小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

石原莞爾とはどんな人?生涯・年表まとめ【天才的戦略家の思想や最終戦争論、子孫や死因についても紹介】

石原莞爾とは明治から昭和初期にかけての陸軍軍人・軍事思想家で、満州事変を起こした人物です。

戦前に石原莞爾ひきいる関東軍は、中国北にある「満州」に駐留していました。関東軍は1931年に満州にある鉄道の線路を爆殺させます。これを中国の仕業に仕立て上げて、関東軍は満州一帯を占拠しました。いわゆる満州事変です。

満州事変は太平洋戦争が終わる1945年まで続く、いわゆる「十五年戦争」の始まりとされています。石原は満州事変の首謀者であることから「戦犯」の筆頭とされていました。

石原莞爾

一方で石原は1937年に起きた日中戦争では「不拡大方針」を唱えています。石原は戦争で領土を広げようとする陸軍の中で孤立し、左遷されるのです。満州事変を起こしたのに、なぜ日中戦争や太平洋戦争には反対したのでしょうか。満州事変は石原がいずれ起こると考えた「アメリカとの最終戦争」に備えるものだったのです。

石原は「世界最終戦論」という本を出版するなど、軍事思想家としての一面もあります。強烈なエピソードに、スケールの大きな考え方もあり、石原には未だに多くの信者がいます。戦前の日本を語る上で、石原は欠かせない存在です。

今回は石原のスケールの大きさに魅了された筆者が、「帝国陸軍の異端児」と呼ばれた石原莞爾の生涯について解説していきます。

石原莞爾とはどんな人物か

名前石原莞爾
誕生日1889年1月18日
没日1949年8月15日
生地山形県西田川郡(現・鶴岡市)
没地西山農場(現・山形県遊佐町)
配偶者前妻・清水泰子、後妻・国府テイ子
埋葬場所山形県遊佐町

石原莞爾の生涯をハイライト

陸大を卒業する時の石原莞爾(石原は前列中央)
  • 1889年 0歳 石原莞爾誕生
  • 1907年 19歳 陸軍士官学校に入校
  • 1915年 27歳 陸軍大学校に入校
  • 1920年 32歳 日蓮主義をかかげる国柱会の会員になる
  • 1928年 39歳 関東軍に赴任する
  • 1931年 42歳 満州事変を引き起こす
  • 1936年 47歳 二・二六事件を鎮圧する
  • 1937年 48歳 日中戦争が勃発する
  • 1938年 49歳 関東軍に再赴任するが東條英機と対立する
  • 1940年 51歳 世界最終戦論を出版
  • 1941年 52歳 立命館の国防学研究所所長に就任
  • 1944年 55歳 東條英機暗殺未遂事件に関与
  • 1945年 56歳 終戦
  • 1946年 57歳 東京裁判に出廷
  • 1949年 60歳 死去

軍事の天才!満州事変を成功させる

濃い赤色の部分が満州地方

石原は1931年9月〜32年2月に満州事変を成功させます。当時の石原は中国北の「満州」に駐留する関東軍に属していました。9月に関東軍は柳条湖付近の線路上で爆発を起こします(柳条湖事件)。

関東軍はこれを中国軍の仕業とし、「満州にいる日本人ん守るために満州の占領」を訴えます。しかし日本政府は爆殺を関東軍の仕業と見抜き、増援を認めませんでした。

結果的に朝鮮の軍を指揮する立場にいた林銑十郎が、独断で満州の占拠を通達。満州は日本軍により占領され、満州事変は成功しました。1932年2月に関東軍は「清の最後の皇帝・溥儀」を擁立して満州国を建しています。

満州の占領のために瀋陽に入る日本軍

満州事変は石原の仲間たちが何年も前から構想を練っていました。当時の満州一帯の日本軍は、点在した中国軍よりもずっと少なかったのです。しかし石原は少ない軍勢で占領に成功し、軍事の天才と呼ぶにふさわしい作戦でした。

