小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

庵野秀明とはどんな人?生涯・年表まとめ【エヴァにまつわる逸話や名言も紹介】

庵野秀明とは、日本のアニメーター・映画監督です。彼は平成を代表するアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られ、その他にも多くのアニメ映画や実写映画の制作に携わり、活躍の場を広げています。

現代において、アニメ文化は日本が世界に誇る技術の1つとして挙げられますが、その歴史を語る上で庵野秀明の存在を欠かすことはできません。

「新世紀エヴァンゲリオン」を監督した庵野秀明

また、彼は奇抜で独特な映像表現や、人間の内面を抉るような心理描写を得意としており、アニメの中に実写映像を挟むなど大胆な演出を盛り込むことがあるのが特徴です。そのようなエキセントリックな作風が、1990年代のアニメ界に革命を起こすきっかけとなったのかもしれません。

この記事では、そのような彼の人物像や経歴、功績について紹介していきます。また、庵野秀明にまつわる名言や逸話についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

庵野秀明とはどんな人物か

名前庵野秀明
別名義あんの ひであき、
アンノ ヒデアキ、
空母そ・そ・そ・そ
誕生日1960年5月22日
生地山口県宇部市
配偶者安野モヨコ
学歴大阪芸術大学芸術学部
映像計画学科中退

庵野秀明の生涯をハイライト

アニメ界に革命を起こした庵野秀明

まずは庵野秀明の生涯を簡単に解説しましょう。

山口県宇部市で生まれ、幼い頃より絵を描くことが大好きだった庵野秀明は、中学高校は美術部に所属しており、大学は大阪芸術大学芸術学部へ進学しました。その後、自主制作アニメに没頭していた彼は、大学を中退して上京する決意をします。

就職活動の結果、彼は宮崎駿監督の下でアニメーターとして働くことが決まりました。そして、様々なアニメ作品の制作に関わりながら経験を積み、1984年に仲間と共に株式会社ガイナックスを設立。1990年には、初のテレビシリーズである「ふしぎの海のナディア」の総監督を務めました。

株式会社ガイナックスのロゴ

そして、1995年に彼の代表作として第一に挙げられることが多いSFアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の放送が開始します。その結果、独特な世界観やストーリーが話題となり、様々な賞を受賞するに至りました。しかし、彼はこの作品の終了後に燃え尽きてしまい、深刻な鬱状態に陥ってしまったのです。

その後、仲間や友人の支えによって精神状態は回復し、活動を再開します。そして、実写映画や新たなテレビアニメシリーズの監督を務めた後に、漫画家の安野モヨコと結婚。2006年には、株式会社カラーと映像制作のためのスタジオカラーを設立し、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの制作を開始したのです。

それ以降、彼は新劇場版シリーズの制作を続けながら、特撮作品である「ゴジラ」や「ウルトラマン」のリブート映画を手掛けていきます。そして、多くの若者の心を掴み、世代を超える人気アニメとなった「エヴァンゲリオン」シリーズは2021年に完結を迎えたのです。

子供の頃に「ウルトラマン」や「宇宙戦艦ヤマト」の影響を受けた

子供の頃からアニメや特撮が大好きだった

少年時代、庵野秀明は「ウルトラマン」や「宇宙戦艦ヤマト」などの往年の名作を見て育ち、それらの作品の影響を強く受けました。また、彼は漫画も大好きであり、特に少女漫画を好んで読み漁っていたようです。

彼が6歳の頃、円谷プロダクション制作の特撮ドラマ「ウルトラQ」が始まり、その半年後に始まった「ウルトラマン」は大ヒットを記録しました。当時、まだ幼かった庵野秀明は、壮大な空想特撮の世界にのめり込んでいったのです。

そして、彼が14歳の多感な時期を迎えた頃に、SFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の放送が始まりました。この作品との出会いは、人生を変えるほどの衝撃があったと彼は語っています。

爆発・メカ・心理描写の天才と評される

アニメにおける爆発や戦闘の描写が高く評価された

独特の作風で人気がある庵野秀明は、爆発シーンやメカの造形、人間の内面を抉り出すような心理描写を得意としており、天才と評されることもあります。また、電柱や信号、道路標識などの風景を短いカットで挿入するシーンが多く見られるのも特徴の1つです。

