小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ロナルドレーガンとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や功績、政策内容や死因まで紹介】

ロナルド・レーガンとは、アメリカ合衆国第40代大統領です。1981年から1989年まで8年間の任期を全うしました。政治家になる前はハリウッドで活躍する俳優であり、テレビ司会者であったという異色の大統領でした。

レーガン大統領

レーガンの大統領としての最大の功績は、冷戦を終結に導いたことです。レーガンが大統領だった時代は、大きな戦争はなかったものの、長引く冷戦とソ連に対してどう対策をとるかが一番の懸念事項でした。その一歩を踏み出したのがレーガンです。

経済政策でも「レーガノミクス」を柱に掲げ、内政・外政ともに「強いアメリカ」を前面に打ち出した政策をおこないました。また、ユーモアのセンスがあり茶目っ気のある性格や人柄で、多くの国民に支持されました。近年、レーガンの大統領としての功績が再評価されています。

ロナルド・レーガンとはどんな人物か

名前ロナルド・ウィルソン・レーガン
誕生日1911年2月6日
没日2004年6月5日
生地アメリカのイリノイ州タンピコ
没地ロサンゼルス近郊のベルエアーの自宅
配偶者ナンシー・レーガン
埋葬場所ロナルド・レーガン図書館

ロナルド・レーガンの生涯をハイライト

レーガンとナンシー夫人
  • 1911年にイリノイ州で生まれる
  • ラジオアナウンサーとして活躍した後、ハリウッド俳優、テレビ司会者として活躍
  • カリフォルニア州知事になる
  • 第40代アメリカ合衆国大統領になる
  • 8年間大統領を務め、引退する
  • アルツハイマー病を発症
  • 93歳で肺炎のため死去

大統領として行った政策は?

レーガノミクスを説明するレーガン

レーガンが行った内政政策の一つは、需要中心ではなく供給力強化を目的とした「レーガノミクス」と呼ばれる経済政策です。

  • 軍事支出の拡大、
  • 減税による供給の刺激、
  • インフレーションの抑制

を掲げました。他にも、麻薬犯罪者の投獄を推し進める「麻薬との戦争麻薬との戦争 (War on Drugs)」政策もおこなっています。

外交政策では、ソ連との間に冷戦終結に向けての「中距離核戦力全廃条約」の締結をし、中南米の社会主義政権や反体制ゲリラに対しては厳しく、グレナダ侵攻作戦の実施などをおこないました。

ロナルド・レーガンが暗殺されかけた暗殺未遂事件とは

レーガン大統領暗殺未遂事件の犯人 ヒンクリー

レーガン大統領の暗殺未遂事件は、1981年3月30日、レーガンがAFL-CIO会議を終え、ワシントンDCのヒルトンホテルの裏口から出たときに起こりました。犯人はジョン・ヒンクリーという男で、レーガンと大統領報道ジェイムズ・ブレイディ、シークレットサービスのティモシー・マッカーシー、ワシントン市警警官のトーマス・デラハンティーの4人が被弾します。

すぐに大統領専用車に押し込まれたレーガンは、ホワイトハウスに向かったものの車中で吐血したため、急遽最寄りのジョージ・ワシントン病院に搬送され緊急手術となりました。弾はレーガンの心臓をかすめて肺の奥深くにとどまっていましたが、約10日で退院するなど脅威的なスピードで回復し、在職中に銃撃されたにも関わらず死を免れた最初の大統領となります。

この事件で被弾した大統領報道官のブレイディは、頭に深い傷を負い、一命は取り留めたものの左半身不随となり、車椅子生活を余儀なくされました。犯人のヒンクリーは、1982年の裁判で弁護側が「彼は精神の病気に罹っている」と精神医学上の報告書を提出したため、「ヒンクリーは精神の病気にかかっており、責任能力がない」との判断で無罪判決となっています。

ロナルド・レーガンは俳優だった?

