小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【年表付】オードリーヘップバーンはどんな人?映画やファッション、名言を紹介

オードリーヘップバーンは、主に1950年代から60年代にかけてハリウッドで活躍した女優です。その可憐な容姿と抜群の演技力から「永遠の妖精」と呼ばれ、ハリウッド黄金時代のトップスターでした。

「ローマの休日」や「ティファニーで朝食を」など、彼女の主演した映画は今でも名作と名高いものばかりです。その映画を名作にしているのがオードリーの存在であることは疑いようがありません。亡くなって30年が経とうとしている今も、オードリーのファンは増えているように感じます。

オードリーヘップバーン(1956年)

映画界の花としてだけではなく、彼女は晩年のユニセフ親善大使としての活動でも知られています。女優を引退後に掴んだその役目について、オードリーは「私は全人生をこの仕事のためにリハーサルしてきて、ついに役を得たのよ」と語っています。彼女にとって、ユニセフでの活動はそれほどまでに大切な使命でした。

いったいなぜオードリーはそれほどまでにユニセフの活動に打ち込んだのでしょうか?それには彼女の生い立ちが大きく関係しています。筆者はオードリーの生涯について知ったとき「何て強い意志をもった人だろう」と感動し、人間としてのオードリーヘップバーンをますます好きになりました。

この記事では、高校生のころに見た「ローマの休日」からずっとオードリーの魅力に惹かれ続けている筆者が、オードリーヘップバーンの生涯や名言、映画やファッションなどをご紹介します。

オードリーヘップバーンとはどんな人物か

名前オードリー・ヘップバーン
本名オードリー・キャスリーン・
ヘップバーン=ラストン
誕生日1929年5月4日
没日1993年1月20日(享年63歳)
生地ベルギー・ブリュッセル
イクセル
没地スイス・ヴォー州
配偶者メル・ファーラー
(1954~1968年)
アンドレア・ドッティ
(1969~1982年)
埋葬場所スイス・トロシュナ

オードリーヘップバーンの生涯をハイライト

『ローマの休日』アン王女を演じるオードリー

オードリーヘップバーンは1929年、ベルギーのブリュッセルに生まれました。3歳のときに父親が失踪、6歳で両親が正式に離婚し、波乱にとんだ幼少期を過ごしています。そのようななかで始めたバレエは彼女の支えとなり、オードリーはバレエの花形であるプリマ・バレリーナになるという夢を抱いていました。

けれども第二次世界大戦中、ドイツ占領下のオランダにいたオードリー一家は厳しい生活を強いられました。戦争が終わった直後、オードリーは栄養失調状態にありましたがなんとか回復し、プリマ・バレリーナになるという夢に向けて練習を再開します。けれども身長が高かったことと、戦時中の栄養失調で体格が細すぎたことから夢は破れてしまいました。

バレリーナを諦めてミュージカル女優となったオードリーは1951年、舞台「ジジ」と映画「ローマの休日」の主演を務めることになります。どちらも見事に演じ切ったオードリーは、一躍ハリウッドのトップスターに躍り出ました。それから「麗しのサブリナ」「ティファニーで朝食を」など、数々の名作映画の主演を務め、彼女が映画で着用するファッションは女性たちを夢中にさせました。

ユニセフ親善大使としてのオードリー

私生活では25歳のときに俳優メル・ファーラーと結婚、長男をもうけます。けれども1968年に離婚し、翌年には精神科医アンドレア・ドッティと結婚しました。次男をもうけますが1980年には離婚し、その後は俳優のロバート・ウォルダースと過ごしています。

1989年に女優業を引退すると、ユニセフ親善大使として世界中の恵まれない人々のために尽力します。その功績が認められ、1992年には大統領自由勲章を受勲しました。1993年1月、オードリーヘップバーンは63年の生涯に幕を閉じました。

オードリーが映画で身に着けたファッションは大流行!

「ローマの休日」から大流行したヘップバーンカット

オードリーヘップバーンが映画で身に着けたファッションや髪型は女性たちの間で大流行しました。王女役を演じた「ローマの休日」には、王族としての肩の荷を下ろすように長い髪をバッサリと切るシーンがあります。軽やかなショートカットはアメリカのみならず、日本の女性たちも虜にしました。

また「麗しのサブリナ」で身に着けた8分丈のパンツはオードリーの役名から「サブリナパンツ」と呼ばれるようになりました。ふくらはぎ丈のパンツは活発なオードリーの役柄を象徴するかのようで、1950年代の女性たちに解放感をもたらしました。

オードリーヘップバーンとユベール・ド・ジバンシィ

オードリーのファッションを語るうえで外せないのがブランド「ジバンシィ」の存在です。オードリーは「麗しのサブリナ」「おしゃれ泥棒」「ティファニーで朝食を」など、数々の映画でジバンシィの衣装を身に着けています。創業者であるユベール・ド・ジバンシィとは友人であり、また役を演じるうえでの大切なパートナーでもありました。

