小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトとはどんな人?生涯・年表まとめ

ラヴクラフトことハワード・フィリップス・ラヴクラフトは、20世紀前半にアメリカで活動を行っていた怪奇小説家です。

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト

「死」「破滅」「狂気」といった主題を、独特の文体と世界観で描き上げた彼の作品群は、現在では『クトゥルフ神話』として体系化されており、多くの読者に読み継がれ、また多くの創作者によって書き継がれる作品群となっています。

非常に難解かつ独特の文章表現が特徴であるため、あくまでカルト的な人気に留まる作家ではありますが、シナリオの主題や独特の邪神の造形など、実は非常に多くの作品に影響を与える、主にファンタジーやSF界隈においては外すことができない人物が、このラヴクラフトという人物なのです。

この記事では、そんな『クトゥルフ神話』の生みの親であるラヴクラフトの人物像や生涯について、なるべく詳細にまとめていきたいと思います。

ラヴクラフトとはどんな人物か

名前ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
誕生日1890年8月20日
没日1937年3月15日(享年46歳)
生地アメリカ合衆国、ロードアイランド州、プロヴィデンス
没地アメリカ合衆国、ロードアイランド州、プロヴィデンス
配偶者ソニア・グリーン(1924年~1929年)
子孫なし
埋葬場所アメリカ合衆国 ロード・アイランド州 プロヴィデンス スワン・ポイント墓地

ラヴクラフトの生涯をハイライト

祖父の影響で、優雅で貴族的な暮らしを好んだラヴクラフト

ラヴクラフトはアメリカ合衆国のプロヴィデンスに生まれ、幼い頃から文学や絵画に親しむ幼少期を送りました。しかしその一方で、早逝した父と同じく神経症に悩まされるなど、心身に問題を抱えた子供であったことも記録されています。

その後、父の代わりに育ての親となった祖父の事業が悪化すると同時に神経症も悪化。結果として彼はハイスクールを中退し、小説の執筆もやめ、半ば隠者のような生活を送ることになりました。

ラヴクラフトは、他作家の文章添削をメインの仕事としていた。

そして1915年。文章添削の仕事を始めたラヴクラフトは、「仕事の余暇」という扱いで小説の執筆を再開。ただし自身の小説に対して自信を持てなかったことから、この頃に執筆した小説のほとんどは、死後になって日の目を見ることになりました。

生前のラヴクラフト作品のほとんどは、『ウィアード・テイルズ』に掲載されている。

そして1921年に母の死を経験し、その3年後には妻であるソニアと結婚。この頃には『ウィアード・テイルズ』という怪奇小説雑誌に作品の投稿を行っていたことが記録されていますが、ラヴクラフトの作品は「長すぎる」「難解すぎる」と編集者からは酷評されており、彼の作品が華々しく認められることはありませんでした。

その後、ラヴクラフトの作品は『ウィアード・テイルズ』の読者からは人気を集めましたが、あくまでもその人気はカルト的でしかなく、次第に生活は困窮。編集者との軋轢も増す中で、ラヴクラフトは小腸ガンに感染してしまい、1937年にこの世を去ることになったのでした。

ラヴクラフトの作風

宇宙的で広範な恐怖を描くのが、ラヴクラフト作品における最大の特徴。

いわゆる『クトゥルフ神話』として有名なラヴクラフトの作品群は、一般的なホラー小説とは一線を画す幻想的な作風が最大の特徴となっています。

ラヴクラフトは、自身のそういった幻想怪奇作品の主題を「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」と呼び、彼は生涯にわたって「人間を超えた存在によってもたらされる恐怖と狂気」を自身の作品の中に描き続けました。

難解かつ長いその文体は、彼が作品を投稿していた『ウィアード・テイルズ』の編集長であるファーンズワース・ライトのように毛嫌いする人も数多くいたようですが、やはり当時からカルト的なファンがついていたことも記録され、「知る人ぞ知る名作品」として絶賛する読者も、決して少なくなかったようです。

人間同士の関わりや没入感から生まれる”共感”によって生じる恐怖ではなく、完全に理解や常識の外からやってくる「名状しがたい恐怖と狂気」を描き続けたことこそが、ラヴクラフトの真骨頂であると言えるでしょう。

『クトゥルフ神話』とはなにか?

