小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

阿部正弘とはどんな人?生涯・年表まとめ【死因や子孫、功績も紹介】

功績3「日米和親条約を締結 」

イギリス・ロシア・オランダとも日米和親条約と類似の条約を締結した。

阿部正弘は1854年に締結した日米和親条約の日本側担当者でした。内容は、下田と箱館を開港すること、燃料や食料を供給すること、アメリカにのみ最恵国待遇を認めることでした。最恵国待遇とは、日本がアメリカ以外の国と結んだ条約で、日本がアメリカに与えたよりも有利な条件を認めた場合は、アメリカにも自動的にその条件を適用することです。

列強諸国と戦っても勝ち目がないのは明らかで、正弘としては戦争回避が一番の目的でした。さらに、国内が混乱する危険性のある自由貿易は認めないという正弘の主張を通した内容となり、最恵国待遇に関しては不平等な条約ではあったものの、当時あの状況下で締結した条約としては最善の内容だったと考えられます。

阿部正弘の人物相関図

幕末の人物相関図

阿部正弘にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「大奥の女性たちに大人気」

広島県の備後護国神社にある阿部正弘の銅像は、幸をもたらしてくれそうな、ふくよかな印象

阿部正弘は大奥の女性たちに大人気でイケメンだったという説があります。しかし肖像画を見ても、肥満体型だったという話からしても、そこまで騒ぎ立てるほどのイケメンとは思えません。どうやら見た目からくる人気ではなかったようです。

徳川家斉の大御所時代は風俗が乱れ、大奥でも僧侶との乱行が問題となっていた。

過去に大奥での不祥事を上手く収拾した手腕が徳川家慶に認められたことがきっかけで、正弘は出世街道を上り詰めた経緯がありました。そして20代という若さで老中に抜擢され仕事ができたこと、人の話をよく聞いてくれる性格、こういった内面のカッコよさが大奥の女性たちを夢中にさせたようです。

阿部正弘の年表

1819(文政2)〜1835(天保6)年 – 1〜17歳「阿部家の六男として誕生」

阿部正精は老中時代、今まであやふやだった江戸の範囲を取り決めを行った。

備後福山藩主の六男として誕生

阿部正精は絵が上手いことでも知られ、洋画も手がけている。

阿部正弘は1819(文政2)年10月16日、備後福山藩主5代目阿部正精(まさきよ)の六男として江戸西の丸の老中役宅で生まれました。母は高野貝美子という側室です。正精は儒学や国学だけではなく、洋学や天文学、絵画など幅広い分野に関心を持ち、学問や文化を奨励しました。そのため、備後福山藩はこの時期が文化最盛期となっています。

門田朴斎の詩がまとめられた「朴斎先生詩鈔(二編)」

正弘は正精が教育係に指名した柴山敬蔵や門田朴斎に儒学や馬術、槍術を学びました。門田は頼山陽の塾にも通った儒者です。

父の他界

幼少期に正弘が暮らした中屋敷跡地は現在進学校として人気の文京区立誠之小学校となっている。

父である正精は老中として徳川幕府第11代徳川家斉に仕えていましたが、病により1823年に退任し、1826年に息を引き取りました。嫡男の正粹(まさただ)は廃嫡され相続権を失っていたため、備後福山藩主の座は正精の三男である阿部正寧(まさやす)が継ぎます。

阿部正寧は隠居後は文筆を楽しみ、明治時代まで生きた。

しかし正寧は病弱であったため政治に積極的に取り組む姿勢が見られず、正弘に家督を譲って隠居しました。

1836〜1842年 – 18〜24歳「幕府の出世街道を駆け上がる」

阿部正弘が1841年に書いた、「暇になったからと言って今日だけの楽しみに耽るということがあってはいけない」という格言

第7代備後福山藩主

備後福山城は2022年に築城400年を迎える。

1836年、正弘は第7代備後福山藩主となり、1837年に福山へお国入りします。これが結果的には藩主として最初で最後の福山滞在となりました。

奏者番と寺社奉行

江戸幕府の仕組みを見ると、奏者番や寺社奉行が重要な役職であることがわかる。

1838年、武家の典礼を行う奏者番に就任します。奏者番は譜代大名から選ばれ、いわゆる出世コースの出発点です。1840年には、奏者番の中からさらに選び抜かれた者が抜擢される寺社奉行も兼任しました。

1843〜1856年 – 25〜38歳「江戸幕府最高職である老中を務める」

アヘン戦争の清の敗北は、西洋諸国の強大さを見せつけられるものとなり、日本にも大きな衝撃を与えた。

老中首座に就任

水野忠邦は天保の改革で幕府権力の強化を目指すも失敗に終わった。

1843年、正弘は25歳という若さで老中に就任します。アヘン戦争で中国が敗れ(1842年)、押し寄せる列強への対応に幕府は悩みます。1844年にはオランダ国王が幕府に開国を勧告するなど問題が山積したため、天保の改革の失敗で失脚した水野忠邦が老中首座に復帰しますが、問題を解決できないまま老中を辞職しました。

阿部正弘が老中在職時代に使っていたとされる印章が2020年に発見された。

1845年2月22日に正弘は老中首座に就きました。なお、のちに活躍する井伊直弼は「大老」職に就いていますが、正弘は「老中首座」という役職です。「大老」は大老四家と呼ばれる家の者しか就任できない臨時職でした。大老不在の場合は老中首座が幕閣のトップとなります。

ペリー来航

1853年にペリーが来航した時の様子を描いた絵には、会津藩などが海岸警備にあたっている様子がわかる。

1846年、アメリカ使節ビッドルが浦賀に来航し、通商を求めてきますが、正弘はその要求を拒否しました。この後、フランスやデンマークの艦隊も来航するようになり、正弘は海岸の防御を固めるように指示したほか、浦賀の奉行所に通訳を置いておくなど対策を講じます。

1853年6月3日、ついにペリーが来航します。将軍は第12代徳川家慶でしたが、当時病で寝込んでいました。報告を受けた家慶は、第9代水戸藩主徳川斉昭によく相談するよう正弘に言い残して22日に亡くなりました。

1853年に発行された黒船についての瓦版

徳川斉昭は外国船は打ち払うべしという攘夷派ですが、大砲を積んでいる黒船を見てその強硬論は鳴りをひそめ、衆議を尽くすべきだと正弘に助言をしました。そこで正弘は、国書は受け取るのでペリーには一度引き取ってもらおうという決断に至ります。話し合う時間が欲しいということです。ペリーは返事をもらいに来年戻ってくると言い残して去っていきました。

1 2 3

コメントを残す