小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

世界の有名哲学者30人一覧!古代から現代まで思想家を国別で紹介

哲学者とは、人の存在や生き方、世界や事物が持つ根源のあり方や原理を理性によって求める学者たちです。歴史上において、彼らは様々な研究や思考を重ね、知識人として幅広い学問の発展に貢献してきました。そこで、今回は日本や世界で活躍する30人の有名な哲学者について詳しく紹介していきます。

彼らの功績や人物像について国別にまとめて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ギリシアの有名哲学者

ソクラテス

無知の知を自覚していたソクラテス
出典:Wikipedia

ソクラテスは、西洋哲学の基礎を築いたアテネ出身の哲学者です。彼は古代ギリシアを代表する哲学者でしたが、彼自身は著述活動をしていなかったため、彼についての情報は周囲の作家が書き残したものしか存在していません。

ソクラテスの思想で最も有名なのが「無知の知」です。彼は自身のみが「自分が何も知らない」ということを自覚しており、自覚していない人と比べて優秀であると考えていました。

哲学者ソクラテスとはどんな人?生涯・年表まとめ【問答法や名言、思想などを紹介】

プラトン

イデア論を提唱したプラトン
出典:Wikipedia

プラトンは、ソクラテスの弟子の1人として知られる古代ギリシアの哲学者です。彼は「国家」や「パイドロス」などの著作において「イデア論」を展開し、真に実在するのはイデアであって我々が体感している世界はイデアの似像にすぎないと主張しました。

また、彼はアテネ郊外のアカデメイアに学園を開設しています。その後、地名であったアカデメイアは学園の名称として定着し、アカデミーの語源となりました。

プラトンとはどんな人?生涯・年表まとめ【イデア論や名言、功績についても紹介】

アリストテレス

万学の祖と呼ばれたアリストテレス
出典:Wikipedia

アリストテレスはプラトンの弟子であり、「万学の祖」と呼ばれる古代ギリシアの哲学者です。彼は人間の本性が知を愛することにあると考え、550巻に及ぶ本を書きました。しかし、そのうち僅か3分の1しか現存していません。

また、彼はマケドニアに学園を開設し、哲学や弁論術、医学などの学問を教えていました。この学園では、少年時代のアレクサンドロス大王や彼を支えたマケドニアの将軍たちが学んでいたようです。

アリストテレスとはどんな人?生涯・年表まとめ【功績や名言、思想についても紹介】

タレス

万物の根源は水と主張したタレス
出典:Wikipedia

タレスは古代ギリシアにおける最古の哲学者です。彼以前の時代、世界の起源については神話的な説明しかされていませんでした。しかし、彼は初めて合理的な説明を試み、万物の根源は水であると主張しました。

また、彼はタレスの定理を生み出しました。タレスの定理とは、半円に内接する円周角は90度の直角になるという定理であり、日本では中学校の数学の授業で習います。

ヘラクレイトス

万物の根源は火であると主張したヘラクレイトス
出典:Wikipedia

ヘラクレイトスはトルコ西部のエフェソスで生まれたギリシア人哲学者です。彼は万物の根源は一定ではなく常に移り変わるものである火とし、「万物は流転する」と言いました。そして、その背後には変化しないものである「ロゴス」があると主張しています。

しかし、彼の著作「自然について」は断片的にしか残っておらず内容も理解しにくいため、彼は最も難解な哲学者であると言われています。

デモクリトス

原子論を提唱したデモクリトス
出典:Wikipedia

デモクリトスはバルカン半島のトラキア出身であり、古代ギリシアで活躍した哲学者です。彼は物質の根源には原子(アトム)が存在していると考え、「原子論」を提唱しました。

しかし、彼は自然の性質や物質についての理論は展開しましたが、世界の起源については詳しく語りませんでした。その上で、いかなることも偶然によって起こりえないと語っています。

ピタゴラス

万物の根源は数であると主張したピタゴラス
出典:Wikipedia

ピタゴラスは、エーゲ海東部にあるサモス島出身の哲学者です。彼は数学者としても知られており、万物の根源は数であると主張して「サモスの賢人」と呼ばれました。

また、彼は思想を共有する弟子と共に宗教結社「ピタゴラス教団」を立ち上げ、「ピタゴラスの定理」を含む様々な数学の定理を発見しました。「ピタゴラスの定理」は、日本では「三平方の定理」として知られています。

ピタゴラスとは何した人?生涯・歴史まとめ【名言や功績、死因も紹介】

エピクロス

快楽主義を提唱したエピクロス
出典:Wikipedia

エピクロスはギリシアとオリエントの文化が融合したヘレニズム期の哲学者です。彼は快楽主義で知られるエピクロス派の始祖であり、現実のわずらわしさから解放された状態を「快」としました。

