【日本&世界】ユダヤ人の有名人ランキングTOP35

今も昔も世界で大きな影響を与え続けているユダヤ人。歴史上の偉人や発明家、みなさんがよく知る経営者の中にも多くのユダヤ人が存在します。

そこで、今回は世界や日本で有名なユダヤ人をランキング形式で紹介します。この記事を読む事で、世界を牽引するユダヤ人について詳しく知る事ができますよ。

ユダヤ人とは?

ユダヤ人とは、「ユダヤ教の信者」か「ユダヤ教信者を親に持つ人たち」の事を指します。そしてユダヤ教とは、「ヘブライ語聖書を先祖代々受け継ぐ集団」であり、他の宗派から改宗する事は非常に困難です。

ちなみにユダヤ人は全世界で1400万人いるとされ、イスラエルに約630万人、アメリカに570万人が住んでいます。この他にヨーロッパやソ連、カナダなどにも住んでおり、今も昔も各地で大きな功績を残しています。

この記事を書いた人

Webライター

吉本 大輝

Webライター、吉本大輝(よしもとだいき)。幕末の日本を描いた名作「風雲児たち」に夢中になり、日本史全般へ興味を持つ。日本史の研究歴は16年で、これまで80本以上の歴史にまつわる記事を執筆。現在は本業や育児の傍ら、週2冊のペースで歴史の本を読みつつ、歴史メディアのライターや歴史系YouTubeの構成者として活動中。

35位:カルメン・マキ(音楽家)

カルメン・マキ(1951年〜)
出典:フォークソングカフェ

カルメン・マキは、ユダヤ人の血を引くアメリカ人の父と、日本人の母を親に持つアーティストです。1969年に「時には母のない子のように」でデビューし、その時の紅白歌合戦に出場しました。

フォークやロックなど、幅広い楽曲を制作し、1972年にはOZというバンドを結成。現在も積極的にライブを展開しています。

34位:ケニー野村(野球選手)

ケニー野村(1959年〜)
出典:ふぅららら

ケニー野村は東欧ユダヤ系アメリカ人の父と、サッチーこと野村沙知代を母に持つ野球選手です。1979年に広島カープに入団し、後に日本ハムに入団しました。

一軍でプレーする機会はなく、1984年に引退しましたが、その後はスポーツアドバイザーとして活躍しています。

33位:アイザック・アシモフ(作家)

アイザック・アシモフ(1920年〜1992年)
出典:Wikipedia

アイザック・アシモフは、ロシア系ユダヤ人を父に持つ作家・生物学者です。3歳の頃にアメリカに移住し、後にボストン大学の教授に就任しました。

彼は生涯に500冊以上の著作を執筆。ジャンルは科学・言語・歴史・聖書と多岐にわたりますが、特にSFや科学解説書で高い評価を得ています。

32位:マイケル・ブルームバーグ(実業家)

マイケル・ブルームバーグ(1942年〜)
出典:Wikipedia

マイケル・ブルームバーグは、東欧系ユダヤ人を両親に持つ実業家です。彼は1981年に大手情報サービス会社である「ブルームバーグ」を創設しました。巨万の富を得るに至り、2018年に資産は508億ドルを突破。世界番付で11位にランクインしています。

また2002年から2018年にかけて、ニューヨークの市長に就任しており、政界でも強い影響力を有していました。

31位:デーブ・スペクター(タレント)

デーブ・スペクター(1954年〜)
出典:Wikipedia

デーブ・スペクターはアメリカ系ユダヤ人を親に持つ人物です。少年時代に知り合った日本人の少年に感化され、日本の文化に興味を持ち、日本を拠点に活動を続けています。

彼は放送作家や著作家、コメンテーター等の肩書きを持つ人物。ジョークと確信を織り交ぜたトーク力は、彼がユダヤ人である事を伺わせます。

30位:ハワード・シュルツ(経営者)

ハワード・シュルツ(1953年〜)
出典:Wikipedia

ハワード・シュルツは、ユダヤ系ドイツ人移民のアメリカ人を親に持つ実業家です。1987年にスターバックス社を買収。シアトルのコーヒーショップに過ぎなかった「スターバックス」を世界規模の会社に押し上げました。

2018年に会長を辞任し、政界入りする動きも有りましたが、現時点で出馬の予定は未定です。

29位:アブラハム・マズロー(心理学者)

