小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

第二次世界大戦の原因やきっかけは?当時の各国の状況も詳しく紹介

「第二次世界大戦が起きた原因は何?」
「日本も第二次世界大戦に参戦した理由はなぜ?」

第二次世界大戦は1939年から1945年の6年余り、日本・ドイツ・イタリアを中心の枢軸国とアメリカ・イギリス・ソ連などの連合国が戦った世界大戦です。西はヨーロッパから東は太平洋まで世界各地で戦闘が繰り広げられた世界史上最悪の戦争となりました。

世界史上最悪と言われた第二次世界大戦は多くの被害を世界中に出した
出典:Wikipedia

この戦いでは核兵器も投入され、日本も多くの人命が失われた戦争でもありました。どうしてそんな世界中を戦火に巻き込んだ第二次世界大戦が起こってしまったのでしょうか?この記事では第二次世界大戦の原因を詳しく解説していきます。

第二次世界大戦とは

ポーランドに侵攻するドイツ軍
出典:Wikipedia

第二次世界大戦は、1939年から1945年の6年間の世界大戦です。主にドイツが引き起こした“ヨーロッパ戦線”と、日本が引き起こした“東アジア・太平洋戦線”の二つがあります。きっかけはドイツが1939年にポーランドに侵攻。イギリス・フランスに宣戦布告により世界大戦に発展しました。

連合軍の攻撃で焦土と化したドイツ・ベルリン
出典:Wikipedia

ドイツ・イタリア・日本の間で日独伊三国同盟を結び、主にドイツはヨーロッパを、日本は東アジアで戦闘を繰り広げています。しかし徐々に連合国側が圧倒し、1943年9月にイタリアが降伏、次いで1945年5月にドイツが降伏、そして1945年8月に日本が降伏して第二次世界大戦は終息しました。

詳しい第二次世界大戦の内容は下記の記事を参照してください。

第二次世界大戦をわかりやすく解説!きっかけや原因、年表も紹介

第二次世界大戦が起きた主な4つの原因

第二次大戦下のイギリス陸軍
出典:Wikipedia

第二次世界大戦はなぜ起きたのか?原因は複雑に絡み合っており、いくつもの理由があります。その中でも、特に理由として大きく作用したと考えられるものを4つ紹介します。

1.世界大恐慌による経済混乱が起きた事

ニューヨーク・ウォール街の様子
出典:Wikipedia

第二次世界大戦が始まる前の1929年から1936年頃にかけて、「世界大恐慌」と呼ばれる世界的な大不況が起こりました。アメリカのウォール街で株価が大暴落し、慌てた預金者たちが銀行に殺到。引き出されることにより銀行は相次いで倒産し、連鎖で投資を受けていた企業も倒産という負の連鎖を起こしたのです。

アメリカは世界経済の中心であり、不況の波は世界中へと広がっていきました。世界恐慌の余波は1936年頃まで続き、実に4人に1人は失業者という状況へと陥ってしまったのです。こうした経済不安は、世界中の国の経済を圧迫させ、世界各国を追い詰めていきました。

紙幣で遊ぶドイツの子供の様子
出典:愛隣保育園長ブログ

特に第一次世界大戦で敗戦し多額の賠償金を払っていたドイツは、世界大恐慌で“ハイパーインフレーション”に陥ってしまい、国民の不満に入り込むようにヒトラー率いるナチ党が台頭していくこととなります。

世界大恐慌とは?原因と影響、各国の対応について紹介【コロナとの比較も】

2.自国ファーストの貿易が行われた事

イギリスやフランスは他国製品に高い関税をかけ経済をブロックした

世界恐慌で経済が不安定になった国で、植民地を多く持つ国は「ブロック経済政策」という自国の経済を保護する政策を打ち出しました。具体的にはイギリスやフランスなどの国は、自国と自治領、植民地の間で「ブロック」と呼ばれる経済圏を作り、他国に製品に高い関税をかけて貿易を制限したのです。

