日本で実際にあった怖い事件ランキングTOP40


今まで、日本では数多くの怖い事件が起きてきました。そのほとんどはニュースでも報道されてきましたが、時間が経つにつれ私達の記憶から風化されていきます。

そのため、

「過去、日本ではどんな怖い事件が起きたの?」
「事件の内容を詳しく知りたい」

と興味を持つ人もいますよね。

そこで、今回は日本で実際にあった怖い事件40選をランキング形式で解説します。この記事を読めば、日本で起きた怖い事件を余すことなく知ることができますよ。

世界&日本の有名な死刑囚・凶悪犯罪者一覧まとめ【事件の詳細も解説】

この記事を書いた人

Webライター

吉本 大輝

Webライター、吉本大輝(よしもとだいき)。幕末の日本を描いた名作「風雲児たち」に夢中になり、日本史全般へ興味を持つ。日本史の研究歴は16年で、これまで80本以上の歴史にまつわる記事を執筆。現在は本業や育児の傍ら、週2冊のペースで歴史の本を読みつつ、歴史メディアのライターや歴史系YouTubeの構成者として活動中。

40位:佐世保小6女児同級生殺害事件 -2004年

事件のあった佐世保市立大久保小学校
出典:Wikipedia

佐世保小6女児同級生殺害事件は、2004年6月1日に長崎県佐世保市の市立大久保小学校で当時小学6年生の女子児童が、同級生の女児をカッターナイフて殺害した事件です。小学校で行われた惨劇に世間の衝撃は大きく、大きな話題となりました。

事件後、加害女児は国立きぬ川学院に送致され、2008年に退所。ただ、現在にいたるまで彼女から遺族への謝罪はなく、現在は「社会復帰の妨げにならないように」全ての情報が秘匿されています。

加害者の女子児童は、被害女児とは仲が良かったもののインターネットのチャットでトラブルが起こり、それが犯行の動機になったとされます。

現在は、子供たちもスマホやパソコンを手軽に触る時代です。似たような事件は、今後も起こってもおかしくないのです。同じ年頃の子供を持つ親にとって、この事件は何よりも恐ろしい事件かもしれません。

39位:茨城一家殺傷事件 -2019年

犯人の岡庭由征
出典:Sankei.com

茨城一家殺傷事件は、2019年9月23日に茨城県境町の林の中にある住宅で、一家4人が殺傷された事件です。防犯カメラに映る不審人物の不気味さを覚えている人もいるでしょう。2021年5月7日、捜査を経て岡庭由征という人物が逮捕されました。

岡庭は2011年、16歳の時に中学3年生の女子生徒の右顎を斬りつける事件を起こしています。岡庭は、猫の生首を高校に持ってくる等の行動を繰り返し、自宅で爆弾を製造していたのです。爆弾製造をきっかけに茨城一家殺傷事件の犯人として岡庭が浮上しました。

茨城一家殺傷事件において、被害者家族と岡庭との接点はありません。岡庭は、別の事件で「人を殺してみたかった」と述べており、自身の欲求を満たすための犯行だったと思われます。このようなサイコパスが日本のどこかにいると考えると、恐ろしい事ですね。

38位:ひかりごけ事件 -1944年

知床にある番屋(事件のものとは別)
出典:Wikipedia

ひかりごけ事件は、1944年5月に発覚した死体損壊事件です。1943年12月に、7人の乗組員を乗せた日本陸軍の徴用船が知床岬で座礁。猛吹雪の中、番屋にたどり着いたのは29歳の船長と18歳の乗組員の2人だけでした。やがて、18歳の乗組員は1ヶ月後に死亡します。

船長は、乗組員の遺体を食べて生き延び、2月に無事に生還。船長は、「奇跡の人」と呼ばれるものの、警察や軍部は船長の言動や生還の状況の不自然さから食人を疑いました。5月には、番屋で乗組員の遺体が見つかり、船長は殺人と死体遺棄の容疑で逮捕されました。

船長は殺人を否定したものの、食人は認めていたため懲役1年の判決が下りました。刑法には「食人」の規定がなく、行為自体は罪に問われていません。1954年には、武田泰淳が本事件をモチーフにした「ひかりごけ」を執筆しています。

船長は1989年に死去するまで、事件の事を多くは語りませんでした。「自分は死刑でも足りない」と自殺未遂を図った事もあり、噂が一人歩きする中でもそれらを否定する事なく、罪の意識を背負いながら生き続けたのです。

37位:豊田商事会長刺殺事件 -1985年

永野一男が刺殺された事を報道する新聞
出典:ジョージ・サエキのブログ

豊田商事会長刺殺事件は、1985年6月18日に豊田商事の会長・永野一男が大阪市北区のマンションで殺害された事件です。豊田商事は悪徳商法で2000億円の利益を巻き上げ、多くの人達から恨まれており、事件当日に逮捕される予定でした。

多くのマスコミが永野のマンションに集まる中、被害者の元上司2人が現れます。2人は玄関横の窓を割って侵入し、永野の頭部など13カ所を銃剣で刺して殺害。そのまま2人は逮捕され、その後懲役10年と8年が確定します。

殺害の瞬間こそ報道はされなかったものの、犯人達が部屋に侵入する様子は放映され、血まみれの永野がストレッチャーで運ばれる様子が映像に残されています。豊田商事会長刺殺事件は人々の記憶に焼き付き、1985年の重大ニュースの2位に選ばれました。

当時テレビを観ていた人は、突然の惨劇にトラウマになったかもしれません。

36位:福島女性教員宅便槽内怪死事件 -1989年

便槽内で見つかった奇妙な遺体
出典:ふるふワールド

福島女性教員宅便槽内怪死事件は、1989年2月28日に福島県都路村(現・田村市)の女性教員住宅の便槽の中から男性の遺体が発見された事件です。この男性は村の青年会に所属する男性で、覗き目的で便槽に侵入し、そのまま凍死したと警察は判断しました。

とはいえ、覗き目的で便槽に入るとは理解し難いですし、汲み取り口の幅は僅か36cm。成人男性が侵入するには困難な幅です。さらに、男性の遺体は上半身で衣類を胸に抱えたまま亡くなっており、遺体が見つかる4日間の間は消息不明になっていました。

井の頭公園バラバラ殺人事件「男性は殺された」と考える人は多かったものの、捜査は早々に打ち切られます。当時の村では選挙が行われており、男性は原発推進派の村長の応援を断って村長陣営から恨みを買っていたとも言われますが、真相は不明。闇の多い事件として今も語り継がれています。

1 2 3 4 5 6 7 8

1 COMMENT

コメントを残す