小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

後藤象二郎とはどんな人?生涯・年表まとめ【龍馬との関係や大政奉還、子孫について紹介】

後藤象二郎は幕末の土佐藩の政治に関与して、藩内の意見を統一すると共に、大政奉還建白書を幕府に提出した人物です。大政奉還とは徳川家が政権を朝廷に奏上するものであり、元々は坂本龍馬をはじめとした当時の有識者が構想したものでした。

後藤はこれらの意見をまとめ、土佐藩の立場を大きく引き上げる事に成功したのでした。明治政府は薩長土肥の出身者が役職を占めます。土佐藩がこれらの中枢に入り込む事が出来たのは幕末における後藤の功績が大きいのです。

土佐藩時代の後藤

後藤象二郎は坂本龍馬との関わりも深く、幕末を題材にした大河ドラマ等では頻繁に出てきます。しかし明治以降の活躍については知らない人も多いのではないでしょうか?後藤は龍馬亡き後も明治政府で政治に携わった他、自由民権運動を主導する等、精力的に活動を続けました。後藤の生涯は実に波乱万丈であり、それが後藤の魅力に繋がっているのかもしれません。

今回は坂本龍馬を学ぶうちに後藤象二郎の魅力に気づき、様々な大河ドラマを観てきた筆者が後藤象二郎の生涯について紹介します。

後藤象二郎とはどんな人?生涯ダイジェスト

明治時代の後藤象二郎
名前後藤象二郎
誕生日1838年4月13日
没日1897年8月4日
生地土佐国高知城下片町(現高知市)
没地神奈川県箱根
配偶者後藤磯子(前妻)・雪子(後妻)
埋葬場所青山霊園(東京港区)

後藤象二郎は1838年に土佐藩士の家に生まれました。幼少期に父が他界し、土佐藩の藩政を務める親戚筋の吉田東洋に預けられて育ちます。1864年より土佐藩の政治に参加し始め、藩主であった山内容堂の片腕として活躍するようになりました。

後藤は1867年、将軍は朝廷へ政権を返上するべきだとする大政奉還論を唱え、山内容堂を通じて建白書を第15代将軍徳川慶喜に提出しました。慶喜はこの意見を受け入れて大政奉還を天皇に上奏し、江戸幕府は終わりを迎えることになりました。

征韓論争により、後藤象二郎以外にも西郷隆盛や板垣退助なども参議を辞任して下野した。
出典:wikipedia

明治政府では要職に就いていた後藤でしたが、朝鮮の鎖国政策を武力で正し、国交を開かせようという征韓論争に敗れて下野しました。その後、板垣退助と共に国会解説を要求する民撰議院設立建白書を提出し、自由党の結成に加わりました。1887年には、反政府派をまとめようとする大同団結運動を展開します。

戦前、芝公園にあった後藤象二郎の銅像
出典:国立国会図書館

1822年に黒田清隆内閣に入閣後は逓信相、農商務相を歴任して、議会での多数派工作に力を尽くしましたが、1897年に心臓病で亡くなりました。葬儀では幼馴染であった板垣退助が追悼の演説を行っています。板垣が発起人となって後藤の銅像が建てられましたが、太平洋戦争の金属供出により撤去されています。

後藤象二郎の性格や子孫

新たなる国作り?大政奉還建白書を提出

「大政奉還図」邨田丹陵 筆

大政奉還とは徳川将軍家が天皇に政治の権限を奏上する事です。これは武力を用いてでも倒幕を目指す薩摩や長州に先手を打ち「もう倒幕相手の幕府は存在しない」と攻撃をかわす目的がありました。

大政奉還は朝廷に政権を奏上しつつ、実質的には上下両院の設置による議会政治を想定しています。幕府が消滅しても朝廷に政権運営能力はなく、実際の政治は徳川家が行い、徳川家の権威は保たれる事が想定されました。

後藤は大政奉還建白書を土佐藩の藩政を掌握していた山内容堂に提出。容堂が建白を徳川慶喜に伝える事で大政奉還が実現したのです。そして大政奉還を進言した後藤や容堂は大いに賞賛されました。