この3つの得意分野は、前述した「ウルトラマン」や「宇宙戦艦ヤマト」にもよく見られる特徴であり、これらの名作が彼の創作に大きな影響を与えていることは間違いありません。しかし、独自の風景描写などを用いることで、彼は独自の世界観を表現することに成功しているのです。

また、アニメを制作する際、彼自身が作画を担当することもあり、その場合には得意分野である建築物や機械、ロボット、爆発シーンを中心的に描いています。一方で、人物の作画は苦手と公言しており、現在ではアニメキャラクターを描く機会はあまりないようです。

漫画家の安野モヨコと結婚

安野モヨコと庵野秀明

2002年、庵野秀明は人気漫画「働きマン」の原作者である安野モヨコと結婚しました。「ダブルアンノ」として話題になった2人は、「エヴァンゲリオン」のキャラクターデザイン担当者である貞本義行の紹介で知り合いました。

実は、安野モヨコという名前は漫画家としてのペンネームであり、本名は非公開としています。しかし、偶然にも同じ読み方の苗字を持つ庵野秀明と結婚したことで、実名もアンノとなったのです。2人の結婚生活は、安野モヨコのエッセイ漫画「監督不行届」で描かれています。

また、2人の間に子供がいるかどうかは公表されておらず、エッセイ漫画における描写や、2人の多忙さから考えると、子供はいない可能性が高いようです。

宮崎駿との関わりが深かった

庵野秀明は宮崎駿監督の下でアニメーターとして働いていた時代に、ジブリ映画の制作に原画担当として携わりました。また、別のジブリ作品では、主人公の声優を務めたこともあります。

宮崎駿監督が原作を描く「風の谷のナウシカ」のアニメ映画化が決定された際に、庵野秀明は主にメカ造形や爆発シーンの原画を担当しました。そして、彼の技術は高い評価を受け、物語のクライマックスである巨神兵の登場シーンを任されたのです。

その後、2013年に公開されたジブリ映画「風立ちぬ」では、主人公である堀越二郎の声優を担当しました。当初、庵野秀明は作画スタッフとして制作に参加することを希望していました。しかし、宮崎駿監督は声優としての出演を要請しており、最終的に彼はその期待に応えたのです。

庵野秀明の有名映画・アニメ作品

ふしぎの海のナディア

「ふしぎの海のナディア」は、庵野秀明が総監督を務めた、1990年からNHKにおいて全39話の構成で放送されたテレビアニメです。この作品は19世紀末を舞台としており、不思議な青い宝石ブルーウォーターを持つ少女ナディアと発明好きの少年ジャンの冒険が描かれています。

このアニメにおける最大の特徴は、フランスの作家であるジュール・ヴェルヌが書いたSF小説「海底二万里」や「神秘の島」を原案としていることにあります。そのため、潜水艦ノーチラス号やネモ船長などの名称や、古代ギリシアの伝説であるアトランティス大陸が登場するなど多くの共通点が両作品の間で見られるのです。

新世紀エヴァンゲリオン

「新世紀エヴァンゲリオン」は、庵野秀明が監督、脚本、メカニックデザインを担当した、1995年からテレビ東京系列において全26話構成で放送されたテレビアニメです。この作品では、汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を操縦する少年少女たちと謎の生命体「使徒」の戦いが描かれています。

このアニメが大きな話題を呼んだ理由の1つとして、第25話と第26話の最終2話が挙げられます。この2話は、主人公である碇シンジの内面世界を文字と声のみで表現するという衝撃的な内容でした。この展開は、当然ながら大きな批判を受けることになりました。これに対して、庵野秀明は制作期間が足らずに状況が破綻していたと説明しています。

その結果、最終2話のリメイクである「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」を制作することになり、1997年に公開されました。この作品をもって、「新世紀エヴァンゲリオン」は完結を迎えたのです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とは、2007年より公開が始まった、テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のリビルド映画です。この作品では、既存のアニメシリーズを基本としながら、新たな登場人物やストーリーが追加されています。

この新劇場版シリーズは、全4部作で構成されています。2007年に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、2009年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」、2012年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と続き、2021年の「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」で完結するのです。

