小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ウィンストン・チャーチル首相とはどんな人?名言や名演説も紹介

「ウィンストン・チャーチルってどんな人?」
「映画見て興味を持った!」

ウィンストン・チャーチルは20世紀のイギリスの政治家です。第二次世界大戦期に首相を務め、イギリスを勝利へ導きました。

ウィンストン・チャーチル

また文筆業も生涯続けて、多方面に活躍した人物でもありました。そのため現在も、“100人の偉大な人物”というイギリスの調査で1位をとったり絶大な人気を誇っています。

しかし彼がどのような生涯を送ったのか?どのような人物だったのか?を深く知っている人は少ないのではないでしょうか。そこでこの記事ではチャーチルの功績や逸話を含め、その生涯や人物像に迫ってみたいと思います。

ウィンストン・チャーチルとはどんな人物か

名前ウィンストン・レナード
・スペンサー・チャーチル
誕生日1874年11月30日
没日1965年1月24日
生地イングランド
・オックスフォードシャー
・プレナム宮殿
没地イングランド・ロンドン
配偶者クレメンティーン・チャーチル
埋葬場所セント・マーティン教会墓地

チャーチルの生涯をハイライト

葉巻・帽子・蝶ネクタイ・Vサインの典型的なチャーチルの写真

チャーチルの生涯を簡単にダイジェストします。

  • 1874年:オックスフォードシャーのプレナム宮殿で誕生する
  • 1894年:オールドショット駐留の軽騎兵第4連隊に配属される
  • 1899年:軍を除隊し政治家を志す
  • 1900年:庶民院議員として初当選する
  • 1908年:クレメンティーン・ホージアーと結婚する
  • 1911年:内務大臣となる
  • 1915年:ダーダネルス作戦の失敗の責任で閣僚職を辞職する
  • 1939年:第二次世界大戦の参戦で海軍大臣となる
  • 1940年:首相となる
  • 1953年:ノーベル文学賞を受賞する
  • 1955年:議員を辞職する
  • 1965年:ロンドンの自宅で死去。享年90歳

政治家となり最終的には首相となった人物

追い詰められながらも徹底抗戦の姿勢を示すチャーチルの風刺画

チャーチルは軍を退役し庶民院議員になってから、1939年の第二次世界大戦時に海軍大臣、1941年には首相となっています。独裁的な強権をもって戦争を戦い抜き、そのカリスマ性でイギリスを戦勝国に導きました。

しかし実は平和な時、“イギリスの災難”とまでいわれ忌み嫌われていた人物でもありました。戦場でも経済運営でも歴史的な失敗を犯しています。それでも“近代史上最も偉大なリーダー”の一人に数えられているのは絶体絶命という状況で講和という判断をせず、ナチスドイツと徹底抗戦する判断をしたからでした。

ポツダム会談時の3首脳(一番左がチャーチル)

そして首相としてチャーチルは、日・独・伊三国と戦い、第二次世界大戦が日本の敗戦で終わるまで、“ヤルタ会談”“ポツダム会談”など終戦に向けての会談に参加したり、世界に存在感を示しました。非常に頑固な考えが首相時は良い方向に働き、戦争が早期終戦へ向かったと考えられています。

第二次世界大戦をわかりやすく解説!きっかけや原因、年表も紹介

イギリス国民に勇気を与えたチャーチルの演説

ロンドンにあるチャーチル像

チャーチルの演説は、危機に不安を感じる国民をポジティブな方向に持っていったといわれています。チャーチルの演説には“血と労苦と涙と汗のスピーチ”“決して諦めるなスピーチ”など愛称めいたものがつけられ、今も語り継がれています。有名なチャーチルのスピーチに、ヨーロッパでドイツに立ち向かえる国がイギリスしか無くなってしまった時に、以下のような演説をしています。

「もしイギリスとその連邦が1000年続いたならば、子孫が“これこそイギリスの最も輝かしい時であった”と言えるように振舞おう」

最悪の状況を“輝かしい時”に変えようと言い民衆を勇気づけたのです。どちらかというと情緒に訴えかけるような言葉が多いのが全体としての特徴です。結果イギリスを含めた連合国が勝利したことで、チャーチルの演説は今もイギリス国民の誇りとなっているのです。

軍人だったが実はあまり戦争は上手くなかった

軽騎兵第4連隊時代のチャーチル

チャーチルは士官学校を卒業し、騎兵軍人となっています。非常に好戦的な性格で自ら志願して戦地に赴いていました。しかし戦地ではあまり大きな戦果を挙げることは出来ず、無謀な行動に出て、やがて戦地から撤退させられるような人だったそうです。しかし従軍体験を副業として小説を書き、かなり利益を得ていました。

結局チャーチルは6年で軍を除隊しています。理由は騎兵だったため、馬の飼育などの経費が馬鹿にならないことと、文筆で生計を立てる目途が立ったからだといわれています。そして政治家に転身した後も、第一次世界大戦時は陸軍少佐として西部戦線に従軍しています。

第一次世界大戦従軍時のチャーチル(真ん中)

西部戦線でのチャーチルは、“部隊のシラミ”に宣戦布告し、駆除キャンペーンを実行しています。さらにブリキの風呂を作り塹壕での生活改善を図ったともいいます。兵士の生活改善に奔走したチャーチルでしたが、所属していた大隊は多くの死者を出してしまい結局指揮官を解任されています。この時もチャーチルは現場の兵士として大した活躍を出来ずに終わってしまい、帰国後は体験を活かして文筆業にいそしんでいたそうです。

第一次世界大戦をわかりやすく解説!原因や結末、影響も年表付きで紹介

彼の名前がつけられた「チャーチル歩兵戦車」とは?

