小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

和宮親子内親王とはどんな人?生涯・年表まとめ【死因や篤姫との関係も紹介】

「和宮ってどんな人?」
「篤姫とはどんな関係だったの?」

和宮親子(かずのみやちかこ)内親王は、江戸時代の皇女で14代将軍徳川家茂の正妻です。仁孝天皇の第8皇女である彼女は他の時代なら京で静かに暮らしたのでしょうが、時は幕末、動乱の時期の皇女であったために幕府と朝廷の「公武合体」の犠牲となり、江戸に下った数奇な運命の女性でした。

和宮親子内親王

しかし嫁いでからは「徳川の人間」として、最後まで徳川家存続の為に動いた女性でもありました。幕末の陰の立役者であった「和宮」という女性。彼女を辿ることで、違った視点から幕末を見ることができます。

この記事では、和宮という女性に興味を持ち長年研究していた筆者が、彼女の生涯をご紹介します。

和宮とはどんな人物か

名前和宮親子(ちかこ)内親王
称号和宮、静寛院、静寛院宮
誕生日1846年7月3日
没日1877年9月2日
生地山城国
没地神奈川県箱根
配偶者徳川家茂
埋葬場所東京都港区、増上寺

和宮の生涯をハイライト

長年和宮と伝えられていた写真、しかし近年は別人の可能性が高いといわれている

和宮の生涯を簡単にダイジェストします。

  • 1846年:仁孝天皇の第八皇女として誕生、和宮の称号を賜る
  • 1851年:有栖川宮熾仁親王との婚約が内定する
  • 1861年:内親王宣下を受け「親子」の名を賜る
  • 同年:降嫁に伴い3品に叙され、京を出発する
  • 1862年:江戸に到着し、徳川家茂と婚儀を行う
  • 1866年:夫の徳川家茂死去。それに伴い落飾する
  • 1868年:徳川慶喜と対面、江戸に嘆願書を送る
  • 同年:再度2度にわたり官軍の攻撃猶予の嘆願書を提出
  • 1869年:天璋院に暇乞いをし、京に戻る
  • 1874年:東京麻布に居を構える
  • 1877年:療養地の箱根で死去、享年32歳

将軍徳川家茂に嫁いだ和宮

和宮の夫、14代将軍徳川家茂

和宮は当初有栖川宮熾仁親王と婚約していましたが、幕府と朝廷の事情により婚約を取り消し、14代将軍徳川家茂に嫁ぎました。嫁ぐまでにはかなり揉めましたが、結果的に朝廷側が譲歩する形で実現しています。

婚姻の経緯は、幕府側が朝廷側に和宮が嫁げば、公武一和に役立つという提案から始まりました。当初孝明天皇は、「和宮はすでに婚約しているから」という理由で断っています。しかし1860年に、幕府はまず和宮の叔父・橋本実麗に打診、その後正式に朝廷へ家茂との婚姻を打診しています。

橋本実麗、当初婚姻に反対したが幕府の度重なる要請に最終的に折れている

何度かそのようなやり取りが続き、ついに孝明天皇も「攘夷を実行し鎖国の体制に戻すならば、和宮の婚姻を認める」という条件で了承しています。幕府側も「10か年以内の鎖国体制の復帰」と約束し、天皇は和宮の婚姻を決めました。結婚にあたって和宮は条件として「御所風の流儀を守ること」などを提示しています。

早期に婚姻を望む幕府の意向に従い、2か月後には総勢3万人、行列は50㎞、神輿の警護に12藩、沿道の警護には29藩が動員される花嫁行列となりました。

和宮の花嫁行列を描いたもの

和宮が通る沿道では外出・商売は禁止され、行列を高みから見物することも、寺の鐘を鳴らすことも禁止されました。犬猫も鳴き声が聞こえない程遠くに繋がれたといい、これまでの皇族の婚姻の中でも特に盛大な花嫁行列となったのです。                               

孝明天皇とはどんな人物?生涯・年表まとめ【功績や死因、子孫についても解説】

降嫁後の「家茂」と「篤姫」との関係

皇女として育った和宮が女の園「大奥」に入るのは大変だっただろう

ひと悶着あった和宮の結婚も、1861年に婚儀を行いました。その後大奥では徳川家茂とは良好な関係を築き、篤姫とは「あまり仲が良いとはいえない」状況だったようです。この二人との関係を解説していきます。

