小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【泉鏡花クイズ#3】ファンタジー小説の礎を築いた小説家。

/
Q21/Q30
Question Image

「高野聖」の作中にて、主人公の「私」はどこへ帰省する道中だったのでしょうか?

Q22/Q30

1895年に発表された短編で、真面目な男の悲恋を描いた作品は次のうちどれでしょう?

Q23/Q30

1895年に発表された短編で、島村抱月などから「観念小説」」と分類された作品は次のうちどれでしょう?

Q24/Q30
Question Image

泉鏡花の短編作品「照葉狂言」。この照葉狂言とは実際にある伝統芸能で、脳にある要素を加えた狂言となっております。その要素とは次のうちどれでしょう?

Q25/Q30

1907年に発表された短編作品で、自身の恋愛体験が基になっている作品は次のうちどれでしょう?

Q26/Q30
Question Image

1913年に発表された泉鏡花初の戯曲で、実在する龍神伝説を基にした戯曲作品は次のうちどれでしょう?

Q27/Q30

1914年に発表された小説で後に戯曲化し、新派古典劇の代表作として現在も上演されている作品は次のうちどれでしょう?

Q28/Q30
Question Image

1956年に大映から公開された「日本橋」。この作品の監督を務めたのは次のうち誰でしょう?

Q29/Q30

1917年に発表された戯曲で、「この戯曲を上演してもらえたら、こちらが費用を負担してもよい」という旨の発言をした作品は次のうちどれでしょう?

Q30/Q30

1939年に発表された短編作品で、泉鏡花の遺作となった作品は次のうちどれでしょう?

Check Answers
【泉鏡花クイズ#1】ファンタジー小説の礎を築いた小説家。 【泉鏡花クイズ#2】ファンタジー小説の礎を築いた小説家。

コメントを残す