覚醒剤や大麻、コカインなどで逮捕された39人の芸能人

この記事を書いた人

某週刊誌の元記者

東条りな

Rekisiru編集部、東条りな(とうじょうりな)。新卒で某有名週刊誌を運営する出版社に入社。8年勤務したのち結婚を機に退社。芸能ネタとネットゴシップ収集が生き甲斐であり趣味であり仕事。現在はWeb系メディアを中心にメディア編集業に従事。

39位:国母和宏(スノーボード選手):大麻

大麻の密輸で逮捕された国母さん

国母和宏はバンクーバーオリンピックに出場したスノーボード選手です、彼は2018年に大麻の密輸で逮捕され、執行猶予の判決を受けました。現在は友人のアパレルブランドに携わり、モデルとしても活躍しています。

記者会見での発言で大炎上

初公判では、「大麻は北米で14歳ごろから使用していた。英語が喋れず大麻を吸うことがコミュニケーションのひとつだった」と話し、どこか、幼いころから大麻に手を出していたことを誇りにでも思っている様子だった国母被告。

弁護側の被告人質問では「自分の夢はムービースターになること」「ハーフパイプとバックカントリーの両方で一番レベルの高いところでやれている」などと自身の経歴をアピールする国母被告を、弁護人は「国民栄誉賞級の人物」として、刑の軽減を求めていた。

文春オンライン

38位:清原和博(野球選手):覚醒剤

清原和博

清原和博は、西武、巨人、オリックスなどで活躍した野球選手です。彼は2016年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、執行猶予4年の判決となりました。現在はタレントや評論家活動も展開。開設したyoutubeはプロ野球OBが発信するチャンネルの中で1位となっています。

覚醒剤を使用しているときは見た目も発言も少しおかしかったと言われています

清原さんは、週刊文春の取材に以下のように答えています。

致死量を超えていました。

家族を失ったぼくはそれで薬物をやめるどころか、孤独を埋めるためにどんどん薬物を使うようになっていきました。

もう半分は自暴自棄になっているので「あぶり」では物足りなくなって注射器を使って、静脈から直接体内へと入れるようになっていったんです。

文春オンライン

NEXT ▶︎ 『世界に一つだけの花』を創ったあの人
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

6 COMMENTS

rinax

広告が本当に多すぎて。
読む時間がかかるので、読むのをやめてしまいます。

興味がある記事でも、毎回断念してます。

返信する

コメントを残す