小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

正岡子規とはどんな人?生涯年表まとめ【代表作や死因、漱石との関係も紹介】

正岡子規(まさおかしき)は、明治時代の文学者です。「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」という俳句や「病床六尺」という随筆などが有名ですね。

子規は俳人でありながら歌人でもあり、また国文学研究者でもありました。俳句や短歌の世界を革新し、「新しい日本語」の創出にも力を入れました。日本文学の世界を縦横無尽に活躍した文学者といえます。

正岡子規
出典:Wikipedia

とはいえ、正岡子規は34歳で亡くなるまでの7年間、ほとんど寝たきりの状態で仕事をしていました。最後の随筆「病床六尺」には、自身の提唱した「写生」を使って病床での出来事が淡々と、しかし明るく描かれています。

病床にありながら文学の世界を縦横無尽に活躍した子規。彼の34年の生涯は、苦しいながらもとても濃いものでした。この記事では、自分でも短歌や俳句を作る筆者が正岡子規の功績や名言、その生涯をご紹介します。

正岡子規とはどんな人物か

名前正岡子規
(本名:常規)
誕生日1867年10月14日
没日1902年9月19日
(享年34歳)
生地伊予国温泉郡藤原新町
没地東京市下谷区上根岸
配偶者なし
埋葬場所東京都北区・大龍寺

正岡子規の生涯をハイライト

1883年、上京時の写真。一番右が正岡子規
出典:趣味時間

正岡子規は1867年10月14日、伊予国温泉郡藤原新町(現在の愛媛県松山市花園町)に生まれました。気が弱くて、周りの子供からいじめられやすい子供だったといいます。13歳で松山中学に入学し、仲間と漢詩に熱中しました。

政治家になりたくて16歳で上京、17歳のときに東大予備門に入学します。この東大予備門で出会ったのが生涯の友・夏目漱石です。漱石と交流を深め始めたころ、子規は初めて喀血し結核と診断されます。

23歳で文科大学(現在の東京大学文学部)に入学。哲学科に入学したのですが、すぐに国文学科に転科し文学者を志すようになりました。在学中にジャーナリスト・陸羯南(くがかつなん)が社長を務める日本新聞社に入社し、新聞「日本」を基盤に俳句革新を始めました。

1892年、箱根旅行での正岡子規
出典:Tenki.jp

1894年に日清戦争が起こると、子規は従軍記者として清国に渡りました。けれども終戦後、帰国中に第喀血を起こし重体に陥ります。故郷の松山に帰り、そのころ松山中学で教師をしていた夏目漱石の家に居候しました。

東京に帰った後、子規は脊椎の結核である「脊椎カリエス」と診断されます。痛みに耐えながら文学活動は続け、句会や歌会を催したり、文芸誌「ホトトギス」に全面協力したりしています。俳句の革新に取り組みながら、「歌よみに与ふる書」では短歌にも一石を投じています。

病床では、「墨汁一滴」「仰臥漫録」「病床六尺」などの随筆も執筆しました。特に「病床六尺」は、亡くなる2日前まで新聞「日本」で連載しています。1902年9月19日、子規は34歳の若さで亡くなりました。

予備校在学中に夏目漱石と出会う

子規が亡くなるまで交流を続けた夏目漱石
出典:Wikipedia

正岡子規と夏目漱石は1889年、東大予備門在学中に出会いました。2人は共通の趣味である寄席の話から親しくなったといいます。その頃に子規が書いた「七艸集(しちそうしゅう)」に漱石が批評を寄せるなど、2人は文学上の同志でありよきライバルでもありました。

漱石が愛媛・松山中学に赴任していたときに住んでいた「愚陀仏庵」には、日清戦争に従軍記者として赴いた後の子規がおよそ50日間ほど同居しています。子規は帰国中に喀血を起こして重病人となっていましたが、愚陀仏庵では松山在住の俳人たちと句会を催すなどしています。漱石もこの頃から俳句を本格的に始めました。

1900年8月が2人の別れとなりました。イギリス留学を控えた漱石が、もうあまり起き上がることもできなくなっていた子規を訪れたときです。漱石がイギリス滞在中も2人は文通を続けていましたが、1902年9月に子規は亡くなりました。

漱石は帰国後、子規が編集に力を入れていた文芸誌「ホトトギス」でデビュー作「吾輩は猫である」を連載しました。漱石の小説「三四郎」にも、子規がちらりと登場します。2人の文豪は固い絆で結ばれていたのでしょう。

