小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

李香蘭(山口淑子)とはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や功績も紹介】

李香蘭は、戦前・戦中に人気を博した女優であり歌手です。その名前と流暢に話す北京語から中国人だと思われがちですが、実際は中国に住む日本人夫妻のもとに生まれた日本人で、日本名は「山口淑子」といいます。生誕100周年を迎え、2020年は李香蘭の映画や楽曲が特集されるなど、今も根強い人気があります。

李香蘭(山口淑子)

例えば「何日君再来」という歌をご存知でしょうか?テレサ・テンが歌ったこの曲は、1940年代に李香蘭が日本でヒットさせました。この曲は、作り手の意図とはかけ離れたところで政治的な思想を疑われ、封印されてきた過去を持っています。しかし数多くの歌手たちに歌い継がれ、今日に至るのです。

それはまるで、山口淑子という日本人女性が、純粋に日本と中国という二つの祖国を大切にしようと思い、中国人スター・李香蘭として活躍しながらも、日本からも中国からも裏切り者と言われる口惜しさを抱えた歴史にも通じる気がします。何を言われようと李香蘭は、現在でも高く評価され、時代を超えて今も愛されているのです。

この記事では、李香蘭のエネルギッシュな生涯や功績を、中学生の頃から李香蘭に注目し、その関連本を読み漁っている筆者がご紹介します。

李香蘭とはどんな人物か

芸名李香蘭(戦後は山口淑子、Shirley Yamaguchi)
本名大鷹淑子
誕生日1920(大正9)年2月12日
没日2014(平成26)年9月7日午前10時42分
生地中華民国奉天省奉天市北煙台(中国東北部旧満州、現在の中華人民共和国遼寧省灯塔市)
没地東京都千代田区一番町(自宅)
配偶者イサム・ノグチ(1951-1955)、大鷹弘(1958-2001)
実父山口文雄
義父(父・山口文雄の義兄弟)李際春、潘毓桂

李香蘭の生涯をハイライト

李香蘭(本名・山口淑子)は1920年、旧満州で生まれました。両親は日本人ですが、父が中国との関わりが深かったため、淑子は北京語を教え込まれ、中国人として女学校にも通っています。そして父の義兄弟であった二人の中国人から、中国名を授かります。そのひとつが後に芸名となる「李香蘭」でした。

李香蘭

健康のために学んだ声楽がきっかけで、淑子は中国人「李香蘭」として歌手デビューします。さらに日本の国策のため、満洲映画協会の看板女優となり、中国人スターとして人気を博すのです。数多くの映画に出演しヒット曲に恵まれるも、日中戦争が勃発していたこともあり、抗日運動も強く、「中国人・李香蘭」と己を偽ることに悩むようになりました。

終戦を迎え、「中国人・李香蘭」は「日本人・山口淑子」であることを公表し、李香蘭という名前に別れを告げます。しかし生涯、戦争で負った心の傷を抱え、日中友好の掛け橋となることが贖罪であるかのように、晩年は政治家としても活躍しました。

戦争の犠牲者ではあるものの、李香蘭は女優・歌手として素晴らしい作品を残しました。そして戦後も好奇心を忘れず、前向きに生きた女性です。

中国名を持つ日本人

李香蘭、山口淑子、シャーリー山口、大鷹淑子、潘淑華。これらは全て同一人物の名前です。一番知名度のある李香蘭という名前は芸名です。本名は山口淑子といい、中国へ移住していた日本人の両親から生まれた日本人です。李香蘭と潘淑華という名前は、父が義兄弟となった二人の中国人の義理の娘になった証としてもらった名前でした。

アメリカで出会ったイサム・ノグチと結婚した山口淑子

戦後は山口淑子として女優を続け、アメリカへ渡ってからは李香蘭と響きの近いシャーリー山口という芸名も使っています。その後、大鷹弘と結婚し参議院議員時代は大鷹淑子と名乗っていました。

「お兄ちゃん」と呼んだ川島芳子

李香蘭と川島芳子は、いわば鏡の表と裏のような存在でした。日本人でありながら中国で暮らし、中国語を操り、中国人女優・歌手として活躍した李香蘭に対し、川島芳子は中国人でありながら一時期を日本で暮らし、日本の工作員として活躍した川島芳子。二人の関わりは一時のものでしたが、「ヨコちゃん(山口淑子)」「お兄ちゃん(川島芳子)」と呼ぶ仲でした。

川島芳子

戦後の二人の運命も、正反対のものとなります。中華民国政府から漢奸罪に問われた二人でしたが、国外追放となった李香蘭に対し、川島芳子は銃殺刑に処されました。この量刑の差は、李香蘭は日本国籍であることが証明されましたが、川島芳子はそれが証明されなかったためだとされています。

李香蘭の功績

功績1「音楽で国境を越える」

1945年5月、大光明大戯院という上海一の豪華な劇場で、3日間にわたり李香蘭のリサイタルが開かれました。上海交響楽団という外国人オーケストラをバックに、李香蘭は作曲家の服部良一がシンフォニック・ジャズにアレンジした「夜来香幻想曲」を歌い上げます。