この思想における快楽とは精神的快楽であり、肉体的快楽は「苦」であるとしています。しかし、多くの人々はエピクロスの快楽主義をいかがわしいものだと勘違いしてしまったようです。

中国の有名哲学者

孔子

儒教の祖となった孔子
出典:Wikipedia

孔子は春秋時代の哲学者であり、諸子百家の先駆けとなった儒家の始祖です。彼が広めた「仁と礼に基づく理想社会の実現」という儒教思想は、中国における政治理念や思想、文化の基礎となり、現代においても中国を中心とした東アジア各国で強い影響力を持っています。

また、孔子の言行が書かれた儒教の経典である「論語」は、孔子自身の手によって執筆されたものではありません。実は、「論語」は孔子の死後に彼の弟子によって編纂された書物でした。

論語を説いた孔子とはどんな人?生涯まとめ【名言から人柄、思想や弟子まで紹介】

孟子

性善説を説いた儒学者の孟子
出典:Wikipedia

孟子は、儒学において孔子の次に重要視されている中国戦国時代の哲学者です。彼は性善説を説き、仁義による王道政治を目指しました。性善説とは、人間の本性は基本的に善であるとする学説です。

また、孟子を批判して性悪説を提唱した荀子は、孟子より少し後の時代を生きた哲学者でした。彼は人間の本性は基本的に悪であるとし、礼を学ぶ重要性を主張しました。

墨子

墨子が残した著作「墨子」
出典:Wikipedia

墨子は諸子百家の1つである墨家の開祖となった哲学者です。彼は儒家の仁を差別的な思想であるとし、無差別な愛を説く独自の平和主義・博愛主義的な思想を切り拓きました。

その後、墨家は戦国時代であった中国国内で大流行し、宗教団体となるまで勢力が拡大していきます。その結果、儒家に対抗できる最大勢力となりましたが、戦国時代が終了した頃には消滅しました。

イギリスの有名哲学者

トマス・ホッブズ

「リヴァイアサン」で王権を擁護したトマス・ホッブズ
出典:Wikipedia

トマス・ホッブズは、17世紀のイングランドにおいて絶対王政の立場を擁護した哲学者です。彼は著作「リヴァイアサン」において、「万人の万人に対する闘争」にある人間の自然状態を回避するために、自然権を国家に譲渡すべきであると主張しています。

彼の人工的国家論と社会契約説は近代ヨーロッパにおける政治哲学の基礎を形成しました。しかし、国王の特権を擁護する彼の主張は、イギリス議会からは批判の対象となりました。

ジョン・ロック

自由主義の父と呼ばれたジョン・ロック
出典:Wikipedia

ジョン・ロックはイギリス経験論の父と呼ばれる哲学者です。イギリス経験論とは、人間が持つすべての知識は経験に基づくものであるとする思想を指しています。

また、彼は自由主義の父とも呼ばれており、自身の著書である「統治二論」で主張した政治思想はイングランドで発生した名誉革命を正当化しました。その後、彼の思想はアメリカ独立宣言やフランス人権宣言にも影響を与えました。

アダム・スミス

古典派経済学の父と呼ばれたアダム・スミス
出典:Wikipedia

アダム・スミスは産業革命期のイギリスで著作「国富論」を発表した哲学者です。「国富論」において、個人が利益を追求することによって社会全体の利益が「神の見えざる手」によって達成されると説きました。

彼は近現代における自由主義経済理論を体系化した人物であり、「古典派経済学の父」と呼ばれています。また、彼は経済学だけでなく倫理学にも精通しており、道徳について書かれた「道徳感情論」を出版しています。

アダム・スミスとはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や名言、国富論、逸話について紹介】

ジェレミ・ベンサム

功利主義の創始者として知られるジェレミ・ベンサム
出典:Wikipedia

ジェレミ・ベンサムは、正しい行為や政策は最大多数の最大幸福をもたらすと考える功利主義を提唱した哲学者です。この理念は、19世紀にイギリス東インド会社がインドの支配をした際の行政法体系に大きな影響を与えています。

また、彼は功利主義に基づいて、当時のイギリスでは禁止されていた同性愛を擁護しました。同性愛は誰にも被害を与えず、当事者間において快楽がもたらされるとし、合法化を提唱しました。

ジョン・ステュアート・ミル

諸個人の自由について言及したジョン・ステュアート・ミル
出典:Wikipedia

ジョン・ステュアート・ミルは、功利主義を基礎として自由主義やリバタリアニズムに影響を与えた政治哲学者です。彼は著作「自由論」において、国家の権力に対する諸個人の自由について論じました。

また、晩年の彼は社会主義者であったようです。彼は産業革命や植民地競争によって急速に豊かとなっていったイギリスの背後に潜む経済的な社会問題を課題とし、持続可能な定常型社会を構想していました。

