小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

芹沢鴨はどんな人?生涯・年表まとめ【暗殺の背景や愛刀、子孫も紹介】

芹沢鴨の生涯年表

芹沢鴨の生涯について今から解説していきますが、前述した通り、芹沢の生涯は謎に包まれています。今回は「芹沢鴨=下村嗣次」という説と、天保3年(1832年)に誕生したという説をもとに話を進めていきますね。

1832年 – 0歳「芹沢鴨誕生?」

水戸城にある薬医門
出典:Wikipedia

芹沢鴨のルーツ

芹沢鴨は天保3年(1832年)頃に誕生したとされます。その他には文政9年(1826年)や天保元年(1830年)説がありますが、多くの資料では天保3年(1832年)を採用しています。

芹沢は水戸藩の郷士・芹沢家の当主である「芹沢貞幹の三男」とされてきました。ただ家系図を再考した所、貞幹の四男が1824年もしくは1826年に誕生した事が判明しており、辻褄が合わなくなっているのです。

また新撰組の生き残りである島田魁は芹沢鴨の事を「又右(左)衛門 子」と書き残しています。様々な考証から近年では「芹沢鴨は又右衛門の子」という説が有力になりつつあります。

下村家の養子に

いつ頃から不明なものの、芹沢は神職の一族である下村家の養子になっています。この時代、家督を相続出来なかった次男坊以下は他家の養子になる事が多く、芹沢が養子入りした事は珍しい事ではありません。

芹沢はいくつかの家を渡り歩きながら、教養と武芸を磨いていきました。

1853〜1860年 – 22〜29歳「尊王攘夷運動に身を投じる」

黒船来航
出典:Wikipedia

水戸藩と尊王攘夷

1853年にペリー率いる黒船が日本に来航。国内では「君主を尊び、外敵を斥けようとする思想」である尊王攘夷運動が台頭します。水戸藩はもともと水戸光圀の影響から勤皇精神が強く、尊王攘夷運動の総本山と言える場所でした。

当時、下山家の養子になっていた芹沢も尊王攘夷運動に身を投じていきます。万延元年(1860年)に芹沢は玉造勢という組織に加入。玉造勢は玉造村(現・茨城県行方市)を拠点に尊王攘夷運動を行う組織であり、後の天狗党の前身になる組織でもありました。

開国に揺れる日本

当時の日本は「横浜を開港するか否か」で揺れていました。玉造勢は開港を阻止する為に、尊王攘夷運動を展開。「無二無三日本魂」といった幟を掲げ、周辺地域の豪商にお金を募っていたのです。

芹沢は熾烈な取り立てを行なっており、佐原村の名主・伊能権之丞を鉄扇で殴打する等の暴挙に出ています。ちなみにこの頃の芹沢の同志には、新家粂太郎という人物もおり、彼は後に壬生浪士組の局長になる新見錦の前名と推測されているのです。

1861〜1863年 – 30〜32歳「芹沢の投獄」

天狗党には略奪を働くものがごく一部いたとされる
出典:Wikipedia

投獄される芹沢

芹沢のお金の取り立ては強引な上、水戸藩の領地だけでなく幕府の直轄地でも行われました。江戸幕府は、水戸藩に攘夷派の活動を抑制するよう通達。水戸藩では保守派の諸生党と呼ばれる勢力が台頭し、玉造勢は水戸藩により弾圧され始めます。

芹沢は文久元年(1861年)3月28日、遊女いろ八と芹沢外記邸にいた所を捕縛されました。この頃の芹沢は配下を200〜300人も抱える大幹部だったという説もあります。芹沢は長い入牢生活を経て、文久2年(1862年)9月16日に処刑判決を受けています。

死に場所を失った男

結局、芹沢は処刑されませんでした。芹沢が入牢中に水戸藩の勢力図は一変し、攘夷急進派が政権を取り戻したからです。12月に恩赦が始まるものの「芹沢の危険性」に苦慮する声もあり、彼が出獄を許されるのは、文久3年(1863年)1月初旬の事でした。

芹沢は入牢中に死を覚悟し「雪霜に 色よく花の 咲きがけて 散りても後に 匂ふ梅が香」という辞世の句を残しています。実際、獄死した同志もおり、芹沢はある意味で死に場所を失ったとも言えるのです。

釈放後に「下村嗣次」という男は姿を消し、代わりに歴史に名前が登場したのは「芹沢鴨」という男でした。この史実からも「下村嗣次=芹沢鴨」という事は間違いないとされています。

1861年2月 – 32歳「浪士隊に参加する」

清河八郎
出典:Wikipedia

浪士隊に参加する

文久3年(1863年)2月5日、江戸で「14代将軍・徳川家茂の上洛に対して警護をする組織」の応募が行われます。これは浪士組と呼ばれ、芹沢鴨は新見錦・平山五郎・野口健司・平間重助などの同志と共に参加しています。

同じく浪士組には江戸の剣術道場・試衛館の出身者である近藤勇土方歳三なども参加しており、芹沢は彼らと京都まで行動を共にしています。

清河八郎の策略

2月23日に彼らは京都に到着します。しかし浪士組の発案者・清河八郎は「浪士組を将軍警護ではなく、尊王攘夷の先鋒にする事」を考えていました。29日に清河は攘夷決行の為に江戸帰還を宣言しますが、芹沢派や近藤派はこれに反発しています。

