小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

渋沢栄一とは何をした人?生涯・功績まとめ【名言や年表、子孫、会社も紹介】

インターネットの歴史がわかる本7選【IT初心者から上級者まで】

明治維新を経済の面から支えた渋沢栄一。彼は埼玉県の田舎の農家出身ながらも、海外への渡航経験を経て大蔵省の役人となります。その後、大蔵省を辞めて「第一国立銀行」と呼ばれる日本で最初の銀行づくりに携わり、完成した後はその銀行の頭取(銀行の代表者)となっています。

第一国立銀行以外にも、現在の三井住友銀行やさまざまな地方銀行の設立にも関わり、さらに生涯で500もの企業に携わったといわれています。そのうえ現在でも、たくさんの有名企業の創立にも貢献しています。

例えば鉄道会社だと、日本鉄道(現JR東日本)や秩父鉄道、京阪電気鉄道などの現在でも有名な企業の設立に携わりました。さらに日本郵船の前身である共同運輸会社、田園調布と呼ばれる高級住宅街を造り上げた田園都市株式会社にも関わっています。他にも多くの会社に関わりましたが、どれも有名な企業ばかりです。

渋沢栄一

そのような活躍が評価され、歴史に名を残す偉人となった渋沢栄一ですが、2024年度から「1万円札の顔」となることが発表されました。1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来、40年ぶりの変更です。

流通経済において必要不可欠な1万円札。普段使っている我々日本人として彼の功績を知らないわけにはいきません。この記事を読んで少しでも渋沢栄一の魅力を知り、2024年度から堂々と1万円札を使っていきましょう。

今回は、資本主義社会の仕組みに興味を持って調べていくうちに、渋沢栄一の偉業に頭を上がらなくなってしまった筆者がご紹介します。

渋沢栄一とはどんな人か?

名前渋沢栄一
誕生日1840年3月16日
没日1931年11月11日(享年92歳)
生地武蔵国榛沢郡血洗島村
(現埼玉県深谷市血洗島村)
没地東京都
埋葬場所谷中霊園
(東京都台東区谷中7-5)
職業幕臣・実業家・慈善家・
官僚・教育者
配偶者渋沢千代
渋沢市郎右衛門元助
エイ

渋沢栄一の生涯をハイライト

徳川宗家第16代当主・家達(左)と渋沢栄一(右)

1840年、渋沢栄一は現在の埼玉県深谷市に生まれました。家は養蚕や米・野菜の生産から藍の葉から作られる染料の販売まで幅広く営むどちらかというと裕福な農家で、渋沢も小さな頃から仕事を手伝っていました。19歳で学問の師であった尾高惇忠の妹・千代と結婚し、22歳で江戸に出て儒学者・海保漁村のもとで学び始めます。

24歳で京都に出て一橋(徳川)慶喜の家臣となり、彼の警護に当たったり海外渡航を経験したりしました。1868年、大政奉還が起こり明治政府が樹立すると、大隈重信に経験を買われ大蔵省に入省します。4年後に退職するまで、官僚として近代日本の経済に携わりました。

一橋慶喜に仕えていたころの渋沢栄一

34歳で大蔵省を退官すると、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)の頭取となります。株式会社の創設・育成に力を入れ、500以上もの企業の創立に携わりました。

また、大学など教育機関の創設や社会事業にも関わり、日本赤十字社の設立にも注力しました。渋沢が関わった社会事業は600にのぼるといわれています。日本を豊かな国にするために、力を惜しまない人物だったのです。渋沢は1931年、92歳でその生涯を閉じました。

農民出身だった渋沢栄一

渋沢栄一の生家

起業家であり「近代日本経済の父」といわれる渋沢栄一は、現在の埼玉県深谷市の農家に生まれました。大蔵省にも勤め、何百社もの企業創立に貢献していく人生を歩むにも関わらず、生まれは一般の農家です。幼いころは家業である藍玉の製造・販売・養蚕を手伝っていたといいます。

しかし彼の実家は、農家といっても当時しては比較的大きな農家でした。父親から学問を習い、7歳になると尾高惇忠という論語学者のもとへ本格的な学問を習いに行けるほどの経済状況ではあったのです。しかしそれでも、一般の農民から日本の経済を代表する人物に成りあがったのは、やはり渋沢の努力の賜物でしょう。

幼少期の渋沢も、学問をしながら父と共に信州や上州へ赴いて藍を売り歩いていたといいます。14歳の頃には独り立ちをし、単身で藍葉の仕入れに出かけるようになったといいますから、実業家としての素質がうかがえます。