しかしブロック経済政策により他国との貿易を追い出してしまう結果となり、輸出に頼り切っていた国は自国経済を維持できない状態となってしまいました。植民地を持つ国が“自国ファースト”を行った結果、領土を持たない国が困窮していくこととなったのです。

ブロック経済とは?政策の特徴や影響、経済圏についてわかりやすく解説

3.「持たざる国」が窮地に立たされた事

日本では「昭和恐慌」と呼ばれ、特に農村部が大打撃を受けた
出典:SharewisPLESS

世界大恐慌においって領土や資源を“持っている国”は自国で経済立て直しを図ることが可能ですが、日本・ドイツ・イタリア等植民地を“持たざる国”は、ブロック経済を行えませんでした。

特にドイツは第一次世界大戦の敗戦のため巨額の負債を抱えており、その上世界恐慌でアメリカ資本が次々とドイツを撤退。一度持ち直し始めていた経済は再度転落してしまったのです。

イタリアの首相ムッソリーニが先駆けで、後にドイツや日本もファシズム国家といわれた
出典:Wikipedia

同じように日本やイタリアも植民地や資源を持たないために、自国で経済を立て直すことは出来ませんでした。そのためにこれらの国は、国の存続のために「軍国主義」へと向かうこととなります。軍の力で侵略することによって、領土や資源を得ようと考えるのです。軍国主義を「ファシズム」といいますが、日独伊を代表するファシズム国家は資源や領土を求めて戦争を仕掛けていくこととなりました。

4.ヴェルサイユ体制が崩壊した事

国際連盟本部
出典:Wikipedia

第二次世界大戦前は“ヴェルサイユ体制”と呼ばれる、ドイツ封じが目的の国際体制を敷いていました。そして「国際連盟」を作り世界平和を目指していましたが、ヒトラーが掌握したドイツは禁止されていた再軍備化をすすめ、1933年に国際連盟を脱退します。

同じ1933年に、日本も国際連盟を脱退します。国際連盟から満州国の独立が認められず、満州国を承認できないと決議されたためでした。

エチオピア戦争でのイタリア軍、イタリアも領土を広げようとした
出典:Wikipedia

最後にイタリアも1935年にエチオピア戦争が勃発。エチオピアは国際連盟の加盟国だったために当然批判される中、1936年にエチオピアを併合。しかし国際連盟を中心に批判が止まず、1937年に国際連盟を脱退しました。

日独伊三国同盟を記念した三国の国旗
出典:Wikipedia

国際的に孤立を深めた「持たざる国」の三国は、日独伊三国防共協定を結びます。これによりヴェルサイユ体制は崩壊しました。そして1940年には「日独伊三国同盟」が結ばれ、枢軸国の基盤が出来上がってしまったのです。

日独伊三国同盟とは?経緯や各国の目的、与えた影響を分かりやすく解説

第二次世界大戦に至る枢軸国の背景

凱旋門を通るドイツ兵、世界経済の不安定により国同士の弱肉強食的思想が芽生え始めていた
出典:Wikipedia

日・独・伊の枢軸国の動向が第二次世界大戦の開戦に大きく影響を及ぼしました。「持たざる国」である三国がどのように戦争へと向かっていったのか?背景を簡単に解説します。

ドイツの場合

賠償金と世界恐慌による経済破綻

演説するヒトラー、疲弊するドイツに急速にナチ党は進出していった
出典:Wikipedia

第一次世界大戦で敗戦したドイツは多額の賠償金を戦勝国に支払っていました。しかし無理な金額のために返済が滞り、1923年にフランスがドイツのルール地方を差し押さえのために占拠。それにより、元々インフレ気味だったドイツは異常な「ハイパーインフレーション」状態に陥ってしまいました。