クトゥルフ神話には、普通なら想像もつかないような怪物が多く登場する。

ラヴクラフトという人物とは切っても切り離せない『クトゥルフ神話』という言葉ですが、これはギリシャ神話や北欧神話のように、現実に伝承されてきた神話大系ではありません。

端的に言えば『クトゥルフ神話』とは、ラヴクラフトが作品群の中で描いた架空の神話大系であり、その神話大系をラヴクラフトの友人であるオーガスト・ダーレスらが編纂し、固有名詞を体系化したものという事になります。

主にかつての地球を支配していた異形の生物「旧支配者」の存在を前提とした、宇宙や他次元などの非常に大規模な主題を扱っており、作中においてギリシャ神話や北欧神話などの既存の神話大系は、すべてクトゥルフ神話の派生形であると扱われることになっています。

小説で言うところのスターシステムの要素が強く、様々な作品に同一の存在が登場していることなどから、非常にとっつきにくさはありますが、現代ではTRPGや様々な創作の題材として親しまれているため、興味のある方は詳しく調べてみていただければ幸いです。

作品に描かれたラヴクラフトの趣味嗜好

クトゥルフ神話の邪神たちの原型は…イカやタコ?

太宰治の『人間失格』のように、作家の人間性や経験が作風に表れることはままあります。そしてその点で言えば、ラヴクラフトは自身の人間性を、非常に多く作品内に持ち込んでいる作家だと言えるでしょう。

例えば彼の作品群の中でも重要な存在である”旧支配者”などの邪神の造形。これらはイカやタコといった海生生物の影響が強く見られ、転じてラヴクラフトの異常な海産物嫌いを窺い知ることができます。

寒さを極端に嫌っていたことも作品から読み取れる。

また、『冷気』などの作品からは彼の寒さ嫌いを読み取ることができる他、作品全般からは、かなり強い人種差別的な視点や、理解できない者に対する排斥の感覚を読み取ることも可能です。

また、「異次元の怪物との抗争」という作品全般の主題についても、当時流行していたというヘレナ・ブラヴァツキーの影響を受けたと目されており、実のところ彼の作品は、彼自身が自分の感情や経験を大きく膨らませる形で作っていったと読み取れそうです。

なんとも表現しがたいほど”アレ”な性格の人物像

非常に気まぐれで問題の多い人物だったラヴクラフト

ここまでのトピックをお読みいただければお分かりいただける通り、ラヴクラフトの人物像は、正直なところ友人にはなりたくないタイプ、というのがほとんどの方の所感だと思います。

実際、彼自身の性格的な部分にはかなり問題アリな部分が散見され、中でも非常に強い白人至上主義は、まだ白人至上の感覚が根強かった当時の研究者からも「常軌を逸している」と評されるほどのものだったと記録されています。

また、幼少期に母からの溺愛を受けた経験から、食べ物の好き嫌いも非常に多い偏食家だったようで、その当時からの海産物嫌いが、前述のトピックでも書いた通りの邪神のデザインに繋がっていったと言われています。

ヒトラーに傾倒していたとか、そうでもなかったとか…?

また、非常に気まぐれで主義主張が一貫していない人物だったことも記録からは読み取れ、ヒトラーの政策に傾倒したかと思えば、後にヒトラーの人種差別的政策の批判を行ったり、見下していたはずの中華文明を持ち上げたりと、彼の主張はほとんど一貫していません。

『クトゥルフ神話』という凄まじいまでの作品群の原型を作った、尊敬すべき作家であることに違いはないラヴクラフトですが、その人間的な性質は言葉を濁すしかない人物だと言えそうです。

現代よりもはるかに低かった生前の評価

ほぼウィアード・テイルズでのみ活動していたラヴクラフトだが、評価は芳しくなかった。

現代でこそ”クトゥルフ神話の元祖”として評価を受けているラヴクラフトですが、生前の彼はあまり評価の高くない、いわゆるアマチュアとして扱われていたと言います。

特に、彼が作品を投稿していた『ウィアード・テイルズ』の編集長であったファーンズワース・ライトからは、その文章の難解さと冗長さを批判され、ラヴクラフトもそんな彼の無理解に対する批判を手紙にしたためるなど、犬猿の仲であったことが記録されています。

しかしその一方で、ラヴクラフト作品には当時からカルト的なファンがついており、ラヴクラフトが作品を掲載していた頃は、皮肉なことに『ウィアード・テイルズ』の最盛期だったとも言われています。

とはいえ、彼の生前に発売された作品は『インスマウスの影』一作だけだったこともあり、やはり生前のラヴクラフトの評価は、「一部でカルト的な人気を誇るアマチュア」だったと言うべきでしょう。

現代に描かれるラヴクラフトとその世界

『文豪ストレイドッグス』のラヴクラフト。冷静なようでどことなく不気味な雰囲気がある。

『クトゥルフ神話』という新たな世界観を構築したラヴクラフトは、文豪のキャラクター化などがブームとなっている現代においては、まさに格好の題材として多くの作品に名前が登場しています。

