【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

土佐日記とは何かわかりやすく解説!作者や品詞分解も簡単に紹介

「土佐日記」は平安時代中期に、歌人・紀貫之が執筆した日記文学です。内容は土佐国の役人(国司)だった貫之が、京に戻るまでの旅路を綴ったものです。男性である貫之は、土佐日記を女性目線で執筆しており、情景や心情が仮名文字で生き生きと表現されています。

臨書された土佐日記
出典:Wikipedia

古典の授業で必ず習う土佐日記ですが、歴史的意義や内容については詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では土佐日記とはどのような作品なのか、あらすじや作者、後世に与えた影響などについて紹介していきます。

土佐日記は気軽に読める作品ですが、貫之が土佐日記を書こうと考えた理由や、平安時代特有の歴史的背景を知っておく方が、理解しやすいと思います。この記事を読んで、「土佐日記について詳しく知りたい」と思ってもらえれば幸いです。

この記事を書いた人

Webライター

吉本 大輝

Webライター、吉本大輝(よしもとだいき)。幕末の日本を描いた名作「風雲児たち」に夢中になり、日本史全般へ興味を持つ。日本史の研究歴は16年で、これまで80本以上の歴史にまつわる記事を執筆。現在は本業や育児の傍ら、週2冊のペースで歴史の本を読みつつ、歴史メディアのライターや歴史系YouTubeの構成者として活動中。

土佐日記とは

紀貫之(百人一首より)
出典:Wikipedia

土佐日記とは平安時代の歌人・紀貫之が執筆した日記文学です。貫之が土佐国で国司だった貫之が、土佐国から京へ戻るまでの道のりを日記にしたものになります。作品が生まれた時代背景や、作者の貫之についてまずは解説していきましょう。

平安時代に生まれた日記文学作品

平安京の復元模型
出典:Wikipedia

貫之は京に戻ってから土佐日記を書き上げました。この作品は判明している時点で日本初の日記文学です。更に「仮名文字」で書かれている点が特徴になります。

仮名文字とはひらがなやカタカナの事です。もともとの由来は伊をイと置き換えるように、漢字を変化させたものになります。仮名文字の発展により、日本人は日本人が持つ感性を最大限に表現できるようになりました。

奈良時代は風の文化が色濃く反映されていましたが、平安時代には日本古来の文化を大切にする国風文化が花開きます。この頃から文字として漢文だけでなく仮名文字が使われ始めました。仮名文字は主に和歌などで用いられています。

平安時代の日記は男が漢文を使って書いていた

貫之が書いた古今和歌集の仮名序は、仮名文字で書かれている
出典:Wikipedia

平安時代は公的な文書は「男性が漢文で書くもの」でした。女性が使う文字は仮名文字に限られ「男性は漢文・女性は仮名文字を使う」とされていたのです。ただ和歌は仮名文字を使用している為、男性が仮名文字を使う機会は多くありました。

また平安時代の日記とは「儀式や政情を伝え残すもの」という意味合いがあり、朝廷の公的な記録という意味合いがあったのです。現在の日記とは意味合いが異なり、漢文で書かれた非常に堅苦しいものでした。

「日記は男性が漢文で書くもの」「日記は朝廷の公的な記録」という2点を踏まえておくと、土佐日記が画期的な作品である事が分かってくるのです。

作者である紀貫之とは?

明治時代に描かれた紀貫之の肖像画
出典:Wikipedia

土佐日記を執筆したのは紀貫之です。貫之が生まれたのは866年頃。貫之は「紀氏」という貴族として生まれるものの、当時は藤原家が台頭していました。結果的に貫之は朝廷の中で思うような出世が出来なかったのです。

没落していた紀氏ですが、彼らは和歌などの文学的な才能に秀でていました。貫之は周囲の環境と天性の才能を活かし、和歌を詠む歌人として名を馳せていくのです。

貫之は醍醐天皇の命令で、日本初の勅撰和歌集である「古今和歌集」の編纂に着手。完成したのは905年の事でした。貫之は古今和歌集の序文・仮名序で和歌の本質やあり方について解説しています。

貫之は優れた歌人であると共に、和歌についての学問である歌学を生み出しました。貫之は一連の功績から、文学史上最大の敬意を払われてきたのです。貫之が後世に与えた影響は計り知れないものがあるでしょう。

紀貫之とはどんな人?生涯・年表まとめ【代表作品や子孫も紹介】
1 2 3 4 5 6

コメントを残す