街頭演説するヒトラー
出典:Wikipedia

そして1929年の世界恐慌にとどめを刺され、ドイツは失業者の増加と企業の倒産が相次ぎます。そういった時に台頭してきたのが、ヴェルサイユ条約の打破・共産主義者やユダヤ人を敵視するヒトラーが率いるナチ党でした。そして1933年にはヒトラーは首相に任命され、基本的人権を停止し、他の抵抗勢力を奪い独裁政権を敷いたのです。

ヴェルサイユ条約とは?内容や目的、賠償金額まで分かりやすく解説

ミュンヘン会談の影響

ミュンヘン会談の参加者の写真
出典:Wikipedia

第二次世界大戦の大きなきっかけとなったのが、1938年に行われた「ミュンヘン会談」です。イギリス・フランス・ドイツ・イタリアの首脳が集まっての会談でした。ドイツがドイツ人の多く住むチェコスロバキアのズデーテン地方を割譲するように要求。結果的にイギリスの宥和政策の一環で、ズデーテン地方はドイツに併合されます。

ドイツ軍を迎えるズデーテンラントの住民
出典:Wikipedia

この会談の背景にはイギリスがソ連を警戒していたために、ドイツや日本にソ連を抑えさせようという思惑があったといわれています。そのことはヒトラーも承知しており、イギリスがソ連を警戒している限り、自分の要求が通ると考えていました。そしてズデーテン地方を併合できたことで、確信と変わっていったのです。

アドルフ・ヒトラーとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や死因も簡単に紹介】

領土を求めポーランド侵攻

独ソ不可侵条約締結の様子、犬猿の仲の両国が条約を結んだことに世界が驚愕した
出典:Wikipedia

チェコスロバキアのズデーテン地方を併合したドイツは、次はポーランドにあるダンツィヒを奪い返そうと考えます。ダンツィヒはバルト海に面した海港都市でドイツの貿易港でしたが、第一次世界大戦の敗戦で領土を奪われ、ポーランド領になっている都市でした。

ポーランド軍、条約の一週間後にはポーランドへの侵攻が開始された
出典:Wikipedia

結局1939年にドイツとソ連は「独ソ不可侵条約」を結びます。この条約は表向きは“お互い不可侵で”という内容でしたが、裏でポーランドの領地の取り分をソ連と取り決めていたのです。そして取り決め後、一週間後にはドイツはポーランドへ侵攻。第二次世界大戦が開戦となりました。

独ソ不可侵条約とは?なぜ結ばれた?目的や理由、影響をわかりやすく解説

イタリアの場合

当初は中立の立場だった

イタリア軍、イタリアはドイツや日本ほどの軍を持っていなかった
出典:Wikipedia

イタリアは1937年に国際連盟を脱退したものの、第二次世界大戦への参戦は当初中立の立場をとっていました。ただしヒトラーはイタリアが参戦することを期待していましたが、イタリアとしては「しぶしぶ感」があったのは、ドイツは工業国なのに対し、イタリアは農業国な上にエチオピア侵攻で軍も疲弊していたからといわれています。

結局漁夫の利を狙って参戦

ベルギーに侵攻するドイツ軍、当初ドイツ軍は快進撃を見せていた
出典:Wikipedia

イタリアが中立を保っている間に、ドイツはオランダやフランスに侵攻。予想以上の快進撃に、首相のムッソリーニは、フランスが占領されたことによりイギリスも早期講和に持ち込むだろうと予想し、フランスとイギリスに宣戦布告しました。

ヒトラーとムッソリーニ、親独路線のイタリアはやはり戦争を免れなかった
出典:Wikipedia

ドイツ側についた理由は、ドイツ優位と見て“漁夫の利”を狙っての参戦だったといわれています。またそれ以外に、ドイツへの恐怖もあったといいます。ムッソリーニは周囲に、

「中立でとどまることができると信じているイタリア人はいるのだろうか?どうやって中立を保つか教えてもらいたい、イタリアが後退できないのは明らかであり、鋼鉄と呼ばれる条約に調印したことが、ドイツに侵略される際には最後の頼みの綱になるだろう」

