小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

明治時代ってどんな時代?出来事や年表、重要人物、文化などをご紹介

「明治時代ってどんな事が起きたの?」
「明治時代で活躍した人物はどんな人?」

明治時代は「日本が世界と並び立つために歩み出した」時代です。

世界初の蒸気機関車

1760年代にイギリスが蒸気機関の開発に成功し、工業や交通の面でも様々な発展を遂げた「産業革命」を起こしたことにより、欧米諸国は発展を遂げ、時代は近代へと突き進んでいきました。

この頃、日本はまだ江戸幕府政権下だったのですが、1867年の大政奉還により、江戸幕府が倒れ、新たに明治政府が誕生します。明治政府の重要な目的として掲げていたのが産業革命により発展した「欧米列強」に並ぶための国作りです。本記事では具体的にいくつかご説明いたします。

近代以降の流れはこれまでの時代よりも政治体制などが複雑になるため、歴史の授業でもかなり苦労したという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は大学時代に歴史学のなかでも近代史を専攻していた筆者が、明治時代を大まかにご紹介いたします。

覚えるうえで大事な幹の部分を理解することで、枝葉を付け足すことも可能になります。

明治時代とはどんな時代?

明治時代はいつからいつまで?

明治天皇

明治時代は、1868年10月23日から1912年7月30日の明治天皇が崩御するまでの期間です。1868年9月に元号が「慶応」から「明治」へと改元され、明治時代へとなりました。なお、改元した時は太陰暦だった為、記録と少しずれがあります。この時、現在まで続く「天皇一代に付き一元号とする」という法律の「一世一元の制(いっせいいちげんのせい)」が施行されてから初めての改元となったのです。

ちなみに、明治天皇の即位は1866年に行われていますが、最初の2年間は明治時代に含まれて居ません。

明治維新によって築かれた新時代

1853年、それまで海外との交流を遮断し、鎖国体制を敷いていた日本に大きな出来事が起こりました。ペリー率いる黒船の来航です。

黒船来航

この黒船来航により、欧米諸国は日本に急接近。国内では外国人を打ち払う攘夷派と海外と積極的に交流すべきであるという開国派に分かれ、様々な争いが起きました。そして、1867年10月に江戸幕府第15代将軍徳川慶喜の命により、政権は朝廷へと変換され約150年に渡って日本を統治してきた江戸時代が終わりを告げました。

二条城大広間にて「大政奉還図」

この改元より前、1868年1月に勃発した「戊辰戦争(ぼしんせんそう)」では、薩摩・長州藩を中心とする新政府軍と、旧幕臣・会津藩などの旧幕府軍による争いが怒りました。結果は、新政府軍側が勝利し、この戦争において旧幕府側に協力した藩の大半が大幅に減封や重臣の処分などがされました。

このような出来事があったため、新政府は武家政権時代の「封建制度(ほうけんせいど)」を取りやめ、諸外国のような「中央集権的国家体制(ちゅうおうしゅうけんてきこっかたいせい)」作りを優先しました。そのために、1868年の4月には明治政府の基本方針である「五か条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)」を発布し、公卿や各藩の諸侯に広く知らしめました。

五か条の御誓文

1868年4月に軍監の江藤新平らの提案により、明治天皇含む朝廷は江戸へとその政治機能を移し、7月17日には江戸から「東京」へと改称されました。それに続くように、1869年2月には新政府の機関も東京へと移されました。これらの出来事は「御一新(ごいっしん)」と呼ばれ、民衆も何かが変わることを期待していたそうです。

明治天皇の東京行幸

西洋諸国に負けないための富国強兵政策(ふこくきょうへいせいさく)

1869年6月には諸般の領地と領民を天皇へと返還する「版籍奉還(はんせきほうかん)」という政策を打ち出し、各藩の諸侯へと上表しました。この政策は中央集権国家として、日本を改めて統一する意味合いが込められた政策となっています。しかし、この「版籍奉還」では、かつての藩主がそのままその藩の知事となっていたため、これまで通りの支配とあまり変わらないものとなっていました。

諸藩の藩主を集め廃藩置県を命じる様子

この状況を打開すべく打ち出されたのが1871年に発令された「廃藩置県(はいはんちけん)」です。「廃藩置県」では、「藩」と「藩主」をすべて廃止。新たに「県」を設置し、「県知事」がその地域を治めるという管理体制になりました。この結果、日本は「中央集権的統一国家」への道を歩き出すことになりました。

岩倉具視を中心にした岩倉使節団

1871年11月、江戸幕府が西洋諸国と締結した不平等条約(ふびょうどうじょうやく)の改正と諸外国調査のため、岩倉具視を全権大使とする「岩倉使節団」(いわくらしせつだん)が1年9か月の洋行を行いました。この間、日本では朝鮮の処遇を巡る「征韓論(せいかんろん)」論争が巻き起こりました。