夏目漱石とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や死因、名言についても紹介】

野球の殿堂入りを果たしている子規

「打者」「死球」などの日本語を作ったのも子規
出典:デイリー新潮

子規は、松山から上京後の学生時代に野球と出会いました。その頃アメリカから伝来したばかりだった野球に子規は熱中し、キャッチャーとして活躍しています。現在でも使われている「打者」「走者」「死球」などの用語を翻訳したのも子規です。

さらに子規は、幼名の「升(のぼる)」をもじって「野球(のぼーる)」という号も自分につけています。短歌にも次のように野球を詠み込みました。

久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬかも

死因は結核

1898年、病床で仕事をする子規
出典:産経ニュース

正岡子規は結核で亡くなりました。初めて喀血したのが22歳ごろなので、この頃には結核にかかっていたと考えられます。結核菌は脊椎に転移し、30歳のときには「脊椎カリエス」と診断されました。

亡くなるまでのおよそ7年間を病床で過ごした子規ですが、文学への情熱や好奇心は衰えませんでした。布団の中で筆をとり、原稿を書いて「墨汁一滴」「病床六尺」などを新聞「日本」に連載しました。また、友人・中村不折からもらった絵具を使って、庭の草花や果物を写生した「草花帖」「菓物帖」も遺しています。

正岡子規の子孫

正岡子規研究所所長の正岡明さんは子規の子孫
出典:正岡子規研究所

子規は34年の生涯を独身で通したため、子供もいません。子規の遺した原稿などは、妹・律が管理しました。律は2度結婚したのですが離婚していて、正岡家に戻って子規没後の家を守りました。

律には子供がいなかったため、叔父・加藤拓川の息子(つまり子規と律のいとこ)を養子にもらっています。現在、正岡子規研究所を主宰している正岡明さんはこの養子の息子で、律の孫にあたります。明さんは樹木医としても活躍していて、子規にちなんだ庭を造園したこともあるそうです。

正岡子規の代表作

代表的な俳句作品

法隆寺
出典:Wikipedia

柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺

松山で夏目漱石と暮らした後、上京する途中で立ち寄った奈良での俳句です。漱石の句「鐘つけば銀杏散るなり建長寺」への返句ともいわれています。江戸時代まであまり漢詩にも和歌にも詠まれてこなかった柿が日本の秋の風物詩のように言われるようになったのは、松尾芭蕉や子規の句のおかげでした。

鶏頭の十四五本もありぬべし

「鶏頭の花が14、5本ほどあるだろうか」というだけのシンプルな俳句です。子規の文学は何よりも「写生」を大事にしているので、このような見たままを表現した句が生まれました。後年、この句の評価をめぐっては意見が対立し「鶏頭論争」とまでいわれましたが、斎藤茂吉や山口誓子はこの句を高く評価しています。

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな

1902年9月18日の午前中に書かれた「絶筆三句」のなかの1句です。翌日の午前1時ごろに子規は息を引き取りました。糸瓜(へちま)は当時痰を切る薬として使われていて、この句では「へちまの花が咲いたけれど、痰がつまって仏となる(死ぬ)自分の身には間に合わないだろう」と詠われています。

岩波文庫「子規句集」では、子規の遺したおよそ2万3000句のなかから、2306句を選んで収録しています。改訂版には初句から句を探せる索引もついています。解説は子規研究の第一人者・坪内稔典です。

代表的な短歌作品

子規庵の庭にはバラをはじめたくさんの草花が植えられていた
出典:Pixabay

世の人は四国猿とぞ笑ふなる四国の猿の子猿ぞわれは

「四国猿」とは子規のペンネームの1つ。四国・松山から上京してきた自分を自虐的にそう呼びました。自分の号を生かしてユーモラスに詠みながら、どこか「四国猿」である自分への誇りも感じられる歌です。

くれなひの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨の降る

「2尺(約60センチ)ほどバラの柔らかな新芽が伸びたところに、春雨が降っている」。子規の得意とする写生を生かした歌です。「やはらかに」という語はバラの芽にかかる言葉ですが、後に「春雨」と続くことで春の雨の優しさ、柔らかさも感じられます。

佐保神の別れかなしも来ん春にふたたび逢はんわれならなくに

死の前年に詠まれた歌です。「佐保神」とは、春の女神・佐保姫のこと。「佐保姫との別れが悲しい。私が再び春を迎えることはないだろうから」と詠っています。

岩波文庫「子規歌集」では、短歌840首に旋頭歌6首を収録されています。俳句の世界で提唱し始めた「写生」を短歌に応用することで、子規は明治歌壇の革新者となりました。