若いころのレーガン

政治家になる前のレーガンは、ラジオアナウンサーを経てハリウッド俳優としてキャリアを築きました。幼い頃より演技が得意で容姿端麗だったレーガンは、ワーナーブラザーズと契約し、1939年までに19本の映画に出演するなど二枚目俳優としての地位を築き上げます。

1942年の「嵐の青春」は高評価を得て、以降も「決闘の町」「海軍のヘルキャット(英語版)」などの代表作があります。戦後は、「ジェネラル・エレクトリック・シアター」というテレビショーの司会や、CMへの出演など、テレビの世界でも人気を博しました。ハリウッド大通りのハリウッド・ウォーク・オブ・フェームには、星形の敷石にレーガンの名前が刻まれています。

ロナルド・レーガンの功績

功績1「INF(中距離核戦力)全廃条約の締結」

米ソがINFに調印

レーガンの最大の功績は、INF(中距離核戦力)全廃条約を締結し、「米ソ冷戦の終結」へと踏み出したことです。当初レーガンは、ソ連のことを「悪の帝国」とよぶなどソ連に対して強硬的な姿勢をとり、米ソ間に「新冷戦時代」とも呼ばれる緊張状態を生みました。

しかし、1985年にソ連の指導者となったゴルバチョフが首脳会談の申し出をしたところ、レーガンは快諾し、数度にわたって会談を持ちます。数回にわたる首脳会談によって、米ソ間に信頼関係を築き、1987年のINF(中距離核戦力)全廃条約に調印しました。ここで初めて両国による核兵器の縮小が実現しました。

功績2「レーガノミクスで好景気」

レーガノミクスとは、レーガン大統領がおこなった経済政策の総称で、①大型減税、②社会保障費の削減と軍事費の拡大、③規制緩和、④金融政策によるインフレ収束を主軸としました。レーガノミックスは、インフレの鎮靜、長期的な景気拡大など「強いアメリカ」のムードを高めました。

米国経済再生の出発点となったレーガノミ クスにより、失業率は、レーガン就任1年後の1982年の9.7%から就任7年後の1988年の5.5%に減少しました。10%を越えていたインフレ率は、金融引き締めによって3.2%まで下がりました。所得税減税によって労働者の意欲が高まり、起業活動や研究開発投資なども活発になったため、4千万の新しい事業が生まれました。

ロナルド・レーガンの名言

レーガン大統領

“Honey, I forgot to duck.”
「ハニー、(銃弾を)避けるのを忘れちゃったよ」
暗殺未遂事件の後、妻のナンシーに対して言った言葉です。これは1926年のボクシング・ヘビー級選手権でジャック・デンプシーが負けた試合後に妻に言った言葉を、レーガンが引用しました。

“There are no constraints on the human mind,no walls around the human spirit,no barriers to our progress except those we ourselves erect.”
「人の心には何の制約もなく、人の精神の周囲に壁はなく、自分自身で造ったものを除き、私たちの進歩を妨げる障害は何もない」
長い間続いた冷戦を終わらせたレーガンの言葉です。自分が進む道を妨げるものは何もなく、自分は必ず勝つというレーガンの信念が感じ取れます。

“You can’t save everyone by yourself.But anyone can help someone.”
「一人ですべての人を救うことなんて出来ない。だけど誰でもだれかを助けることはできる。」
大統領といえども、全ての人を救うことはできません。しかし、一人一人誰でも、誰かを助けることはできる、というレーガンの思いが伝わってきます。

ロナルド・レーガンにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「最後の2年間は政治に関与していない?」

レーガンとナンシー夫人

レーガンは、歴代大統領の中で就任時の年齢は最高齢でした。そのため当初から、本当に大統領の任務を全うできるのか、と不安視されていたのも事実です。大統領就任の翌年には現職大統領として初めて補聴器を着用しはじめていましたが、2期目に入るとその度合いは進行していきます。

引退後にアルツハイマー病を患っていることを公表しましたが、在任中に既に患っていたとする説もあるようです。8年間の任期を満了しての引退でしたが、病気が政権運営に支障をきたしていたのではないかという意見も多く、政権末期の最後の2年間は政策の詳細を決める際にはほとんど関与していなかったとも言われています。

都市伝説・武勇伝2「銃で撃たれてもジョークを忘れない」

レーガン暗殺未遂事件直後の事件現場

レーガンは、大統領暗殺未遂事件の際、弾が心臓をかすめる重傷であったにもかかわらず、緊急手術の前に執刀外科医に対して「諸君がみな共和党員だといいんだがねぇ」と冗談を言う余裕を見せました。執刀外科医は民主党支持者だったのですが、「今日一日われわれはみな共和党員です」と答えレーガンを喜ばせたそうです。

