【衝撃】おかしくなって干された芸能人ランキングTOP30

この記事を書いた人

某週刊誌の元記者

東条りな

Rekisiru編集部、東条りな(とうじょうりな)。新卒で某有名週刊誌を運営する出版社に入社。8年勤務したのち結婚を機に退社。芸能ネタとネットゴシップ収集が生き甲斐であり趣味であり仕事。現在はWeb系メディアを中心にメディア編集業に従事。

30位:坂口杏里(タレント)

坂口杏里(2024年)
出典:その話

坂口杏里は、俳優の坂口良子を親に持つ元タレントです。彼女は2008年にデビューするものの、徐々に奇行が見られ始め、2016年に所属事務所を退職しました。

同年にセクシー女優に転向し、2017年に恐喝未遂容疑で逮捕されます。キャバ嬢として働いていたものの、2019年に交際相手のホスト(恐喝した人と同一人物)の家に侵入し逮捕されました。

坂口良子の死が彼女を変えたのか?
出典:その話

2022年6月に結婚したものの、翌年に離婚。この期間にけいれんを起こして救急搬送されるなど、話題は途切れません。芸能界復帰を目指している噂もありますが、一連のエピソードから絶望的でしょう。

29位:ハウス加賀谷(お笑い芸人)

ハウス加賀谷(左)と、松本キック(右)
出典:Doctors Me 安心をもっと身近に

ハウス加賀谷は、お笑いコンビ「松本ハウス」のボケ担当。1991年に松本ハウスは結成され、電波少年などでブレイクするものの、1999年にハウス加賀谷は統合失調症の診断が下ります。

高校の頃から、ハウス加賀谷は幻聴などの症状に悩まされ、一時はグループホームで生活していました。ハウス加賀谷は芸能界から一時離脱し、相方の松本キックはピンで活動しました。

電波少年に出演していた頃のハウス加賀谷
出典:ビデックス

ハウス加賀谷の症状が軽快してから約10年。松本ハウスは「JINRUI」と改名して活動を再開。現在はお笑い以外に、統合失調症にまつわる講演活動も積極的に行っています。

28位:ナオキ(ミュージシャン)

ナオキ
出典:思い立ったが吉日 

ナオキは、ロックバンド「Hysteric Blue」のギター。彼は2004年に強姦と強制わいせつの罪で懲役12年の実刑判決を受けました。同バンドは1997年に結成され、1999年に紅白に出場するなど、頭角を現していきます。

一方で、ナオキは2001年に自殺未遂をしており、2003年に同バンドは活動を休止。事件前に妻は出産を控えていました。様々な環境の変化が、彼をおかしくしてきたのかもしれません。

再び事件を起こしたナオキ
出典:痛いニュース

ナオキは2016年に釈放されるものの、2020年9月、強制わいせつ致傷容疑で再び逮捕されます。もはや彼の復帰を望む声はありません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

コメントを残す