小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

明治時代ってどんな時代?出来事や年表、重要人物、文化などをご紹介

明治時代に活躍した偉人達

日本を強い国へと導いた「維新の三傑」・大久保利通(おおくぼとしみち)

大久保利通

大久保利通は薩摩藩出身の武士であり、維新後は政治家となり「維新の三傑」のリーダー格として活躍した人物です。幕末期は薩摩藩の家臣として、倒幕運動や薩長同盟、王政復古などに尽力し、薩摩藩を盟友である西郷らと共に支えた人物として知られています。維新後は参議として政府に参加しました。

参議となってからは廃藩置県などの政府の中央集権体制確立を図りました。1871年には岩倉使節団として渡欧し、帰国後は内務省を設立。内務卿として学制、殖産興業など富国強兵政策に力を入れました。しかし、1878年に不平士族の1人に紀尾井坂にて暗殺、49歳でこの世を去りました。(紀尾井坂の変)

最後まで武士であり続けた軍人・西郷隆盛(さいごうたかもり)

西郷隆盛

西郷隆盛は薩摩藩出身の武士であり、維新後は政治家・軍人として活躍した人物です。1866年には坂本龍馬らと協力し、薩長同盟を締結。第二次長州征伐時には長州側に協力し、幕府軍を打ち破るなどの戦績を挙げました。維新後には、参政として新政府に参加し、内閣人事や廃藩置県などの成立に尽力しました。

しかし、1872年に朝鮮を巡る「征韓論」を唱え、帰国した岩倉使節団の大久保らと対立。結果、征韓論を唱えた西郷、江藤らは政府を辞職し薩摩へと下野しました。(明六年の政変)その後、薩摩へと帰国すると私学校を設立し、若者を教育する立場となりました。

ところが、1876年に発令された「廃刀令」をきっかけに各地で反乱士族が暴動を起こし、西郷の私学校生徒も、鹿児島県内の火薬庫などを襲撃したことが発端となり、西南戦争が勃発。西郷は大将として指揮を執りますが、1877年9月24日、政府軍が城山総攻撃時に敗北を悟り、「もう、ここらでよか」という言葉と共に自刃。49歳で逝去しました。

「板垣死すとも、自由は死せず」・板垣退助(いたがきたいすけ)

板垣退助は土佐藩出身の武士で、維新後は「憲政の父」として、自由民権運動の主導者として活躍した人物です。幕末期は、中岡慎太郎と共に土佐藩の上士として薩土密約締結などに尽力。戊辰戦争にて土佐勤王党員(とさきんのうとういん)などで構成された迅衝隊(じんしょうたい)の総督として、甲州勝沼の戦いなどで勝利を収めるなどの活躍をしました。

維新後は、高知藩の大参事となり、藩内に四民平等を掲げる「人民平均の理(じんみんへいきんのことわり)」の発布。その後、政府には参与として参加するも、1873年の征韓論争により、西郷らと共に下野することになりました。(明六年の政変)

政府を辞職した板垣は五か条の御誓文の一つである「広く会議を興し、万機公論に決すべし」を下地にした議会制政治を政府へと要求し、1874年に「民撰議院設立建白書」を提出するなど政府へと強く訴えました。次第にこの運動は広がりを見せ、後に「自由民権運動」として全国へと普及しました。

日本初の内閣総理大臣・伊藤博文(いとうひろぶみ)

伊藤博文

伊藤博文は長州藩出身の政治家で、初代内閣総理大臣、初代枢密院議長、初代韓国総督府などを務めた人物です。幕末期には吉田松陰(よしだしょういん)が開いた私塾「松下村塾(しょうかそんじゅく)」に参加し、山形有朋、高杉晋作らと共に様々な授業を受けておりました。1863年にはイギリスへと留学し、長州藩内ではいち早く開国論へと転じました。

維新後は、長州閥の参与として政府に参加し、西南戦争後の「維新の三傑」亡き後の指導者として明治政府を主導しました。1882年には渡欧し、ドイツの法律家であったアルバート・モッセやローレンツ・フォン・シュタインから憲法や内閣制度を学び、帰国後、日本の政治にこれらを導入しました。

