小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【太宰治クイズ#3】人の堕落と退廃を真正面から描いた作家。

/
Q21/Q30
Question Image

1945年に刊行された「新釈諸国噺」、この作品の冒頭で太宰が触れている「世界で一ばん偉い作家」というのは次のうち誰でしょう?

Q22/Q30

1946年に出版された長編小説「パンドラの匣」。この作品のモデルとなった日記を記述した人物は次のうち誰でしょう?

Q23/Q30

1947年に出版された元男爵の家の出身である詩人の妻「さっちゃん」を主人公にした作品は次のうちどれでしょう?

Q24/Q30

「朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽かすかな叫び声をお挙げになった」という書き出しで始まる太宰の作品は次のうちどれ?

Q25/Q30
Question Image

「斜陽」のモデルになった農地改革後の津島家の惨状を見た太宰は、ある戯曲そっくりであると言っていました。さて、その戯曲とは次のうちどれでしょう?

Q26/Q30

「私は、その男の写真を三葉、見たことがある。」という書き出しで始まる太宰治の晩年の代表作は次のうちどれ?

Q27/Q30

「人間失格」の有名な一文、「恥の多い○○を送って来ました。」この空白の部分にはどの言葉が当てはまるのでしょうか?

Q28/Q30

1948年に朝日新聞で連載されるも、入水自殺したために未完となってしまった太宰治の遺作は次のうちどれでしょう?

Q29/Q30

1948年6月13日、太宰が愛人・山崎富栄と共に入水自殺をした場所は次のうちどこでしょう?

Q30/Q30

太宰の誕生日であり、遺体が発見された命日である6月19日は、ある短編の名前を取った忌日名となっています。その忌日名はなんでしょう?

Check Answers
【太宰治クイズ#1】人の堕落と退廃を真正面から描いた作家。 【太宰治クイズ#2】人の堕落と退廃を真正面から描いた作家。

コメントを残す