アブラハム・マズロー(1908年〜1970年)
出典:ブッククラブ

アブラハム・マズローは、ユダヤ系ロシア人移民を両親に持つ心理学者です。彼は人間性心理学という概念を確立し、人間の欲求には階層がある事を主張しました。この階層は「マズローの欲求のピラミッド」と呼ばれています。

彼が生涯に執筆した論文や著書は100に及び、その影響は心理学のみならず、教育や経営学の分野にも及んでいます。

28位:カルバン・クライン(デザイナー)

カルバン・クライン(1942年〜)
出典:Wikipedia

カルバン・クラインは、ハンガリー系ユダヤ人を父に持つファッションデザイナーです。彼は、1968年に自らの名前である「カルバン・クライン」というファッションブランドを立ち上げました。

このブランドは世界的な成功を収め、彼の総資産は7億ドルを超えています。ユダヤ人としては珍しく、ファッション界で影響を残している人物です。

27位:ロザリンド・フランクリン(物理化学者)

ロザリンド・フランクリン(1920年〜1958年)
出典:Wikipedia

ロザリンド・フランクリンは、ロンドンのユダヤ人家系に生まれた遺伝子学者です。彼女は石炭やグラファイト、DNAなどの化学構造の解明に多大なる功績を残しました。

ノーベル賞受賞は確実とされましたが、37歳で卵巣癌により死去。一説には無防備に大量のX線を浴びた事が要因とされます。

26位:スタンリー・キューブリック(映画監督)

スタンリー・キューブリック(1928年〜1999年)
出典:Wikipedia

スタンリー・キューブリックはハンガリー系ユダヤ人を両親に持つ映画監督です。「2001年宇宙の旅」などの名だたる名作を生み出しました。

彼は撮影や脚本、編集に製作まで全てを一人で行い、大規模な舞台装置、刺激的な音楽手法などを映画に応用。映画界における、最も偉大で影響力のある映画製作者の1人とされます。

25位:フェリックス・メンデルスゾーン(作曲家)

フェリックス・メンゼルスゾーン(1809年〜1847年)
出典:Wikipedia

フェリックス・メンデルスゾーンは、ドイツ系ユダヤ人を父に持つドイツ・ロマン派の作曲者です。「夏の夜の夢」や「ヴァイオリン協奏曲」等の名曲を発表しました。

彼は38歳という若さで病没し、反ユダヤ主義が台頭する頃は過小評価されていました。しかし、現在では高い評価を受けるに至り、19世紀の音楽界を代表する人物とされています。

フェリックス・メンデルスゾーンとはどんな人?生涯・年表まとめ

24位:バールーフ・デ・スピノザ(哲学者)

バールーフ・デ・スピノザ(1632年〜1677年)
出典:Wikipedia

バールーフ・デ・スピノザは、オランダ系ユダヤ人を父に持つ哲学者です。彼は神即自然を常とした「汎神論」を体系化し、デカルトにならぶ17世紀の近世合理主義哲学者と称されています。

生前の彼は無神論者のレッテルを貼られ、強い批判を浴びています。ただ彼の思想はマルクスやカントなど、後の哲学思考にも強い影響を与えました。

23位:ピーター・ドラッカー(経営学者)

ピーター・ドラッカー(1909年〜2005年)
出典:Wikipedia

ピーター・ドラッカーは、ドイツ系ユダヤ人を両親に持つ経営学者です。彼は現代経営学という考え方を発明し、それはマネジメントと呼ばれています。

彼の著書「マネジメント」は応用性が高く、企業の経営者はもちろん、部活動などの組織、更には自己啓発としても活用可能。今でも多くの人がドラッカーを愛読書にしています。

22位:アキバ・ベン・ヨセフ(律法学者)

アキバ・ベン・ヨセフ(?〜135年)
出典:Wikipedia

アキバ・ベン・ヨセフは、紀元前1世紀ごろに活躍したユダヤ教最高の律法学者の一人です。彼は、「モーセ五書」の口伝伝承を整理して解釈し、ユダヤ法の発展に多大なる影響を与えました。

彼は、第2次ユダヤ戦争における首領バル・コクバをメシアとして認めており、その罪でローマ帝国に捕らえられて処刑されました。

1 2 3 4

コメントを残す