いくつ答えられる?ダヴィンチクイズ

【謎に迫る】インダス文明とは?文字や遺跡、場所、特徴など全てを解説

「インダス文明って何?どんな特徴があるの?」
「そもそもどこで、どのように栄えて興ったの?」
「インダス文明の歴史や遺跡について教えて欲しい!」

古代文明の一つである「インダス文明」。中学校の歴史の授業で一度は耳にしたことがあると思います。

世界の大きな古代文明として「メソポタミア文明」、「エジプト文明」、「黄河文明」、そして「インダス文明」の4つが挙げられています。

その中でもインダス文明は非常に高度な技術と生活水準の高い都市を持っていました。しかしインダス文明は突然消滅してしまいます。

原因を究明するため、これまで多くの学者たちが調査・研究してきましたが、いまだ原因は判明していません。インダス文明で用いられていたインダス文字が解読できていないことも、謎を深める要因の一つかもしれません。

この記事ではインダス文明の歴史や言語、宗教、身分制度などについて解説したあと、謎の多いインダス文明の秘密に迫っていきたいと思います。

インダス文明とは?概要や特徴をざっくりと解説

インダス文明の興った地域

インダス文明は紀元前2500年頃から紀元前1800年頃までにインダス川流域を中心に栄えた古代インドの文明です。インダス文明では他の文明に比べ、計画的な都市建設により排水溝や倉庫などの生活水準の高い都市が作られていました。

インダス文明ではモヘンジョ=ダロやハラッパーなどの有名な都市遺跡が建設されたほか、独自の言語や印章に代表される文化なども根付いていたと考えられています。また身分制度も確立され、宗教的・政治的な面からも、非常に近代的な文明であったともいわれているのです。

さらに文明間での交流もあったとされており、特に距離の近いメソポタミア文明は重要な交易相手でした。この交流によってメソポタミアの宗教や文化がインダスに伝わり、逆にインダスの郷土品や技術はメソポタミアに伝わりました。

そもそも文明とは

ではそもそも文明とはなんなのでしょうか。

考古学者ゴードン・チャイルド(1892ー1957)によると、以下の9つの指標が文明と呼ぶ上で重要なポイントだと挙げています。

  • 効率的な食糧生産
  • 大きな人口
  • 職業と階級の分化
  • 都市
  • 治金術
  • 文字
  • 記念碑的公共建造物
  • 合理科学の発達
  • 支配的な芸術様式

この指標を満たしていれば、文明と呼んでも差し支えないでしょう。しかしこれら全てを満たさないといけないわけではありません。南アメリカで興ったアンデス文明やマヤ文明などは文字や治金術を持ちませんでした。

文明は時期や時代により、その姿をゆるやかに変えています。古代文明が人類の生活の基盤を作り、その子孫たちが更なる利便性を求め文明の9の指標を発展させていきました。

インダス文明の歴史

現代のドラヴィダ系民族

インダス文明の始まり(紀元前2600年頃)

紀元前7000年頃、インダス川流域の西方にあるバローチスターン丘陵地帯で先住民族のドラヴィダ系民族によって農耕文化が成立しました。小麦や大麦の栽培を中心に、羊や山羊の飼育もされ、徐々に人が集まり、集落が形成されるようになりました。

紀元前3000年頃、集落は時間の流れと共に拡大し、牧羊だけでなく土器や石器の作製なども行われるようになり、やがて人々の間で役割が決められ、文化的な生活を送るようになっていきました。そして紀元前2500年頃、インダス川流域を中心にモヘンジョ=ダロやハラッパ―などの遺跡に代表される巨大な文明が形成されたのです。

インダス文明の繁栄

発掘された出土品:神官像

インダス文明はインダス川流域を中心としており、遺跡は東西1500km、南北1800kmに渡って分布し、その数2600にも及びます。まだ調査できていない遺跡も多く、研究は続けられています。

インダス文明の特徴ともいえるのが、東西南北に渡る理路整然とされた都市遺跡です。基本的に焼き煉瓦で造られており、下水や浴場などの設備も整っていました。他にも公共の建造物となる集会場や学校、教会などが造られており、彩文土器や青銅器の使用、インダス文字が記載された印章なども用いられていました。

インダス文明の滅亡(紀元前1800年頃)

そんな非常に栄えていたインダス文明ですが、突如滅亡を迎えます。これには多くの説が唱えられており、今回は3つの説についてご紹介していきます。

砂漠化説

タール砂漠

インダス文明があった地域は、現在砂漠となっています。紀元前2000年前後に発生したとされる気候変動によるものですが、インダス文明の滅亡の時期と被るため、この砂漠化説が唱えられるようになりました。