徳川家茂との仲は良好だった

徳川家茂、非常に人格者であったとも伝わっている

夫家茂と和宮の関係は良好だったといいます。和宮は「内親王」という身分のまま結婚しました。この身分差結婚のために、将軍家茂は高貴な妻を立てて側室も置かず、和宮を生涯の伴侶としたのです。

また、家茂の履物が縁側の石の上に落ちてしまった際、和宮は縁側から降りて自分の履物を下に置き、家茂の履物を石の上に置きなおし周囲を驚かせたという話も伝わっています。

空蝉の袈裟

しかし1866年、家茂は心労が祟り大阪城で体調を壊し、薨去してしまいます。関西に向かうときに、家茂は和宮に「凱旋の土産は何が良いか」と問い合わせて「西陣織」を所望したといいます。しかし大阪で家茂が薨去したために、形見として西陣織が届けられました。和宮は、

空蝉の 織り衣 なにかせん 綾も錦も 君ありてこそ

の和歌を添えて西陣織を増上寺に奉納し、袈裟に仕立て上げています。これは「空蝉の袈裟」として現在も伝わっています。

篤姫とは仲が良いとはいえなかった

天璋院篤姫、容貌から気が強いのがにじみ出ている

篤姫とは「大奥」のしきたりなどで、衝突することがあったようです。例えば和宮が初めて篤姫に対面の際、篤姫の席が上座で和宮に会釈もせず、更に和宮の座には敷物も用意されていなかったという話があります。

今までこのような扱いを受けたことが無かった和宮は、孝明天皇に「天璋院が様々な無礼を働いた」と書状を送っています。この時は老中が篤姫に事情を聞き、注意をすることで解決しました。確かに先代の将軍の正室が、新しい正室よりも上座というのは道理のような気もします。しかし和宮の内親王という身分を考えると、考慮が必要となってくるのでしょう。

和宮が涙したこともあったという

しかしこのような軋轢も、倒幕が活発になってくると次第に薄れていったようです。武家出身の篤姫と皇族である和宮ですが、「江戸と徳川家を守りたい」という意志が二人を繋げ、徳川存続に奔走しました。結果として明治時代になっても篤姫との交友があったと伝えられています。

死因は「脚気」という説が有力

白米を良く食べている人が脚気になりやすかった

和宮の死因は、「脚気の為の心不全」のために薨去した説が有力です。現在こそ脚気は「ビタミンB」の不足による症状とわかっていますが、当時は原因が不明で、白米が流行した江戸で多く発症した為に「江戸病」といわれていたそうです。

またもう一つの説に「コレラ説」があります。根拠は和宮が没した年に、コレラが大流行していたそうです。コレラは当時死亡率も高く、原因もわからなかったために非常に恐れられた病でした。発病3日目には突然死んでしまうために「3日コロリ」とも呼ばれていました。

コレラ菌、当時は原因がわからず死亡率も高かったという

和宮の葬儀は、内親王であり将軍正室であった女性とは思えない程ひっそりしたものであったらしく、天璋院篤姫すらも参列していないそうです。そのことから、伝染病による死だとすると説明がつくというのが理由です。

今となっては永遠にわかりませんが、晩年は明治天皇や叔父の橋本実麗の勧めで東京に住んでいました。そして東京に戻って3年後に脚気を患い、1877年に医師の勧めで箱根塔ノ沢温泉に療養し、2か月後に薨去しました。政府は当初葬儀を神式で行う予定だったといいますが、和宮の「家茂様の側に葬ってほしい」との遺言を尊重し、仏式で行われました。墓所は家茂と同じ東京の増上寺に葬られています。

遺骨調査による和宮の特徴

増上寺にある和宮の墓地

和宮の遺骨は1950年に改葬されており、その時に学術調査を受けています。陵墓や陵墓発掘が宮内庁により禁止されている日本において、和宮は埋葬後調査された数少ない皇族となりました。

調査の結果、棺から烏帽子に直垂姿の若い男性の写真乾板が副葬品として見つかっています。この写真は保存方法が悪く、翌日に乾板はただのガラス板になっていたそうです。写真の男性は、徳川家茂が有力ですが、元婚約者の有栖川宮熾仁親王ではないかという説もあります。

和宮の元婚約者、有栖川宮熾仁親王

また不思議なことに、和宮の左手首から先の骨が発掘の時にいくら探しても見つからなかったらしく、「左手は生前からなかったのではないか?」と噂されるようになりました。増上寺の和宮の銅像も、肖像画も左手が隠れている為になお噂に拍車がかかったようです。

