小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

アンネ・フランクとはどんな人?生涯・年表まとめ【死因や日記、隠れ家も紹介】

「アンネ・フランクってどんな人?」
「教科書でアンネの日記が載っていて興味をもった…!」
「アンネや住人は捕まった後どうなったの?」

アンネ・フランクは、「アンネの日記」という日記が彼女の死後に有名になったユダヤ系ドイツ人の女性です。アンネが亡くなってから、彼女が残した日記は多くの国で翻訳され、またテレビドラマ化されています。英語の教科書で英文として出てくることもあるので、色々な機会で接することが多い作品でもあります。

アンネ・フランク

ユダヤ人だった彼女は若干15歳にして、ナチスの強制収容所に送られ短い人生を閉じています。「アンネの日記」には、人類が繰り返してはならない問題を多く警鐘を鳴らす内容です。多くの人に考えてほしい内容が詰まっています。

今回は「反ユダヤ主義」のドイツの政策の犠牲者であるアンネ・フランクを、「アンネの日記」からドイツの歴史に興味を持ち長年研究している筆者が紐解いていきます。

アンネ・フランクとはどんな人物か

名前アンネリース・マリー・フランク
誕生日1929年6月12日
没日1945年3月5日(推定)
生地ドイツ国フランクフルト
没地ドイツ国ベルゲン・ベルゼン強制収容所
埋葬場所ドイツ国ベルゲン・ベルゼン強制収容所跡地

アンネ・フランクの生涯をハイライト

残酷な内容・写真に注意をお願いします

事実を正確に伝えるために、残酷な表現や写真が登場します。苦手な方は次のトピックに移るなどの自衛をお願いいたします。

アンネ・フランク

アンネ・フランクはドイツ国のフランクフルトで、ユダヤ系ドイツ人の父オットー・フランクと、同じくユダヤ系ドイツ人の母エーディト・フランクの間に生まれました。アンネは次女であり、姉にマルゴット・フランクがいます。

アンネは幼少期、フランクフルトで比較的裕福に暮らしていました。しかしアンネが3歳の1932年頃、ドイツでは国家社会主義ドイツ労働者党(以降ナチ党)が急速に台頭し、アドルフ・ヒトラーが首相に任命されようとしていました。

1935年の頃のアンネ・フランク

その為フランク夫妻はドイツ国からの亡命先を模索します。そして遂に1933年にナチ党が第1党政党となり、ドイツ国内での「反ユダヤ主義」が活発化すると、父オットーは知り合いの伝手を使い、1933~1934年にかけて一家はオランダ国のアムステルダムに亡命をしたのです。この時アンネは5歳でした。

フランク一家はドイツから亡命し、オランダのアムステルダムに住んだ

オットーはオランダで会社を設立し、その監査役に選ばれたのが、ヘルマン・ファン・ペルスという人物で、後にアンネ達と隠家に同居することになるユダヤ系ドイツ人でした。そしてこの会社の建物に、隠れ家として潜伏することと後になったのです。1939年に第二次世界大戦が勃発しますが、オランダは中立を宣言していました。しかしヒトラーは1940年にオランダに侵攻し、1週間でオランダはドイツ軍に占領されてしまいました。

「ユダヤ」と中に書かれたダビデの星

オランダが占領されると、「反ユダヤ政策」が打ち出され始めました。1941年にユダヤ人は映画館への入館が禁止となり、公園などの公共施設への利用を禁止されました。そして1942年には 普通の学校に通えなくなり、姉のマルゴーと共に「ユダヤ人中学校」に編入しています。

同じ年にユダヤ人は胸に「ダビデの星」をつけるのが決まり、夜8時~早朝6時までの外出を禁じられてました。そんな苦難が続く中、1942年のアンネの誕生日の時に、オットーはサイン帳をプレゼントしています。アンネはこの手帳に後世「アンネの日記」と呼ばれる日記をつけることとなったのです。

現存するオットーの会社の建物

この頃から、「ユダヤ人はポーランドで虐殺される」という噂が流れるようになります。「ユダヤ人狩り」も激化していき、父のオットーは少しずつアムステルダムの自身が経営している会社の3,4階に隠れ住む事ができるように準備をしていました。しかし1942年7月、姉のマルゴーに親衛隊(ゲシュタポ)から出頭命令がでます。

この招集に応じると危険だという父オットーの判断により、その翌日に一家は隠れ家に移り住むこととなったのです。隠家にはアンネの一家4名と、父の会社の役員だったファン・ペルス一家3名と、歯科医のフリッツ・プフェファーの計8名で潜伏することとなりました。

