【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

指名手配され時効まで逃げ切った犯人ランキングTOP20

「時効を逃げ切った指名手配犯人っているの?」
「指名手配されていたのに、なぜ時効になるまで逃げ切れたんだろう?」

日本には「時効」と呼ばれ、一定の期間を過ぎると罪を犯しても裁かれない制度があります。過去には殺人等の凶悪犯罪を犯し指名手配されても、時効を逃げ切った犯人達が存在します。

今回は、そんな指名手配され時効まで逃げ切った犯人達をランキング形式でまとめました。また、事件の詳細や時効まで逃げ切れた背景も紹介します。

この記事を読めば、彼らがどのような事件を起こしたのか、時効まで逃げ切った後にどのような生活を送ったのかを理解できますよ。

この記事を書いた人

Webライター

吉本 大輝

Webライター、吉本大輝(よしもとだいき)。幕末の日本を描いた名作「風雲児たち」に夢中になり、日本史全般へ興味を持つ。日本史の研究歴は16年で、これまで80本以上の歴史にまつわる記事を執筆。現在は本業や育児の傍ら、週2冊のペースで歴史の本を読みつつ、歴史メディアのライターや歴史系YouTubeの構成者として活動中。

時効の定義

刑事事件で犯人が有罪になるまで
出典:アトム法律事務所

時効にも様々な種類がありますが、私達が刑事ドラマなどでイメージするのは刑事上の「公訴時効」です。公訴時効とは、「とある犯罪に対して一定期間にわたり告訴されなかった場合に、その犯罪に対して告訴する権利が消失する」制度です。

公訴時効の期間は、2010年4月27日に改正されています。人を死亡させた罪の公訴時効の期間は以下の通りです。

法定刑改正前改正後
殺人罪など※法定刑の上限が死刑25年1971年時点で15年なし
強姦致死罪など※法定刑の上限が無期懲役15年30年
傷害致死罪※法定刑の上限が25年10年20年
自動車運転過失致死罪※法定刑の上限が懲役・禁錮5年又は3年10年

殺人罪は「故意に人を殺害した」場合に適用される罪になります。なお、2010年4月27日以前に時効が完成していた事件は、過去に遡って被告人を公訴できませんが、時効が関係していない事件については過去に遡って被告人を公訴できます。

つまりこの記事に登場する殺人罪の犯人達は、2010年4月27日時点で時効が成立していたか否かが重要になります。そして時効が撤廃された現在においては、殺人罪に該当する犯人たちは「逃げ切る事が出来ない」と考えてください。

時効が延期されるケースもある

海外渡航をすると時効は停止する
出典:Wikipedia

また時効が過ぎても、時効が延期されるケースも存在します。例えば犯人が国外に逃亡していた期間は、時効は停止します(刑事訴訟法第255条)。また、共犯者の1人の裁判が確定するまでの間は、他の共犯の時効の進行は停止するのです(刑事訴訟法第254条2項)。

これらの判例により、1975年に連続企業爆破事件を起こした東アジア反日武装戦線のメンバーである桐島聡は、現在に至るまで時効を迎えてはいません。警察も検察も、あらゆる方法を駆使して時効を逃げ切ろうとする犯人達を捕まえようとしているのですね。

時効まで逃げ切った犯人ランキングTOP20

続いて時効を逃げ切った犯人達を、ランキング形式で解説します。ここで取り上げるのは、時効成立後に犯人が発覚したケース、指名手配や犯人として浮上したが逮捕されなかったケースです。

また法定刑によって、時効が25年の場合や15年の場合もあり、早い段階で時効を迎えた事件もあります。不明な点があれば、法定刑などを確認してくださいね。

20位:梅内恒夫-大菩薩峠事件(1969年)

事件の舞台となった福ちゃん荘
出典:知の冒険

梅内恒夫は、共産主義者同盟赤軍派(赤軍派)の活動家です。赤軍派は1969年に発足し、よど号ハイジャック事件などを起こした、新左翼と呼ばれる団体でした。梅内は、「梅内爆弾」という爆弾を製造しており、これが赤軍派の爆弾闘争に拍車をかけました。

梅内は警察からマークはされていませんでしたが、1969年に発生した大菩薩峠事件で53人の赤軍派の新左翼が逮捕された時に名前が浮上。この事件は、赤軍派が首相官邸などを襲撃する為、山梨県甲州市の大菩薩峠で武装訓練を行ったものでした。

梅内は、爆発物取締罰則違反で指名手配されるものの、足取りは全く掴めず、1978年1月10日に公訴時効が成立。梅内以外にも、時効を逃げ切った犯人達はたくさんいて、時効成立後に再び姿を現した者もいます。