シン・ゴジラ

「シン・ゴジラ」とは、2016年に公開されたゴジラシリーズ第29作であり、庵野秀明が監督・総監督・脚本を務めました。この作品では、過去シリーズの時間軸とは異なる世界観を有しており、ゴジラが初めて日本へ上陸したという設定となっています。

「現実(ニッポン)VS虚構(ゴジラ)」というキャッチコピーを掲げる「シン・ゴジラ」では、怪獣映画であるにもかかわらず、政治的な面が色濃く表現されています。また、直接的な死や暴力の表現は極力避けられており、登場人物の複雑な心理描写や利害関係などが細かく描写されていることも特徴です。

そして、この作品は2017年の日本アカデミー賞において、最優秀作品賞を受賞しました。また、劇中において様々な形で現代日本の政治を強く意識した内容が取り入れられていることから、映画専門の評論家や批評家だけでなく、政治家やジャーナリストからも高い評価を受けたのです。

庵野秀明が携わったその他の主な作品

  • 風の谷のナウシカ
  • 王立宇宙軍 オネアミスの翼
  • トップをねらえ!
  • ラブ&ポップ
  • 彼氏彼女の事情
  • 巨神兵東京に現わる
  • シン・ウルトラマン など

庵野秀明の功績

功績1「新世紀エヴァンゲリオンが社会現象化」

主題歌「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子

庵野秀明の代表作「新世紀エヴァンゲリオン」は、1990年代を代表するアニメーションとして社会現象となりました。その人気は20年以上経っても続いており、ファン層は当時の直撃世代から現代の若者まで幅広くいます。

歴史上において、日本では3度のアニメブームが起きており、「新世紀エヴァンゲリオン」の流行は「鉄腕アトム」「宇宙戦艦ヤマト」に続く3度目にあたります。この現象は、第3次アニメ革命と呼ばれることもあり、現代に続く様々な作品に影響を及ぼしました。

また、主題歌である「残酷な天使のテーゼ」は、カラオケのランキングでは長きにわたって上位に入り続けており、根強い人気を誇っています。そして、この曲は地上波の音楽番組でも度々取り扱われており、2020年に行われたアニメソング総選挙では、「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華」を抜いて第1位に輝いたのです。

功績2「深夜アニメブームの火付け役となる」

昔は深夜アニメが少なかった

庵野秀明が描く重厚な世界観は、それまでのアニメ界がターゲットとしてきた子供だけでなく、大人にも注目された結果、深夜アニメブームの火付け役となりました。深夜アニメは、今でこそ当たり前の存在となっていますが、それまでの時代において深夜帯でのアニメ放送は主流ではなかったのです。

当時、「新世紀エヴァンゲリオン」が口コミで話題となった結果、深夜の再放送で高視聴率を記録しました。そして、再放送が行われた1997年以降は、毎年多くの深夜アニメが放送されるようになったのです。

また、「新世紀エヴァンゲリオン」において描かれる、主人公の不安定な精神世界と作中における現実世界が連動して世界の危機に影響を及ぼすという設定は、「セカイ系」と呼ばれるサブカルチャージャンルを形成しました。その結果、特に深夜帯のアニメにおいて、「セカイ系」に分類されるアニメが多く制作されたのです。

功績3「独立して株式会社カラーを設立」

庵野秀明が独立するまで所属していた株式会社ガイナックス

2006年、庵野秀明は株式会社カラーを設立して独立しました。その後、創立時から長く関わっていた株式会社ガイナックスを退社しています。この株式会社カラーにおいて、「新世紀エヴァンゲリオン」のリビルド作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズや、「シン・ゴジラ」の制作を行っているのです。

彼が独立した理由は、給与体系などの社内システムにおける改善を株式会社ガイナックスに対して何度進言しても受け入れてもらえず、不信感を抱いていたことにありました。その結果、自身の意思で経営を行うために、株式会社カラーを設立したのです。その際に、何名かのスタッフも同時に株式会社カラーへ移籍しました。

また、株式会社カラーが制作している新劇場版シリーズでは、複数の企業に出資してもらう形態である製作委員会方式ではなく、原作者である庵野秀明が自ら出資する自主制作の形式が取られています。この興行形態は、彼が自分の会社を立ち上げたことで可能となった方針なのです。

1 2

コメントを残す