結果的に清河八郎と200名程の面々は江戸に戻り、新徴組を結成。これに納得出来ない芹沢を含む17人(もしくは24人)は京都に残留。彼らは後に壬生浪士組を結成すると事になるのです。

1861年3月 – 32歳「壬生浪士組の局長筆頭になる」

壬生浪士組から逃走し、幕末を生き延びた根岸友山
出典:Wikipedia

壬生浪士組結成

3月10日、京都に残留した面々は京都守護職の立場にあった松平容保の「御預かり」となります。彼らは八木邸を拠点に活動を開始します。

彼らは「壬生浪士組」と呼ばれるものの、早速内部抗争が勃発。3月25日には殿内義雄が近藤に暗殺させられ、4月24日に家里次郎が芹沢や近藤により切腹させられています。更に根岸友山らが逃亡すると、壬生浪士組は近藤派と芹沢派が牛耳る事になりました。

この状況下、芹沢鴨が壬生浪士組の局長筆頭、近藤勇と新見錦が局長となり(新見は副局長にすぐに降格)、壬生浪士組の序列は決まりました。なぜ、芹沢が局長筆頭になったのかは不明なものの、玉造勢の大幹部だった事が要因かもしれません。

1861年6月 – 32歳「問題行動を起こし始める」

芹沢は力士を殺傷した
出典:Wikipedia

芹沢という危険な男

芹沢は今橋の平野屋五兵衛から百両を借用したり、松平容保に攘夷実行の上書を提出するなど、局長としての責務をこなしていきます。ただ同時に様々な揉め事も起こし始めました。

6月3日に「不逞浪士」取締りの為に芹沢ら8人(10人説あり)は大阪に下向。道を譲らなかった力士に芹沢は暴行を加えました。報復に来た力士20余名と、芹沢や沖田などの隊士達は乱闘騒ぎを起こし、力士を死傷させています。

角屋での暴挙

芹沢が騒動を起こした角屋
出典:Wikipedia

同月に京都で乱暴狼藉を働く壬生浪士組に、水口藩の公用方は会津藩に素行の悪さを訴えました。それに激怒した芹沢は隊士を水口藩に向かわせ、当事者の身柄引き渡しを求めました。対応者は平伏し、詫び証文を書いて、その場を納めさせています。

藩主に詫び証文の記載がバレる事を恐れた対応者は、仲介人を通して証文の返却を依頼。芹沢はそれを口実に水口藩に宴会をする事を要求しています。島原の角屋で宴会が行われ証文は返却されるものの、芹沢は「店の態度が悪い」と立腹しました。

結果的に芹沢は店の中で暴れまわり、店主の角屋徳右衛門に7日間の営業停止を命じています。芹沢は京都の街を恐怖に陥れつつあったのです。

1861年8月 – 32歳「大和屋焼き討ちに八月十八日の政変」

会津藩主・松平容保
出典:Wikipedia

大和屋の焼き討ち

ある日、京都にある大和屋という豪商が尊王攘夷派の天誅組に軍資金を提供したという噂が芹沢の耳に入ります。ただ天誅組は「幕府の倒幕」を目論むグループで、壬生浪士組とは方向性が違いました。

8月12日に芹沢は資金調達の為に隊士を連れて大和屋を訪れます。しかし大和屋は主人の不在を理由に資金調達を拒否。立腹した芹沢は35人の隊士を連れて大和屋を訪れ、大和屋に火を付けて全焼させました。

八月十八日の政変

乱暴狼藉の限りを尽くす芹沢ですが、その直後に起こる八月十八日の政変では幕府側の警備として参加しています。芹沢の処遇に会津藩は頭を抱えていました。

1861年9月 – 32歳「芹沢の逮捕命令が出る?」

芹沢暗殺の実行犯となる土方歳三
出典:Wikipedia

芸妓の髪を断髪させる

9月に壬生浪士組は幕府の要人警護の為に大阪に出張しています。この時に芹沢は永倉新八とお酒を飲んでいました。芹沢は吉田屋のお気に入りの芸妓・小寅を永倉はお鹿という中居を呼び寄せて宴会は再開されます。

宴会が終わる頃、芹沢は小寅に「帯を解け」と要求。芹沢を嫌う小寅はそれを許しませんでした。宴会は終了するものの、翌日に芹沢は「昨夜の2人の態度は失礼なので二人の首を斬る」と永倉に伝えています。そしてその日は吉田屋に行く事になりました。

永倉は情報を事前に吉田屋に伝え、吉田屋は芹沢を丁重に出迎えて芹沢の機嫌を取ろうとしました。しかし芹沢の怒りは収まらず、小寅とお鹿の髪を断髪。その髪の毛を酒の肴にして宴会をしています。

永倉新八とはどんな人?新撰組最強だった?【愛刀や子孫、登場作品も紹介】

朝廷も芹沢を見限る

この行動に朝廷は立腹。会津藩に芹沢の逮捕命令を出したとされます。この頃に芹沢に立腹していたのは松平容保だけでなく、もう1人の局長である近藤勇も同様でした。何かしらの策略が両者の中にあったのかもしれません。

余談ですが髪を切られた小寅は「嫌な客には肌を見せない態度が立派」と評判になり、裕福な町人に身請けされました。お鹿も永倉が他家に縁組させるさせており、2人に救いはあったようですね。

1 2 3 4

コメントを残す