さらに、後の共和党大会で演説中に飾り付けの風船が破裂した際、周りが銃撃だと騒然とする中、「ヤツ(ヒンクリー)は、またしくじった」と冗談を言い、聴衆を笑わせたこともあります。レーガンのこのようなおちゃめな性格は、「危機の際にもユーモアを忘れない」と称賛されました。

都市伝説・武勇伝3「ロン・ヤスの友情は本物だったのか?」

レーガンと中曽根 日の出荘にて

レーガン大統領の時代の日本の首相は、中曽根総理大臣でした。レーガンと中曽根は同年代であり、ともに保守派ということで親交を深め、レーガンは中曽根を「ヤス」と、中曽根はレーガンを「ロン」とと呼ぶなど親密な交流をむすんでいました。

レーガンは、現職のアメリカ大統領として最多の3回の公式訪問をし、最初の訪日では東京都西多摩郡日の出町にある中曽根の別荘「日の出山荘」に招かれ、蔦子夫人手作りの昼食を共にしました。2004年のレーガンの国葬の際には、中曽根はたっての願いで参列したことから、2人の友情は本物だったのだと言えるのではないでしょうか。

ロナルド・レーガンの簡単年表

1911年
レーガン誕生
イリノイ州

アメリカのイリノイ州タンピコで父ジョン・レーガンと母ネル・ウィルソンの間に生まれました。プロテスタントのディサイプル教会の熱心な信徒であった母親の影響で、11歳のときに同教会で洗礼を受けます。

1924年
高校に入学

レーガン一家は、1920年ころイリノイ州ディクソンに引っ越しし定住したため、レーガンは ディクソン高校に入学しました。入学以降毎年、ローウェル公園に沿って流れるロックリバーでのライフガードの仕事をしていました。

1928年
大学に入学

レーガンは、イリノイ州のユーカリ大学に入学し、経済学と社会学を専攻しましt。1932年に卒業しています。

1932年
アナウンサーになる

大学在学中に演説力の高さや話術を評価され、卒業後はラジオアナウンサーに就任し、地元であるシカゴカブスの野球中継を担当しました。

1937年
ハリウッドへ
レーガンとナンシー夫人

1937年、レーガンはカリフォルニア州のハリウッドに進出、ワーナーブラザーズを契約し俳優デビューします。もともとハンサムなルックスであったレーガンは、2年間で19本の映画に出演するほど活躍をしました。

1940年
最初の結婚

1940年に女優のジェーン・ワイマンと結婚しました。しかし、妻ジェーンが女優としてキャリアアップしていく一方、俳優としての人気が下降気味であったレーガンは、次第に夫婦関係が悪化し、1948年に離婚しました。

1952年
2回目の結婚
レーガンとナンシー夫人

1952年、当時新人女優であったナンシー・デイビスと再婚します。2人はカリフォルニア州のパシフィック・パリセーズに新居を構え、パトリシア・アンとロンの2人の子供に恵まれました。1957年の映画「海軍のヘルキャット」では夫婦共演を果たしています。

1967年
カリフォルニア州知事に就任

レーガンは、政治との繋がりが深い映画俳優組合の委員長を務めていたため、政治への意識を高め、政治色が強いテレビ番組の司会を担当するようになります。1967年には、メディアで活躍を生かしてカリフォルニア州知事に就任しました。

1981年
大統領に就任
レーガン

1980年、レーガンは共和党から党大統領候補指名を獲得し、現職カーター大統領と争いました。最終的に、選挙人投票ではカーターとの間に489対49と大差をつけ勝利しました。

1981年
暗殺未遂事件が起こる

大統領就任から69日後の1981年3月30日、AFL-CIO会議での演説を終えてワシントンDCのヒルトンホテル裏口を出たところを、ジョン・ヒンクリーに狙撃されました。ジョージ・ワシントン病院に搬送されたレーガンは、緊急手術を受けました。

1984年
2期目の大統領に就任

1984年、レーガンは2期目をかけた大統領選で再選しました。就任後は、レーガンはソ連とその同盟国を除いてロサンゼルスオリンピックを挙行するなど、国際的な場からソ連を孤立させ、西側諸国の結束を誇示することに成功します。