かつて大西洋にあった低気圧帯が、北アフリカやアラビア半島、ペルシアと徐々に移動し、大量の雨をもたらして、インダス川流域を緑豊かな土地としていました。しかし紀元前2000年頃にこの低気圧帯がさらに北上し、雨が減少することで、次第に土地が砂漠化していきました。

インダス文明が繁栄していた時期に周囲の森林を伐採したことが、砂漠化の原因だと考えている学者もいますが、出土品やインダス文明の遺跡などから木はそこまで多用しなかったのではないかと推測されており、決定的な要因とはなっていません。

気候変動説

砂漠化説は乾燥により文明が滅亡したとする説ですが、こちらの気候変動説は大洪水により滅亡したとする説になります。紀元前1900年~紀元前1700年頃にかけて気候変動により、夏モンスーンという季節風が激化します。これにより雨量が増加し、インダス川流域に大洪水をもたらし、文明が滅亡したと考えられているのです。

この洪水によってモヘンジョ=ダロに代表される都市は捨て去られ、生き延びた人々は各地に移住していったとされています。

アーリア人侵攻説

聖典『リグ・ヴェーダ』

インダス文明の都市遺跡周辺には埋葬もされていないおびただしい人骨が発掘されています。インダス文明では埋葬の習慣があったことから、他部族からの侵攻により殺戮された跡ではないかと考えられ、この説が提唱されました。

特にアーリア人が浮かび上がった要因として、『リグ・ヴェーダ』による聖典に争ったことが記載されていたためです。しかしよくよく調べてみると、発掘された人骨から争った形跡がないことやアーリア人の侵攻時期と、インダス文明滅亡の時期に相違があることが判明し、現在では支持者の少ない説となっています。

インダス文明の言語『インダス文字』

インダス文字

インダス文明には独自の文字文化がありました。これらは「インダス文字」といわれ、印章などに使用されました。しかしインダス文字は現在も解読されておらず、いまだ謎の多い文字の一つです。

インダス文字が未解読の理由として、現在出土しているインダス文字のテキスト自体が少ないことや、他の言語との比較対象がないことが挙げられます。現在AIによる解析が進められていますが、現時点では解析の目途が立っていない状況です。

インダス文字とは?成り立ちや特徴、解読方法とその条件を解説

インダス文明の宗教

インダス文明では都市ごとに侵攻や儀礼方法が違い、モヘンジョ=ダロなどの都市遺跡では、沐浴場などの水に関わる施設で豊穣と再生を祈念する儀式が行われていました。

一方、インダス川流域の都市ではなく、丘陵地帯などでは独特の火を用いた祭祀行事を行っていたと考えられる遺跡も発見されています。モヘンジョ=ダロで発見されたような女性像や石製品が出土しないことからも、都市や集落ごとに執り行う儀式や祭礼行事は異なっていたと考えられており、インダス文明の宗教を解明するうえで大きな課題となっています。

インダス文明の2大都市遺跡

インダス文明では多くの遺跡が発見・発掘されていますが、今回は2つの都市遺跡に的を絞り、ご紹介していきます。

モヘンジョ=ダロ

モヘンジョ=ダロ

インダス川流域、現在でいうパキスタン南部の位置にある都市遺跡です。モヘンジョ=ダロには「死者の丘」という意味もあり、インダス文明最大の計画都市でした。

モヘンジョ=ダロには約3万人の人々が暮らしていたとされています。またインダス川に接していたため、船を使っての水上交易で栄えていました。

遺跡は高台にある「城砦部」と住居の並ぶ「市街地」に分かれています。城砦部には学校や沐浴場、集会堂、倉庫などが造られており、祭祀を執り行う司祭や軍人などはこの周辺に住んでいました。

対して市街地の方は地区ごとに居住区が分かれ、庶民や農民の住居が中心となっているHR地区、職人の居住区であるVS地区、上流階級や貴族の居住区であるDK地区で構成されています。特にDK地区からは銀行も発見されており、非常に裕福な人々が住んでいたと考えられています。

そんなモヘンジョ=ダロですが、現在深刻な塩害に悩まされています。この地域特有の灼熱の気候と乾燥により地中の水分が蒸発し、塩が地表へ噴き出してしまうのです。塩が噴き出すことによって煉瓦にヒビが入り、遺跡は崩壊しつつあります。現在パキスタン政府やユネスコなどが、保存に向けて動いていますが、完全な状態での保存は難しい状況となっています。

ハラッパー

ハラッパー

現在のパキスタン中部に位置し、モヘンジョ=ダロと双璧をなす都市遺跡です。ハラッパ―には「食べられちゃった」という意味があり、その名の通り、モヘンジョ=ダロと比べ遺跡の保存状態は良くありません。