使節団の目的である不平等条約の改正は思うような成果は得られませんでした。しかし、欧米諸国の文明を触れたことがきっかけで、使節団の面々は日本の近代化を進める意識が強く高まりました。そして、1873年に使節団は帰国し、新たに「富国強兵」政策を打ち出すこととなります。

征韓論争で揺れる議会内「征韓議論」

まず、国内で問題となっていた朝鮮への出兵を取りやめるよう大久保らは西郷、板垣といった面々を説得。結果、西郷率いる6名は官職を辞職し下野することになりました(明六年の政変(めいろくねんのせいへん))。その後、大久保は新たに内務省(ないむしょう)を設立。内務卿に就任すると、様々な政策に取り掛かりました。

特に力を入れたのが「殖産興業(しょくさんこうぎょう)」です。殖産興業とは、西洋諸国の経済力に対抗すべく打ち出された政策で、機械製工業の導入など日本における「産業革命」のようなものでした。その代表的な場所が、殖産興業のモデルとなるべくして誕生した「官営模範工場(かんえいもはんこうじょう)」です。フランスの技術が導入された生糸工場である「富岡製糸場」をはじめ、それまでの「家内制手工業(かないせいしゅこうぎょう)」から「工場制機械工業(こうじょうせいきかいこうぎょう)」へと日本の産業は発展していきました。

立憲国家への道のり

板垣退助らが提出した民撰議院設立の建白書

1873年に下野した板垣退助は、1874年に後藤象二郎、江藤新平らと共に「愛国公党(あいこくこうとう)」を結成。士族・平民らにも参政権を与えるべきであると主張し、政府に対して「民撰議院設立建白書(みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ)」を提出しました。ここから、板垣らを中心に、平民も政治に参加できる権利を主張する「自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)」が高まりました。

1876年、士族の力を弱めるため政府は、財政的な負担となっていた士族への給料(秩禄(ちつろく))を大幅に減らす「秩禄処分(ちつろくしょぶん)」と殺伐とした空気を取り除くという意味を込めた「廃刀令(はいとうれい)」を発布。この二つの法令に対し、士族は政府への不満を高めました。

不平士族最大の反乱「西南戦争」

その結果、不満を持った士族による反乱が各地で起きました。中でも最大の戦いとなったのが、1877年に西郷隆盛らを中心とした「西南戦争(せいなんせんそう)」です。この戦いに政府軍は約8か月の歳月をかけて勝利、しかし、戦争のさなかに木戸が病死、反乱士族側の大将であった西郷は自刃、そして、政府側であった大久保は不平士族により暗殺。「維新の三傑」が倒れたことにより、この時期から元老院と薩長藩閥による政権体制が強まることになりました。

1880年ごろから自由民権運動の目的である「国会開設」を望む声が全国へと拡大しつつありました。板垣らは「愛国社」などの政党を設立し、国会開設を求む署名活動などを行っておりました。また、政府でも国会開設を望む声があったものの、「開拓使官有物払い下げ事件(かいたくしかんゆうぶつはらいさげじけん)」により政府から追放されるといった事件がありました。

10年以内の国会開設を約束した「国会開設の詔」

こうした動きの中、政府は1881年に「国会開設の詔(こっかいかいせつのみことのり)」を発布し、1890年までに議会を解説することを約束。板垣らは新たに「政党」を結成し、この国会開設に向けた準備を図っておりましたが、各地で党員などが事件を起こすなど、自由民権運動は次第に衰退していきました。

1882年には参議であった伊藤博文が中心となり、欧米諸国を歴訪。その中で伊藤は日本の新たな政治体制として「内閣制」を導入、初代内閣総理大臣に就任いたしました。伊藤は総理大臣として地方自治制、教育勅語(きょういくちょくご)、そして、大日本帝国憲法の発布に尽力しました。

立憲国家としての第一歩「大日本帝国憲法の発布」

1889年2月11日に、明治天皇から「大日本憲法発布の詔勅(だいにほんていこくけんぽうはっぷのしょうちょく)」を受け、国民に向けて「大日本帝国憲法」が公式に発布されました。この憲法はドイツのビスマルク憲法をモデルに作られたもので、君主によって制定された憲法という「欽定憲法(きんじょうけんぽう)」という形式になっております。この憲法の発布により、日本は憲法を有する「立憲君主国家(りっけんくんしゅこっか)」として新たに生まれ変わりました。

日清・日露戦争ってどんな戦争?