フランスの有名哲学者

ルネ・デカルト

「我思う、ゆえに我あり」の命題で知られるルネ・デカルト
出典:Wikipedia

ルネ・デカルトは、ヨーロッパ大陸において始まった合理主義哲学の先駆者であり、近代哲学の祖として知られる哲学者です。彼が提唱した「我思う、ゆえに我あり」は哲学史上において最も有名な命題となりました。

彼の哲学体系の特徴は、歴史学や文献学などの人文学系の学問ではなく数学や幾何学の研究によって成り立っていることにあります。そのため、彼の哲学は17世紀にヨーロッパで起きた科学革命に大きな影響を与えました。

ルネ・デカルトとはどんな人?生涯・年表まとめ【思想や性格、名言についても紹介】

シャルル・ド・モンテスキュー

三権分立を提唱したシャルル・ド・モンテスキュー
出典:Wikipedia

シャルル・ド・モンテスキューは、社会学の父と呼ばれる保守主義の哲学者です。彼は著作「法の精神」において、政治権力を立法、司法、行政の3つに分割する「三権分立論」を提唱しました。

この「三権分立論」は、フランス以外の国家においても近代的な政治システムとして採用されています。アメリカ合衆国憲法では国家の主要システムとして三権分立が取り入れられました。

ジャン・ジャック・ルソー

近代的な社会契約説を提唱したジャン・ジャック・ルソー
出典:Wikipedia

ジャン・ジャック・ルソーは、近代的な社会契約説を提唱したジュネーブ生まれの哲学者です。彼の思想は封建社会や絶対王政を強く批判しており、フランス革命を始めとした市民革命に大きな影響を与えました。

また、同時代を生きたフランス王妃であるマリー・アントワネットの言葉として有名な「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」は、実はジャン・ジャック・ルソーの著作「告白」に登場する台詞です。後世において、彼女の言葉として間違って広められてしまったようです。

ルソーってどんな人物?【思想や文学作品、人物像まで詳しく解説】

レヴィ・ストロース

現代哲学における構造主義を創始したレヴィ・ストロース
出典:Wikipedia

レヴィ・ストロースは、現代思想における構造主義の祖とされる20世紀生まれの哲学者です。構造主義とは、全ての現象に潜在している構造を抽出し、その構造によって現象を理解して制御する方法論を指します。

著書「野生の思考(パンセ・ソバージュ)」において、彼は従来のヨーロッパ中心主義に異を唱えています。彼は野蛮のレッテルを張られていた所謂「未開社会」でも秩序と構造が見出せると主張しました。

ドイツの有名哲学者

ゴットフリート・ライプニッツ

単子論(モナド)を提唱したゴットフリート・ライプニッツ
出典:Wikipedia

ゴットフリート・ライプニッツは、近代哲学における大陸合理主義を代表する哲学者です。哲学の分野において、彼は「単子論(モナド)」を提唱しました。単子論(モナド)とは、現実に存在しているものの構成要素を分割していった先にある実体です。

また、彼は哲学だけでなく数学や科学など幅広い分野で活躍した学者でした。さらに、政治家として外交関係の仕事に従事した後に、1711年には神聖ローマ皇帝カール6世の下で帝国宮中顧問官に任命されました。

イマヌエル・カント

批判哲学を提唱したイマヌエル・カント
出典:Wikipedia

イマヌエル・カントは、18世紀のヨーロッパで流行した啓蒙思想の時代に活躍したプロイセン王国の哲学者です。彼は「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」の3冊の著作において批判哲学を提唱しました。

「批判哲学」とは、理性や感性、判断力などで構成される人間の認識能力とその限界を吟味し、それに相応しい役割を与える哲学です。彼は人間が持つ理性能力の限界が確定した上、真の形而上学としての哲学が築かれるべきであると考えました。

イマヌエル・カントとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や思想も紹介】

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ヘーゲルの弁証法で知られるゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル
出典:Wikipedia

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルは、カントの批判哲学に対する反動で展開されたドイツ観念論を代表する哲学者です。彼が体系化した「ヘーゲルの弁証法」は、後にマルクスなどの哲学者へ受け継がれました。

著書「法の哲学」では、ヘーゲル自身が持つ倫理感や政治思想について書かれています。彼の哲学思想には、当時のドイツにあった市民革命前夜の空気感が大きく影響していたようです。

カール・マルクス

資本論を出版し、マルクス主義を提唱したカール・マルクス
出典:Wikipedia

カール・マルクスは、思想家のフリードリヒ・エンゲルスと共に社会主義思想であるマルクス主義を確立した哲学者です。彼らが資本主義の研究を重ねた末に出版した「資本論」は、マルクス経済学として20世紀以降の思想や政治に大きな影響を与えました。