ただ梅内は、現在に至るまで全く足取りが掴めていません。彼は赤軍派の中で「ビビリスト」と呼ばれており、それほど大物ではありませんでした。ただ彼は時効を逃げ切った事で、「伝説の男」として新左翼の歴史に名前を残したのです。

19位:実名報道なし-あいりん労働福祉センター前路上女性看護師殺人未遂等事件(1995年)

あいりん労働福祉センター前で事件は起きた
出典:Wikipedia

1995年1月に、大阪市西成区のあいりん労働福祉センター前で起きた殺人未遂事件です。当時34歳の女性看護師が背後から男に腰を刺される事件が起こりました。女性は、250日の入院を経て退院しますが、車椅子生活を余儀なくされたのです。

2009年8月に、犯人が逃走する後ろ姿が公開されたものの、2010年1月25日に時効は成立しました。その後、別の事件で大阪府警から取り調べを受けていた男性が、「病院とトラブルがあった」と犯行を自供したのです。

ただ既に時効は成立しており、犯人は不起訴処分となります。被害者夫婦は、事件以来医療費が負担となり、日々の暮らしも大変な状態です。犯人に損害賠償請求訴訟を行い、勝訴するものの、賠償金は未だに支払われていません。

時効を逃げ切った犯人がいるという事は、その犯人が起こした事件に苦しめられている人がいるという事を、私達は忘れてはいけません。

18位:かい人21面相-かい人21面相事件(1984年〜1985年)

犯人の1人とされる狐目の男
出典:大屋地爵士のJAZZYな生活

1984年から1985年に大阪や兵庫を中心に発生した脅迫事件です。犯人は1984年3月の江崎グリコ社長の誘拐事件を皮切りに、本社放火事件、食品企業の脅迫事件、果ては小売店で青酸入り菓子をばら撒き、全国を恐怖に陥れました。

犯人グループは、自らを「かい人21面相」と名乗りました。現金受け渡しの際に、現場に訪れたのは「狐目の男」とされており、犯人グループの1人とされます。ただ彼が何者かは不明で、元グリコ関係者説や果ては北朝鮮工作員グループなど様々です。

日本中を恐怖に陥れたかい人21面事件ですが、死者は発生していません。唯一の犠牲者は、犯人を取り逃した事で焼身自殺した警視庁の本部長だけでした。2000年2月に、青酸入りのお菓子をばら撒いた事件が時効を迎え、狐目の男達は時効を逃げ切ったのです。

17位:草加次郎-草加次郎事件(1962年)

爆破された電車
出典:世界の未解決事件

1962年から1963年に10数件にわたって発生した爆破、脅迫、狙撃事件の総称です。犯人は自らを「草加次郎」と名乗り、歌手の島倉千代子の事務所に爆発物を郵送。封を開けた事務員が右手に2週間の火傷を負いました。

その後も、有楽町のニュー東宝シネマ、日比谷劇場などに爆弾を設置。爆弾の中身は同じで、爆発物には同じ筆跡で「草加次郎」と書かれており、警察は一連の事件を同一犯と判断しました。

当初は怪我人の怪我も軽度でしたが、1963年7月には上野公園にいたおでん屋台の店主が狙撃されて3ヶ月の重症を負い、9月には京橋駅に停車していたA1923U列車が爆発して乗客10人が重軽傷を負うなど、犯行はエスカレートしていきました。

警察は、1万9000人の捜査員を導入するものの、草加次郎には前科も前歴もなく、筆跡などから犯人を炙り出す事は出来ません。草加次郎も、列車爆破事件以降は、一切の犯行を中止しており、1978年9月に一連の事件は時効を迎えています。

16位:森本喜博-福徳銀行5億円強奪事件(1994年)

森本喜博
出典:札幌拉麺食べ歩記

森本喜博は、1994年に起きた福徳銀行5億円強奪事件の犯人の1人です。8月5日の午前9時頃、神戸市にある福徳銀行で、2人組の男に現金5億4100万円が奪われる事件が発生しました。一回の強盗事件としては、日本史上最大額でした。

2002年4月に時効は成立し、森本は時効を逃げ切っています。ところが、2007年2月に森本は別の強盗事件を起こして逮捕されました。彼は懲役8年が確定しますが、福徳銀行5億円強奪事件の罪が問われる事はありませんでした。

ちなみに1999年には、森本の相方だった2人組の1人が任意で事情聴取を受けていますが、彼は事情聴取直後に自殺しています。一説では、この時に自殺した男は「かい人21面相事件」の犯人の1人とも言われています。

また2人が強盗した5億円は、事件から半年後に発生した阪神淡路大震災で焼失したようです。この事件にかぎらず、無関係にみえる事件にも、何かしらの繋がりがあるのかもしれません。

1 2 3 4

コメントを残す