小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトとはどんな人?生涯・年表まとめ

ラヴクラフトの年表

1890年 – 0歳「ロードアイランド州プロヴィデンスにて誕生」

ラヴクラフトが生涯を送った、プロヴィデンスの現在。

プロヴィデンスにて誕生

1890年8月20日、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトはアメリカ合衆国ロードアイランド州プロヴィデンスに生を受けました。

それなりに裕福な家の一人息子として生を受け、更に母方の実家が名士だったことから経済的には余裕があったようですが、彼の誕生から3年後の1893年には父が突然この世を去るという悲劇に見舞われることになってしまいます。

これによって祖父母と伯母の住む屋敷に引っ越すことになったラヴクラフトは、祖父の影響を受けたゴシック・ロマンスや、エドガー・アラン・ポーの作品に親しむ、読書好きで貴族趣味の少年として成長していくことになりました。

母からの溺愛

少年期のラヴクラフトは、母から非常に溺愛されて育ったことが記録されています。

望むものは何でも買い与えられ、好むものばかりを与えられたラヴクラフトは、特に食の好みとして海産物を異様に毛嫌いするようになり、その嫌い様は”恐怖”に近いものですらあったそうです。

そして、この時から終生続くことになった海産物嫌いは、後の『クトゥルフ神話』における邪神の造形に影響を与えることになります。

1900年頃 – 10歳「人生で最も暗い時期」

貴族趣味だったはずが、10歳の若さで没落を経験する羽目に。

祖父の業績の悪化

ラヴクラフトが10歳になるころには、名士だった祖父の事業の業績が悪化。これにより経済的な余裕は失われ、ラヴクラフトの生活は次第に貧困化していくことになりました。

ラヴクラフトは後に、この時期のことを「自分の人生の中で最も暗い時期の一つだった」と語っており、詳細な記録こそありませんが、この頃の経験もラヴクラフトに大きな影響を与えたと言えるでしょう。

悪夢と小説と科学

6歳のころからギリシャ神話に題材を得た物語を書き始めたラヴクラフトでしたが、同時に彼は神経症に罹ってしまい、夜ごとに悪夢に悩まされていたことが記録されています。

しかし、8歳の頃に科学に興味を持ち始めると、彼は宗教心がなくなり、それと同時に悪夢も見なくなったという事が記録によって明らかになっています。

1908年 – 18歳「筆を折り、隠者となる」

小説を書くこともやめ、人目を避けて生きるしかなかったラヴクラフト。

ハイスクールを中退

経済的な余裕が失われ、しかも神経症によって成績も振るわなくなっていたラヴクラフトは、この年にハイスクールを中退することになってしまいます。

それでも独学で大学を目指したラヴクラフトでしたが、彼はその受験でも失敗。これによって打ちのめされた彼は、趣味である小説の執筆すら止め、世間との関わりを絶った隠者のように暮らすことになってしまいました。

1914年 – 24歳「小説の執筆を再開する」

小説の執筆を再開し、以降の彼は貧しいながら文章を仕事としはじめる。

アマチュア文芸クラブに所属

この年の4月、ラヴクラフトはアマチュア作家の交流組織に参加したことで、小説との関わりを取り戻すことになりました。

その縁によってかは不明ですが、1年後の1915年には文章添削の仕事を始めていたことが記録されており、彼は文章添削の仕事の傍ら、あくまで余暇や依頼を受けた際に小説の執筆を行う生活を開始したようです。

ラヴクラフト式の文章添削

ラヴクラフトの行う文章添削は、非常に安価でありながら緻密であり、作品に新たなアイディアを提案したり、文章を原型が残らないほどに書き換えたりしたという記録が残っています。

このような添削は、ラヴクラフト自身も与り知らないところで後進の育成に効果を発揮し、結果として彼の作品が書き継がれることになる土壌となりました。

1917年 – 27歳「兵役検査と『サミュエル・ジョンソン博士の回想』」

サミュエル・ジョンソン

兵役検査に不合格となる

この年、ラヴクラフトは兵役検査を受けることになりましたが、その結果は不合格でした。

この事実にラヴクラフトは強いコンプレックスを抱いたとされ、そこから生じる劣等感は、彼に終生付きまといつづけたと言われています。

『サミュエル・ジョンソン博士の回想』

短編小説である『サミュエル・ジョンソン博士の回想』が発表されたことで、ラヴクラフトはアマチュアでこそあれ、作家としてデビューすることになりました。

この作品についての記録はほとんど無く、生前のラヴクラフトの無名さも相まって、作品の評価は現状としては掴みがたいものになっています。

1921年 – 31歳「母の死、妻との出会い」

母の死に打ちのめされるラヴクラフトだったが、新たな出会いも経験することに。

母の死に強いショックを受ける

1919年に精神病院に入院していた母が、この年の5月に死去。ラヴクラフトはこの事実に非常に強いショックを受けたと記録されています。

この時のラヴクラフトのショックの受け方は、肉親を失ったとしても常軌を逸した者であったとも言われ、このことからラヴクラフトは、非常に強いエディプス・コンプレックスを抱えていたと指摘する研究者も存在しているようです。

