく解説

犯人は連合赤軍の残党

連合赤軍のリーダー森恒夫
出典:朝日新聞DIGITAL

浅間山荘に立てこもった犯人である連合赤軍は日本の極左テロ組織で、共産主義者同盟赤軍派と日本共産党神奈川県委員会が合流して結成されました。この年代の左翼団体は、1人を対象に指摘や意見を言う総括というものをしていました。

しかし、連合赤軍の総括は常軌を逸しており、総括という名目で1人を対象に集団リンチを実行。挙句の果てには極寒の中、拘束と絶食をしたことにより、2ヶ月間で12人の死者を出しました。

これは山岳ベース事件と呼ばれており、今回紹介するあさま山荘事件の前年1971年に起きました。ちなみに連合赤軍をまとめていたのは、森恒夫です。

事件発生から解決までの経緯

1972年2月19日
連合赤軍の残党が浅間山荘に立てこもる(事件発生)
1972年2月20日
連合赤軍が人質の拘束を解く
1972年2月21日
犯人たちが各コードネームを決める
1972年2月22日
1人目の犠牲者が出る
1972年2月23日
機動隊の強行偵察開始
1972年2月24日
人質親族による呼びかけ開始
1972年2月25日
擬音と投石により、犯人たちを不眠にする
1972年2月26日
犯人たちが脱走を図るが、脱出経路が見つからず断念
1972年2月27日
犯人たちは機動隊の出方をうかがう
1972年2月28日10時
鉄球作戦で浅間山荘の壁に穴をあける
1972年2月28日11時30分ごろ
2人目の犠牲者がでる
1972年2月28日12時
3人目の犠牲者が出る
1972年2月28日18時10分ごろ
浅間山荘制圧により人質解放と犯人逮捕(事件解決)
あさま山荘事件を扱った当時の新聞
出典:KARU PHOTO karuizawa photo

1971年、共産主義者同盟赤軍派と日本共産党神奈川県委員会は連合赤軍を結成する前に銀行強盗や銃の窃盗で、警察から追われていました。合流した両団体は連合赤軍を結成し、尚も警察から逃げていました。

1972年2月19日に軽井沢に着いた連合赤軍は、そこにあった浅間山荘で管理人の妻を人質に籠城します。投降要請に応じず、銃で応戦してくる連合赤軍に対して機動隊は、2月28日鉄球作戦を敢行。浅間山荘の壁に大きな穴をあけます。

突入後の銃撃戦を経て、浅間山荘を制圧。連合赤軍の構成員5人の逮捕と人質の解放に成功し、事件は解決しました。この事件で機動隊員と一般人を含む3人が死亡、27人の負傷者を出しました。

日本三大凶悪事件③:世田谷一家殺害事件

被害にあった宮沢さん宅
出典:Wikipedia

世田谷一家殺害事件とは、2000年12月30日に東京都世田谷区上祖師谷で宮沢さん一家(父親、母親、長男、長女)が自宅で殺害された殺人事件です。犯人特定の証拠となる指紋や血痕が現場に残されているにもかかわらず、20年以上が経過した今でも特定には至っておりません。

年末に事件が発生したこともあり、毎年年末になると情報公開が行われ、今でも懸命な犯人捜査が行われています。また、未解決事件であるが故か、マスコミも度々話題を取り上げてくれる事件でもあります。

犯人は特定されず

世田谷一家殺害事件の犯人の特徴
出典:「ぶわっ」

この事件での犯人は未だに逮捕されていません。DNA鑑定により、父親がアジア系、母親が欧州系の人物で犯人はハーフであることが判明しています。また、犯行時に身に着けていた衣服から170センチメートルの20代男性ということもわかっています。

犯人は犯行後に被害者宅にあるアイスクリームやメロンを食べていたり、仮眠をとっていたり、パソコンを操作していたりと異常と思える行為を行っていました。動機に関しては解明されておりません。ただ、被害者宅の近くにある祖師谷公園での騒音問題や、インターネット掲示板2ちゃんねるで犯行をほのめかす内容を記載していたこともあって、様々な憶測を呼んでいます。

事件発生から現在までの経緯

2000年12月30日23時30分ごろ
犯人が被害者宅に侵入し犯行に及ぶ(事件発生)
2000年12月31日1時20分ごろ
犯人が逃走する
2000年12月31日10時ごろ
母親の母による通報で事件発覚
2001年
被害者宅付近の遊歩道に地蔵が置かれる
2004年
犯人のイラストが公開される
2005年
京王線沿線に住む若者に犯人像を絞る
2006年
犯人像を混血の日本人とみて捜査を進める
2008年
犯人の母が欧州系であるから外国の捜査機関に捜査を求める
2009年
犯人の血痕から母が欧州系、父がアジア系だと判明
2010年
被害者全員が顔を隠した状態だったことから被害者との交友関係を調査
2011年
犯行時に着用していた衣服が静岡県で購入された可能性が出た為、ビラでの情報提供を行う
2014年
12月31日10時過ぎのパソコンのネット回復は誤作動とみて、逃走時間を31日1時に逃走したとみて捜査方針を変更
2015年
現場近くで血が付いた男の目撃情報が明らかになる
2018年
犯人像を事件当時15歳から20代の細身の男性に絞る
2019年
フィリピン北部で見られる、刃物を布で包むことを行っていたことから、情報提供と捜査を進めた
2020年
年齢や容姿を推定するため、科学技術を利用した解析をしていることが明らかになった
被害者宅の裏
出典:Wikipedia

2000年12月30日の23時30分ごろ、犯人は公園のフェンスや枝を使って被害者宅の2階窓から浴室に侵入します。2階のベッドで寝ていた長男を窒息死させると父親を殺害。その後、屋根裏部屋で寝ていた母親と長女を殺害します。犯人は被害者宅の物を物色した後、逃走しました。

翌日、電話線が切られていたため電話ができなかった母親の母が、様子を見に行ったことで事件が発覚します。事件当時証拠の多さから、捜査に対して経験が薄い警察官を担当させてしまったことが災いし、捜査が難航。数々の証言がある中、事件は迷宮入りしてしまうのでした。

日本三大凶悪事件に関するまとめ

日本における3つの凶悪犯罪を取り上げましたが、いかがでしたでしょうか。ふと時代を振り返ってみると、40年から20年前に大きな事件が起きていたことに驚きを隠せません。オウム真理教事件とあさま山荘事件は今でこそ解決している事件ではありますが、その状況の中でしたら、きっと筆者も混乱していたと思います。

また、未解決事件となっている世田谷一家殺害事件に関しては、証拠が多くある中で未だ逮捕されていない現状。このような不気味な事件が早くに解決されることを切に願います。

今回の記事を通して日本三大凶悪事件について興味を持っていただけたら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す