過激な思想をもつ一面も

開国に反対だった時期もあった

渋沢栄一は江戸時代生まれですが、尾高惇忠の思想や様々な学問を習った結果として「尊皇攘夷論」を論じるようになりました。天皇の権威が第一とし、開国を迫る外国人を排斥する尊皇攘夷論は、当時でも比較的過激な思想です。そのため渋沢の性格も激しい一面をもっていたといわれています。

ちなみにその思想から、渋沢は討幕のために「高崎城を乗っ取る」という計画を企てたこともありました。現在の群馬県にある高崎城で武器を調達し、横浜の異人館を襲撃しようとしたとのことですが、あまりに過激な考えであったために尊王攘夷論者からも非難を浴びたそうです。

渋沢の唱えた「道徳経済合一説」とは

『論語』の思想家・孔子

渋沢栄一が活躍していた明治時代、「商売に学問は必要ない」とする考え方が一般的でした。けれども渋沢は、これからの時代の商売には学問が必要だ、会社経営を成功させるためには経営者自身が人間として守るべき規範・基準をもっていなければならないと考え、孔子の「論語」を自分の行動規範にしました。

「論語」では、自分の在り方を正し、日常生活で人と関わるときに役立つ教えが説かれています。豊かになるためには「正しい方法」をとらなければならないとされました。それは道徳的な考え方でもありますが、「正しい方法をとること」が「豊かさへの道」だと説く実学でもあります。

渋沢は、会社の利益を追求することと人としての道徳を重んじることのバランスがとれてこそ健全な社会であると考えました。そのような思想を説いたのが「道徳経済合一説」であり、渋沢の著書『論語と算盤』です。

「みんなが豊かになること」を1番に考えた

自分のことより他人を優先し、公益を1番に考えた

渋沢栄一は、なぜ500もの企業を次々と設立していったのでしょうか。それは、当時必要とされていたモノやサービスを社会に提供して、日本の「国力」を高めるためです。自分がお金を儲けるだけではなく、みんなで豊かになろうとしたのが渋沢の偉大なところでした。

そのために渋沢は「論語」に裏打ちされた道徳観で資本主義経済を律しようとしたのです。著書『論語と算盤』では、「道徳に基づいた利益を追究すること」「自分よりも他人を優先し、社会の利益を1番に考えること」を論じています。「士魂商才」という言葉がありますが、武士の仁義を重んじ商売の才能に秀でた渋沢はまさにこの言葉のような人でした。

子孫も会社経営者として活躍している

家族に囲まれる渋沢

渋沢栄一は女性事情に豪快であったようで、正妻である千代との子(嫡出子)の他にも何人もの子女がいました。もちろん嫡出子は渋沢一族の名誉に関わる者ですから、長女の歌子・二女の琴子はそれぞれ法学者の穂積陳重、大蔵大臣の阪谷芳郎に嫁いでいます。三女愛子は澁澤倉庫の会長や第一銀行頭取を務めた明石照男と結婚しました。

また、長男篤二は伯爵である橋本実梁の娘・敦子を妻に持ち、澁澤倉庫の会長を務めました。ちなみに彼は長男ですが、家督は継ぐことができませんでした。これには諸説ありますが、実業家というより芸術肌であったために、廃嫡としたとの説が濃厚です。

長男以外にも二男・武之助は石川島飛行機製作所の2代目社長、三男・正雄は石川島飛行機製作所初代社長、四男秀雄は東京宝塚劇場会長や東宝取締役会長を務めました。

渋沢栄一の子孫の詳しい情報や、彼らが現在何をしているかを以下の記事で解説していますので、ぜひ見てみてください。

渋沢栄一の子供や子孫は?現在どんな活躍をしてるか?も徹底調査

渋沢栄一が新一万札の顔になる理由とは?

新一万円札の見本

日本の紙幣の肖像に選ばれる人物は、やはり政治や経済・教育の面で日本の発展に貢献した人物が大多数です。現在の紙幣には千円札に野口英世、五千円札は樋口一葉、一万円札は福沢諭吉の肖像が載っていることはいうまでもありませんが、2024年度から千円札は北里柴三郎、五千円札は津田梅子、一万円札は渋沢栄一の肖像となります。

「近代日本経済の父」と呼ばれるほどの渋沢栄一ですから、彼以外の人物と比べてもまったく劣ることなく、むしろ今までの肖像の中で最も日本への貢献度が高い、といっても過言ではない人物ではないでしょうか。

渋沢栄一の名言は?