純真さと意志の強さを兼ね備えた明るい性格で人々を魅了

人々を魅了した純真な性格

オードリーヘップバーンがどのような人か、数々のエピソードから考えてみると「純真無垢」という言葉が真っ先に浮かびます。彼女の演じた多くの役柄がそうさせるのかもしれません。けれども彼女を知る多くの人々のインタビューを読むと、オードリーほど「純真」という世間からのイメージとのギャップのないスターはいないだろう、と感じます。

また、彼女は意志の強い人でもありました。少女時代、厳しい戦時下でもバレリーナを夢見て慈善ミュージカルの舞台に立ち、戦争が終わってバレリーナへの夢が破れてもなお自分の才能を生かす道を探して舞台女優となりました。また、戦後にユニセフの前身団体である「連合国救済復興機関(UNRRA)」から受けた援助を忘れず、自分が有名になった後にユニセフの活動に参加しています。

数々の名言からは彼女の明るさも感じられます。特に次の言葉には、オードリーの明るさと意志の強さがよく表れています。

人生について深刻に考えたりはしないけど…私の人生で何をするかは真剣に考えているわ

2度の結婚・離婚の末に幸せを掴む

最後の恋人ロバート・ウォルダースとオードリー

オードリーヘップバーン2度の結婚と離婚をしています。最初の結婚相手は映画「オンディーヌ」で共演した12歳年上の俳優メル・ファーラー。それまでに3度の離婚歴があるファーラーとの結婚は周囲に大反対を受けたそうです。

ファーラーが監督を務める映画にオードリーが出演するなど、公私ともにパートナーである状態が14年間続いたのですが、1968年に離婚しています。その翌年にオードリーが結婚したのは、イタリア人精神科医のアンドレア・ドッティでした。けれどもドッティは女性関係に問題がある人物だったようで、1982年に2人は離婚しました。

オードリーの最後の恋人となったのは、オランダ人俳優のロバート・ウォルダースでした。2人は入籍こそしなかったものの、オードリーが亡くなるまで9年間をともに過ごしています。

オードリーの孫娘エマ・ファーラーはモデル

オードリーには1番目の夫・ファーラーとの間に長男のショーンが、2番目の夫・ドッティとの間に次男のルカが生まれています。ショーンは現在映画プロデューサーをしていて、オードリーの孫にあたる娘・エマはモデルとして活躍中です。また、次男のルカ・ドッティはオードリーの遺志を継いで立ち上げられた基金「オードリー・ヘップバーン・チルドレンズ・ファンド」の代表を務めています。

ユニセフ親善大使として活動した晩年

晩年はユニセフ親善大使としての活動に打ち込んだ

オードリーヘップバーンは1989年に女優業を引退、その年にユニセフ親善大使に任命されています。彼女の晩年は慈善事業に没頭した時期でした。特に、発展途上国の恵まれない子供たちへの援助は惜しみませんでした。

オードリーは1991年に内戦が勃発したソマリアの戦況に心を痛め、子供たちの置かれている状況を訴え続けました。その訴えは実り、1992年に当時のアメリカ大統領であるジョージ・ブッシュ(パパ・ブッシュ)はアメリカ軍の主導で多国籍軍を派遣、物資援助を行いました。同じ年、オードリーはそれまでの功績が認められ、民間人に送られる最高位の勲章である大統領自由勲章を受勲しています。

死因は結腸がん

スイス・トロシュナにあるオードリーの墓所

オードリーヘップバーンは1993年1月20日、63歳で亡くなりました。死因は結腸がんです。彼女の最後の恋人となったロバート・ウォルダースと2人の息子たちに看取られ、スイス・トロシュナの自宅で息を引き取りました。

オードリーの葬儀には元夫であるメル・ファーラーやアンドレア・ドッティ、生涯の友人であったユベール・ド・ジバンシィなどが参列し、オランダ王室からも献花が届けられました。彼女の墓はトロシュナの街を一望できる小高い丘の上にあるということです。

オードリーヘップバーンの代表映画

ローマの休日(1953年)

オードリーヘップバーンの初めての主演映画です。オードリーは表敬訪問したローマで、王族としての暮らしが窮屈になって街中に飛び出すていく王女・アンを演じています。ローマ市内に出たアン王女は、グレゴリーペック演じるアメリカ人新聞記者と1日限りの恋に落ちるのです。

この初めての主演映画で、オードリーはアカデミー賞やゴールデングローブ賞などで主演女優賞を受章しています。撮影当初、オードリーは「主演」という扱いではなく、グレゴリーの共演者だったのですが、グレゴリーが彼女を主演扱いにするようスタッフに直談判したのだそうです。

麗しのサブリナ(1954年)

「ローマの休日」に続くオードリーヘップバーンのヒット作です。オードリーは大富豪であるララビー家に仕える運転手の娘・サブリナを演じています。サブリナとララビー家の長男・ライナスと次男・ディヴィッドとの三角関係の物語です。