増上寺にある和宮の像も左手が隠れている

しかし、和宮は生前3年ほど脚気を患っていました。そのため左手の骨が脆くなっていたという説や、もしくは発掘の時かなり土砂と水が入り込んでいたために、泥に埋もれてしまったという説も囁かれています。

和宮の功績

功績1「江戸の無血開城に多大な貢献をしたこと」

幕末の仁和寺宮嘉彰親王(中央の人物)

和宮の最大の功績は、江戸の無血開城に貢献したことです。無血開城とは江戸城の新政府への引き渡しの事を指します。江戸の無血開城で、西郷隆盛と勝海舟が会談したことは有名ですが、新政府に大きな影響を及ぼしたのは和宮です。和宮は天璋院と相談して、征討大将軍・仁和寺宮嘉彰親王や東海道鎮撫総督・橋本実梁に嘆願書を送っています。

勝と西郷の無血開城の影には和宮の活躍があった

朝廷の返信は「願いの儀については朝議を尽くす」とのみ記されていたといいますが、使者として来た叔父橋本実麗が持ってきた正親町三条実愛の書状の写しに「謝罪の道筋が立てば、徳川の存続は可能」と記されていました。この書状があったからこそ、幕府も大政奉還に向けて行動を移すことが決まったのです。

嘆願書には「私一命は惜しみ申さず候へども、朝敵とともに身命を捨て候事は、朝廷へ恐れ入り候事と、誠に心痛致し居り候」と記されており、朝敵と共に命を捨てるのは恐れ多いことですが、徳川家と命を共にする覚悟ですと書いてありました。この嘆願書は朝廷でも心を動かされたといい、江戸への総攻撃の中止の大きな一因となり、「江戸と徳川家」を救うこととなりました

幕末に活躍した人物・武士を紹介!当時の出来事や写真、相関図付きで徹底解説

功績2「公武合体の象徴として使命を果たしたこと」

当時開国を余儀なくし、幕府と朝廷との間は混乱していた

もう一つの功績は、徳川家茂に嫁いだことでしょう。動乱の幕末期に、和宮の婚姻はどうしても政治的に必要だったのです。当時関東は外国人が多く出入りし、長年鎖国していた日本人にとって和宮でなくても不安になってまう情勢でした。

公家・久我建通、当時内裏を掌握している存在だったという

結婚の際は、「降嫁は幕府が和宮を人質にするのが目的で、久我建通らは幕府から賄賂を受け、天皇を騙して幕府の計画を手助けしている」との噂が立ったといいます。この噂は程なく天皇の耳に入り、岩倉具視と千種有文に噂の真意を確かめるように勅をしています。そんな噂が立つほど、当時の朝廷と幕府との仲は不安定になっていました。しかし婚姻により幕府の体面も保たれたのでした。

和宮の残した和歌

露をわが身に例え、国のために江戸にいる覚悟が見える

惜しましな 君と民との ためならば 身は武蔵野の 露と消ゆとも

長らく嫁ぐことを決意したときに謳った歌として伝えられていました。しかし最近の研究では、家茂が上洛中に詠んだ歌と推定されているそうです。「君と国民のためならこの身を惜しくありません、私の身は武蔵野の露として消えてしまったとしても」と夫を思って詠んだ歌といわれています。

落ち行く紅葉の葉を自分の身と重ねて詠んでいる

落ちて行く 身と知りながら もみじばの 人なつかしく こがれこそすれ

降嫁する際の旅の途中に詠んだ歌といいます。自分の身と紅葉を重ねて詠んで、自分も紅葉のように落ちていく身であると重ね合わせています。和宮の不安が伝わってくる歌です。

和宮の父・仁孝天皇

袖に置く 涙のつゆに うつしませ 逢ふがまほしと 恋ふる御影を

父仁孝天皇の御陵を参ったときに詠んだ歌といわれています。訳は「父上のことを思い出すたびに、私の袖に涙が落ちます。その涙に映してください、お逢いしたい恋しい父上のお姿を」です。父帝は和宮が生まれる少し前に崩御していますが、念願だった父帝の御陵参りを明治の御代に実現ができたといいます。

和宮の人物相関図

舞台「和宮様御留」の相関図より 引用:花組芝居
1 2

コメントを残す