人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。

全て形式に流れると精神が乏しくなる。何でも日々新たにという心がけが大事である。

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。

たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。

金儲けを品の悪いことのように考えるのは、根本的に間違っている。しかし儲けることに熱中しすぎると、品が悪くなるのもたしかである。金儲けにも品位を忘れぬようにしたい。

渋沢栄一の名言は、以下の記事で発言の背景まで詳しく解説しています。

渋沢栄一の名言7選!発言に込められた背景や意味まで解説

渋沢栄一の功績

功績1.「実業家として500もの企業の設立に携わった 」

みずほ銀行

渋沢栄一の1番の功績はここにあります。既にこの記事でも何度か触れていますが、500もの企業の設立に携わった実業家は日本を超えて世界に目を向けても彼しかいません。渋沢が近代日本経済の父と呼ばれる理由の1つです。

しかもその設立した企業が、今でも有名な企業というのもすごいところです。現在のみずほ銀行や東京海上日動火災保険、日本製紙、東急、帝国ホテル、東京証券取引所、サッポロホールディングス、キリンホールディングスなど業種もさまざまで、渋沢の経営理念が幅広い職種に通用するものだったと分かります。

渋沢栄一が設立に関わった会社・企業は、現在の様子まで以下の記事で詳しく解説しています。

渋沢栄一が設立に関わった会社・企業はどこ?代表的な10社とその現在を紹介

功績2.「大学の設立や教育事業にも貢献した」

現在の一橋大学の前身もつくった

渋沢栄一は企業の設立だけでなく、大学の創設や教育事業にも大きな貢献をしています。例えば現在の一橋大学。創立当時は商法講習所と呼ばれ、実業界で活躍する人材を要請するための日本初の教育機関でした。

また、現在の日本女子大学の前身である日本女子大学校の設立にも貢献し、校長も務めました。大学の設立以外にも社会事業にも貢献し、彼が生涯で関わった教育・社会事業の数は600以上にもなるそうです。

渋沢栄一の数々の功績はこちらの記事でさらに詳しく解説しています。

渋沢栄一の功績とは?1万円札の肖像に選ばれた理由も併せて紹介

渋沢栄一にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「渋沢栄一はフリーメイソンだった?」

活動内容が不明な秘密結社
フリーメイソン

渋沢栄一はフリーメイソンの一員だったのではないか、という都市伝説があります。フリーメイソンとは公式サイト上は「世界最古・最大の友愛団体の1つ」となっているものの、活動の詳細が不明な秘密結社のことを指します。

1717年に英国で発足した結社ですが、日本人初のフリーメイソンは坂本龍馬であったとも、岩崎弥太郎や伊藤博文もフリーメイソンであったのではともいわれています。彼らの影響を多少なりとも受けている渋沢もフリーメイソンであったのはないでしょうか。

都市伝説・武勇伝2「渋沢栄一は土方歳三と会っていた?」

新選組副長・土方歳三

尊王攘夷論者であり、一橋慶喜に仕えていた渋沢栄一ですが、実は新選組との関わりももっていたようです。ともに長州の過激派浪士を捕縛しに行ったことがあり、しかもそのときに土方歳三が渋沢栄一の護衛をしていたといわれています。渋沢と土方歳三の意外な関係です。

渋沢栄一の生涯具体年表

1840年 – 0歳「渋沢栄一誕生」

生地・現在の深谷駅前にある渋沢栄一の像

渋沢栄一、武蔵国に生まれる

渋沢栄一は1840年2月13日、武蔵国榛沢郡血洗島村の農家に生まれました。幼名は栄二郎。渋沢家は代々藍玉の製造販売から養蚕、米、野菜の生産など幅広く営む豪農と呼ばれる一族であり、その家の長男として生まれたのです。

1840年といえば日本はまだ江戸時代。武士が台頭していた時代です。海外ではアヘン戦争が勃発したりと、世界情勢も著しく変化していく時代でした。

1858年 – 19歳「尾高千代と結婚」

尾高千代と結婚

師匠・尾高惇忠の妹、千代と結婚

1858年、19歳で渋沢栄二郎は尾高惇忠の妹である尾高千代と結婚しました。尾高惇忠といえば、渋沢が幼少の頃から四書五経や「日本外史」を教えてくれた師匠です。その妹と結婚するわけですから、よっぽど彼が勉学に優れ、尾高も認める秀才であったのでしょう。