マルクス主義において、人間社会は階級対立によって発展すると論じられており、資本主義下においては支配者層と労働者層の間で対立が起こると指摘しました。彼は将来的に資本主義は内部から崩壊し、新たなシステムへ移行しなければならないと予測しています。

マルクスとはどんな人?生涯・年表まとめ【資本論や経済学についても紹介】

フリードリヒ・ニーチェ

実存主義を代表する哲学者であるフリードリヒ・ニーチェ
出典:Wikipedia

フリードリヒ・ニーチェは、ギリシア哲学の影響を大きく受けた実存主義を代表する哲学者です。実存主義とは、哲学の中心に人間の実存を設定する思想的立場を意味しています。

また、ニーチェの哲学思想は彼の妹であるエリザベートによってナチスへ売り渡され、ナチズムのイデオロギーとして利用されました。しかし、ニーチェ自身は反ユダヤ主義に対して批判的な立場をとっていた人物でした。

ニーチェとはどんな人?生涯・年表まとめ【功績や名言、性格・著書についても紹介】

マルクス・ガブリエル

ドイツの若き哲学者マルクス・ガブリエル
出典:Wikipedia

マルクス・ガブリエルは、西洋哲学の伝統を継承しながら「新しい実在論」を提唱したドイツの哲学者です。1980年生まれの若き哲学者として、現在世界的な注目が集まっています。

また、彼は史上最年少である29歳で歴史あるボン大学の正教授に就任しました。彼は専門書だけでなく哲学を題材とした一般書の執筆もしており、2018年に刊行された著書「なぜ世界は存在しないのか」は世界中でベストセラーとなりました。

日本の有名哲学者

東浩紀

日本を代表する哲学者東浩紀
出典:BUSINESS INSIDER

東浩紀は、サイエンス・フィクション作家としても活躍する日本の哲学者です。彼の代表作「クォンタム・ファミリーズ」は、小説でありながら哲学的な問題についても触れており、2010年に三島由紀夫賞を受賞しました。

また、彼は神秘的な体験や超能力などのオカルト的な要素を一切信じておらず、否定的な立場をとっています。その一方で、神の存在は信じているようです。しかし、彼が言う神とは宗教的な神ではなく、形而上学における概念としての超越を指しています。

イタリアの有名哲学者

トマス・アクィナス

神の存在証明を行ったトマス・アクィナス
出典:Wikipedia

トマス・アクィナスは、著作「神学大全」によってスコラ哲学を発展させた哲学者です。彼はアリストテレスの哲学とキリスト教思想を統合し、神の存在証明を行いました。

彼が行った神の存在証明は「宇宙論的証明」と呼ばれています。彼はこの宇宙にある全ての存在や状態を創出した根本の原因が存在すると考え、それこそが神であり「第一原因」であると言いました。この証明によって、彼は神の存在を明確にしました。

オランダの有名哲学者

バールーフ・デ・スピノザ

近代的な合理主義者として汎神論を提唱したバールーフ・デ・スピノザ
出典:Wikipedia

バールーフ・デ・スピノザは、デカルトやライプニッツと並ぶ近代的な合理主義者として知られる哲学者です。彼の代表的な哲学体系である汎神論は、後世において発展した無神論や唯物論に大きな影響を与えました。

彼の思想は、神即自然の概念で見られるような非人格的な神概念と、全ての出来事はその出来事より先行する出来事によってのみ決定しているとする「決定論」で構成されていました。そのため、彼はキリスト教神学者による非難の対象となっていたようです。

オーストリアの有名哲学者

ジークムント・フロイト

精神分析学の第一人者ジークムント・フロイト
出典:Wikipedia

ジークムント・フロイトは、人間の行動に作用する「無意識」についての研究を行ったオーストリア出身の精神科医です。彼の専門分野はあくまで精神分析学であり、正確には哲学者ではありません。

しかし、彼の精神分析学は無意識領域の存在を世界に知らしめ、現代哲学や思想界、芸術界に大きな影響を与えました。現代哲学を語る上で、彼の功績は無視できない存在です。

哲学者有名に関するまとめ

今回は世界で活躍する30人の有名哲学者について解説しました。

歴史上において、多くの哲学者が人や世界のあり方や根源について思考し、様々な理論を打ち立ててきました。答えのない学問ではありますが、その奥深さは計り知れないものがあります。今後の世界においても、哲学者や知識人が世界を牽引していくことでしょう。

この記事では主に世界の哲学者について紹介しましたが、自然科学や経済など細分化された現代学問分野において活躍した学者たちについて詳しく調べてみるのも面白いでしょう。

それでは長い時間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。

コメントを残す