今も現役の映画館である大光明電影院(旧大光明大戯院)は中国最古の映画館です。

すでに日本の敗戦の色が濃くなっている時期でした。このような日中合作音楽会が上手くいくのか、関係者はドキドキしながら当日を迎えます。しかしこのリサイタルは大好評でした。チケットにはプレミアが付き、観客の9割近くを中国人と租界に住む外国人が占めました。皆が李香蘭の歌に酔いしれ、自然に踊り出します。

作曲家・服部良一

圧倒的な音楽の素晴らしさの前では、この企画が日本人のものであろうと、そして李香蘭が日本人であろうと中国人であろうと、関係なかったのです。当日にタクトを振った服部良一はこの時、音楽が国境を超えた瞬間を感じたと語っています。

功績2「日中友好の架け橋となる」

今見ても、李香蘭のエキゾチックな美しさにはドキッとさせられますが、その大スターとしての地位は決して彼女の個人的な希望で得たものではありませんでした。あくまでも日本の国策のため、淑子は「女優・李香蘭」に仕立て上げられたのです。

李香蘭

しかし彼女の素晴らしいところは、その状況を受け身にせず、積極的に演技の勉強をし、そして李香蘭として日中友好のために自分ができることを探そうとする姿勢です。その思いは生涯変わらず持ち続け、参議院議員大鷹淑子となってからも、日本と中国のことを思い、政治的発言も積極的に行いました。

その証拠に、淑子が亡くなった際、中国外交部は中日友好事業に貢献した人物であり、冥福を祈りたいと公式に見解を述べています。中国共産党のウェブサイトである「人民網」には李香蘭特集が組まれたほどでした。李香蘭は、死後も日中を繋ぐ存在なのです。

李香蘭の名言

日本は私に生命を与えたけど、中国は私に中華の心を与えてくれた。

日本人の両親を持つ山口淑子にとって、日本人であるということはゆるぎのない事実でした。しかし一方で、中国で生まれ、中国で育ち、中国人の義父や兄弟姉妹に囲まれた生活を送り、中国人として女学校にも通った淑子には、中国人としての心も育ったのは当然のことです。

二つの祖国を持った李香蘭は、そのことで苦しむこともありましたが、後年はそれが得がたいこと、幸せなこととも感じていたのかもしれません。

李香蘭の人物相関図

相関図

李香蘭にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「李香蘭を見に10万人が集まる?!」

「歌ふ李香蘭」告知記事

1941年、淑子は紀元節を祝うため、東京の日本劇場で李香蘭としてショーを行うことになります。この日、李香蘭をひと目見ようと10万人もの人が劇場に押し寄せました。あまりの人混みに、淑子自身も楽屋口に辿り着けない有様で、帰る時も劇場の非常口からどうにか脱出するほどの混乱ぶりでした。

李香蘭の歌を聴こうと日劇に集まる民衆

この出来事は「日劇七まわり半事件」とも呼ばれます。1941年といえば、太平洋戦争開戦の年です。真珠湾攻撃は12月なので、2月の紀元節にはまだこうした娯楽も残っていましたが、それでも徐々に制限されるようになってきていました。

李香蘭の人気というだけではなく、民衆が閉塞した社会に風穴を開けてくれる華やかなものを求めていた結果、こうした混乱が起きたのかもしれません。

都市伝説・武勇伝2「キスシーンの勉強のためにハリウッドデビュー?」

山口淑子は映画「醜聞」の撮影後まもなくアメリカに渡ります。

山口淑子は1950年、演技の勉強をしようとアメリカに渡ります。その際に開いた記者会見で、アメリカで何を学びたいかと聞かれた時に、淑子はこう答えました。 「キスの勉強をしたい。」翌日の新聞には ” Kiss me, please.” という見出しが出て、アメリカで大ウケとなりました。

これには理由がありました。当時、日本では映画の撮影でキスシーン自体が珍しく、撮影時は関係者以外をセットから締め出すほど神経質なものでした。監督が物干し竿で役者の足元をつつくのがキスの終わりの合図だったといいます。そのため、アメリカでラブシーンの勉強をしたいという淑子の思いは、冗談ではなく本気だったのでしょう。

李香蘭の生涯年表

1920〜1933年 – 1〜13歳「撫順・奉天で過ごした幼少期」

戦前の撫順の街並み

山口家の長女・淑子の誕生

1920年2月12日、山口文雄とアイ夫婦の長女として淑子は生まれました。のちの李香蘭です。淑子の祖父にあたる山口博が士族出身の漢学者であったため、父・文雄は中国語が堪能であっただけではなく、中国に親しみを感じていました。