結果的にはその後に起きた王政復古の大号令、その後の戊辰戦争により徳川将軍家は政治の場から姿を消してしまいます。新たなる国作りは明治政府に託される事になったのでした。

多くの人に慕われた豪快な性格

1891年頃の福沢諭吉

後藤は細かい事にこだわらない豪快な性格でした。養父の敵である龍馬と意気投合した他、新撰組の近藤勇に刀を向けられた時に、笑顔を見せて刀を納めさせ今後の親交を約束させています。

後藤と直接会った人達の多くは後藤の事を高く評価しており、人間的魅力に溢れていたようです。同世代の人々は彼をこのように評しています。

坂本龍馬「後藤は実に同志にて、人のたましいも志も土佐国中で外にあるまいと存候」

福沢諭吉「非常大胆の豪傑、満天下唯一の人物は後藤伯だけである」

明治期の後藤は藩閥政治に対抗して大同団結運動を立ち上げたと思えば、黒田清隆内閣に入閣する等、どっちつかずの行動をしています。その一貫性のなさから、後藤の人気は龍馬等に比べると一歩及びません。

ただそれらの行動は藩閥や政党等、立場にこだわらずに行動した事の裏返しあり、豪快な性格から来ているのかもしれません。

子孫は実業家だらけ!実は岩崎弥太郎も親戚だった

後藤象二郎と親戚関係にあった岩崎弥太郎

後藤は1人目の妻、磯子との間に二男二女(一人夭折)を授かりますが、磯子は若くして亡くなりました。その後、芸者の雪子と結婚し二男四女(二人夭折)を授かっています。

以下の人達は後藤の子供です。

後藤猛太郎
  • 後藤 猛太郎:後藤の次男。日本で初めて南西諸島を冒険し、日本活動フィルム会社の初代社長を務めた。
  • 岩崎早苗:後藤の長女。岩崎弥太郎の弟である弥之助に嫁ぐ。弥之助は後に三菱の2代目総帥となる。
  • 大江小笛:後藤の次女。衆議院議員を務めた大江卓に嫁ぐ。

以下の人達は後藤の孫です。

岩崎 小弥太
  • 後藤 保弥太:猛太郎の長男。北濃鉄道株式会社の社長を務める。
  • 岩崎 小弥太:岩崎早苗の長男。三菱の4代目総帥であり、戦後の財閥解体に最後まで抵抗する。
  • 岩崎 俊弥:岩崎早苗の次男。旭硝子の創業者。

以下の人達は後藤の曾孫になります。

  • 犬養康彦:母親は象二郎の孫娘で、父親は犬養毅の息子。共同通信社の社長などを務める。
  • 川添象郎:祖父は後藤保弥太。音楽プロデューサーとしてYMOや松任谷由実などを世に送り出す。
  • 岩崎英二郎:言論学者であり、慶應義塾大学の教授を務める。

後藤はたくさんの子どもに恵まれ、娘達は良家に嫁いだ為、様々な経歴を持った子孫がいるのです。

後藤象二郎の功績

功績1「幕末に藩政に関与し、薩長に負けないよう改革を行う」

後藤象二郎が創設した開成館

後藤が幕末に行った政策は大政奉還の建白書の提出以外では以下の通りです。

  • 国際貿易や富国強兵を目的とした開成館を土佐に創設
  • 土佐産物の輸出業務や戦艦、武器などの買い入れを行う土佐商会を長崎に設ける。
  • ジョン万次郎と共に上海まで赴き、軍艦3隻を購入。
  • 薩摩藩の西郷隆盛や小松帯刀と会談し、薩土盟約を締結

1858年より幡多郡奉行に任命され藩政に関与しましたが、養父の吉田東洋が土佐勤王党に暗殺されると後藤は失脚します。その期間に後藤は英語や航海術を学ぶ等、逆境をバネにしたのです。

後藤は藩政に返り咲いた後は、上記に挙げた政策を行い土佐藩の国力を高めます。また大政奉還の建白書の提出により、薩長の倒幕に対する大義名分を失わせる等、一時的ですが政局の主導権を握ったのは見事でした。