ソニア・グリーンとの出会い

母の死から少し経った7月、ラヴクラフトはアマチュア作家の集会に参加し、その中でソニア・グリーンという女性と知り合うことになりました。

ソニアはラヴクラフトよりも10歳年上で、子供も抱えた職業婦人でしたが、この出会いから3年後の1924年に二人は結婚。この結婚によってラヴクラフトは住み慣れたプロヴィデンスを離れ、ニューヨークのブルックリンに移住することになりました。

1923年 – 33歳「『ウィアード・テイルズ』」

ラヴクラフトの作品のほとんどは、この『ウィアード・テイルズ』に掲載された。

『ウィアード・テイルズ』に作品を投稿するようになる

1923年、怪奇小説雑誌である『ウィアード・テイルズ』が創刊。ラヴクラフトは友人たちからの勧めにより雑誌に作品の投稿を始め、一部の読者からカルト的な人気を得るようになりました。

その一方で、1924年からウィアード・テイルズの編集長となったファーンズワース・ライトとはいさかいが絶えず、作品を拒否されることも度々あったと記録されています。

ただ、ライトとラヴクラフトが争っていたこの時期こそが、「ウィアード・テイルズの黄金期」とも評されており、ラヴクラフトは確かに同誌の看板作家として人気を博していました。

1926年 – 36歳「プロヴィデンスに帰還」

多くの人種がひしめくニューヨークでの暮らしは、ラヴクラフトにとってはストレスでしかなかった。

プロヴィデンスへ舞い戻る

1924年に結婚しニューヨークに移住するも、その1年後である1825年に妻であるソニアが失業。結果としてソニアとラヴクラフトは別居することになりました。

別居当初のラヴクラフトは、ソニアからの仕送りを頼りにそのままニューヨークに住み続けましたが、人種差別意識の強い彼にとってニューヨークの多民族ぶりはストレスにしかならず、結果として彼はこの年、住み慣れたプロヴィデンスに戻ることになっています。

『クトゥルフ神話』の代表作が生まれ始める

プロヴィデンスに戻ったラヴクラフトは、寡作でこそありましたが執筆活動を継続。以降の10年間でクトゥルフ神話の原型に当たる作品を続々と生み出し、その世界観を後世に伝えていくこととなりました。

1937年 – 46歳「小腸ガンによりこの世を去る」

ファンによって建立されたラヴクラフトの墓碑は、今も多くのファンが訪れるスポットとなっている。

小腸ガンによってこの世を去る

1936年、小腸ガンという診断を受けたラヴクラフトは、元々の貧困による栄養失調が病魔によってさらに悪化。結局病魔の進行を食い止めることはできず、彼は1937年3月15日、小腸ガンによってこの世を去ることになりました。

1929年に妻であったソニアとは離婚していたため、その遺体は母の生家であるフィリップス家の墓地に埋葬されましたが、貧困のためか彼自身の墓碑は作られませんでした。

しかし、彼の没後40年にあたる1977年に、ファンたちが墓碑を購入。「われはプロヴィデンスなり(I am Providence、神意(Providence)と彼の故郷プロヴィデンスをかけた洒落)」」が刻まれたその墓碑は、現在も多くのラヴクラフトファンが訪れるスポットとなっています。

1939年 – 没後2年「アーカム・ハウス出版社の立ち上げ」

生涯を通じてラヴクラフトのファンであり続けたオーガスト・ダーレス

アーカム・ハウス出版社

ラヴクラフトの生前より、彼の作品の熱心なファンだったオーガスト・ダーレス、ドナルド・ウォンドレイが発起人となり、アーカム・ハウス出版社が立ち上げられました。

ラヴクラフトの作品群を出版する目的で立ち上げられたその会社は、他の作家によるクトゥルフ神話作品群の出版も行い、ラヴクラフトの作品と名声を大きく広げるきっかけとなりました。