代表的な随筆集

墨汁一滴

新聞「日本」に1901年から164回にわたって連載された随筆です。子規はもう寝たきりになっていたのですが、「墨を1度筆に含ませただけで書ける短い文章」という意味で「墨汁一滴」と題して連載しました。俳句や短歌に関する文学論や病床で日々思うことなど、さまざまなテーマで書かれています。

仰臥漫録

「墨汁一滴」の連載の後に書き始めた日記です。こちらは新聞で発表などはされず、あくまで私的な子規の記録となっています。そのため病気の苦しみや悲しみが赤裸々に表現されていて、子規の生の感情に触れることができます。

病床六尺

1902年、亡くなる2日前まで連載を続けた子規最晩年の随筆です。誰がお見舞いに来た、庭の花が咲いた…など病床での出来事を淡々と、しかし明るい書きぶりで記しています。

正岡子規の功績

功績1「俳句を『文学』と位置づけた」

2017年には新たに子規の直筆の俳句が発見された
出典:産経ニュース

現在でこそ日本文学のジャンルとして確固とした地位を築いている俳句・短歌ですが、明治時代以前は「文学」とは考えられていませんでした。江戸時代まで、日本文学の主流は貴族がたしなむ和歌や連歌などが担っていました。連歌から派生した「俳諧の発句」は、庶民の遊びで俗なものとされていたのです。

明治という新しい時代を迎え、子規は高尚な連歌などは廃れていくだろうと予期していました。そこで「俳諧の発句」を縮めて「俳句」と呼び、俳句革新運動を始めたのです。俳句の盛り上がりによって、江戸時代の松尾芭蕉与謝蕪村の「俳諧の発句」にもスポットライトが当たるようになりました。

功績2「『写生文』を完成させた」

「鶏頭の十四五本もありぬべし」は写生句の真骨頂
出典:HORTI

子規はヨーロッパ美術の「写生(スケッチ)」を文学に応用することを提唱しました。子規が美術分野での「写生」を知ったのは1894年、友人の画家・中村不折に教わったときのことです。この年から子規は、手帳と鉛筆を携えて屋外で俳句を作るようになりました。

子規は文学手法としての写生を万能とみなしていたわけではなく、平凡に陥りがちという欠点も認めています。けれども、松尾芭蕉を絶対視していた俳人たちの句(これを子規は「月並み調」と呼びました)から抜け出すには写生が有効だと考え、俳句革新運動を進めました。さらに彼は、短歌・散文にも写生の手法を転用していき、シンプルな文章で物事をありのままに書く「写生文」を完成させました。

功績3「日本語の近代化を推し進めた」

近代化していく日本語の象徴ともいえる二葉亭四迷「浮雲」
出典:産経ニュース

子規が日本文学に取り入れた「写生」は、現代日本語の基礎を築きました。今でこそ「ありのままを活写するように書く」という文章表現は目新しい方法ではなくなりましたが、子規の生きていた明治時代ではまだ難しいことだったのです。

明治時代には、二葉亭四迷「浮雲」のように日常の話し言葉に近い言葉で書く「言文一致(げんぶんいっち)」運動が起こりました。子規は1898年頃まで文語体で書いていたのですが、自身の提唱する「写生文」には言文一致の口語体が適していると認め、以後は口語体で写生文を書いています。写生文は日本語の近代化に大きな役割を担いました。

正岡子規の名言

文章は簡単ならざるべからず、最も簡単なる文章が最も面白きものなり。

随想録「筆まかせ抄」に書かれた言葉です。シンプルな文章が何よりも面白いものなのだ、と述べています。「筆まかせ抄」は1884年から1892年にかけて書かれたものなのですが、この言葉は後の「写生文」の提唱にもつながっていると感じます。

病床六尺、これが我が世界である。しかもこの六尺の病床が余には広過ぎるのである。

最晩年の随筆「病床六尺」の言葉です。6尺はおよそ190センチ、敷布団ほどの長さ。子規はこの頃、敷布団の長ささえも持て余すほど衰弱していました。

悟りという事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違いで、悟りという事は如何なる場合にも平気で生きて居る事であった。

こちらの「病床六尺」に見える言葉です。禅宗でいう「悟り」とは、どんなときでも平気で生きていけることだったというこの言葉は、自身の死が目前に迫った子規だからこそ達した境地でしょう。先ほど、この頃の子規は6尺の敷布団さえも持て余すほど弱っていたと紹介しましたが、彼の心はあくまで健康でこのような境地さえ垣間見えるほどでした。

1 2

コメントを残す