ところが、満州国の建国は関東軍の「領土拡大の野心」を増長させます。少ない軍勢で満州を占領した事で、「領土侵略は簡単」と関東軍は考えたのでした。満州事変は日中戦争や太太平洋戦争を引き起こすきっかけになったのです。

目上に厳しく目下に優しい性格?東條英機と対立

石原がかつて所属した歩兵第六十五連隊

石原は後輩や信奉者には、細かいところまで気の利く優しい人でした。

以下のエピソードが知られています。

  • 部下のために食事の味の向上をはかる。浴場に洗浄装置を取り付ける。
  • 戦地では暗殺を防止するために野糞を部下に勧める。部下が恥ずかしがらないよう、率先して野糞をする
  • 辻政信など、多くの信奉者がいた。

反対に自分が正しいと思った事は上司でも主張を貫きました。宴会で上司から酒を勧められても、下戸だった石原は「呑まぬ」と拒否。当時は上司の命令が絶対の縦社会です。それでも石原は毅然とした態度でした。

また二・二六事件という若手将校のクーデター未遂事件が起きた時、石原は首謀者達を煽った荒木貞夫大将に会います。その時に石原は上司の荒木に「お前みたいなばかな大将がいるからこんなことになるんだ」と怒鳴りつけています。

犬猿の仲だった東條英機

石原が陸軍で左遷したのは、やはり性格が原因でした。日中戦争が泥沼化した頃に石原は再び関東軍に赴任します。その時の上司は「太平洋戦争の時の総理大臣」だった東條英機です。

石原は自分と方針が異なる東條を激しく罵倒します。「憲兵隊しか使えない女々しい奴」「東條上等兵」と呼ぶなど、徹底的に対立しています。やがて石原は東條の根回しで左遷されました。

石原は天才すぎるがゆえに、上司と歩調を合わせる事ができなかったのです。

代表作・世界最終戦論に込められた石原莞爾の思想

石原は1940年9月に「世界最終戦論」を出版します。この本を読むと「石原が世界平和を望んでいた」と分かります。内容をまとめてみましょう。

  • 世界ではいずれ航空機や大量破壊兵器を用いた「最終戦争」が行われる
  • 最終戦争を戦う国は、ブロック化した4つの勢力のどこかである
  • 候補になる勢力は「ヨーロッパ・ソビエト連邦・東亜・南北アメリカ」である

石原は最終戦争を戦う勢力は「東亜(日本や中国などの東アジア)と南北アメリカ」と考えました。ただ石原は最終戦争が起こるのは1970年ごろだと述べています。そして最終戦争が起こる条件を3つ挙げました。

  • 東アジアの民族が結束する
  • アメリカが西洋の中心国家になる
  • 兵器が飛躍的に発達し、飛行機は無着陸で世界を一周できる

石原が「世界最終戦論」を出版した頃は1940年。日中戦争で日本人と中国人が争っていた時代です。日本がアメリカとの最終戦争に勝つには、東アジアの民族が仲良くなる必要があります。

つまり石原は「最終戦争に向けて、日中戦争を終わらせよう。東アジアの民族が手を取り合おう」と主張したのです。

1950年代の冷戦の勢力図(青がアメリカ 赤がソ連の陣営)

結局日本はアメリカとの戦争に敗れます。石原が想定した「東亜と南北アメリカによる最終戦争」には至りませんでした。ただ1970年代にはソ連とアメリカによる冷戦が起こり、第三次世界大戦は目前とされていました。

仮に第三次世界大戦が起きていれば、核兵器が使われていた事は間違いありません。石原の予言は「アメリカの最終戦争」ではなく「アメリカとソ連の最終戦争」という形で、ある程度は当たっていたのです。

石原莞爾の功績

功績1「二・二六事件の鎮圧に貢献する」

二・二六事件の様子

1936年2月26日に日本を震撼させる出来事が起こります。それは陸軍の若手将校によるクーデター未遂・二・二六事件です。彼らは昭和天皇による親政を訴え、政府の要人を殺害。更に首相官邸などを占拠しました。