1986年
イラン・コントラ事件

イラン・コントラ事件は、1986年に発覚したレーガン政権最大の政治スキャンダルです。この事件は、国交断絶状態であったイランへの武器売却代金をニカラグアの反共産党ゲリラ「コントラ」に対する支援に流用していたものですが、人気があったレーガンにとっては、致命的なダメージとなりませんでした。

1987年
中距離核戦力全廃条約を締結
レーガンとゴルバチョフ

レーガンは、ソ連共産党書記長のゴルバチョフとともに、ワシントンDCにて中距離核戦力全廃条約に調印しました。

1989年
引退

1981年から8年の任期をつとめあげたレーガンは、1989年1月20日にホワイトハウスを後にします。77歳11ヵ月という大統領としては史上最高齢でした。

1993年
アルツハイマー病を公表

レーガンは、1993年、アルツハイマー病と診断されたことを公表しました。病の進行とともに、人前には出ず、静かな余生を送ることとなりました。

2004年
死去
レーガンの葬儀

2004年6月5日の午後1時9分に、ロサンゼルス近郊のベル・エアーの自宅で肺炎のため死去しました。93歳でした。葬儀は、2004年6月11日にナショナル大聖にて国葬が執り行われました。

ロナルド・レーガンの年表

1911年 – 0歳「イリノイ州にてロナルド・ウィルソン・レーガン誕生」

レーガン子供の頃

アメリカのイリノイ州タンピコで父ジョン・レーガンと母ネル・ウィルソンの間に、次男として生まれました。引っ越しを繰り返した後、1920年にイリノイ州ディクソンに定住します。父はアイルランド系のカトリック教徒で、母はスコットランド系のプロテスタントでした。

プロテスタント主流派のディサイプル教会の信徒であった母の影響で、1歳のときに同教会で洗礼を受け、プロテスタントとなります。幼少の頃のレーガンは教会によく通い、自らが子供たちを対象に演説や説教をするようになりました。

1928年 – 17歳「高校卒業と大学入学」

レーガン アナウンサー時代

1928年にディクソン高校を卒業すると、イリノイ州のユーカリ大学に入学します。歴代大統領のように博学で成績優秀というわけではなかったようです。高校時代から毎年、夏季休暇に続けているロックリバーのライフガードの仕事では、7年間で77人を救助したと言われています。

大学時代は、経済学と社会学を学び、在学中に演説力の高さや話術を評価され、卒業後はラジオアナウンサーとなります。地元シカゴ・カブスの野球中継を担当したレーガンは、自らの想像力と話術の才能を活かして実況放送を行い、1934年のセントルイス・カーディナルズ戦では、カブスの9回の攻撃時に放送回線が故障したにも関わらず、機器が回復するまで即興でおこなった架空の実況放送で乗り切りました。

1937年 – 26歳「ハリウッドに進出」

俳優時代のレーガン

容姿端麗であったレーガンは、1937年にワーナーブラザーズと契約を結び俳優デビューをしました。1940年の「Knute Rockne All American」で、主役である実在した大学フットボールのスター選手ヌートの親友ジョージ・ギップを演じブレイクしました。デビュー後わずか2年間で19本の映画に出演しています。

レーガンの出演作で日本でも知られている映画には、「カンサス騎兵隊」(1940年)「殺人者たち」などがあります。「嵐の青春」(1942年、原題 Kings Row)での演技は高い評価を受け、実力を認められました。

1940年 – 29歳「結婚と離婚、そして再婚」

女優時代のナンシー夫人

1940年、女優ジェーン・ワイマンと結婚します。2人の間には、長女モーリーンと養子である長男マイケルがいます。人気が下降気味になっていくレーガンと確実にキャリアアップを重ねる妻ナンシーとの間で夫婦関係は悪化し、1948年に離婚します。

1952年に、駆け出しの新人女優ナンシー・デイビスと再婚します。2人はカリフォルニア州のパシフィック・パリセーズに住居を構え、次女パトリシア・アンと次男ロンの2人の子供に恵まれました。1957年の「海軍のヘルキャット」では、夫婦共演を果たしています。