ちなみにこのとき、渋沢栄一郎と名を改めました。この時代、普通の農民は名を改めることがなく、幼名変更は士族階級などにしか見受けられないのですが、渋沢は結婚を機に改名します。それほど身の入った結婚だったのでしょう。

1861年 – 22歳「江戸に出て海保漁村の門下生となる」

乗っ取り計画のあった高崎城跡

海保漁村の門下生になり、儒学を学ぶ

海保漁村は、江戸時代に発展した朱子学の考証学派で有名な儒学者です。彼は徳川300年屈指の大儒学者と呼び名は高かったのですが、その生涯を庶民教育に徹したことで知られています。そんな有名な儒学者の下に通うという強い意志をもっていたことからも、渋沢栄一の真面目な性格がうかがえます。

また、このとき北辰一刀流の千葉栄次郎の道場にも入門しました。剣術修行の傍ら勤皇浪士と交友を結びます。ちなみにこの北辰一刀流はおもに竹刀と防具を用いた打ち込み稽古を中心とする流派で、現代剣道を築いた流派としても知られています。

道場入門から2年後、討幕計画を目論む

北辰一刀流の道場に入門してから、渋沢は勤皇浪士たちと深く関わることで徐々に尊皇攘夷の思想に目覚めていきます。それが爆発したのが1863年。彼は高崎城を乗っ取って武器を奪い、長州と連携して幕府を倒すという過激な計画を立てます。

しかし、尾高惇忠の弟・長七郎の懸命な説得により計画は中止となりました。討幕のために高崎城を乗っ取って武器を奪うという計画を立てたところを見ると、渋沢はかなり過激な思想をもっていたようです。

1863年 – 24歳「一橋慶喜に仕える」

一橋(徳川)慶喜

一橋家領内の警備巡回

渋沢栄一は上記のような過激な計画を目論んだことで親族に迷惑がかからないよう、父から勘当を受けた体裁を取って京都に出ます。しかし八月十八日の政変直後であったために、以前より親交のあった一橋家家臣・平岡円四郎の推挙で一橋慶喜に仕えることとなりました。

仕えるといっても身辺の世話ではなく、あくまで一橋家の警備を行っていました。農兵の募集にも携わったといいます。

慶喜が将軍となり、海外渡航を経験する

1866年に慶喜が将軍となると、渋沢栄一は幕臣となりました。そしてパリ万国博覧会に将軍の名代として出席する徳川昭武の随員として海外渡航を経験します。各地で先進国の産業・文化を直に見て、彼はそれからの仕事の糧としたのでしょう。

1868年5月、大政奉還にともなって新政府から帰国の命令が下ります。1868年9月にマルセイユを出発し、11月に横浜港に帰国しました。

1869年 – 30歳「大蔵省入省」

大隈重信

大蔵官僚としての功績

渋沢栄一は帰国後すぐに静岡に商法会所という金融商社を設立しますが、大隈重信に海外渡航の経験を買われ、大蔵省に入省することとなりました。大蔵省といえば、現在の財務省。財政を管理する国家機関に大隈重信という偉人の推薦で入省したのです。

彼はここで民部省改正掛を率いて改革案の企画や立案をしたり、度量衡の制定や国立銀行条例制定に尽力しました。大蔵官僚としても、近代日本経済の礎を造り上げたのです。

大蔵官僚退官

しかし、その大蔵官僚としての仕事も長続きはしませんでした。入省からわずか4年後の1873年、予算編成を巡って大久保利通や大隈重信と対立し、事実上大蔵省を率いていた井上薫と共に退官してしまいます。

ちなみに1873年といえば、征韓論争が過激となっていた時代です。征韓論が否決されると、征韓論者であった西郷隆盛や板垣退助、江藤新平、副島種臣ら新政府の中枢を担っていた人々が一斉に下野した「明治六年の政変」の年としても知られています。この後に西郷隆盛は西南戦争を起こすのです。

1873年 – 34歳「第一国立銀行の頭取に」

第一国立銀行

第一国立銀行の頭取となる

大蔵官僚を退官した後まもなく、大蔵省時代に設立に貢献した第一国立銀行の頭取に就任しました。ここから彼は実業界に身を置くこととなります。この第一国立銀行は現在のみずほ銀行という大銀行ですから、やはり彼の功績は現在も形あるものとして残っているのです。

その後も実業家として様々な企業の設立に携わっていくこととなるのですが、一方で渋沢栄一は実業界の中でも最も社会活動に熱心な人であったといわれています。養育院(現在の東京都健康長寿医療センター)の院長を務め、東京慈恵会や日本赤十字社などの設立にも関わりました。関東大震災後の復興においては大地震善後会の副会長となり、寄付金集めなどに奔走しました。