二・二六事件で石原はクーデターの鎮圧にあたります。陸海庁に現れた石原に若手将校は銃を突きつけます。しかし石原は彼らに以下のように言いました。

何が維新だ。陛下の軍隊を私するな。この石原を殺したければ直接貴様の手で殺せ。

陸軍とは「天皇の命令で動く軍隊」です。天皇の命令を無視した若手将校達に、石原は激しく怒ったのでした。鎮圧はとても迅速に進められます。石原に良い感情を持っていなかった昭和天皇も、このように述べています、、

一体石原といふ人間はどんな人間なのか、よく分からない、満洲事件の張本人であり乍らこの時の態度は正当なものであった

石原は国家の危機に勇敢に立ち向かったのです。

功績2「日中戦争の早期終結に尽力した」

日中戦争の発端となった盧溝橋事件

1937年7月に日本と中国による戦争である「日中戦争」が起こります。石原は「不拡大方針」を唱え、陸軍や総理大臣・近衛文麿による強硬路線に反対しました。

石原が満州事変を起こしたのは「アメリカとの最終戦争」に備えるためです。石原は満州の資源や利権を日本が手に入れて、日本を発展させようと考えていました。

世界最終戦論の項目でも解説しましたが、石原にとって中国は「アメリカに対抗するための同志」です。だからこそ、戦争の拡大に反対したのです。

石原はドイツの外交官・トラウトマンを仲介にした「トラウトマン工作」など、さまざまな策を講じます。結局のところ、陸軍や内閣が強硬的な姿勢を崩さなかったので、日中戦争は泥沼化していきました。

やがて石原は陸軍内で孤立し、左遷されるのです。

功績3「立命館大学の国防学研究所長に就任する」

戦時中の立命館大学

やがて陸軍を追われた石原は、1941年4月に立命館大学講師の講師になりました。そして国防学研究所所長に就任したのです。

時期的には太平洋戦争が起こる半年ほど前の事。日中戦争も泥沼化しています。同時にアメリカとの仲も急激に悪くなっていたのです。

石原は「国防は軍人だけのものではなく、国民が国防の知識を得ることが必要」と考えます。これが国防学研究所所長に就任した理由でした。

石原は国防論・戦争史・国防経済論などを教えたほか、乗馬部の学生に課外教育として乗馬を教えています。この頃に石原の授業を受けた学生は、その内容に感銘を受けたのではないでしょうか。

ただそんな行動を東條英機は見逃しませんでした。東條はかつて石原と対立した事を覚えていたのです。東條は憲兵隊を利用し、石原の行動を逐一チェック。石原はその圧力により、9月に立命館大学講師を辞職したのです。

石原莞爾の名言

東條英機と対立し、左遷された頃の石原

自分の考えは、軍備と国力を充実させればそれが維新になるというものだ

二・二六事件において、首謀者の陸軍将校に「維新とは何か?」と聞かれた時に答えた言葉です。石原は満州国を発展させる事で、日本の発展を図ろうとした事が分かります。

日本の軍備撤廃は惜しくはない、次の時代は思いがけない軍備原子力武器が支配する

終戦間もない頃に石原が言った言葉です。その後、日本はアメリカの占領下におかれ、軍は廃止される事になります。石原は日本がアメリカの政策で、軍備が廃止される事を見越していました。

ここで述べられた原子力武器とは核兵器の事を指しています。石原は戦後の世界のあり方も予想していたのです。

石原莞爾にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「陸軍大学校を次席で卒業!天才的な頭脳の持ち主だった」

仙台陸軍幼年学校跡

石原は天才的な頭脳の持ち主で、子どもの頃からさまざまなエピソードが残されています。

  • 高等小学校を1年飛び級し、2年生から入学
  • 仙台幼年学校を51人中トップの成績で卒業
  • 陸軍士官学校を418名中13位の成績で卒業
  • 陸軍大学校を60人中2位で卒業