主なものでは、ゲーム『文豪とアルケミスト』では、たどたどしい言葉遣いのミステリアスな男性として登場。また、漫画『文豪ストレイドッグス』では不気味な雰囲気と能力を持つ大男として登場するなど、彼の作品の不気味さから得られるイメージでキャラクターが作られていることがほとんどです。

クトゥルフ神話の邪神を美少女化した『這いよれ!ニャル子さん』は、クトゥルフ神話のファン層を大きく広げる結果となった。

また、彼の構築した『クトゥルフ神話』の世界観も、多くの漫画やゲーム、小説で書き継がれています。

ライトノベル『這いよれ!ニャル子さん』では、神話に登場する邪神たちが主題として描かれているほか、ゲーム『Fate/Grand Order』でも、邪神と統合されるキャラ付けが成された歴史上の人物が登場。葛飾北斎や楊貴妃、ゴッホなどがそれにあたり、シナリオの重要な要素となっています。

このように、普通では表現しきれないほどの広大な世界観を構築し、現在でも読み継がれる以上に書き継がれている事こそが、ラヴクラフトという作家の最大の特異性なのです。

ラヴクラフトの功績

功績1「現代まで”書き継がれる”作品群の元祖」

クトゥルフ神話の影響を受けた『Fate/Grand Order』のゴッホ。このように、クトゥルフ神話は非常に多くの要素と噛み合わせて描かれる。

シェイクスピア芥川龍之介のように、読み継がれる名文というものは世界中に広く存在しています。しかしその一方で、”書き継がれる”作品というのは、世界広しと言えどもラヴクラフトの作品群を除いて他にないのではないでしょうか。

前のトピックでも度々書かせていただいている通り、ラヴクラフトの構築した『クトゥルフ神話』の世界観は非常に多くの作品に取り上げられ、現代でもクトゥルフの世界は広がりを止めていません。既にラヴクラフトがこの世を去って80年以上が経っていることを考えると、それがどれだけ異常なことかはご理解いただけるでしょう。

ともかく、”読み継がれる名文”ではなく”書き継がれる世界観”を構築したという点において、ラヴクラフトは唯一無二の作家であると言えそうです。

功績2「無意識のうちに後進を育てていたとも言われる」

『キャリー』『IT』『ミスト』などで知られるスティーブン・キングも、ラヴクラフト作品からの影響を明かしている。

生涯を通じて「アマチュア作家」としての評価を覆すことが無く、作家として大成することができなかったラヴクラフトは、主に他の作家の文章を添削することを生業としていました。

ラヴクラフトはこの作業を非常に安い単価で請け負っていたにもかかわらず、時には原文が残らないほどの書き換えを行っていたことも記録され、彼の活動は半ばゴーストライターに近いものだったという事も記録からわかっています。

そして、このような活動は後進育成の効果を果たすことにもなり、彼の添削を受けたことでクトゥルフ神話の世界観を体系化するに至ったオーガスト・ダーレスをはじめ、多くのクトゥルフ神話作家を生み出す結果にも繋がりました。

また、後世においては『キャリー』や『IT』で知られるスティーブン・キングや、『魔界都市』の菊地秀行に影響を与えたことも知られ、彼の構築した真新しい世界観は、多くの更新に影響を与え、育てるものとして大成する結果を生んでいます。

功績3「実は『ドラクエ』や『FF』の元祖の一人だった? 」

国民的人気を誇る『ドラゴンクエスト』にも、実はラヴクラフトの影響が?

『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』などのRPGも、元を正せばラヴクラフトの文学が源流となっている、という主張が存在しています。

その主張は、ラヴクラフトの描いた『クトゥルフ神話』の世界観が文学として書き継がれていく中で、TRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)が生まれ、そのTRPGから派生する形でビデオゲーム的なRPGが生まれたというもの。

もちろんその功績はラヴクラフト個人によるものではなく、エドガー・アラン・ポーやトールキンの『指輪物語』などの影響も加味したうえのものではありますが、実際そこまで荒唐無稽な主張ではないと思えます。

ともかく、ラヴクラフトという人物の功績が自身の文学ではなく”後世の創作の原型”に寄っていることも、ラヴクラフトという作家の特異性の表れだと言えるのではないでしょうか?

