小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

寺山修司とはどんな人?生涯・年表まとめ【短歌や名言、死因も紹介】

寺山修司は、昭和時代に活躍したクリエーターです。歌人、脚本家、演出家、映画監督、写真家、エッセイストと多彩な顔を持ち、どの分野においても世界的に評価されており、他界して40年近く経った今でも熱狂的なファンがいることで知られています。

寺山修司

特に有名なのは、劇団「天井桟敷」主宰としての寺山修司の姿です。1960年代以降にブームとなったアングラ演劇を日本で牽引する一人であった寺山は、天井桟敷のメンバーとともに演劇の革命を起こします。既存の概念を壊して突き進む彼の芝居に、日本だけでなく世界中の多くの若者が夢中になりました。

映像の世界でも引っ張りだこの舞台俳優を多く育ててきたのは小劇場演劇です。寺山修司はその第一世代と呼ばれます。今もなお日本のカルチャーを牽引する力を持つ寺山修司とは、何者だったのでしょうか?この記事では、寺山修司の駆け抜けた人生とその功績を通じて、彼の魅力に迫ってみたいと思います。

寺山修司とはどんな人物か

名前寺山修司
誕生日1935(昭和10)年12月10日
没日1983(昭和58)年5月4日
生地青森県弘前市紺屋町
没地河北総合病院(東京都杉並区阿佐谷北1-7-3)
配偶者九條今日子(女優としての芸名:九条映子)
埋葬場所東京都八王子高尾霊園

寺山修司の生涯をハイライト

寺山修司自筆の石碑(岩手県北上市)

寺山修司は戦前の1935年に青森で生まれました。空襲を経験し、父を戦争で亡くし、寺山少年は多感な時期を複雑な家庭環境で過ごします。しかし、中学生の時に友達の影響で俳句に目覚めたことで、彼の創作人生の幕が開きます。

寺山の人生で目を惹くのは、人との出会いに恵まれていたことです。寺山自身もその縁を大事にしようとしました。特に演劇は一人では成立しない創作活動であり、寺山は「天井桟敷」のメンバーを自分の家族のように扱い、ともに暮らしました。寺山の芝居はそうしたメンバーとの一体感があったからこそ成立していたのです。

寺山修司の葬儀

若い頃から病に悩まされ続けた寺山でしたが、演劇や映画が世界でも認められた絶頂の時代、肝硬変と診断されます。それでも依頼されれば断れずに仕事を入れ、意識不明で倒れるまで創作活動を続けました。寺山修司の葬儀では、天井桟敷のメンバーが寺山の作品「レミング」の一節を唄って送り出しました。

一番最後でいいからさ
世界の涯てまで連れてって
世界の涯てまで連れてって

自分の葬儀でも、寺山は最高の演出をして旅立ったのです。

大切にした青森訛り

寺山修司は高校生までを青森で過ごしました。寺山は東京へ出てきてからも、青森訛りをそのまま用いていました。周囲の人たちの証言によると、寺山は自らを演出するが如く、その青森訛りを大切にしていたようです。

美輪明宏は寺山修司によって舞台人として見出されたとも言われています。

これは寺山自身に限ったことではなく、役者にもその個性として訛りを直さずに使わせることで、作品に奥行きを作っていたようです。寺山の芝居に出演していた美輪明宏も、長崎訛りをそのまま舞台で台詞として披露していました。

悩ましい母との関係

寺山修司の作品では、母殺しがよくテーマに取り上げられます。その奥底には、母との複雑な関係があったようです。寺山の父が戦死して以降、母・はつは米軍基地で働くようになりますが、寺山が中学生の時に青森に一人残して福岡へ行ってしまいます。これは母・はつがオンリー(特定の外国人と愛人契約を結んだ売春婦)であったのではないかとも言われています。

母・はつが働いていたといわれる福岡県芦屋基地は現在航空自衛隊の基地になっています。

母・はつにとって、寺山の社会的地位などは関係なく、ただただ母と息子の関係のみが全てだったようです。寺山は母がどれだけ勝手なことを言おうと、我慢して言う通りにしていたようで、母・はつの扱いに天井桟敷のメンバーはいつも悩まされていました。しかし、そんな母へのややこしい感情があったからこそ寺山のユニークな作品が生まれたと考えると、複雑な思いになります。

死因は医者が見落とした?腹膜炎

寺山修司の死因は肝硬変と腹膜炎のために敗血症となったことでした。ネフレーゼの治療の際の輸血が原因で肝硬変を起こしたと考えられています。ここに急性腹膜炎を併発したわけですが、この診断が遅かったがために治療が遅れ、寺山の死を早めたと、寺山の秘書を務めた田中未知が著書で書いているのです。

寺山修司と田中未知

この件に関しては、その腹膜炎が見抜けなかった医師が、この診断が遅れたことに対し「劇的な誤謬」と表現していることにも驚きます。もし腹膜炎だと早くに気づき治療していたら、寺山は肝硬変で亡くなっていたとしても、もう少し穏やかで緩やかな死であったのではないかと思われます。