チャーチル歩兵戦車

第二次世界大戦期にチャーチル歩兵戦車(Mk.IV Churchill Infantry tank)という戦車が活躍しました。国威を示すために、首相であるチャーチルを冠した名前をつけたのです。第二次世界大戦時は地味な活躍だったといいますが、防御力が強いのが特徴だったといいます。

チャーチルは第一次世界大戦の時に、海軍大臣・軍需大臣に就いていました。1915年に海軍から提案された“陸上軍艦”を具体化させ、キャタピラー式装甲車を開発しました。フランスでの“カンブレーの戦い”では400機近く投入し、活躍しました。そのためチャーチルは“戦車の父”とも呼ばれています。

全てに誇大妄想気味だったチャーチルの性格

貴族の父から叩き込まれた騎士道を重視したらしい…

チャーチルの人柄をまとめると、「誇大妄想気味で考え方は古いが、冗談好きな性格でどこか憎めない人」です。チャーチルは“古い考え方”の人物でした。例えばチャーチルは戦争を、“騎士の決闘の延長”のような価値観を持っていたといいます。そのため“輝かしい栄光を残して滅びよ”という考え方のために、命を惜しまず戦う事に美を感じていたとすらいいます。

また“自分は選ばれた人物だ”と思っていたそうで、自分は全ての運命を決定づける人物だと信じていたといいます。先祖の初代マールバラ公に憧れていて、自分の偉大さを追い求めていたそうです。

ヘルメットを被るチャーチル

そういった面もありますが、基本的に冗談好きで気さくな人だったそうです。そして戦時中は危険であるにもかかわらず、自ら町を歩いて住民一人一人に声をかけて励ましたといいます。時折町の人に葉巻の火を付けてもらったりしていたそうです。

チャーチルの3つの政治思想

政治家になった頃のチャーチル

チャーチルの政治的思想の特徴を、3つ紹介します。

1.帝国主義を理想としていた

1895年当時の帝国勢力図(ピンクがイギリス)

チャーチルは帝国主義を理想とし、ヴィクトリア朝の帝国像を思い描いて“イギリス人の支配民族としての責任感を強くすれば、搾取ではなく、被支配民族に慈悲を与えるものとなっていく”という価値観でした。

チャーチルはインド人やインド民族を劣等視し、“イギリスに支配されることが必要不可欠”と考えていました。「インド人に選挙制度を与えるか否か」と質問されたときに、チャーチルは「彼らはあまりにも無知なので誰に投票したらいいかわかるはずもない」と差別的な発言をしています。

イギリス連邦の加盟国図

しかしチャーチルが首相だった時代は、有色人種国家の日本が白人国家のロシアに戦争で勝ったことにより帝国主義の価値観がアジア・アフリカ各国で疑問視し始めていた時代でもありました。そしてインドなどで独立運動が活発になっていきます。

第二次世界大戦後は、イギリスの植民地国家は独立していきました。そのためイギリスは、戦勝国となるという栄光は手に入りましたが“大英帝国”ではなくなり、その代わり“イギリス連邦”という政府間機関となり、“自由で平等なもの”として現在もあり続けています。

帝国主義とは?どんな思想?意味と背景、広まった原因について分かりやすく紹介

2.徹底した反共主義であった

チャーチルは共産主義に拒否反応を示していた

チャーチルは徹底した反共産主義思想を持っていました。あまりに演説で目の敵にするために、“赤の恐怖にとり憑かれている”といわれる程でした。なぜそこまで共産主義を憎悪するのかは、チャーチルと同じ自由党で社会改良政策に取り組んだロイド・ジョージが後年、

「彼は共産主義を心より憎悪していた。彼の公爵家の血が、ロシア大公を皆殺しに強い怒りを感じさせたのだ。ロシア革命を憎悪する余り、帝政が没落した原因を冷静に分析することができなかった」

と語っています。想像にはなりますが幼少期から貴族として育ったチャーチルにとって、共産主義は本能的に帝政が廃れる象徴に感じてしまっていたのかもしれません。

ロシア革命とは?原因や指導者、その後の影響を分かりやすく簡単解説

3.親ユダヤ主義だったらしい

“死の工場”といわれたアウシュヴィッツ強制収容所では多くのユダヤ人が虐殺された

チャーチルは親ユダヤ主義であり、イスラエルの地に故郷をというユダヤ人の運動に賛成している人物でした。そのため第二次世界大戦時に、ナチスドイツにユダヤ人が迫害されている時は同情し、「この殺戮は恐らく世界史上最大かつ最悪の犯罪行為である」と怒りを表明し、ユダヤ人絶滅収容所“アウシュヴィッツ強制収容所”のガス室を空爆してユダヤ人を救うべきだと訴え続けています。

しかし連合国側でそのような主張をしているのはチャーチルのみであり、アメリカに「軍事施設以外の空爆など費用と時間の無駄」と反対されて退けられています。その後ドイツの敗戦が強まった頃、各地の強制収容所が解放されたときに、余りの酷さに世界中が愕然としました。そのことを考えると、チャーチルの発言は非常に人道的であったと感じられます。

1 2

コメントを残す