小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

マルクスとはどんな人?生涯・年表まとめ【資本論や経済学についても紹介】

「マルクスってどんな人?」
「マルクス主義ってなに?簡単に教えてほしい!」
「マルクスの『資本論』ってなに?」

この記事を読んでいるあなたは、このようなことを思っているのではないでしょうか。マルクスとは、共産主義の父と言われる思想家です。世界の歴史に影響を与えた人物ランキングの27位にランクインしており、こと20世紀に与えた影響で言えばトップ10にも食い込むほどの人物と言えます。

マルクス主義やマルクス経済学、という名前で知っている方も多いかもしれません。

カール・マルクス

マルクスは数々の著書を出版していますが、中でも有名なのが『資本論』です。この本は資本主義の詳細を明らかにし、問題点を指摘しています。経済だけでなく、革命思想も交えているこの本は特に社会主義者に読まれ、共産主義国成立のきっかけともなりました。

今回はマルクス経済学に興味を持ち、調べていく内にマルクスの思想が気になり数々のマルクス本を読み漁った筆者がマルクスという人物について解説します。マルクスの人生や思想、資本論の内容はもちろん人間味あふれるエピソードもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

マルクスとはどんな人物か

名前カール・マルクス
誕生日1818年5月5日
没日1883年3月14日
生地プロイセン王国トリーア
没地イギリス・ロンドン
配偶者イェニー・フォン
・ヴェストファーレン
政党イギリス・ロンドンのハイゲイト墓地

マルクスの生涯をハイライト

大学生時代のマルクス

マルクスは1818年にプロイセン王国(今のドイツ)の弁護士の家に生まれました。幼い頃から頭が良く、将来を期待されていたそうです。そんな彼が哲学に興味をもったのは法律を学ぶために入った大学でした。

法律よりも哲学に興味をもったマルクスは卒業後、弁護士ではなくジャーナリストとなり政治的な問題を批判し続けます。結果、マルクスは国を追い出されて亡命を余儀なくされました。パリへ移ったマルクスは、そこで生涯の友となるエンゲルと出会います。

二人は『共産党宣言』や『ドイツ・イデオロギー』などを出版。さらに共産主義同盟という秘密結社を結成し、革命を起こすべく行動します。しかし、やはりパリでもこの活動は良く思われず、マルクスは再び亡命し、ロンドンへと移りました。

マルクスが住んでいたロンドンのディーン通りの住居

マルクスはここでも政治記事の執筆を行い、変わらず活動しようとします。しかし、革命への機運が下火となっており、組織的な活動は停滞せざるを得なかったようです。有名な『資本論』はこの地で書き上げられ、後の政治家や思想家に影響を与えることとなります。

1860年代になると不況から失業者が増え、労働運動が活発になりました。これをきっかけに第一インターナショナル(国際労働者協会)が発足。第一インターナショナルとは、資本家に対抗するために組織された労働者の国際組織です。今で言う労働者組合のようなものですが、同時に社会主義運動について会議をする場でもありました。

マルクスはインターナショナルで「ドイツの労働者代表」として参加し、組織の規約作りを行いました。

第一インターナショナル内では勢力争いがあり、当初はマルクスが優勢でしたが徐々に勢いは衰えていき、最終的には解散してしまいます。以降、目立った活動はなく病死した長女ジェニーの後を追うように、1883年3月にこの世を去りました。

マルクス主義ってなに?

共産主義のシンボル

マルクス主義とは、社会主義思想の一つです。社会主義とは、財産と生産を国で管理し不平等をなくそうという思想のことです。個人が財産を持てない代わりに国が財産を管理して、国民に分配するという形式を指します。

ざっくり言うと、会社の利益は国のものになって、お給料が会社からではなく国から出るよってことですね。

資本主義社会では、富が経営者に集まり労働者は生活に必要な最低限の金銭を与えられるだけで両者の間には経済的な格差が生まれます。要するに、労働者はいつまで経ってもお金持ちになれず、経営者の富を増やすだけの存在になってしまうということです。

それはあまりにも悲惨だ、と考えたマルクスは富を経営者が独占するのではなく、社会で共有してこうした格差をなくそうと提案しました。経営者や労働者といった、階級のない平等な社会を目指したのがマルクス主義なのです。

マルクスの『資本論』とは?