ラヴクラフトの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

ラヴクラフト全集

その名の通り、ラヴクラフトの作品全集です。全7巻が刊行されており、彼の代表作はこの全集に全て収められています。

難解かつ重厚な読みごたえは非常に人を選ぶものの、ハマると抜け出せない妙な中毒性ともなっています。ラヴクラフトやクトゥルフ神話に興味がある方は、まず一冊でも読んでいただければ幸いです。

クトゥルフの呼び声 ラヴクラフト傑作集

クトゥルフ神話の世界を描いた漫画作品です。非常に精密な画力は、一見するとわかりにくくも感じられますが、作風としては小説を読むよりも掴みやすいかと思います。

漫画としてビジュアルに訴えかける「宇宙的恐怖」は、ラヴクラフトの世界観入門としてはピッタリですので、小説が肌に合わなかった方は、こちらにも挑戦してみることをお勧めいたします。

這いよれ!ニャル子さん

クトゥルフ神話の邪神を美少女化してメインヒロインに据えた、アニメ化もされたライトノベル作品です。

クトゥルフ神話の前提知識がないと厳しい部分はありますが、その分軽く読むことができるクトゥルフ神話作品としてぴったりな作品となっています。「ラヴクラフトに興味はあるけどホラーはちょっと…」という方にお勧めの作品となっています。

おすすめの動画

実はめちゃくちゃ簡単なクトゥルフ神話TRPG【講座編】

現代におけるクトゥルフ神話の主流とも言える、TRPGについての解説動画です。とっつきにくいTRPGのルールなどが分かりやすく解説されているため、これからTRPGを始めたいという方にはぴったりの動画だと思います。

また、YouTubeには多くのTRPGのリプレイ動画が存在しているため、その前提知識として見るにもお勧めの動画となっています。

おすすめの映画

ダンウィッチの怪

ラヴクラフトの代表作の一つである『ダンウィッチの怪』の映画版です。1970年に公開されましたが、日本では未公開であり、2017年にようやくDVDが発売されました。

1970年当時の世相が反映された映画は、現在見ると少ししょぼい感じは否めませんが、随所に見えるラヴクラフト節は、作風の入門にはうってつけとなっています。「面白い!」という意味でのお勧めはできませんが、ラヴクラフトファンには外せない作品だと言えるでしょう。

死霊のはらわた

カルト映画の代表格として有名な映画作品です。あくまで「カルト」の域であり、ハリウッド映画のような緊迫感や派手さはありませんが、現代でも十分通じる作品です。

ラヴクラフトとの関わりは、死霊を呼び出す道具である”ネクロノミコン”程度ですが、そのような道具名がさらっと登場する程度には、ラヴクラフト作品のエッセンスが詰め込まれた映画だと言えます。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

言わずと知れた『ドラえもん』の映画版です。2017年に公開され、映画ドラえもんの例に漏れず、老若男女を問わない幅広い支持を受けました。

評論家の岡田斗司夫は、この作品を「ドラえもん版『狂気の山脈にて』」と評しており、実際作中には(もちろん子供向けにマイルドになっていますが)ラヴクラフト作品を思わせる描写もいくつか散見されます。

子供向け作品と侮らず、ぜひラヴクラフトファンの方にも見てほしい一作です。

おすすめドラマ

ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路

ラヴクラフト作品を原型とした、2020年現在で恐らく最新のクトゥルフ神話を用いたドラマ作品です。1950年代を舞台に、主人公の黒人青年が脅かされる、現実と架空の恐怖が描かれます。

単純にドラマとしての完成度だけでなく、ラヴクラフトへのリスペクトがそこかしこに見られることもファンとしては嬉しいところ。日本で視聴する方法は現状だと非常に限られていますが、是非ご覧になっていただきたい作品だと思います。

関連外部リンク

ラヴクラフトについてのまとめ

ほとんど無名のまま生涯を終えながら、根強いファンの声や尽力によってその世界観を構築され、現代でも”書き継がれる”という非常に特異な作家となったラヴクラフト。

シェイクスピアや太宰など、天才と呼ばれる作家は歴史上に幾人も存在していますが、その中でも非常に異質な、「未だ完成しきっていない作品の源流」という立ち位置にいることが、ラヴクラフトという人物の一番の見所であり、面白いところなのではないかと思います。

皆様も興味があるようでしたら、未だ完成しきっていないクトゥルフ神話の世界観に、検索窓を使って足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

それでは、この記事にお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。この記事が皆様にとって多少の学びになっていれば、何よりの光栄でございます。

1 2

コメントを残す