1876年 – 37歳「社会事業へ貢献」

現在の東京都健康長寿医療センター

東京府養育院の事務長に

それまでは主に実業界において企業の設立や教育機関の創立に貢献してきた渋沢栄一ですが、ここで東京府養育院の事務長となります。東京府養育院は明治維新による困窮者救済のために建てられた施設で、おもに行き倒れている人々や迷子、捨て子の救済を行っていました。

東京府養育院は現在「東京都健康長寿医療センター」となり、1952年以来知事直轄の事業所として東京都板橋区に本院を置いています。老人ホームや知的障碍者援護施設などの運営など多種多様な社会事業をしている独立行政法人です。ちなみに渋沢栄一は1885年、46歳の時に院長となりました。

1901年 – 62歳「女性教育へ貢献」

現在の日本女子大学

日本女子大学校を開校

現在は日本有数の女子大学として知られている日本女子大学ですが、その前身である日本女子大学校は渋沢栄一が開校しました。「女子に教育は必要ない」という風潮だった当時の日本の中で、女子のための教育機関を設立した渋沢栄一は大変な苦労をしたのでしょう。

しかし現在、数ある女子大学の礎として日本女子大学校を設立した渋沢栄一は、日本の女子教育の先駆者といっても過言ではないでしょう。その後も77歳で実業界を引退するまで多くの事業に貢献します。

1931年 – 92歳「大往生の生涯に幕を閉じる」

渋沢栄一記念館にある銅像

1931年、92歳という当時としては大往生の生涯に幕を閉じました。

渋沢栄一の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

現代語訳 論語と算盤(ちくま新書)

この本は渋沢栄一自身が著した「論語と算盤」を守屋淳が現代語に翻訳した本となっています。渋沢栄一が記した著書をそのまま現代語訳したものですから、彼の考えから生き方まで、全てがわかります。論語の初心本としても最適の本となっています。

渋沢栄一「論語」の読み方

こちらの本も渋沢栄一自身が著した本を現代語訳した書籍となっています。こちらの本は上記の「論語と算盤」よりも論語に重点を置いた著書で、実業家として、現代人として読むべき渋沢栄一の教えが事細かに記されています。人生の生き方を見つけるにも良い本ではないでしょうか。

渋沢栄一 100の訓言

こちらの本は題名の通り、渋沢栄一の訓言が記されています。実業家として成功を遂げた彼の言葉には1つ1つに深い意味があり、現代人が考えるべき、今の日本だからこそ考えるべき事柄に言及されています。特にビジネスマンに読んで頂きたい書籍です。

以下の記事で、渋沢栄一について知れる本を詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

渋沢栄一がよくわかるおすすめ本11選【漫画や小説、現代語訳なども紹介】

おすすめの動画

中田敦彦史上No.1書籍!渋沢栄一「論語と算盤」~日本主義の父が語る成功哲学~

この動画は有名なお笑いタレントであり実業家でもある中田敦彦氏が「論語と算盤」について感想、解説をしている動画となっています。そのまま読めば難しい著書を簡潔にわかりやすく解説しているので、一度読んだ人にとっても、読んだことのない人にとっても最適です。

おすすめドラマ

青天を衝け

NHKにて毎年放送されている大河ドラマですが、2021年1月から渋沢栄一を主人公にした物語がスタートします。新デザインの紙幣を取り入れるこの時期、これを観て渋沢栄一の思想や生涯に想いを馳せるのもいいのではないでしょうか。

関連外部リンク

渋沢栄一についてのまとめ

「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一。彼は埼玉県の農民から成り上がって大蔵省で活躍し、さらには生涯で500もの企業の創立に携わりました。明治維新で政府も国民も混乱している中で、彼は海外渡航により得た経験と知識を最大限に活用しながら自分の信念を生涯貫き通したのです。

その思想・信条は現代日本に生きる我々にも学ぶものがあります。令和という新しい時代に一歩踏み入れ、2024年度から新紙幣として渋沢栄一の肖像の載った1万円札が流通すると発表された今、激しく移り行く時間から少し離れ、先人の言葉に耳を傾けるのもいいのではないでしょうか。

渋沢について学べば、実業に関する知識はもちろんのこと、論語に関する知識も増やすことができます。人生に疲れた時にふと彼の書籍を読んでみてはいかがでしょうか。