『資本論』は全三巻で構成されている。二巻と三巻はマルクスの死後にエンゲルスが彼の草稿をまとめたもの

マルクスの著書『資本論』とは、資本主義の問題点を挙げ批判したものです。後にマルクス経済学の古典として扱われるようになった書で、現代ではさまざまな議論がなされています。

資本主義の成り立ちから発展、滅亡までとマルクスが分析し構築した理論が主な内容です。『資本論』は多くの人々、特にレーニンなど社会主義者らに読まれ20世紀の国際政治に大きな影響を与えました。

多いときでは世界の半分が、社会主義国として成立していたほどです。

マルクスは共産主義者だった?

共産主義者として最後まで思想を貫いた

社会主義者として扱われるマルクスですが、厳密に言うと彼は共産主義者でした。共産主義は今では社会主義と同一視されますが、マルクスは共産主義を社会主義の次の段階であると位置付け、明確に区別しました。

社会主義は財産を国が管理していましたが、共産主義では誰も財産を管理しません。完全に平等な社会であり、出た利益をみんなで分け合います。

マルクスは共産主義を実現するには、まず労働者が革命を起こし勝利することが重要だと考えました。そして本や新聞などを通して、労働者たちの運動を支持したり革命活動に積極的に参加しました。

人が人らしくあれる平等な社会を目指したマルクス。そのために行動した彼は、名実共に共産主義者という立場がふさわしいでしょう。

マルクスは労働者を軽蔑していた?

批判家だったマルクス

労働者の立場にたった思想を展開したマルクスですが、実はその労働者を軽蔑していたという話があります。

政治的な批判をする一方、マルクスには慎重な部分がありました。そのため、公的な場では言いませんでしたが、プライベートな場面では「あいつら」「あの駄馬」などと罵っています。

とはいえ、マルクスの侮辱癖は有名なうえに、自身に最後まで協力してくれた労働者の死を悲しむこともありました。また「世界の格差をなくすのは労働者だ」と常々発言していることを考えると、なかなか重い腰を上げてくれない労働者たちにじれったい思いがあったのではないでしょうか。

マルクスが論じた世界史、唯物史観

唯物史観はマルクスの思想の核

唯物史観とは、マルクスが唱えた歴史の観点でより詳しく表すと「物質主義」です。歴史は物、つまり生産や消費によって紡がれているとマルクスは定義しました。

社会とは、生産力の発展(機械などによる生産の効率化)によって変わる生産関係が土台にあり、そこから法律や政治などが構築されます。そして革命とは、この生産関係が変わる節目で起こるとマルクスは言っています。

要するに、経済が社会を決めているというのが唯物史観です。そのため、経済の仕組みを変えない限り社会は変わらない、とマルクスは考えていました。

マルクスの功績

功績1「著書『資本論』で20世紀以降の政治や思想に大きな影響を与えた」

一時期は聖書よりも読まれていた『資本論』

前述したように、マルクスは『資本論』で資本主義の問題点を明らかにし、20世紀以降の歴史に大きな影響を与えます。

『資本論』は簡単に説明すると、唯物史観と剰余価値の二つの理論で成り立っています。

ここで言う唯物史観とは、資本主義の世界はすべて商品で構成されているということです。商品とは、食糧や服、サービスなどお金で交換できるすべての物を指します。そして物の生産の仕組みが政治や宗教などを変化させると定義しました。

次に剰余価値とは労働者が生み出す、賃金のかからない価値のことです。労働者は労働力を支払う代わりに賃金を得ています。しかし、その賃金は労働者が支払った労働力に見合った金額ではありません。労働時間の内の数時間程度の賃金しか支払われていないのです。

労働者に支払われない分のお金は経営者の取り分になります。経営者はその取り分を使いさらにお金を得るために機械を購入して業務を効率化します。

すると今ほど人手がいらなくなるので労働者を解雇。失業者が増え消費が落ち込むため、いずれは恐慌が起こって資本主義が崩壊します。以上の資本主義の問題点を解決する方法として選ばれたのが、財産を社会全体で分け合う共産主義です。

労働者はお金に支配され、経営者はお金で労働者を支配している

特に第一次世界大戦後に起こったロシア革命の指導者レーニンはマルクスの『資本論』を参考にソビエト連邦を建国し政治を行いました。

世界恐慌で経済が冷え込む中、ソ連だけは順調に経済発展を遂げて第二次世界大戦でドイツとの戦争を勝ち抜きます。これにより、多くの社会主義国が生まれ世界の半分を占めました。『資本論』は一時期、聖書よりも読まれ現代まで影響を与えているのです。

