小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【太宰治クイズ#2】人の堕落と退廃を真正面から描いた作家。

/
Q11/Q30
Question Image

太宰や織田らと共に、「無頼派」として活躍した下記の作家は誰でしょう?

Q12/Q30
Question Image

太宰、坂口、織田作の3人がこの場所で座談会を開いたことから、文豪ファンにとって聖地となっている銀座の老舗バーといえばどこ?

Q13/Q30
Question Image

太宰と共に同人誌「青い花」を発行するも、酒席で絡まれたことからその人間性を嫌ったという、この詩人は誰でしょう?

Q14/Q30
Question Image

第一回芥川賞の選考の際に、太宰の私生活面でのだらしなさを指摘し、没するまで太宰と論戦を繰り広げたこの作家は次のうち誰でしょう?

Q15/Q30
Question Image

小説「津軽」内で批判されたことをきっかけに、太宰と論戦を繰り広げた下記の作家は誰でしょう?

Q16/Q30

1938年に発表された短編「富嶽百景」。さて、この富嶽とはどの山を指してるのでしょうか?

Q17/Q30
Question Image

太宰の代表作「走れメロス」の書き出し「メロスは○○した」さて、この○○に入る言葉はどれでしょう?

Q18/Q30

太宰の代表作「走れメロス」。メロスは妹の結婚式へ出席するために、ディオニスの元に竹馬の友を人質として差し出しました。さて、その友人とは誰でしょう?

Q19/Q30

1945年に出版された短編小説集「お伽草紙」。この作品は4編の民話が収録されておりますが、次の中で収録されていない民話は次のうちどれでしょう?

Q20/Q30
Question Image

小説「津軽」内にて度々登場する「黄昏のころ私は叔母と並んで門口に立っていた。」という書き出しで始まる小説はどれでしょう?

Check Answers
【太宰治クイズ#1】人の堕落と退廃を真正面から描いた作家。 【太宰治クイズ#3】人の堕落と退廃を真正面から描いた作家。

コメントを残す