1885年12月には初代内閣総理大臣として、第一次伊藤博文内閣が成立。その後、第5・7・10代と4度にわたって総理大臣を務めあげることとなりました。また、1905年には初代韓国統監として、韓国を統治する立場になるも、伊藤自身は韓国の国力がつき次第、韓国の自治を認めるという国際協調重視派として、韓国の教育などに尽力しました。

日本が世界と渡り合うための一歩を歩み出したカミソリ大臣・陸奥宗光(むつむねみつ)

陸奥宗光

陸奥宗光は紀伊藩出身の政治家で、「カミソリ大臣」と呼ばれるほど頭の切れる人物だったそうです。幕末期には、坂本龍馬が塾頭を務めた神戸海軍操練所(こうべかいぐんそうれんじょ)に入所し、その後、亀山社中や海援隊など龍馬と共に行動しておりました。陸奥の才能について龍馬は、「刀を二本差さなくても食っていけるのは、俺と陸奥だけだ」と言うほどだったそうです。

維新後は外国事務局御用係や兵庫県知事などを歴任するも、藩閥政治への不満が高まり1872年に辞職。1884年には伊藤博文の勧めもありロンドンへと留学し、民主政治とはどういうものかを学び、またドイツでは法学者のローレンツ・フォン・シュタインから国家学を学びました。

帰国後は政界へと復帰し、第二次伊藤内閣では外務大臣を担当することになりました。この時、外交関係では不平等条約が問題となっており、陸奥はこの不平等条約の改正に尽力。1894年の日英通商航海条約を皮切りに、アメリカ、ドイツ、イタリア、フランス、といった諸外国との領事裁判権(りょうじさいばんけん)の撤廃に成功するなど大きな功績を残しました。これらの功績と、対清への強硬路線を勧めたことや下関条約の締結などを合わせて「陸奥外交」と呼ばれております。

日本が欧米と並び立つことに成功した外務大臣・小村寿太郎(こむらじゅたろう)

小村寿太郎

小村寿太郎は日向国出身の政治家で、不平等条約改正に務めた人物として知られています。小村は元々外務省の翻訳局に勤めていたのですが、翻訳局が廃止され、そのまま退任するところを、外務大臣であった陸奥宗光に見出され、清国公使館参事官として清国に着任しました。

その後、外交官となった小村は不平等条約のもう一つの課題であった「関税自主権(かんぜいじしゅけん)の回復」を務める事になりました。そして、第一次桂太郎内閣では外務大臣として入閣し、本格的に条約改正を目指すこととなります。1904年の日露戦争勝利後、小村はポーツマス条約を締結したことを契機に諸外国との条約改正交渉へと乗り出しました。

そして、1911年2月にアメリカとの間で関税自主権が回復した要項などが盛り込まれた「日米通商航海条約」が締結され、長年の悲願であった不平等条約が改正されることとなりました。黒船来航から実に56年ほど経過した時の出来事です。その他、日英同盟の締結などに尽力したことから「近代日本外交を実現した人物」として評されています。

明治時代の文化

文明開化

文明開化期の横浜港

日米修好通商条約締結により、各港から西欧人が往来するようになったことで、急速に日本にも西欧文化が入り込むようになりました。中でも、1871年に出された「断髪令(だんぱつれい)」を契機に、散切り頭姿の庶民が急速に増えました。その盛況ぶりは、「散切り頭を叩いてみれば、文明開化の音がする」と、当時の流行歌にもなるぐらいのものでした。

また、芸術分野においても様々な面で西欧文化の影響を受けることとなりました。舞台芸術では、歌舞伎が注目され、河竹黙阿弥(かわたけもくあみ)による新作が公演されるなど、精力的に動いておりました。また、現代劇を中心とした「新派」では、川上音二郎(かわかみおとじろう)が「オッペケペー節」と呼ばれる歌を歌い、日本の欧化主義を皮肉ったことで、民衆から爆発的な支持を受けました。