ラヴクラフトの作品年表

ラブクラフトの作品たち

※”()”内は発表年のため、執筆時期とはズレが生じている。

単著

  • サミュエル・ジョンソン博士の回想(1917年9月)
  • 眠りの壁を越えて(1919年10月)
  • ダゴン(1919年11月)
  • ランドルフ・カーターの証言(1920年5月)
  • ナイアーラソテップ(1920年11月)
  • 北極星(1920年12月)
  • 忘却の彼方へ(1921年3月)
  • 恐ろしい老人(1921年7月)
  • 無名都市(1921年11月)
  • エーリッヒ・ツァンの音楽(1922年3月)
  • セレファイス(1922年5月)
  • 潜み棲む恐怖(1923年1月~4月)
  • 眠りの神(1923年3月)
  • 妖犬(1924年2月)
  • 壁の中の鼠(1924年3月)
  • 祝祭(1925年1月)
  • 名状しがたきもの(1925年7月)
  • 海底の神殿(1925年9月)
  • 死体安置所にて(1925年11月)
  • アウトサイダー(1926年1月)
  • あの男(1926年9月)
  • レッド・フックの恐怖(1927年1月)
  • 異次元の色彩(1927年9月)
  • ピックマンのモデル(1927年10月)
  • クトゥルフの呼び声(1928年2月)
  • 冷気(1928年3月)
  • ダンウィッチの怪(1928年4月)
  • 闇に囁くもの(1931年8月)
  • 霧の高みの不思議な家(1931年10月)
  • 魔女の家の夢(1933年7月)
  • 蕃神(1933年11月)
  • 向こう側(1934年6月)
  • 狂気の山脈にて(1936年2月~4月)
  • インスマウスの影(1936年4月)
  • 超時間の影(1936年6月)
  • 闇をさまようもの(1936年12月)
  • 戸を叩く怪物(1937年1月)
  • 忌まれた家(1937年10月)
  • ネクロノミコンの歴史(1938年(月日不明))
  • アザトース(1938年6月)
  • チャールズ・ウォードの奇怪な事件(1941年5月、7月)
  • 未知なるカダスを夢に求めて(1943年(月日不明))  など

共著、他者名義、代作など

  • 這いよる混沌(1921年4月、ウィニフレッド・V・ジャクソン、エリザベス・バークレー名義)
  • ファラオとともに幽閉されて(1924年5月、ハリー・フーディーニ名義)
  • イグの呪い(1929年11月、ゼリア・ビショップ名義)
  • 博物館の恐怖(1933年7月、ヘイゼル・ヒールド名義)
  • 銀の鍵の門を越えて(1934年7月、エドガー・ホフマン・プライス名義)
  • 永劫より(1935年4月、ヘイゼル・ヒールド名義)
  • 墳丘の怪(1940年11月、ゼリア・ビショップ名義)  など

ラヴクラフトにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「クトゥルフ神話の原型は”ファンとの文通”にあった?」

無類の手紙魔だったというラヴクラフト。その独自の作風のカギも、実は文通にあったとか。

ラヴクラフトが作り上げ、オーガスト・ダーレスによって体系化されたと言われるクトゥルフ神話。しかしラヴクラフト自身は、それらを完全にまとめて体系化しようとは考えていなかったらしく、彼の作品におけるクトゥルフ神話系の用語は、単純なスターシステムに終始していました。

しかし、その世界観に動きがあったのはラヴクラフトの死後、ラヴクラフト作品のファンであり、彼の文通相手でもあったダーレスは、ラヴクラフトの膨大な手紙のやり取りや作品から、彼が作り上げた設定群を体系化し、彼の作り上げた世界観を精密に体系化。こうして生まれたのが、ラヴクラフトの世界観である『クトゥルフ神話』という神話大系です。

ラヴクラフト自身ではなくそのファンによって体系化されたという点は、中々文学的なロマンを感じる部分ではないでしょうか。

都市伝説・武勇伝2「クトゥルフ神話に登場する日本の妖怪」

クトゥルフ神話に登場する妖怪は、きっと誰もが知るあの妖怪だった?

古今東西様々な作家によって書き継がれているクトゥルフ神話。その中には日本を舞台にした作品も存在し、そしてそこには当然”日本特有の怪異”も描かれています。

デイヴィッド・ファーネルが著したクトゥルフ神話作品『Yuki Onna』には、そのタイトルが示す通り”ユキ・オンナ”という旧支配者(クトゥルフ神話における架空の神々)の眷属が登場。「旅人を凍死させる」など、日本の伝承通りの行動をとる姿が描かれ、転じてクトゥルフ神話の内包する範囲の広さを示す存在となっています。

雪男も作中に登場するが、一般にイメージするものとはちょっと違っている。

また、ユキ・オンナの派生形として”ユキ・オトコ”も作品に登場。こちらは青黒く変色した凍死体のゾンビとして登場し、人間を襲う怪物として描かれています。

こうしたクトゥルフ神話系の創作は、現在もプロアマ問わず盛んにおこなわれ、ネットなどでは多くの作品が出回っています。皆様の地元の土着伝承が描かれている場合もあるかもしれませんので、興味がある方はぜひ検索してみてはいかがでしょうか?

1 2

コメントを残す