朝鮮を巡り、日本と清が対立しその奥でロシアが眺めているという構図「日清戦争風刺画」

1882年の壬午事変(じんごじへん)などの事件が契機となり、日本は朝鮮を巡り清国との対立を深めておりました。そして、1894年に朝鮮国内で勃発した甲午農民戦争(こうごのうみんせんそう)をきっかけに日清両国が朝鮮へと出兵し、両軍とも戦争が終結しても朝鮮に滞在し続けました。これが「日清戦争(にっしんせんそう)」の始まりです。

結果として日本は清に勝利し、下関条約にて清から「朝鮮の独立」「遼東半島(りゃおとんはんとう)、台湾、澎湖諸島(ぽんふーしょとう)の領土割譲(りょうどかつじょ)」といった権利を勝ち取ることが出来ました。しかし、この日本の対応にロシア、フランス、ドイツが反発(三国干渉)。遼東半島の放棄を訴え、日本はこれを受諾し、結果、遼東半島は清へと返還されました。

イギリスとともにロシアへ斬りかかる日本と、それを眺めるアメリカ「日露戦争風刺画」

ロシアは清への圧力を強めつつ、満州国(まんしゅうこく)などに兵を滞在しておりました。日本はロシアの南下政策を食い止めるべく、同じくロシアを警戒していたイギリスと同盟を組むことになりました。これが「日英同盟」です。

そして、1904年に朝鮮半島などを舞台に「日露戦争(にちろせんそう)」が開戦しました。戦争の結果、日本海海戦にて「無敵艦隊」と呼ばれたバルチック艦隊を打ち破ったことが決定打となり、ロシアに勝利しました。しかし、ポーツマス条約において賠償金が取れなかったことに対し国民は激怒、日比谷焼き討ち事件と言った暴動が起こりました。

日清、日露戦争の勝利において日本は諸外国とも対等に渡り合える戦力を持っていることが世界へと知れ渡り、長年の課題であった不平等条約の改正が徐々に改善されていきました。こうして、西欧列強と並ぶ近代国家づくりは一つの到達点を迎えたのです。

明治時代の人々はどんな生活を送っていたのか

どんな髪型や服装だった?

様々な髪型が掲載された束髪図解

江戸時代頃まで女性の主流の髪型は島田髷や勝山髷というように、大きくて派手な髷(まげ)を結うのが主流となっていました。しかし、明治時代になると洋装の文化が取り入れられたと同時に、飾りなどはシンプルなものへと変貌していきました。また、男性の髪型もちょんまげから文明開化の象徴ともいわれる「散切り頭(ざんぎりあたま)」へと徐々に変貌していきました。

上述の図は「束髪(そくはつ)」と呼ばれる髪型で、西洋の髪型を参考に考案された新しい髪型です。それまでの髷はセッティングするのに非常に時間がかかり、整髪油で固め、1か月ほど放置するという不衛生なものだったのです。そこで、明治半ばごろにこの束髪が新聞などで紹介されると瞬く間に全国へと広がり、この髪型が主流の髪型となりました。

上野不忍池競馬図

また、ファッションにも変化が訪れました。まず、西洋の軍制が取り入れられると、軍服が洋装になり、その後、政府役人や警察官、郵便局員と言った公的な職業を持った人々は優先的に洋装となっていきました。しかし、この当時の洋装はとても高く、庶民には到底着ることのできないものでした。

開化好男子

なので、明治の庶民は和装と洋装を取り入れたファッションを楽しむという文化が定着していきました。男性で言うと、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の主人公のような上が洋装で下が袴といった服装など、「和洋折衷(わようせっちゅう)」のようなスタイルが流行していきました。

また、女性はほぼ和装のままだったのですが、看護婦などの職業は洋装となり、華族の令嬢などはバッスルスタイルと呼ばれる腰当てをつけボリューム感を出したドレスを着用する機会が増えたそうです。

当時の食事生活は?

牛鍋

文明開化の象徴として食されたものといえば「牛鍋」です。江戸時代頃までは牛肉は仏教の観点から「穢れ(けがれ)」とされ、薬用以外で食されることが少ない食べ物でした。しかし、1872年に明治天皇が牛肉料理を召しあがったことが契機となり、全国へ牛肉料理が一気に普及したそうです。

中でも代表的な食べ物が「牛鍋」です。牛鍋は、文明開化の味とも称され、明治10年には東京の下町を中心に牛鍋屋が550件以上あったとされています。それだけ、牛鍋は庶民の間で広まり、仮名垣露文(かながきろぶん)の小説「安愚楽鍋(あぐらなべ)」では、大工などが鍋を囲み「牛鍋を食わねば開化不進奴(ひらけぬやつ)」と言いながら繁盛している様子が描かれるほどの盛況ぶりでした。

庶民の食事

とはいえ、西洋文化になったからと言って庶民の生活がすぐに豊かになったというわけではありません。地方の農村部などでは食事も白米や麦飯が主食であり、野菜や煮物などを副菜に1日3食が基本の食事となっていました。牛鍋など肉や卵を食すことは、当時としてはかなり貴重な機会だったのではないでしょうか。

街並みや有名な建物は?