ちなみに幼年学校は小さい頃から陸軍の幹部を養成する学校で、陸軍大学校は実際に幹部を養成する学校のです。とにかく石原は陸軍きっての秀才でした。ところが決して「真面目な生徒」ではなかったのです。

幼年学校では当時写生の授業がありました。その時に石原は「我ガ宝ヲ写生ス」と記して自分の男根をスケッチして提出。あまりにも失礼という事で退学も検討されました。しかし石原は才能に免じて退学を免れています。

陸軍大学校を優秀な政権で卒業すれば、陸軍大臣や教育総監も夢ではありません。石原は本当は首席だったとされます。ただ石原は冬でも薄汚れた夏服を着ていて、みすぼらしい為に2位にされたそうです。

幼少期から強烈なエピソードを持っている。それ石原莞爾という人物なのです。

都市伝説・武勇伝2「満州事変の原点は日蓮宗?日蓮が予言した終末戦争」

日蓮宗の開祖・日蓮

なぜ石原はアメリカとの最終戦争を予想したのでしょう。その鍵は日蓮の予言にあります。石原は「日本を守るため、部下にどのようにして日本の国のあり方を叩き込むか」という事を考えていました。

そんな時、石原は「日蓮の教えを社会全体に浸透させる事」を掲げる国柱会に入信。1920年の事で、石原は熱心な日蓮宗の信者になりました。ある日国柱会は日蓮の遺文「撰時抄」にまつわる講話を行い、以下の事を伝えたのです。

「日本を中心に未曾有の大戦争が起こる。その時に日蓮が賢王としてこの世に現れる。その徳により世界は救われ、世界は日蓮宗による絶対平和が訪れる」

国柱会本部の帝網道場

石原はこの予言に強い不安感を抱きました。石原がアメリカとの最終戦争を予言したのは、日蓮の予言が元になっています。石原はアメリカとの最終戦争に勝利し、日蓮宗による絶対平和の世界を作ろうとしたのです。

石原は満州事変を起こした経緯から、戦犯と言われがちです。しかし実際は宗教による絶対平和を信じる理想家だったのです。ちなみに予言については国柱会が述べたもので、実際に日蓮が述べたかは議論が分かれています。

なお、日蓮や日蓮宗について詳しく知りたい人は、こちらを参照ください。

日蓮とはどんな人?生涯・年表まとめ【日蓮宗の歴史、性格や名言、波乱万丈の人生を紹介】 日蓮・日蓮宗をよく知れるおすすめ本6選【漫画や伝記、小説まで】

都市伝説・武勇伝3「東京裁判では名前を間違われて罪を免れた?死因は膀胱癌だった」

東京裁判の公判中の様子

戦後にはアメリカなどの連合国が東京裁判を行います。これは戦争に関与した日本の軍人や政治家を、連合国側が裁判をしたものです。石原は満州事変を起こしたにもかかわらず、罪を免れています。

一説では東條英機と対立していた事で、罪を免れたとされています。しかし実際は連合国が「戦犯指定された石原広一郎と石原莞爾を勘違いしていた」事が要因でした。石原は名前に救われたのです。

連合国側は慌てて石原を起訴しようとします。しかし石原はこの時、入院中で病床の身でした。結果的に石原は戦犯リストから外れます。

東京裁判に証人として出廷する石原

結果的に石原は証人として東京裁判に出廷。戦争の責任をどこまで遡るか問われた時に、このように答えました。

それなら、ペルリ(ペリー)をあの世から連れてきて、この法廷で裁けばよい。もともと日本は鎖国していて、朝鮮も満州も不要であった。日本に略奪的な帝国主義を教えたのはアメリカ等の国だ

石原は連合国にも動じる事はなかったのです。東京裁判で東條英機などが絞首刑になる中で、石原は生き延びます。やがて石原は1949年8月15日に膀胱癌や肺水腫、肺炎で亡くなりました(享年60歳)。

1 2

コメントを残す