アンネが日記に使ったサイン帳

アンネ達は、ゲシュタポに逮捕される1944年8月4日までの2年2か月を隠れ家で生活しています。その隠れ家での人間模様を「アンネの日記」で読むことができます。狭い隠家の中で8人の生活は、ファン・ペルス一家と摩擦があったり大変でしたが、住人皆で誕生日を祝ったりと過ごす人間模様も描かれています。

しかし1944年の8月4日にゲシュタポが押しかけ、隠家の住人は逮捕されてしまいました。隠れ家の住人8人は「有罪宣告を受けたユダヤ人」に分類され、ポーランドにあるアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所に送られることとなったのです。

アウシュビッツ・ビルケナウ収容所

アウシュビッツ強制収容所で、隠れ家メンバーは8名とも労働可能と判断され、ガス殺を免れています。ここで選別され男女で別れなければならず、アンネは父のオットーと別れています。これがオットーの見た、アンネの最後の姿となりました。

女性収容所に入ったアンネは、母や姉と一緒に固まって暮らしたといいます。しかし、ドイツの敗戦が濃くなってきた1994年10月に、姉のマルゴーとアンネは選別され、母と離れてベルゲン・ベルゼン収容所に送られることになりました。これが母との最後の別れとなったのです。

イギリス軍が撮影した解放後のベルゲン・ベルゼン強制収容所

ベルゲン・ベルゼン強制収容所についたアンネとマルゴーは、食料も無く不潔な収容所に益々体を弱らせていき、チフスに感染してしまいます。そして姉のマルゴーが息を引き取り、その2、3日後にアンネも息を引き取りました。享年15歳。イギリス軍の救出が目前まで迫っていた3月でした。

一躍有名になった「アンネの日記」とは?

「アンネの日記」スペイン語版

アンネ・フランクが有名になった「アンネの日記」とは、ナチ党のユダヤ人狩りから逃れる為に隠れた「隠れ家の生活」を活写したものです。執筆は密告によりアンネがゲシュタポに捕まるおよそ2年間に及びました。

1942年6月12日から1944年8月1日まで記録されています。アンネ達がゲシュタポに逮捕されたのは、最後の日付から3日後の8月4日でした。この日記は隠れ家に隠れていた住人で唯一の生存者となった父オットー・フランクが、戦後アムステルダムに戻ったときに従業員が保管していたものを渡されたものでした。

オランダで発売された最初の「アンネの日記」

当初オットーは日記を清書して、アンネに近しい人たちに製本して配っていたといいます。やがてこの本は広く知られるようになり、周囲の声により出版に踏み切ることとなります。初版は1947年にオランダのコンタクト社で発売されました。アンネは隠れ家のことをオランダ語で「ヘッド・アウターハウス(後ろの家)」と名づけていましたが、これがオランダ語版の最初のタイトルとなっています。

その後、1950年にドイツ語訳とフランス語訳が、1952年に英語訳が出版され、イタリア語版、スペイン語版、ロシア語版、日本語版、ギリシャ語版がそれに続きました。1989年と1995年にはそれぞれ新たな英訳が出版され、1995年の英語版は中国語に翻訳され、世界各国で今も重版され続けています。

隠れ家での生活はどうだったのか?

隠れ家の入り口を隠した本棚

隠れ家にはオットー・フランク一家(オットー、妻エーディト、長女マルゴー、次女アンネ)、とヘルマン・ファン・ペルス一家(ヘルマン、妻アウグステ、長男ペーター)、1942年11月16日から歯科医のフリッツ・プフェファーも合流して合計8人が隠れ家で同居しました。

「後ろの家」とアンネが名付けた隠れ家は、オットーが経営する会社の3階で、本棚の後ろに隠れた入り口から入ることができました。秘密の入り口を入ると階段があり、ドアを開けてすぐがアンネの父母のオットーとエーディトの部屋で、横に繋がっている細長い部屋がアンネと姉のマルゴーの部屋でした(プリッツ・プフェファーが合流後は、アンネの部屋でマルゴーがオットーたちの部屋に移っている)。

「後ろの家」の模型

この隠れ家の生活で、アンネは母エーディトと頻繁にぶつかるようになっていたようです。日記にも母への批判が目立ちます。逆に家族でアンネが一番好きだったのが父のオットーでした。日記に「パパだけが私の尊敬できる人です。世界中にパパ以外に愛する人はいません」と書かれています。

ファン・ペルス夫妻

また、フランク一家とファン・ペルス一家もしばしば摩擦がありました。ファン・ペルス夫婦は時に「アンネの躾がなっていない」とよくフランク一家に忠告ましたが、こういう時は母エーディトは常にアンネの味方だったといいます。