明治初頭の銀座を描いた錦絵「東京銀座要路煉瓦石造真図 歌川国輝画」

明治時代に入ると、それまでの木造建築とは異なるレンガ造りの建物が各地で建設されるようになりました。上述の錦絵は、明治5年ごろの銀座の街並みを描いたものです。この銀座の街並みが日本で最初に現れた西洋風の街並みと言われております。

この街並みのほか、明治期にはどんな代表的な建造物があるのか。いくつかご紹介いたします。

現在に残る模範工場の一つ・富岡製糸場(とみおかせいしじょう)

富岡製糸場

富岡製糸場は1872年に群馬県富岡市に開業した工場で、殖産興業のモデルとなるべくして誕生した「官営模範工場」の一つです。フランスの技術を導入して建設された世界最大規模の器械製糸工場(きかいせいいとこうじょう)であり、多いときには就業人数が556人ほどで運営されておりました。

その後、1987年の操業停止後は史跡として保存され、明治期の殖産興業を代表する施設として2014年には「富岡製糸場と絹産業遺産群」として周辺施設と共にユネスコの世界遺産に登録されました。

日本の産業革命遺産・官営八幡製鉄所(かんえいやはたせいてつじょ)

八幡製鉄所

1901年に福岡県北九州市で創業された官営の製鉄所。日清戦争に勝利し、下関条約にて締結された賠償金を基に建設された製鉄所で、石炭の産地であった筑豊炭田(ちくほうたんでん)から鉄道などを使用し、迅速に調達が出来るという利点を生かした製鉄所として明治後期の日本の工業に多大な影響与えた場所です。

明治後期にはこうした製鉄業以外にも造船、石炭産業などが主な工業として発展し、日本の産業・経済を支えてきました。これらの産業地域は、2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として、世界遺産に登録されました。

都内にある異国情緒あふれる明治の建造物・迎賓館赤坂離宮(げいひんかんあかさかりきゅう)

迎賓館赤坂離宮

1909年に、東京駅などを建築したお雇い外国人ジョサイア・コンドルの弟子である片山東熊が建築した建物。元は東宮御所として建築されたのですが、フランスのヴェルサイユ宮殿を模したネオバロック様式の外観などからあまり御所として使用されず、大正天皇が即位されたときに離宮として使用されたことから現在の「赤坂離宮」という名称に代わりました。

西洋風の宮殿建築でありながら、内装の模様などには和風の意匠が凝らされているという建築様式になっております。現在は水曜の定休日以外は公開されており、参観料金を払えば庭園や本館、和風別館などを見学することが可能です。

井上馨と明治政府の夢の跡・鹿鳴館(ろくめいかん)

鹿鳴館

1883年に外務卿であった井上馨(いのうえかおる)の提案により建築された西洋館。現在の東京都千代田区内幸町に建築された建物で、国賓や外交官などを接待するための場所として使用されました。この鹿鳴館で井上は不平等条約改正などの外交面において重要な役割を果たすという狙いがあり、その時期の事を「鹿鳴館外交」「鹿鳴館時代」などと呼びます。

ところが、思うような成果が得られず、結局1887年に条約改正は失敗し、井上は外務卿を辞任。鹿鳴館は華族会館として使用されますが、1941年には取り壊されてしまいました。この鹿鳴館を題材にした小説やドラマなどがいくつか存在し、芥川龍之介の「舞踏会」などが代表的な作品として挙げられます。

東京タワーよりも先に出来た浅草タワー・凌雲閣(りょううんかく)

凌雲閣

1890年、東京市浅草区千束町に建設された高さ122mほどの12階建て高層建築物。日本初の殿堂エレベーターを導入した建築物であり、その高さは浅草中から見ることが出来たと言われています。建築には、外国人技師のウィリアム・K・バルトンが基本設計者として名を連ねています。

開業当初は多数の見物客でにぎわったものの、その後次第に経営が悪化。そして、1923年9月1日の関東大震災により建物が半壊し、そのまま取り壊されてしまいました。ですが、明治期のモダンを象徴する建物であり現在でも「鬼滅の刃」「いだてん〜東京オリムピック噺〜」といった作品などで登場する建築物として有名な場所です。

このほか、現存している代表的な明治期の建築物には「日本銀行本店本館」や「旧岩崎久弥邸」、「東京復活大聖堂」などがあります。

1 2

コメントを残す