小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

阿部正弘とはどんな人?生涯・年表まとめ【死因や子孫、功績も紹介】

阿部正弘は、幕末の危機に日本を救った江戸幕府の老中です。アメリカの厳しい要求とややこしい国内政治との間に挟まれて悩みながらも、国内をさらに混乱させないために戦争を避け、自由な貿易を許さないという信念を貫き、日米和親条約を結びました。

阿部正弘

また、藩や身分の枠を飛び越えて良い意見を取り入れようとしました。外様大名の島津斉彬や旗本の勝海舟、漁師のジョン万次郎など、正弘が取り立てた有能な人物たちは幕末の日本を動かす人物となっていきます。阿部正弘は日本の新時代の幕開けをした人物と言っても過言ではありません。

しかし阿部正弘は日米和親条約締結後まもなく亡くなってしまったため、その偉業はあまり知られていないのが実情です。彼が将来の日本のためにどのような布石を打っていたのか、この記事ではその短くも密度の濃い生涯を交えて迫っていきます。

阿部正弘とはどんな人物か

名前阿部正弘
(幼名は正一・剛蔵・主計、
字は叙道・叙卿、
号は裕軒・学聚軒)
誕生日1819(文政2)年10月16日
没日1857(安政4)年6月17日
生地江戸西の丸下老中役宅
没地江戸
配偶者正室は謹子
(越前福井藩主松平治好の娘)、
継室は謐姫
(越前福井藩主松平春嶽の養女、
実父は糸魚川藩主松平直春)
第5代備後福井藩主
阿部正精(まさきよ)
埋葬場所谷中霊園(東京都台東区)

阿部正弘の生涯をハイライト

備後国福山藩は毛利氏など外様大名を抑えるためにも阿部氏をはじめ譜代大名が歴代藩主の座についた。

阿部正弘は幕末と呼ばれる江戸時代末期に老中として江戸幕府を支えた大名です。備後国福山藩(現在の広島県東部)の藩主でしたが、若くしてその才能を認められて出世し、27歳で老中首座という幕臣としては最高職にまで上りつめました。

ペリーに随行していた、ヴィルヘルム・ハイネという画家によるペリー上陸を描いた作品

老中として正弘はペリー来航に直面し、鎖国か開国かという究極の選択に迫られました。しかしアメリカとの戦争にだけは持ち込みたくないと考え、国は開くものの交易はしないという形だけの開国を取り決めた日米和親条約を締結しました。

長崎海軍伝習所では、明治時代に実質的に海軍を担った川村純義や、大阪の経済発展に尽力した五代友厚も学んだ。

また、列強に対抗するために安政の改革を行います。今までの幕閣独裁の政治ではなく、諸藩の意見はもとより身分は低くても才能ある者の声には耳を傾け、彼らを政治の表舞台へと引き立てました。そして積極的に西洋技術を取り入れ、海軍を作ろうと準備を進めます。しかしあまりの激務により患っていた癌が悪化し、正弘は老中の職に就いたまま亡くなりました。享年39歳でした。

正弘の安政の改革は、江戸幕府の築いてきた秩序を乱すものであり、ある意味では討幕へとつながる端緒を開いてしまったのかもしれません。しかしもっと広い視野で歴史を見れば、正弘は列強に飲み込まれることのない、独立国日本への道筋を作ってくれた恩人とも言えるのです。

人の話をよく聞く性格

広島県福山城にある阿部正弘の銅像

阿部正弘は、自分の主張をするよりも人の意見をよく聞くように心掛けていました。なぜなら、老中という立場上、自分の意見を述べて失言をしてしまうと、それを言質に取られることで失策となってしまうからだとか。

正弘は肥満といってよいほど大きな身体をしていたらしく、色々な人の話を長い時間にわたってじっと聞き、立ち上がると汗で畳が湿っていたといいます。正座が苦手だったことも理由にあるようですが、そこまでして人の話に耳を傾けることができたというのは、ある種の才能と言えるでしょう。

熱心だった次世代を担う若者への教育

誠之館は現在、福山誠之館高等学校記念館として開館している。

阿部正弘は「誠之館」という一般に開かれた藩校を設立したことでも知られています。今までの藩校では藩士教育を目的にしていましたが、誠之館では身分を問わず学ぶことができました。また、漢学以外にも医学や洋学、数学を教えたほか、試験制度を取り入れたことでも画期的な学校でした。正弘は財政状況の悪い中でも誠之館のために藩のお金を多く使っています。

榎本たち留学生が持ち帰った軍艦が、戊辰戦争で新政府軍を悩ませた幕府海軍の軍艦・開陽丸である。

正弘は教育に関しては惜しみなく費用を注ぎ込んだ人でした。榎本武揚は1862年にオランダへ留学していますが、彼は正弘の海軍創設という目的のために発注した、軍艦引き渡しを兼ねて選ばれた留学生の一人でした。これは正弘の死後のことですが、榎本はこの留学で得た知識を明治政府で役立て、新時代の日本を作る礎となったのです。

死因は癌かストレスか?