明治を代表する画家「高橋由一作 鮭」

美術分野では、工部美術学校が開校。お雇い外国人であるアントニオ・フォンタネージなどによる西洋美術教育が始まるなど美術分野の西欧化を政府は推進しました。その反面、それまで主流であった日本絵画などは旧弊(古いしきたりによる弊害)的なものとみなされ、海外へと流出するという危機に陥るなど、極端な状態になりました。

この状態を危うんだ政治家の佐野常民(さのつねたみ)は1879年に日本美術を保護するための団体である「竜池会(後の日本美術協会)」を立ち上げ、伝統美術の保護や日本美術を貿易品とする博覧会などを開催するといった役割を果たしました。

明治後期にはお雇い外国人のアーネスト・フェノロサや岡倉天心(おかくらてんしん)など日本美術を育成するための機関として東京美術学校、日本美術院などを設立します。その中から横山大観(よこやまたいかん)や下村観山(しもむらかんざん)といった西洋画の画法を取り入れながら独自の民俗美術を形成した「日本画」などが誕生しました。

日本画の代表的人物「横山大観作 屈原」

また、江戸期に流行していた錦絵などは、明治期にも戊辰戦争などを描いた「戦争画」や東京各所の変わりゆくさまを描いた「各所絵」などが人気を集めました。しかし、風俗を乱すものとして「春画」は取り締まられるようになり、明治末期ごろには海外へ美人画の一つとして多くが流出することとなりました。

近代文学の誕生

近代小説の父・坪内逍遥

明治初めごろは、西洋文化が輸入されたことにより、西洋の学問書などを翻訳し紹介するというケースが多く見られました。代表的な作品として福沢諭吉の「学問ノススメ」、中江兆民(なかえちょうみん)がルソーの「社会契約論」を翻訳した「民約訳解(みんやくやくかい)」などがあります。

そして、1885年に出版された坪内逍遥(つぼうちしょうよう)の「小説神髄(しょうせつしんずい)」が出発点となり、日本の近代文学が幕を開けることになります。この「小説神髄」は、小説を書くにあたって重要なことが論じられています。例えば、小説とはどういう芸術なのか、小説のテーマにすべきことは、といった内容が書き記されています。

ここからは、近代文学において代表的な人物を数人ご紹介いたします。

近代小説の先駆け・二葉亭四迷(ふたばていしめい)

近代小説の先駆け・二葉亭四迷

二葉亭四迷こと本名長谷川辰之助は、東京都出身の作家です。「二葉亭四迷」という名前はペンネームで、作家を志した時に反対した父親から「くたばってしまえ」と言われ、これをペンネームにした、という俗説があることで有名です。

代表作には坪内逍遥の「小説神髄」に影響を受けて創作したとされる「浮雲」、独自の小説評論である「小説総論」などがあります。またロシア語にも長けていたことからロシアの作家であるツルゲーネフやトルストイ作品を翻訳したという近代文学史初期に活躍した作家です。

明治のベストセラー作家・尾崎紅葉(おざきこうよう)

一時代を築いた作家・尾崎紅葉

尾崎紅葉、本名・尾崎徳太郎は東京都港区芝出身の作家です。1885年頃には山田美妙(やまだびみょう)、石橋思案(いしばししあん)らと共に文学結社「硯友社」を設立し、江戸時代頃の作品をモチーフにした「擬古典主義(ぎこてんしゅぎ)」という作品を生み出しました。代表的な作品として挙げられるのが「金色夜叉」などです。

同時期に活躍した幸田露伴(こうだろはん)と合わせ、「紅露時代(こうろじだい)」という文学史における一時代を築きました。また、弟子には幻想小説の第一人者である泉鏡花(いずみきょうか)、心境小説という新境地を開拓した徳田秋声(とくだしゅうせい)などがおります。

詩人から小説家へ鮮やかな転身・島崎藤村(しまざきとうそん)