大連にあった南満州鉄道本社

文雄は1906年に中国へ渡り、南満州鉄道株式会社で働くようになりました。アイは中国に住んでいた叔父のもとで暮らしており、文雄とは撫順で知り合い、結婚しています。そのため淑子は、日本語と中国語を話すバイリンガルな少女時代を過ごすのです。

平頂山事件

山口淑子が通った撫順高等女学校

淑子は小学生時代までは撫順で平穏な日々を送っていました。しかし日本と中国の関係は、日に日に悪化していきます。

柳条湖事件を調べるリットン調査団

1931年9月、柳条湖事件をきっかけに満州事変が起こります。1932年3月には満州国が建国され、中国人による抗日運動は激化し始めます。そして9月15日、撫順襲撃事件(楊柏堡事件)が勃発したのです。

撫順襲撃事件とは、抗日を叫ぶ匪賊が撫順炭鉱を襲撃し、日本人5人が殺害された事件でした。関東軍の撫順守備隊はその報復として、平頂山集落の住民を大量殺戮します。平頂山の人々が抗日ゲリラを支援していたという嫌疑でした。3000名近くの民間人が殺されたという記録もあります。

日本軍による大量虐殺が行われたとされる崖の上に立つ記念碑

淑子は自宅の窓から、中国人を憲兵が拷問する場面を目撃しています。さらに父・文雄は裏切り行為を疑われ、憲兵に拘束されました。容疑は晴れたものの、撫順に住みづらくなり、山口一家は引っ越すことになります。

「李香蘭」の名前を授かる

山口一家は、文雄の親友・李際春を頼り、奉天へ移住します。当時の奉天は満州で一番の都会でした。

満州時代の奉天

そして文雄は李際春と義兄弟の契りを結びます。淑子を李際春の義理の娘としたのです。淑子は父の俳号「香蘭」をそのままもらいました。「李香蘭」の誕生です。1933年の春節のころでした。

淑子の中国語も堪能になったので、今度は北京に住む友人・潘毓桂に預け、淑子を留学させることにします。しかし淑子は肺浸潤を患い、留学はしばらくお預けとなりました。

ロシア人リューバ

マダムがリサイタルを開いた奉天のヤマトホテル

ロシア人リューバ・モノソファ・グリーネッツは、淑子の親友でした。肺浸潤を患った淑子に、呼吸器を鍛える方法としてクラシック歌曲を勧めたのがリューバです。淑子はリューバの母の紹介でイタリア人オペラ歌手マダム・ポドレソフに弟子入りします。

李香蘭が初めて立った舞台が今もホテル内に残されています。

マダムは毎年リサイタルを開いており、淑子はその前座を務めます。奇しくもこれが歌手「李香蘭」が生まれるきっかけになるのです。

国籍不明の歌手「李香蘭」

1932年に満州国誕生とともに開局した奉天放送局は、一般の中国人にもっと聴いてもらいたいと「満州新歌曲」という国民歌謡番組を企画していました。その専属歌手として「中国人少女である」「譜面が読める」「北京語を話せてかつ日本語も理解する」という条件をクリアする人を探していたのです。

当時の奉天放送局ではアナウンサーとして森繁久彌も働いていました。

淑子はその条件に叶う少女として奉天放送局から声がかかり、歌手・李香蘭としてデビューします。放送では経歴の紹介を省いたため、淑子は日本人の手で作られた中国人となったのです。

1934〜1937年 – 14〜17歳「北京留学時代」

戦前の北京の様子

中国人「潘淑華」

潘毓桂

1934年、淑子は北京に住む華北地方政界の大物・潘毓桂の養女「潘淑華」として翊教女学校に通うようになります。

現在の盧溝橋

淑子は将来、政治家の秘書か新聞記者になるつもりだったので、潘毓桂のもとで勉強をしていました。しかし抗日運動は激しくなる一方で、中国人・潘淑華として生きる日本人・山口淑子にとっては暮らしづらい日々が続くようになります。1937年7月には盧溝橋事件が起き、治安はさらに悪化しました。

川島芳子との出会い

淑子が川島芳子と初めて会ったのは1937年のことでした。川島芳子の義父・川島浪速と山口文雄は繋がりがあり、東興楼という芳子の経営する料亭で父に引き合わせてもらったのが最初でした。

川島芳子は松本に住んでいた頃には馬で学校に通っていました。

川島芳子は本名を愛新覺羅顯㺭といい、清朝の皇族です。日本人川島浪速の養女となり、学生時代は日本で過ごしました。芳子は日本軍に協力するだけでなく、数人の日本軍人との関係もあり、1940年ごろからはその存在を疎ましがられるようになります。

川島芳子は笹川良一の手引きで当時は九州にいました。

淑子が川島芳子に最後に会ったのは、川島芳子が日本軍による暗殺命令を知って日本へ逃げていた時のことでした。自分が利用され捨てられた身の上であり、淑子はこうなってはならない、自分のやりたいことをするべきだといった訓戒のような内容がしたためられた便箋を、淑子は受け取っています。

1 2

コメントを残す