しかし対立ばかりでなく楽しいこともありました。隠れ家ではお祝いする日を見つけてはすぐお祝いをしています。毎週金曜日に行うユダヤ教の安息日の儀式、隠れ家メンバーの誕生日などでした。最後の方にはアンネは、同じ年頃の男性ペーターと徐々に恋仲になっていき、二人で屋根裏部屋にいる時間が増えています。二人がキスをしたという日も日記に残っていました。

隠れ家での生活は困難の連続だった(写真はドラマより)

隠れ家での食料は隠れ家の協力者が、店長がレジスタンス活動家だった食料店から購入していました。しかし1944年に入るころには食料を得ることが難しくなり、食料切符があっても食料が手に入らなくなってきました。アンネは日記で「一週間に1、2種類の食事しか食べれない」と嘆いています。医者にかかれないために病気にかかった時には大変でした。1943年にアンネがインフルエンザにかかりましたが、幸い回復しています。

また電力も制限されていたり、暖房が使えないために冬は、コートを重ねたりダンスや体操をして体を温めたといいます。しかし、住人たちは希望を捨てずに過ごしていましたが、8月1日の日記を最後に終わってしまうこととなってしまいました。

アンネが捕まった後はどうだったのか?

最後まで住人を支えた人たち(右がミープ)

1944年の8月4日にゲシュタポが隠れ家に押しかけ、8人は拘束されました。この際、ゲシュタポの質問に黙秘をした、住人の協力者2人も逮捕され10人がアムステルダム南部にあったゲシュタポに連行されています。この時に逮捕を免れた女性従業員ミープが、取り散らかされた部屋からアンネの日記を見つけ出し戦後まで保管していました。この時逮捕された非ユダヤ人の二人は、ドイツの拘置所に送られましたが、後に脱走や釈放をされ戦後生き延びています。

アウシュビッツの選別の様子(労働可能者と非労働可能者に分けられている様子)

隠れ家の8人は、ユダヤ人絶滅収容所「アウシュビッツ」へと連行されています。この移送で1049名のうちの549人が労働不能としてガス殺されましたが、隠れ家の住人8名は奇跡的に全員「労働可能」に選別されました。アウシュビッツでは男女ともに丸坊主にされるのでアンネも恐らく丸坊主にされ、左腕の囚人番号は詳しい番号は分かっていませんが、恐らくA25060からA25271の間の番号を刺繍されたと考えられています。

収容所の女性囚人の様子(頭は丸刈りにされている)

アンネとマルゴーとエーディトは女子収容所に収監されました。しかし10月にドイツの敗戦が続き、ソ連がポーランドに迫っているということで、マルゴーとアンネは母と離れて、ベルゲン・ベルゼン強制収容所に送られることとなったのです。

ベルゲン・ベルゼン強制収容所はドイツの収容所の中でも、恐ろしく不潔な収容所であり病気が萬栄していました。生き残った証言者によると、トイレもなかったといいます。しかしそんな劣悪な環境の中でも、アンネはベルゲン・ベルゼン収容所で友達を作り、「私にはまだ学ばなくちゃいけないことがたくさんある」と話していました。

生存者の写真、痩せこけて痛々しいばかりの姿となっている

11月にファン・ペルス夫人とベルゲン・ベルゼン強制収容所で再会しています。この時に夫人はアンネに学生時代の親友のハンネがいたことを告げます。1945年初めにアンネはハンネと再会しました。この時にアンネはハンネと有刺鉄線越しに再会を喜び、ファン・ダーン夫人と再会したことを報告した後に、「私にはもう両親はいないの」と涙ながらに語っていたといいます。そうして有刺鉄線越しに何回かアンネと話したといいますが、2月頃から姿を見かけなくなったといいます。

収容所跡地にあるアンネ・フランクの墓所

この頃のアンネの詳細は生存者の証言を元に推測されるもので、はっきりしたことはわかりませんが、アンネ姉妹はチフスにかかり、3月の上旬までに先にマルゴーが、そして2、3日後にアンネが後を追うように亡くなったといいます。オランダ赤十字には死亡推定日は3月31日となっていますが、それよりも早い2月末か、3月の頭だと推定されています。

皮肉にもこの1か月後の4月5日に、ベルゲン・ベルゼン収容所はイギリス軍によって解放されました。その時、英国将校のピーター・クムーズはこのように報告しています。

「誰もがこの場所に来て、彼らの顔を、歩き方を、弱りきった動きを見るべきだと思う。一日に300人ものユダヤ人が死んでいくが、彼らを救う手立ては何もない。もう手遅れだったのだ。小屋の側にはたくさんの死体が転がっている。囚人たちはせめて太陽の下で死のうと小屋から最後の力を振り絞って出てくる。私は最後の弱々しい『旅』をする彼らの姿を見ていることしかできなかった。」

アンネの死因はなんだったのか?

