小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

スティーブ・ジョブズとは?激動の生涯まとめ【功績や名言、年表も紹介】

スティーブ・ジョブズの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

スティーブ・ジョブズ

ジョブズの妻ローレンから依頼されたウォルター・アイザックが著者のスティーブ・ジョブズの伝記です。ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に書かれた伝記で、ベストセラーにもなりました。ジョブズの良いところも悪いところも知れる、ジョブズの入門書としては最適な本です。

アップル・コンフィデンシャル2.5J

アップルに関する出来事が日付や時間など詳細に記述された本です。ドラマチックな内容は少なく、またジョブズ個人というよりもアップルに関する出来事がメインに淡々と記載されています。

スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?

Time詩のシリコンバレー担当記者だったこともあるマイケル・モリッツが著者のジョブズの生涯を綴った伝記です。ジョブズ本人に焦点をあてた本のため彼にまつわるエピソードや名言を多く知ることができます。

レボリューション・イン・ザ・バレー ―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏

初代Macintoshの開発者が開発の過程を綴った本です。ジョブズの生涯全てについての内容ではないものの、開発中にあった逸話などを現場の100人くらいの人から集めた内容のため、当時の開発現場の空気を味わえる本です。

スティーブ・ジョブスに関する本はこちらの記事でも紹介しています。

スティーブジョブズの関連おすすめ本6選【伝記から漫画、プレゼン、名言まで】

おすすめの動画

ドキュメンタリー スティーブ・ジョブズ VS ビル・ゲイツ ~ライバルたちの闘い~

スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツの半生を比較しながら解説されている動画です。2人の人生を平行して解説されているだけでなく当事者の本人たちのインタビューも交えているため最初にこの動画を見ると他の書籍などの情報がよりイメージしやすくなる内容となっています。

スティーブ・ジョブス 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)

ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行った伝説とも言われているスピーチの動画です。自分の生涯を振り返りながら、教育について、情熱や愛、そして死について語りかける内容は感銘を受けます。

iPhone Keynote 2007 by Steve Jobs

2007年、初代iPhoneが発表された時のプレゼンテーションの動画です。ジョブズが以下にプレゼンテーションが上手かったかが分かるとともに、当時の興奮や熱気も伝わってくる動画です。

おすすめの映画

スティーブ・ジョブズ(2013年版)

2013年に公開されたスティーブ・ジョブズの伝記を元にした映画作品です。ジョブズにそっくりと言われていたアシュトン・カッチャーが主演をしていて、当時の様子を感じることができる作品です。

スティーブ・ジョブズ(2015年版)

2013年に公開された「スティーブ・ジョブズ」と題材は同じですが、前作がジョブズの生涯についてドラマチックに描いたのに対して本作では、MacintoshやiMacといった節目となる発表会に焦点を当てて、ジョブズの激しい性格や葛藤など描いた作品です。

関連外部リンク

スティーブ・ジョブズについてのまとめ

近年最も世界を変えてきた人物の一人、スティーブ・ジョブズの生涯を振り返りました。年表にしてみると特に80年代から90年代は1年の間で状況が目まぐるしく変わるような動乱の生涯を送っていたことが分かります。

人としては破綻しているジョブズかもしれませんが、結局は自分のやりたいことに妥協せずに生きた結果、偉業をなし得たけども周りとの衝突も尋常じゃなかったんだと思います。

「ジョブズの模倣は危険」と世界の専門家も言っていることですし、彼のようにまでは振り切らないまでも、彼の遺した言葉を時折思い出しながら人生を大切にしたいな、と思いました。

この記事がどなたかのやる気や生きる気力、活力に少しでもつながれば幸いです!

1 2 3 4 5 6 7 8 9

コメントを残す