1950年 – 39歳「テレビ業界で活躍」

レーガンのハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム

映画での人気は下降したレーガンですが、持前の話術を活かして1950年代には、テレビショー「ジェネラル・エレクトリック・シアター」の司会やテレビCMへの出演など、テレビ業界へ進出します。レーガンはテレビでも人気を博し、様々な番組に出演したため、テレビ業界に貢献したとして、1960年ハリウッド大通り6374番のハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにレーガンの名前が刻まれた星形の敷石が設置されました。

1967年 – 56歳「カリフォルニア州知事に就任」

レーガンは、政治との繋がりが深い映画俳優組合の委員長を務めていたため、政治色が強い番組の司会を担当するようになり、自らも下院非米活動委員会に協力し、「ハリウッドの赤狩り」協力します。その後レーガンはカリフォルニア州知事選挙に出馬し、1967年1月に第33代カリフォルニア州知事に就任しました。

1981年 – 74歳「第40代アメリカ合衆国大統領に就任」

レーガン大統領

1980年の大統領選挙で、党大統領選挙指名を獲得したレーガンは、民主党の現職大統領ジミー・カーターに、選挙人投票では489対49の大差をつけ、さらに一般投票でもカーターに約10パーセントの差をつけての圧勝でした。1981年1月21日、レーガンは第40代アメリカ合衆国大統領に就任します。

レーガンの初出馬は1968年の合衆国選挙で、ニクソン元副大統領を相手に予備選挙で敗退しました。その後出馬した1976年の大統領選挙では、現職のフォード大統領と争い、夏の全国共和党大会における代議員投票でフォード1187票に対し、レーガン1070票で惜敗しています。

1981年 – 74歳「暗殺未遂事件が起こる」

退院してホワイトハウスに戻ったレーガン

大統領に就任してからわずか69日後の1981年3月30日、アメリカ労働総同盟・産業別組合会議(AFL-CIO)での演説を終えたレーガンは、ワシントンDCのヒルトンホテルの裏口から出たところをジョン・ヒンクリーに撃たれました。当初、レーガンは被弾したと思われず、専用車でホワイトハウスに向かいましたが、急遽ジョージ・ワシントン病院に搬送され、緊急手術となりました。レーガンは、弾が心臓をかすめて肺の奥で留まっている重症でしたが手術は成功し、わずか10日で退院します。

1984年 – 77歳「2期目の大統領選挙の勝利」

1984年、再選をかけた大統領選挙に出馬し、アメリカ民主党候補のウォルター・モンデール前副大統領と争いました。その後1989年1月20日まで在任したレーガンは、アイゼンハワー大統領以来の2期8年の任期を満了したアメリカ合衆国大統領となりました。

レーガンが2期目の大統領に就任したころ、アメリカの最も大きな懸念はソ連との長引く冷戦でした。レーガンは、ソ連を「悪の帝国」と名指しで非難し、1984年、ソ連とその同盟国を除いてロサンゼルスオリンピックを開催し、西側諸国の絆の強さを見せつけました。

1985年の夏、レーガンは、大腸にできたポリープが生体組織検査の結果悪性であることが判明したためポリープ切除手術を受けています。手術は全身麻酔を必要とするという診断をうけ、1947年の大統領継承法と1967年のアメリカ合衆国憲法修正第25条の規定に依り、大統領権限の一時的移譲を初めて行いました。手術が行われた7月13日の朝方からの8時間は、ブッシュ副大統領が大統領権限を代行しました。

1987年 – 80歳「INF(中距離核戦力)全廃条約を締結」

レーガンとゴルバチョフ

1985年、ソ連でゴルバチョフが書記長に就任すると、両国は歩み寄りをみせます。ソ連の態度の変化にレーガンは、自らも強硬な外交路線を修正し、1985年ゴルバチョフの求めに応じる形で米ソ首脳が6年半ぶりに会談を行いました。1987年、レーガンとゴルバチョフは、ワシントンDCにて中距離核戦力全廃条約に調印し、ここに、長い間続いた冷戦が終結します。

翌年、レーガンはモスクワを訪問した際、ソ連のメディアに好意的に迎えられました。「まだソ連のことを「悪の帝国」と考えているか」と質問されたレーガンは、はっきり「いいえ」と答え、「あれは別の時、別の時代のことを指した言葉です(“I was talking about another time, another era.”)」とつけ加えたといいます。

