小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

永倉新八とはどんな人?新撰組最強だった?【愛刀や子孫、登場作品も紹介】

「新撰組の永倉新八ってどんな人?」
「新撰組で最強って本当?」

永倉新八は幕末の武士で、新撰組の組長だった人物です。危険な任務も多く、沢山の事件に関わり、剣の腕も新撰組で最強と言われたほどだったと言います。また、幕末を生き延び新撰組の貴重な証言を残している人物でもあります。

晩年の永倉新八(写真前列中央の人物)
出典:Wikipedia

しかし同じ新撰組でも、近藤勇土方歳三と比べるとあまり知られていないのが現状です。この記事では数多い新撰組の隊員の中でも最強を争っていたという永倉新八について、長年新撰組が好きな筆者が逸話や愛刀・登場作品など様々な視点から迫っていきます。

永倉新八とはどんな人物か

名前永倉新八(長倉新八・杉村義衛)
誕生日1839年5月23日
没日1915年1月5日
生地江戸(東京)
没地北海道小樽市
配偶者小常・杉村きね
埋葬場所小樽市中央墓地
札幌市里塚霊園
寿徳寺境内墓地
所属壬生浪士隊・新撰組・靖兵隊
新撰組役職二番隊組長・撃剣師範

永倉新八の生涯をハイライト

若い頃の永倉新八
出典:幕末ガイド
  • 1839年:松原藩上屋敷で士族・長倉勘次次男として生まれる
  • 1846年:神道無念流剣術道場「撃剣館」に入門
  • 1856年:道場の本目録となり元服し「新八」と称する
  • 同年:剣の修行のため脱藩・永倉新八と称する
  • 1863年頃:市川宇八郎と剣術修行の旅に出る
  • 同年:近藤勇の天然理念流「試衛館」の食客となる
  • 同年:新撰組に入隊、二番隊組長となる
  • 1868年:鳥羽・伏見の戦いに参加
  • 同年:甲州沼野の戦いで敗戦、近藤と離れ靖兵隊を結成
  • 1871年:杉村きねと結婚・婿養子となり杉村姓になる
  • 1873年:杉村治備と改名
  • 1882年:樺戸集治監で剣術を教える
  • 1915年:骨膜炎と敗血症により死去、享年77歳

新瀬組二番隊組長だった

池田屋事件跡地
出典:Wikipedia

永倉新八は新撰組で二番隊の組長と撃剣師範を務めていました。新撰組は十番まで隊があり、一番隊の組長は近藤の一番弟子の沖田総司だったので、神道無念流であった永倉が二番隊を任されていたのは、やはり剣の腕を見込まれての人選だったといえるでしょう。実際多くの事件で活躍しており代表的なものでは、

  • 池田屋事件
  • 油小路事件
  • 鳥羽・伏見の戦い

などがあります。永倉は新撰組が一躍有名となった池田屋事件では、左手親指に深い傷を負いながらも、刀が折れるほど奮闘し、防具もぼろぼろとなったといいます。

新撰組とは?成り立ちや活動内容、主要メンバーを解説【組織図付き】

永倉新八の剣の腕前と愛刀は?

剣好きで色々な場所で腕を磨いていた

幕末に撮られた剣道の写真、永倉は道場の師範代や新撰組では剣の師範を務めている
出典:Wikipedia

永倉新八は、剣好きが高じて脱藩するほどの剣術好きでした。腕前も確かで幼いころに入門した神道無念流では15歳で紙切り、18歳で本目録となっています。頭角を表しながらも、剣の腕を磨くために旅に出た先で、心形刀流剣術の坪内主馬に見込まれて道場師範代を務めています。

18歳の若さで師範代を務めていたことからも、永倉が剣の使い手であったことがわかります。事実、その後近藤勇たちと出会い、試衛館の食客となっていた時に新撰組の求人に応募。近藤が局長となると、新撰組の二番隊組長となり撃剣師範という隊員に剣を教える立場にもなっています。

新撰組局長!近藤勇とはどんな武士?生涯・年表まとめ【性格や死因についても紹介】

永倉新八の愛刀は?

播州住手柄山氏繁
出典:つれづれのーと

永倉新八の愛刀は「播州住手柄山氏繁」です。池田屋事件時に帽子が折れたと伝わっています。手柄山という名前の縁起が良いと人気のある剣だったということです。現存はしていません。

永倉新八の死因は?

抗生物質がないため細菌感染は死に至ることもあった

永倉の死因は虫歯が起因する骨膜炎と敗血症を併発したためといわれています。骨膜炎は歯周病が原因で起こる炎症であり、敗血症は感染症が起因で併発する臓器不全です。抗生物質が無い当時、虫歯も酷くなると命に関わる病気が起こる原因となっていました。

子孫はアニメのプロデューサーをしていた

杉村十郎さんは魔女の宅急便などの有名作品作製に携わっている
出典:ciatrシアター

永倉新八の孫にあたる杉村十郎さんはアニメプロデューサーになっており、作った作品は「魔女の宅急便」「キテレツ大百科」「こち亀」などのアニメを担当したそうです。永倉のご子孫がアニメ作成に関わっていたのは、晩年よく孫を映画に連れて行っていたという話が残っていますので映画好きの祖父の影響もあったのかもしれません。

また曾孫にあたる方に杉村悦郎さんは、生まれの北海道でタウン誌の編集長などをされ、現在はフリーライターとして活躍し、曾祖父の伝記を執筆しています。

永倉新八は新撰組で最強だったのか?

永倉は新撰組で最強だったのか?気になるところだ

歴史好きの間でもよく話題となる「新撰組で誰が一番最強か?」というテーマですが、間違いなく永倉は最強候補者の一人にあげられる人物です。実際最強だったのかを検証してみます。

最強との呼び声が高い

猛者ぞろいの新撰組での中でも最強を争う実力があったことは確かだ

新撰組を知る人物が後年、永倉新八が強かったと証言しています。まず新撰組の隊士だった阿部十郎が、1に永倉、2に沖田、3に斎藤といっています。その他にも屯所の住人も「一番強かった」という証言もあります。

また新撰組二番隊の組長であり撃剣師範も務めていることを考えても、相当の実力が想定できます。そして新撰組を知る人の証言を総合しても、想像にはなりますが最強だったのではないか、といわれているようです。

意外!?新撰組の最強剣士ランキングTOP7【武勇伝や愛刀、剣術も紹介】

斎藤一とどっちが強かったのか?

斎藤一は討ち入りの時もかすり傷一つ負わなかったという
出典:Wikipedia

新撰組で強かった人物として名前があがる人物は、永倉と一番隊組長の沖田総司、三番隊組長の斎藤一でしょう。斎藤一は剣術の流派もはっきりしない謎の多い人物ですが撃剣師範も務め、そして「新撰組で最も多くの人間を斬った人物」ともいわれています。

そんな斎藤一とどちらが強かったのか?気になってしまうので推察してみますが、新撰組を知る人物は永倉が強いという証言が多くあります。しかし斎藤は暗殺という影仕事の新撰組において、さらに影仕事を行っていた人物です。もしかしたら、知らないだけで同等の剣の腕を持っていたのかもしれません。間違いなくいえることは、一、二、三番隊の組長は皆強かったということです。

斎藤一とはどんな人?生涯・年表まとめ【愛刀や子孫、功績も紹介】
1 2 3

コメントを残す