死刑囚の最後の言葉ランキング100選【日本&海外】

「死刑囚が残した最期の言葉って何だろう?」
「残した言葉にはどんな意図や背景があったの?」

今回は、そんな疑問を持つ人に向け、日本と海外の死刑囚が残した最期の言葉をランキング形式でまとめました。残した言葉の意図や背景も合わせて紹介します。

この記事を読めば、死刑囚が残した最期の言葉を余すことなくチェックできますよ。

ランキングに関する補足事項
今回のランキングは、死刑囚が殺害した人数、事件や言葉のインパクトなどをもとに選定しています。

この記事を書いた人

Webライター

吉本 大輝

Webライター、吉本大輝(よしもとだいき)。幕末の日本を描いた名作「風雲児たち」に夢中になり、日本史全般へ興味を持つ。日本史の研究歴は16年で、これまで80本以上の歴史にまつわる記事を執筆。現在は本業や育児の傍ら、週2冊のペースで歴史の本を読みつつ、歴史メディアのライターや歴史系YouTubeの構成者として活動中。

100位:バーバラ・グレアム-強盗殺人犯

バーバラ・グレアム
出典:Wikipedia

「善良な人たちは、常に正しいのですとも」

バーバラ・グレアムは、アメリカの死刑囚です。

1953年に仲間で強盗を行い、住民の未亡人を殺害。後に事件は密告され、彼女たちを含めた3人が死刑判決を受けました。

刑が執行された時、彼女は僅か31歳。3度の結婚を経て3人の子供を授かっていた他、娼婦としての顔もありました。彼女の数奇な運命は、『私は死にたくない』というタイトルで2回にわたり映画化されています。

99位:ロバート・タワーリー-銃殺殺人犯

彼が最期に残した言葉の意味は?
出典:Wikipedia

「私は家族を愛している。ポテト、ポテト、ポテト」

ロバート・タワーリーは、アメリカの死刑囚であり、1991年に絞殺による殺人を行い逮捕されました。2012年に薬物注射による刑の執行が行われ、上記の言葉を残したのです。

死刑囚とはいえ家族を愛する心を持つのは当然の事。ただその後に、「ポテト」という言葉を3回述べた理由は分かりません。彼にしか分かり得ない何かがあったのでしょうか。

98位:佐藤虎美-強姦殺人犯

藤沢市にある江ノ島
出典:Wikipedia

「殺られてたまるかーー!」

佐藤虎美は、1967年に神奈川県藤沢市で女子高生を強姦絞殺の末に死体を遺棄した人物です。

彼は過去に逮捕歴があり、死刑確定後も何度も再審請求を行っていました。ただ1982年に刑は執行されています。

佐藤は体重が100kg以上ある巨漢で、刑の執行時には激しく抵抗し、上記の言葉を遺しています。予定の時間を数分過ぎた(50分も超過した説あり)後に、刑は執行されたのです。

97位:ジョージ・アペル(アップル)-警察殺害犯

彼は駄洒落が好きな男だった
出典:Wikipedia

「さて、紳士、あなたは焼きたてのアペルを見ようとしています。」

ジョージ・アペルは、1920年代に警察官を殺害し、死刑判決を受けた人物です。当時の処刑は電気椅子が一般的で、皮膚や頭髪の一部は電流で焼かれます。

アペルは駄洒落が好きな男でした。自らの名前であるアペル(アップル)と、電気椅子で焼かれる体をなぞらえて上記の言葉を残したのです。

96位:坂巻脩吉-強姦致死犯

坂巻の犯行とヒロポンの因果関係を解説する新聞
出典:資料/フロム・ザ・モルク

「お先に、先生!お世話になりました。元気でね!」

坂巻脩吉は、1954年に小学2年生の細田鏡子ちゃんを校内で絞殺した人物です。

当時の学校は開かれた空間で、学校のトイレが公衆便所の代用にされていました。事件を契機に、学校の安全対策が推進されます。

坂巻は結核で療養中もヒロポンを常用していました。死刑宣告時は「先生、おれ、死刑になっちゃった」と他人事のように弁護士に話をし、刑が執行される時も無邪気な様子でした。

彼は知的障害も持っていたのかもしれません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

765 COMMENTS

アンパンマン公式

アンパーーンマーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!

返信する

コメントを残す