阿部正弘の亡くなった大名屋敷跡には、現在は東京海上日動本社ビルが建っている(東京都千代田区丸の内1-2-1)

阿部正弘の死因は明確なことはわかっていませんが、肝臓癌という説が有力のようです。お酒好きだったとも言われますし、一般的に長期間ストレスを抱えるとがんのリスクが高くなる傾向があることを考えると、老中首座という重責による負荷は肝臓癌を悪化させる原因に十分なり得たでしょう。伊澤伯軒という福山藩の藩医が江戸城の老中屋敷で最期を看取りました。

死因としては働きすぎによる過労死や、阿部正弘に恨みを持つ人物による暗殺という説もあります。しかしこれは、裏を返せばそれほど激務が続いていたということです。長きにわたって多くの批判を受ける矢面に立ち、日本の将来に対する責任が正弘にのしかかっていたことの表れでもあります。そして何より、色々な説が出回るほど正弘の死は突然だったのです。

阿部正弘に子孫はいるのか?

阿部正直は物理学者として著名な寺田寅彦からの助言で活動写真(映画)を使った雲と気流の研究を行った。

阿部正弘の息子たちは子孫を残すことなく亡くなっていますが、娘の寿子が第10代福山藩藩主阿部正恒(まさたけ)に嫁ぎ、その子孫が続いています。明治から昭和時代を生きた第11代阿部家当主阿部正直は理学博士として著名で、富士山を中心とした雲の研究を行い、のちにその研究結果は飛行機事故の原因追求にも役立てられました。

1974年に生まれた、雅楽頭系酒井家宗家29代目の酒井忠輝も阿部正弘の血を引いています。馬術の選手としても知られるオーストラリアの実業家です。

阿部正弘の功績

功績1「ペリー来航に対し日本人としての対処方法を考える」

海軍創設に携わった勝海舟に対し、阿部正弘は藩や幕府のためではなく日本の将来のために動くよう話したという。

阿部正弘の最大の功績は、藩や幕府といった概念から解き放ち、この国に住む人は皆日本人であるという意識を芽生えさせたことでしょう。列強の船が次々と押し寄せる中、この国を守るためには皆で一丸となって立ち向かう以外に方法はないと考え、正弘はあらゆる立場の人間の意見を求めました。これは日本史の上でも新しい時代へと移り変わる大きな転換点の一つと言えます。

1854年にペリーが下田に再度来訪した時の様子

ペリー来航の折には時間的制約もあり、正弘が考えうる最上の選択として開港許可、通商不可という内容の日米和親条約を結びましたが、亡くなる直前には交易によって富国強兵を目指すという意思を示していました。これは明治政府の方針にも通じる考え方であり、正弘がもし長生きしていたら、新政府でも活躍したのではないかと思わせられます。

功績2「安政の改革を行う」

島津斉彬は阿部正弘の早すぎる死をいたく悲しみ、天下のために惜しいことをしたと述べた。

ペリー来航を受けて、阿部正弘は安政の改革を行います。まず公議を尊重しようと、有能な旗本を登用し、有力大名や朝廷の協力を得て挙国体制を整えます。朝廷にペリー来航の報告をする、島津斉彬など外様大名の意見を聞くなど、従来の江戸幕府の国政運営とは全く違う形を整えました。

現在の東京大学の前身の一部は洋学所(蕃書調所)へと遡ることができる。

そして、列強への対応力を養うため、西洋技術を取り入れます。軍事科学の導入のために洋学所(のちの蕃書調所)を設立し、一般人も入学できるようにしました。さらに武家諸法度で禁止していた大船建造の禁を解き、海軍創設に向けて動き出します。長崎に海軍伝習所を設け、勝海舟や榎本武揚がここで育ちました。

現在、第三台場は「お台場海浜公園」の一部として一般に開放されている。

また、江戸湾の防御のために、品川沖に砲台(台場)を作りました。この洋式砲台設置を命じられた江川太郎左衛門(英龍)は代官をしている伊豆韮山に反射炉を築造し、大砲の鋳造を目指しました。正弘は若くして亡くなりましたが、安政の改革により新しい時代を担う若者たちを育てる土壌を作り上げたのです。

1 2 3

コメントを残す