後に樹立した明治政府では薩長土肥の出身者が要職を占めます。土佐藩が政府中枢に入り込む事が出来たのは、後藤が幕末に土佐藩の国力を増強し、薩長と渡り合える力を蓄えたからだったのです。

功績2「自由民権運動の先頭に立ち、国会開設に尽力」

民撰議院設立建白書・序文

後藤は1873年の征韓論で敗れて政界を去った後は「民選議院設立建白書」を板垣退助と政府に提出しています。後藤は藩閥政治を批判し、国会の開設や憲法の作成等、国民に寄り添った政治をするように説きました。

更に後藤は1886年には大同団結運動を提唱します。自由党や立憲改進党等、異なる党派の人達が1890年に行われる選挙に向けて再集結しようという運動でした。後藤の働きにより、自由民権運動は盛り上がりを見せます。

1873年に建白書を提出してから、1890年に国会が開設されるまで実に17年もの歳月が流れています。その間も政府は集会条例や保安条例等、民権運動派達にさまざまな弾圧を行いました。

国会開設や憲法の制定などは後藤達の努力により得られたものなのです。

功績3「黒田内閣に入閣し、政党内閣の実現に尽力 」

黒田清隆

大同団結運動を提唱した後藤でしたが、1889年2月には藩閥政府である黒田清隆内閣の逓信大臣として入閣します。どっちつかずの行動は後藤の評価を下げているのですが、内閣を内側から倒閣する目的がありました。

黒田内閣は諸外国との不平等条約の改正に取り組んでいましたが、後藤は交渉内容を批判。外務大臣の大隈重信がテロに遭い重傷を負った際には「1人の大臣の責任は内閣の連帯責任」と主張しました。

黒田内閣は大隈の責任を取り総辞職となり、後藤は藩閥政府の倒閣に成功したのです。後藤は民権運動家出身の閣僚として自由党や立憲改進党の人達と独自のパイプ持ったのでした。

功績4「朝鮮のクーデターに協力する」

甲申事変が起きた李氏朝鮮王朝の政務の場所・昌徳宮は世界遺産となっている。
出典:ソウルナビ

後藤象二郎は、1884年に朝鮮で起こったクーデター「甲申事変」に関わっていた日本人の一人でした。日本の明治維新を模範に、朝鮮も近代化して清から真の独立を果たそうと独立党を率いていた金玉均は、福沢諭吉の紹介で後藤とも面識を持ち、日本の武力を使ってクーデターを起こそうとします。

金玉均(1851〜1894)
出典:三田評論

クーデターに際し、後藤は金玉均ら朝鮮開化派に対して多額の金銭的援助をしたほか、福澤は後藤を政府顧問として朝鮮に送り込もうと考えていました。クーデターの実行により、朝鮮にいた日本の駐在軍の武力で一時は金玉均ら開化派が政権を握りましたが、清の干渉により甲申事変は失敗します。後藤の政府顧問就任の話も立ち消えになりました。

後藤象二郎と関わりの深い人物

坂本龍馬との関係

高知県桂浜に建つ坂本龍馬像
出典:高知市

後藤象二郎にとって、坂本龍馬はビジネスパートナーのようなものでした。養父である吉田東洋の暗殺に龍馬の参加する土佐勤王党が関係していたため、個人的な恨みはあったかもしれません。しかし日本という国の行く末を考える上では、後藤と龍馬は意気投合し、大政奉還という奇策を思いつくに至るのです。

大政奉還論は、後藤が購入した藩船「夕顔丸」に龍馬と同乗した際、龍馬が提案した新たな政治の仕組み「船中八策」を聞かされ、後藤が感化されたことで生まれたという説が有名です。しかし船中八策については創作の可能性も指摘され、あくまで後藤の考えという説を唱える人もいます。

大政奉還直後に龍馬が書いた、後藤宛の手紙
出典:高知県の観光情報ガイド「よさこいネット」

後藤は大政奉還建白書を藩主の山内容堂に出す際に、龍馬の発案とは伝えていません。それゆえに後藤が龍馬の手柄を横取りしたと考える人もいます。ただ、坂本龍馬は土佐藩の郷士と呼ばれる身分の低い武士であったため、身分制度に厳しい土佐藩で龍馬の名前を出したところで、容堂が耳を傾けることはなかったとも言えます。