と漏らしていたといいます。イタリアとしてもドイツに侵略されるかもしれない恐怖があり、参戦せざるえない状況となったのです。

ムッソリーニとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や死因も紹介】

日本の場合

日中戦争泥沼化

日中戦争の中国兵
出典:Wikipedia

日本が国際連盟を脱退後、1937年に盧溝橋事件を発端として日中戦争(支那事変)を開始。中国と全面戦争しますが、日本の予想以上の抵抗に戦闘は長期化。日本は国家総力戦で挑みますが、なかなか勝負がつきませんでした。

そのために、日本は中国を援助するアメリカやイギリスの輸送路を遮断したいという考えが出るようになります。これが日本の第二次世界大戦に参戦する1つのフラグです。

日中戦争とは?原因や結果、日本がしたことを年表で詳しく紹介

ABCD包囲網による経済困窮

日本は東南アジアの石油や天然資源がとても欲しかった

日本が第二次世界大戦に突入する理由の一つに、日本が東南アジアの石油や天然資源を欲していたことが挙げられます。そのために日独伊三国同盟を結び、ドイツに降伏していたフランス領インドシナ半島を占領し、資源を確保しようとしました。

このことに反発した東南アジアに植民地を持つアメリカ・イギリス・オランダが、“ABCD包囲網”と呼ばれる石油を輸出しない経済制裁を行います。

ABCD包囲網の図
出典:ええランチ探検隊

これにより、日本の石油はあと半年で尽きるという程に追い詰められたのでした。日本は世界恐慌の影響で経済はひっ迫し、そのため領土と資源を求めて戦争をしかけ、その結果経済制裁を受けて更に厳しい状況となってしまったのです。

太平洋戦争に突入

アメリカの真珠湾を攻撃、太平洋戦争へと突入した
出典:Wikipedia

結局日本はアメリカの挑発を受け、アメリカに奇襲攻撃。1941年に太平洋戦争に突入することとなりました。この頃ヨーロッパではドイツが破竹の勢いで進軍し、イギリスが窮地に立たされアメリカの参戦を切望していました。そのためアメリカも第二次世界大戦への参戦タイミングを図っていました。

クアラルンプールで戦う日本軍、西洋植民地に侵攻した
出典:Wikipedia

そして日本の方も当時アジアの権益はイギリスとフランスが握っており、ドイツがイギリスとフランスに勝利をしたら、その二つの領地を得る事が出来ると目論んでいました。そして経済制裁により石油も止められ、結局早期講和を目標に“太平洋戦争”を開戦し、第二次世界大戦に参戦したのです。太平洋戦争突入により、ドイツとイタリアも日独伊三国同盟により宣戦布告。世界を巻き込んだ世界大戦と発展していきました。

太平洋戦争をわかりやすく解説!原因や死者数、終戦までを年表付きで紹介

第二次世界大戦の原因に関するまとめ

いかがでしたでしょうか?今回第二次世界大戦の原因に焦点を置いた記事の執筆を通じて感じていることは、結局各国が“自国ファースト”を掲げた結果起きた戦争だと感じています。大きくは経済政策が遠因であり、国家間の弱肉強食の結果が第二次世界大戦だったのではないでしょうか。

しかし結局戦争という解決法は、多くの人命を失い焦土と化してしまうものです。何も残る解決法ではなくこれから人類が戦争という手段で、物事を解決することが無いように願う次第です。第二次世界大戦を教訓に、世界が助け合いながら進んでいかなければならないと感じることができます。この記事を読んで、第二次世界大戦とはこういう戦争だったんだと知っていただいた人がいたら光栄に感じます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 COMMENT

匿名

とても分かりやすかったです!
できれば、戦後の日本について紹介してくれませんか?

返信する

コメントを残す