シラミやダニを介して感染するチフス菌

先述をしましたが、死因は「発疹チフス」であったといわれます。チフス菌はシラミやダニを通して感染する病気です。不衛生な地に多く見られ、冬期、又は寒冷期に流行する病気です。そのため、古来から戦争・飢饉・収容所などで流行し「戦争熱」「飢饉熱」といわれていました。

元々ポーランドが、歴史的に発疹チフスを繰り返していた土地であったといいます。症状は、発熱・頭痛・悪寒・手足の痛みなどです。頭痛・精神錯乱が強いのも特徴とされます。通常20歳以下の死亡率は5%以下といわれていますが、栄養失調で弱っている囚人達にはひとたまりもなく満足な治療も施されなかったため、アンネも生存できなかったと推察されています。

アンネ・フランクの死因は?強制収容所の生活と共に最後の様子を紹介

アンネ達を密告したのは誰だったのか?

結局誰が密告者だったのか分かっていない

ゲシュタポは密告により出動していました。しかし、今でも誰が密告をしたのかわかっていません。倉庫係ヴィレム・ファン・マーレン、ランメルト・ハルトホ、もしくはその妻で掃除婦のレナ・ハルトホを疑う説もありますが、真相は不明となっています。密告者がはっきりしないことから、近年は偽造された食料配給券の家宅捜索中に偶然にゲシュタポが発見したのではないかという説も流れています。

アンネと隠れた住人達はどうなったのか?

アンネは、フランク一家3名とファン・ペルス一家3名、そしてプリッツ・プフェファーの計8名で約2年間隠れ家に潜伏していました。時には摩擦もしましたが、皆でお祝いをしたり笑って過ごした日々も日記に書かれています。そんなアンネ以外の7人の住人は逮捕後どうなったのか、を解説していきます。

オットー・ハインリヒ・フランク

オットーは隠れ家で唯一の生き残りとなった

アンネの父で、オランダのアムステルダムで香辛料の会社を経営していました。アンネは父を愛し「この世で一番パパを愛している」と日記に書いています。逮捕後は家族と共にアウシュビッツ強制収容所に送られ、オットーは男性収容所に、妻と娘は女性収容所に送られました。これが妻と娘を見た最後になったといいます。

過酷な労働で180センチあったオットーは、体重が52キロまでなってしまいましたが、ペーター・ファン・ペルスに面倒を見てもらったと後年回想しています。しかし比較的元気だったペーターは、1月17日に別の収容所に移送されてしまいました。

晩年のオットー・フランク

その10日後の1月27日に病棟にいたところを、アウシュビッツ強制収容所はソ連軍によって解放されています。しばらく療養したオットーは5月にオランダのアムステルダムに帰りました。そこで従業員のミープから「アンネのお父さんへの形見です」と日記を渡されたそうです。その日記を親戚や友人に見せたいとタイプし直したのが、後に出版される「アンネの日記」となりました。

エーディト・フランク

エーディト・フランク

アンネ・フランクの母のドイツ系ユダヤ人の女性です。隠れ家では、アンネと衝突した様子が頻繁に記されています。隠れ家では完全に母子が和解するまでは至らなかったようです。しかし逮捕後は、かつての不仲が信じられない程3人で寄り添って暮らしたといいます。

少ない食料を娘たちに分け与えていましたが、アンネとマルゴーが他の収容所に移送された後は、精神に異常をきたしたといい、1945年の1月に飢餓の為にアウシュビッツ強制収容所で死去しました。

マルゴット・フランク

マルゴット・フランク

アンネ・フランクの姉のユダヤ人少女です。非常に成績優秀で、アンネはいつも姉と比べられる不満を日記に述べています。逮捕後はアウシュビッツ強制収容所に収監され、しばらく母とアンネと生活していました。

しかしマルゴーとアンネは、母と引き離されベルゲン・ベルゼン強制収容所に移送されます。この収容所はチフスが萬栄しており、マルゴーたちもチフスに感染してしまいます。姉妹と親しかった囚人の証言によると、マルゴーは寝床から落ちたのが原因で意識が戻らなくなり、やがて死亡したといいます。その数日後にアンネも帰らぬ人となりました。

1 2

コメントを残す