龍馬は「真に才物である。我は、彼の才を利用して、吾党の志望を達せん」と後藤の真意を知っていたかような言葉を残しています。大政奉還は後藤と龍馬の私情を超えた関係の上で生まれた、土佐藩にとって起死回生の策だったのです。

坂本龍馬とはどんな人?生涯・年表まとめ【暗殺理由や名言、性格も紹介】

福沢諭吉のとの関係

慶應義塾大学にある福沢諭吉像
出典:損保ジャパン

後藤象二郎が慶應義塾の創設者である福沢諭吉と深い交わりを持っていたことは、あまり知られていません。しかし福澤は後藤を高く評価しており、ゆくゆくは日本の国の舵取りを任せたいと切望していたほどでした。

後藤が買い上げた高島炭鉱は「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されている。
出典:文化庁

二人の関係は、炭鉱を買ったために負債で身動きできない後藤を、福澤が誰にも頼まれもしないのに助けたことから始まります。大胆な性格と自由な思想を持つ後藤に福澤は惚れ込んでいたため、後藤が窮地に立たされると、政治家として活躍する場を用意するためにいつでも駆け回りました。

後藤が亡くなると、福澤は自ら創刊した新聞「時事新報」に弔文を載せます。そこには、いつか後藤が総理大臣に就任して、滞る政治を一新することを願っていたという内容が書かれていました。1898年に福澤と関わりの深い大隈重信が総理大臣になっていることを思えば、もし後藤が生きていたら、この福澤の願いは叶っていたかもしれません。

福沢諭吉とはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や功績、子孫や死因まで解説】

板垣退助との関係

高知県にある板垣退助の銅像
出典:高知市

板垣退助は後藤象二郎にとって遠い親戚というだけでなく、近所の幼馴染であり、生涯にわたって共に政治活動を行うに至る、唯一無二の関係でした。とはいえ、意見が合わないことも度々ありました。幕末には平和裡に大政奉還を推し進めようとする後藤に対し、武力をもって幕府を倒して新しい時代を作りたい板垣とで意見に食い違いが生まれます。

高知県では自由民権運動が盛んになり、自由大懇談会にも多くの民衆が集まった。
出典:高知市立自由民権記念館

しかし明治政府では共に参議として新しい国づくりに参加します。1873年の征韓論争では、二人は共に敗れて下野し、高知県の自由民権運動を引っ張っていく立場となりました。1881年に結成した自由党にも二人揃って参加しています。その後、立憲政治の視察のためにヨーロッパを旅した際も二人一緒でした。

その後、政府に対する立場が違うこともありましたが、後藤が亡くなった際には板垣が長文の追悼演説を行い、後藤の銅像を作るために奔走しました。板垣も他界後に銅像が建てられますが、後藤の銅像と向かい合うように作られたと言われています。しかし後藤と板垣の銅像は共に金属資源として太平洋戦争中に供出され、戦後も再建されませんでした。

板垣退助とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や名言、子孫、死因についても紹介】

吉田東洋との関係

鶴田塾跡(高知市長浜544の西)
出典:高知県立坂本龍馬記念館

後藤象二郎を志士へと導いたのが吉田東洋です。後藤は、東洋が開いていた鶴田塾(小林塾)に入ります。小林塾では、のちに三菱財閥の基礎を作る岩崎弥太郎や、明治政府の基本的組織を定めた政体書の起草で知られる福岡孝弟(たかちか)も共に学んでいました。

しかし1862年、吉田東洋は暗殺されてしまいます。それにより後藤は土佐藩で務めていた任務を解かれました。後藤にとって、東洋の死は苦難の始まりであったわけです。しかしそれは、坂本龍馬などとの新しい出会いに恵まれるきっかけでもありました。なお、東洋の息子は後藤によって引き取られ、明治時代には共に大同団結運動に参加しています。

吉田東洋とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や功績、暗殺理由、龍馬との関係性も解説】
1 2 3

コメントを残す