寺山修司の代表作品

短歌

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

「マッチに火を灯すほんの一瞬、海に深い霧が立ち込めている景色が見える。私が命を捧げるほどの祖国はあるのだろうか」という意味です。

1957年に発刊された第一作品集「われに五月を」に収録された歌です。太平洋戦争が終わり、日本は敗戦の痛みから立ち直ろうと前向きになってきた時期です。高度経済成長の波に乗って、世間は明るい兆しも見えてきていましたが、若者たちは祖国への複雑な思いを抱えるようになっていました。そうした青春期の若者の危うい心情を詠んだ歌として、今も愛されています。

エッセイ

寺山修司の一番有名なエッセイといえば「書を捨てよ、町へ出よう」でしょう。本書は寺山が競馬について語ってみたり、家出入門を収録したりと、いわば寺山修司の “やりたい放題” のエッセイ集です。

しかし何よりこの題名が、寺山修司のアジテーターとしての白眉とも言える気がします。こんなに人を煽動するキャッチコピーがあるでしょうか?こうした言葉に対するリズム感やセンスが、寺山の人気が高い理由の一つであるとも思います。

作詞

カルメン・マキ

「時には母のない子のように」は1969年、天井桟敷に入団したカルメン・マキのデビュー曲として、寺山修司が作詞をしたものです。当時ミリオンセラーを記録し、カルメン・マキは1969年度のNHK紅白歌合戦に出場しています。

ミュージカル

意外と知られていないのが、寺山修司の手がけたミュージカル脚本です。劇団四季で今も上演されている子どものためのミュージカルは、初期作品を寺山修司が書いていました。

1964年初演の「はだかの王様」は、アンデルセン童話を元に作られています。洋服に関係する名前を登場人物に割り振るなど、寺山らしい遊び心が溢れた作品です。

古代ギリシャ神話をベースに寺山修司が書き下ろしたミュージカル「王様の耳はロバの耳」は、1965年に初演されました。

寺山修司の功績

功績1「眩いばかりの受賞歴」

寺山修司は、早くからその才能を、日本国内だけではなく海外でも認められたクリエーターでした。

演劇に関しては特に、1971年にユーゴスラビアでグランプリを受賞した「邪宗門」と、1981年にヴィレッジャー紙の最優秀外国演劇賞を受賞した「奴婢訓」が注目すべき作品です。ヴィレッジャーはダウンタウン・ビレッジの有力なコミュニティ新聞です。

寺山の手がけた映画も様々な賞を受賞していますが、代表作と言ってよいのが1974年公開の作品「田園に死す」です。国内で芸術選奨新人賞を受賞した後、翌年にはカンヌ映画祭に正式出品されました。この映画は1976年にベルギー・バース、ベナルマデオ各映画祭で審査員特別賞も受賞しています。

功績2「職業は「寺山修司」」

寺山修司は職業を尋ねられると「寺山修司です」と答えていました。それは、彼の生涯持ち続けた問い「私とは誰か?」に対する答えの一つであったとも思われます。

寺山修司

寺山は、映画・演劇・詩歌・エッセイ・小説・写真といったあらゆるジャンルを使いながら、私(=寺山修司)という存在を形而上の存在として対象化させ、さらに形而下にある寺山修司を見つめ、表現しようとしました。こうした俯瞰的なものの見方ができることこそ、寺山修司の才能の一つであったように思います。

結果的に、寺山修司は脚本家・演出家・詩人・エッセイストなど、さまざまな顔を持つことになりました。つまり、寺山修司は現在で言うところのマルチクリエイターのパイオニアであったと言えるでしょう。

寺山修司の名言

死を抱え込まない生に、どんな真剣さがあるだろう。明日死ぬとしたら、今日何をするか?その問いから出発しない限り、いかなる世界状態も生成されない。

「さかさま世界史」という1974年刊行の作品に収録されている一節です。世界中の23人の英雄について、寺山修司独自の視点から批評している、ユニークな作品です。

寺山は若い頃から大病を患い、死が身近にありました。明日が来ることが当たり前ではないと身をもって実感していたのでしょう。だからこそ彼は、生き急ぐが如く日々創作活動に打ち込んでいたように思います。

ほらほら、星が出ている。出ているけど、屋根があるから、ここからは見えない。だが、見えるものばかり信じていたら、いつかは虚無におちるだろう。

1967年6月に天井桟敷で初演した芝居「大山デブコの犯罪」の一節です。寺山修司の舞台は、視覚的に度肝を抜くような演出・舞台衣装・メイクが多く、ついついそこに目を奪われがちですが、寺山が観客に訴えたかったのはその本質であった気がします。役者が裸であろうが、それはあくまで装飾にすぎないのです。

「大山デブコの犯罪」のポスターは横尾忠則が手掛けました。

つまり、ある意味では観客を「試す」芝居であったようにも思います。まやかしに騙されず、台詞や役者の芝居の核になっているものを見ないと、虚無になってしまうということなのかもしれません。

1 2 3

コメントを残す