功績2「経済学に新しい視点を与えたマルクス経済学」

資本主義が当たり前になっていた世の中に「それは本当に良いものか」と石を投じた

マルクス経済学とは、『資本論』で展開された理論を元に生まれた経済学の分野です。

上述しましたが、マルクスは資本論で現在の資本主義がどのような仕組みで成り立っているかを分析し、資本主義経済の問題点を指摘しました。

資本主義社会では、労働者は工場でひたすら商品を作るだけの虚しい活動を強いられます。

本来、労働とは自分の力を発揮し高める自己成長の場で楽しいもののはずですが、会社を運営するための歯車的存在になってしまうと労働はただ苦しいものになってしまいます。このようにマルクスは予言し、続けていずれ資本主義は成り立たなくなると言いました。

そのため、恐慌などが起こったり経済が停滞したりするとたびたびマルクスの理論が話題に上がります。

功績3「共産主義同盟を結成したマルクス 」

『共産党宣言』

唯物史観の確立により、自分の理論に自信を持ったマルクスは共産主義実現のために革命活動を開始しました。

その活動の一つが共産主義同盟の結成です。マルクスは同盟の主義主張・行動方針をまとめることになり『共産党宣言』を執筆。労働者による革命の必然性と意義を説き、最後は有名な

万国のプロレタリアよ、団結せよ

で締めくくられます。プロレタリアとは労働者という意味です。この書は後に国際労働者協会の規約にもなりました。また、後継の国際社会主義者大会は今日当たり前となっている一日八時間労働を世界各地に広めています。

今、私たちが体を壊すまで働かずに済んでいるのは、マルクスのおかげとも言えます。

マルクスの名言

マルクスの名言は彼自身の思想を表しているものが多い

「豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって富を持つ人間のことではない」

誰かの役に立てる人間こそ、本当に豊かな人間であるという意味です。

「すべてを疑え」

マルクスが当時、資本主義が当たり前だった世の中に一石を投じることができたのは、まさにすべてを疑っていたからでしょう。当たり前のものこそ、疑うべきなのかもしれません。

「学問には平坦な大道はありません。そして学問の険しい坂道をよじ登る労苦をいとわない者だけに、その明るい頂上にたどり着く見込みがあるのです」

マルクスは経済学を10年以上勉強して『資本論』を書き上げました。新たな発見は、地道な積み重ねの成果からできています。

マルクスの人間関係

盟友エンゲルス

フリードリヒ・エンゲルス

マルクスにとってエンゲルスは思想を分かち合い、同じ場所を目指す盟友でした。

『共産党宣言』など二人は共同で執筆することも多く、密接に意見交換をしています。意見を交わすだけでなく、亡命者だったために金銭面で苦労するマルクスに資金を送り続けました。また、マルクスの死後には彼の著作を管理し、出版した人物でもあります。

マルクスがその思想を現代まで広められたのは、エンゲルスの助けが大きいと言えます。

愛妻イェニー

イェニー・フォン・ヴェストファーレン

マルクスは妻のイェニーを溺愛していました。

イェニーは貴族出身で、マルクスはそのことを誇りにしていました。経済的に困窮していたときも、貴族のイェニーみすぼらしい格好はさせられないと彼女の衣服にはお金を使っていたほどです。

二人の夫婦関係は最後まで良好で、国を渡ることになっても貧困に喘ぐことになってもイェニーはマルクスを支え続けました。まさに、病めるときも健やかなるときも二人は互いを支え合ったのです。とても素敵な関係ですね。

マルクスにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「長年仕えたメイドをはらませたがエンゲルスの子だと思わせていた」

エンゲルスはマルクスの娘からひどい人だと思われていた

20世紀の世界に大きな影響を与えた偉人マルクス。さぞや立派な人なのだろうと思われますが、実は人間味あふれる人物でダメなところもありました。その一つに、長年家に仕えていたメイドとの浮気があります。

マルクス家には妻イェニーに幼い頃から仕えていたメイドがおり、ある日子供をもうけます。当時は父親がはっきりしなかったのですが、エンゲルス家の女中の手紙からマルクスの娘たちはその子供をエンゲルスの子供だと認識していました。

さらに、娘たちはエンゲルスがその子供を自分の子と認めないことに腹を立てていました。娘たちのマルクスへの信頼は厚く、エンゲルスは死の直前にメイドの子の父親はマルクスだと明かしますが認めてもらえませんでした。

都市伝説・武勇伝2「読書家だったが文字が下手で計算ミスが多かった」

読むのにコツがいるほど汚く、エンゲルスは弟子にマルクスの文字の読み方を教えている

マルクスは熱心な読書家でしたが、文字が下手で計算ミスの多い、ある意味おおらかな人物でした。特にマルクスの悪筆は相当なもので、彼の書いたものを読めたのは親しい仲にあったエンゲルスだけだったようです。

1 2

コメントを残す