元新聞記者でもある島崎藤村

島崎藤村、本名島崎春樹は岐阜県出身の作家です。同人誌『文学界』に参加し浪漫派詩人として様々な詩を掲載、後に詩集である「若菜集」を出版。その後、小説家へと転身し、「破戒」などの作品にてヨーロッパなどで流行していた「自然にあるがままの物をそのまま描く」といった「自然主義文学」というジャンルを明治後期に流行させました。

日本を代表する近代文学者・夏目漱石(なつめそうせき)

旧千円札の顔にもなった夏目漱石

夏目漱石、本名夏目金之助は東京都牛込出身の作家です。元々は正岡子規(まさおかしき)が主宰する同人誌「ホトトギス」への寄稿のみだったのですが、東京帝国大の英語講師などを務めた後、朝日新聞へ入社し、本格的な専業作家へと転身しました。

代表作には「吾輩は猫である」「坊ちゃん」などがあります。また、「三四郎」「それから」「門」の前期三部作と、「彼岸過迄」「行人」「こころ」の後期三部作など幅広い作風の作品を残し、近代日本文学を象徴する一人です。

明治時代の主な出来事年表

1868年:戊辰戦争

戊辰戦争時の薩摩藩士

戊辰戦争は、1868年から1869年にかけて勃発した新政府軍と旧幕府軍による戦争です。1867年に大政奉還後、薩摩藩を中心とする5つの雄藩にが朝廷を掌握し、王政復古の大号令(おうせいふっこのだいごうれい)を発令しました。この号令により幕府の廃止は決定的なものとなったのです。

そして、1868年1月、兵庫沖に停泊していた薩摩藩の軍艦を幕府の軍艦が砲撃したことにより、戊辰戦争は幕を開けました。戦況は主に新政府軍が優勢のまま進み、翌1869年5月には榎本らが全面降伏したことにより、旧幕府軍は敗北。新政府軍が見事に勝利を収めるという結果になりました。

1873年:明六年の政変

征韓論之図

明六年の政変は、1873年に明治政府の参議、軍人、官僚などが約600人ほど辞職した政変です。その主な原因となったのが「征韓論」です。征韓論とは、当時鎖国をしていた朝鮮を巡る処遇について、岩倉使節団が渡欧中の留守政府を任されていた西郷が朝鮮使節として、朝鮮に開国を要求するといったものでした。

しかし、岩倉らが帰国後、これは時期尚早であると反対し、結局この計画は破棄され、西郷らは下野することとなりました。この明六年の政変の結果が後の不平士族の反乱である「西南戦争」や自由民権運動などへと繋がります。

1877年:西南戦争

鹿児島暴徒出陣図

西南戦争は1877年に勃発した不平士族達による内戦です。明六年政変により下野した西郷らは地元へと帰国し、西郷は私学校を開設しておりました。しかし、明治政府は士族の減俸政策である「秩禄処分」、武士の命とも言うべき刀を取り上げる「廃刀令」を出すなど、武士の特権を廃止してきたのです。

その結果、各地で不平士族による反乱が勃発し、最後の激戦となったのが「西南戦争」でした。中でも「田原坂の戦い」では、17日間にわたって新政府軍と不平士族による激戦が繰り広げられました。結果、城山総攻撃を持って、士族側の大将であった西郷が自刃し、新政府軍が勝利を収めました。

1886年:ノルマントン号事件

ノルマントン号事件図

1886年10月、和歌山沖にてイギリスの貨物船「ノルマントン号」が沈没するという事件が起こりました。このノルマントン号に乗船していたイギリス人やドイツ人の乗組員は救助されたものの、日本人の乗組員は全員亡くなりました。この事件で、イギリス人の船長ジョン・ウイリアム・ドレークが適切な救助を行わなかったとして、裁判にかけられるも、領事裁判権により、無罪とされました。

この事件が報じられると、国内では憤慨する人が続出。不平等条約の改正を訴える動きが盛んになりました。この「ノルマントン号事件」がきっかけで、国民に領事裁判の不当性などを強く実感させ、より不平等条約改正を求む「大同団結運動(だいどうだんけつうんどう)」などが活発化しました。