というのもハラッパ―遺跡は古くから発見されており、当時はその価値に気づかず、鉄道工事のためにハラッパ―遺跡を取り壊し、遺跡から掘り出された焼き煉瓦を使用していました。そのため遺跡の大半は修復不可能なほど破壊されてしまっていますが、現在でも、わずかに残っている部分の発掘調査が続けられています。

遺跡跡からモヘンジョ=ダロのように城砦部と市街地に分かれていると推測されていますが、破壊の進んだ遺跡では具体的にどのような建物が建造されていたのか見当がつきません。その代わりに出土品が多く発見されており、インダス文字の入った印章が発見されたのもハラッパ―遺跡です。

インダス文明の身分制度

モヘンジョ=ダロにある集会場

文明を築く上で大切なポイントである大きな人口。たくさん人が集まれば、それに伴って指導者として人々を先導する立場の人間が出てきます。次第にそれは貴族や王、聖職者と名を変えていくわけです。

インダス文明においても、こういった権力者はいたと考えられており、実際に都市遺跡からは貴族や有力の住んでいたとされる居住区も見つかっています。しかしながら王の彫像や王の墓などは発見されておらず、メソポタミアやエジプトのように王政ではなかったと推測されています。

インダス文明において行われていた政治の実態は不明ですが、宗教的な支配があったとする説や有力市民による共同統治であったとする説などが唱えられています。

インダス文明にまつわる3つの謎

インダス川

インダス文明は計画的な都市建設が行われ、高度な文明を持っていたとされる一方で、滅亡の原因もはっきりとわかっていない不可解な文明です。そんなインダス文明には滅亡の原因だけでなく、現在も解明されていない謎が多くあります。

謎1:インダス文明の都市遺跡は誰が建設した?

インダス文明の特徴である理路整然とした都市は誰が建設したのでしょうか。実は現在もはっきりしたことは判明していません。

都市建設を行うにあたって、作業を指揮するリーダー的な立場の人間がいたと考えるのは自然なことですが、そのリーダーが誰だったのか不明なのです。インダス文明において奴隷は確認されていないため、おそらくは都市に住む住民たちが力を合わせて都市を築いたのでしょうが、都市建設の記録は一切発見されていないため、真実はベールに包まれたままとなっています。

謎2:インダス文明は大河文明ではない?

これまで文明の側には必ず大河がありました。エジプト文明にはナイル川、黄河文明には黄河といった大河に支えられて人々の生活は豊かになっていったのです。

もちろんインダス文明にもインダス川という大河がありました。しかし発掘調査が進んだことで、インダス文明が大河に支えられて大きくなったわけではないことがわかってきたのです。

遺跡『ドーラヴィラ』

インダス文明における遺跡は2600と非常に多く、そのうちインダス川流域に造られた遺跡もあれば、丘陵地帯のような川とは無縁の地域に造られた遺跡もありました。またインダス文明で行われていた農耕はインダス川に依存する生産システムではなく、モンスーンによる雨を利用した生産システムであったことがわかってきたのです。

これらのことからインダス文明は大河文明ではなく、「モンスーン文明」だと考えている研究者もいます。

謎3:インダス文明では女性が優位だった?

遺跡から出土した女性像

近年の発掘調査によって浮き彫りになってきた事実があります。インダス文明においては女性が優位であったとする説です。

これはアメリカにあるウィスコンシン大学マディソン校のマーク・ケノイヤー氏を中心とした研究グループが発表した仮説になります。彼らはハラッパ―遺跡に対象を絞り、発掘調査で発見された出土品、人骨や歯の成分を細かく分析しました。

その結果、各地からハラッパ―を訪れた男性がハラッパ―に住む女性の元に婿入りしているという構図が浮かび上がってきました。女性を模した土偶が見つかっていることからも、他の文明で見られるような、女性が男性に従属する立場ではないことが分かります。

有用な調査結果の一つとして広く認められており、ハラッパ―以外の遺跡ではどうだったのか、更なる調査が進められています。

インダス文明に関するまとめ

インダス文明について解説してきました。いかがでしたでしょうか。

インダス文明は成り立ちから衰退の一途を辿るまで、およそ800年程の歴史があります。その間に建設的な都市を作り上げ、多くの土器や石器、果ては文字の作製まで高度な文明を築き上げてきました。

そんな歴史の深い文明でありながら、いまだ神秘のベールに包まれたままです。これはインドとパキスタンの間にある、紛争の多い地域に位置していることで発掘調査がしにくいということや、インダス文明の歴史を伝えるインダス文字が解読できていないということも要因の一つでしょう。

それでも多くの研究者や調査隊がインダス文明の歴史を解き明かそうと調査に励んでいます。インダス文明の歴史が解明され、その真の姿を知ることが出来る日もそう遠くないかもしれません。

長い記事となりましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す