レーガンは、回想録「An American Life」の中で、レーガンとゴルバチョフは互いに信頼しあい、気心しれる盟友になったと、語っています。ゴルバチョフは、レーガンにモスクワ大学で自由貿易市場についての特別講義まで依頼していました。

1989年 – 82歳「大統領を引退」

ホワイトハウスを去るレーガン

1981年から8年の任期をつとめあげたレーガンは、高い支持率を保ったまま、1989年1月20日にホワイトハウスを後にします。77歳11ヵ月という大統領としては史上最高齢でした。

1994年 – 86歳「アルツハイマー病を公表」

1993年にアルツハイマー病と診断されたレーガンは、1994年、「国民への手紙」という形でアルツハイマー病を公表しました。公表以降は人前に出ず、自宅で静かに余生を送っていましたが、2001年に自宅で転倒し腰を骨折したことで寝たきりとなってしまいます。妻のナンシー夫人は、アルツハイマー病の進行を食い止めるため、ホワイトハウスの執務室を再現した部屋を作り、レーガンに新聞を読むなどの「執務」をおこなわせていたそうです。

1998年2月6日、ワシントンDCの国際空港が、「ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港」と改名され、さらに、2001年3月4日、ミニッツ級航空母艦の9番艦が「ロナルド・レーガン」(USS Ronald Reagan, CVN-76)」と命名されました。2003年7月12日の就役式典には、レーガンの代わりにナンシー夫人が出席しています。

2014年 – 93歳「レーガン死去」

レーガンのモニュメント

長い間自宅で療養中であったレーガンは、2004年6月5日、ロサンゼルス近郊ベル・エアーの自宅で肺炎のため、93歳で死去しました。ナンシー夫人やマイケル、パティ・デイビス、ロンらの子供達に囲まれて亡くなったそうです。

レーガンの葬儀は、2004年6月11日に国葬として執り行われました。ワシントン大聖堂で行われた国葬には、当時のジョージ・W・ブッシュ大統領と父であるジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の他、

  • イギリスのマーガレット・サッチャー元首相
  • カナダのブライアン・マルルーニー元首相
  • ソ連のゴルバチョフ元大統領
  • 中曽根元大統領

などが弔辞を述べました。国葬を終えたレーガンは、地元カリフォルニア州シミバレーのロナルド・レーガン大統領図書館の敷地内に埋葬されました。モニュメントには、レーガンの言葉「I know in my heart that man is good, that what is right will always eventually triumph, and there is purpose and worth to each and every life.(私は心から信じています。人間は善であり、正義はいずれ必ずや勝利を収める。そして、すべての人生に目的と価値があることを。)」が刻まれています。

ロナルド・レーガンの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか

レーガン大統領の生い立ちや、政治家として、大統領としての実績や人柄など、レーガンについて大まかに知りたい方におすすめです。レーガンの入門書ともいえる一冊です。

I Love You, Ronnie: The Letters of Ronald Reagan to Nancy Reagan (English Edition)

レーガンが、妻のナンシー夫人に送ったラブレターとともに、2人のあゆみについてまとめられています。レーガンのそばには常にナンシー夫人が寄り添っていた、そんな2人の幸せな様子にこちらも幸せな気持ちになります。

レーガン、ゴルバチョフ、ブッシュ

米ソの外交の歴史や首脳同士の公私にわたるやり取りが分かりやすくまとめられています。冷戦の構造を知ることもでき、米ソの冷戦時代を知りたいかたにおすすめの一冊です。

関連外部リンク

レーガンに関するまとめ

今回は、アメリカ第大統領であるロナルド・レーガンについてご紹介しました。レーガンは、偉大なアメリカ人の一人にも選ばれるなど大統領としても評価が高く、また、一人の人間としても、そのチャーミングさからアメリカ国民に今も人気があります。

レーガンは、冷戦を終結に導く勇気ある一歩をふみだしてくれました。しかし、現在も世界では小さな紛争を含めて常に争いが起きています。レーガンのように、勇気ある一歩を踏み出せる、そして、ユーモアのセンスを忘れない指導者が世界中に必要なのかもしれません。

この記事を読んで、一人でも多くの人がレーガンに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

コメントを残す