1889年:大日本帝国憲法発布

新皇居於テ正殿憲法発布式之図

1889年2月11日、日本初、また東アジア諸国で初となる近代憲法が発布されました。それが、「大日本帝国憲法」です。この憲法は、伊藤博文らが草案し、ドイツのビスマルク憲法を参考に、天皇が主権となる憲法が成立したのです。

余談として、この憲法の草案中、東京では思うように作業が進まないことから伊藤らは相州金沢へと場所を移し、東屋旅館にて作業を行っておりました。

ところが、横浜へと外出中にこの草案書類が入ったカバンが盗まれるという事件が発生。民権派による犯行かと思われましたが、その後、無事にカバンが発見され、盗んだのは空き巣だったという事件があったそうです。

1894年:日清戦争

日清戦争風刺画

1894年から95年にかけて日本と清国の間で戦争が勃発。これが、「日清戦争」です。この戦争が勃発した原因は主に朝鮮国を巡っての権利争いです。日本は欧米列強に並ぶために周辺の琉球や蝦夷地を支配下に置き、さらに朝鮮までも支配下に置き、領土拡大を画策しました。

しかし、朝鮮には清の軍勢がいたため、なかなか手出しができません。そこへ、日本と欧米の進出に反対する暴動である「甲午農民戦争」が起きたため、日本は暴動鎮圧という名目で朝鮮に派兵することになりました。結果、暴動は鎮圧されるも日清両国とも兵を置いたまま日本は王宮を占領、そして、7月25日に開戦となりました。

この戦争は翌95年の4月まで争い続け、結果は日本の勝利。下関条約にて清から2億両の賠償金と清国から台湾、澎湖諸島、遼東半島が割譲されました。この時の賠償金のほとんどは軍事費に回され、その他、八幡製鉄所の建設費などに割り当てられました。

1904年:日露戦争

日露戦争風刺画

下関条約で遼東半島を日本に割譲されたことを受け、南下政策を計画していたロシアはドイツ、フランスと共に日本へ三国干渉し、遼東半島を清国へと返上させました。その後、ロシアは清国内部で起きた反乱運動「義和団事件(ぎわだんじけん)」を鎮圧するために満州へと派兵。鎮圧後も満州に兵を残留させました。

日本はロシアの南下政策を阻むために、同じくロシアの敵であったイギリスと1902年に「日英同盟」を締結。そして、1904年2月8日にロシア旅順艦隊への奇襲をきっかけに「日露戦争」が開戦となりました。日本は苦戦しながらも日本海海戦に勝利するなどして、ロシアから勝利します。

しかし、1905年に締結された講和条約のポーツマス条約で賠償金を勝ち取ることが出来ず、また、日本への権益も想像よりも少なかったことから国民は不満を持ち、内相官邸などを焼き討ちするという「日比谷焼き討ち事件」などが発生します。しかし、日清と日露戦争の勝利により、日本は欧米列強と並ぶ近代国家として世界に認められるようになりました。

明治時代に関するまとめ

明治時代というと大分昔のことに感じますが、この記事の出来事は今からわずか150年前に起こった出来事なのです。明治時代は、世界に仲間入りするための国づくりと、世界に負けないための国づくりをしてきた時代だったのではないでしょうか。

欧米列強という大きな波に対し、日本は一枚岩になるべく中央集権国家を築き上げ、清国やロシアと言った大敵にも打ち勝ってきました。その裏には様々な対立などがあり、華やかな近代化とはいかない部分もたくさんありました。ですが、先人たちの功績により、今の日本という国があるのだなと感じます。

もっと明治時代を詳しく知りたいという方は、世界史から見た日本の立場などを合わせて理解することでより日本がどのような発展を遂げたのかというのが理解できるかもしれません。本記事をきっかけに、明治時代に興味を持っていただければ幸いです。

1 2

コメントを残す