この映画でオードリーが着用した8分丈のパンツは「サブリナパンツ」と呼ばれるようになりました。また、アメリカでは「サブリナカット」というオードリーを真似た髪型が流行ったそうです。ジバンシィはこの映画でも衣装を3着提供していて、特に黒のカクテルドレスは「デコルテ・サブリナ」と呼ばれました。

ティファニーで朝食を(1961年)

トールマン・カポーティによる中編小説を、ブレイク・エドワーズ監督が映画化したものです。オードリーはニューヨークを自由に生きる高級娼婦ホリー・ゴライトリーを演じています。彼女の暮らすアパルトマンにジョージペパード演じる小説家ポール・バージャクが引っ越してきたことから始まるラブストーリーです。

当初、カポーティがこの作品の映画化を了承したとき「主演はマリリンモンローに」という条件を出していました。しかしマリリンは「夜の女という役柄は演じない」と断り、オードリーに役がまわってきたのです。オードリーは当時妊娠中で、ホリーのような役柄を演じるのは不安だったようですが、見事にホリーを演じ切っています。

マイ・フェア・レディ(1964年)

ミュージカル映画であるこの作品で、オードリーは下町生まれで粗野な言葉遣いをする花売り娘・イライザを演じています。イライザが言語学の教授・ヒギンズにレディに仕立てられ、自分というものを確立していくロマンティックコメディです。

オードリーが歌うシーンは、その多くがマーニ・ニクソンというゴーストシンガーに吹き替えられています。「今に見てろ (Just You Wait)」という曲はほとんどがオードリーの歌声が採用されているようです。彼女の歌声を聞ける貴重な映画の1つとなっています。

オードリーヘップバーンの功績

功績1「ハリウッドの黄金時代を担った『永遠の妖精』」

『ローマの休日』のワンシーン

ハリウッド映画界に突然現れたオードリーヘップバーン。その可憐な容姿と抜群の演技力で、今なお多くのファンを獲得し続けています。彼女の出演した映画は軒並み人気を博し、女性たちはそのファッションに夢中になりました。

オードリーは映画でアカデミー賞やゴールデングローブ賞などを、舞台作品ではトニー賞も受賞しています。さらに亡くなった後にグラミー賞とエミー賞も与えられました。これらの賞を1人の人物が受賞しているのはアメリカでもそう多くありません。

功績2「女性の美しさの基準を変えた」

スリムな身体は当時コンプレックスだった

オードリーヘップバーンが登場するまで、ハリウッド映画界ではマリリンモンローやエリザベス・テイラーのような肉感的でセクシーな女性がもてはやされていました。オードリーが登場したころ、彼女のスリムすぎる身体はコンプレックスともとられるものでしたが、その美意識をオードリーは塗り替えたのです。

第二次世界大戦中、オランダで少女時代を過ごしていたオードリーは栄養失調状態にあり、満足な発育ができなかった部分もありました。オードリーの年頃の女性たちにも、そのような体験をした人々は多かったはずです。そうした背景をもつオードリーが女性の美の基準を塗り替えたのは、戦後を生きる女性たちも勇気づけられたことでしょう。

功績3「ユニセフ親善大使として貧しい子供たちの救済に打ち込んだ」

発展途上国の恵まれない人々のために力を尽くした

1970年代以降、オードリーは映画の第一線を退き、ユニセフで恵まれない人々への援助活動をするようになりました。1989年には女優を引退することを表明し、晩年はユニセフ親善大使としてアフリカや南米、アジアに赴いて現地の人々と話したり、援助活動に参加したりしています。特に子供たちへの援助は惜しみませんでした。

オードリーヘップバーンの名言

私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです

オードリーが登場する前、ハリウッド映画界ではマリリンモンローのような肉感的なスタイルがもてはやされていました。スリムなオードリーはそれまでの女性の美しさの基準とは異なっていましたが、むしろその個性をいかしてその基準を過去のものにしてしまいます。それは、オードリーが自分の欠点を受け入れてありのままで生きようと努力したからではないでしょうか。

いわゆる天賦の才に恵まれていると思ったことはないわ。仕事を心から愛して最善を尽くしただけよ

端から見れば才能のかたまりのようなオードリーでしたが、本人はそう思ってはいなかったようです。自分にめぐってきた仕事を心から愛し、ベストを尽くすということの繰り返しがオードリーの輝かしいキャリアを築き上げたのでしょう。

不可能なことなどないわ。「Impossible(不可能)」という言葉に、「I’m possible(私にはできる)」と書いてあるのだから

「不可能」は考え方次第で「可能」に変わるのだと気づかせてくれる言葉です。戦時下でもバレリーナを夢見て厳しい状況を生き延びたオードリー。どんなときでも希望を失わずにいることで道が拓けることを教えてくれます。

1 2

コメントを残す