【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

日本で起きた凶悪事件・怖い事件ランキングTOP30

「過去、日本で起きた凶悪事件って何だろう?」
「犯人は事件後どうなったの?」

今回は、そんな疑問を持つ人に向け、日本で起きた凶悪事件30選をランキング形式でまとめました。事件の詳細はもちろん、犯人のその後についても解説します。

世界の凶悪事件ランキングは下記の記事で紹介しています。

世界の凶悪事件ランキングTOP10【最悪の猟奇殺人も紹介】

この記事を書いた人

一橋大卒 歴史学専攻

京藤 一葉

Rekisiru編集部、京藤 一葉(きょうとういちよう)。一橋大学にて大学院含め6年間歴史学を研究。専攻は世界史の近代〜現代。卒業後は出版業界に就職。世界史・日本史含め多岐に渡る編集業務に従事。その後、結婚を境に地方移住し、現在はWebメディアで編集者に従事。

【30位~21位】日本で起きた凶悪事件・怖い事件ランキング

 30位:名張毒ぶどう酒事件-1961年

逮捕された奥西勝死刑囚
出典:はちま速報

名張毒ぶどう酒事件は、1961年3月28日に三重県名張市葛尾の公民館で集落の懇親会で出されたワインを飲んで5人が死亡し、17人が中毒症状を起こした事件です。混入された毒物はニッカリンTという毒物でした。

結果的に逮捕されたのは奥西勝という鉄道会社の職員でした。決め手は被害者の中に奥西さんの妻と愛人がいた為であり、警察は「三角関係を解消する為の犯行」と判断。奥西さんは1972年の最高裁判所で死刑判決が下ったのです。

警察は執拗な自白を強要したとされ、奥西さんと支援団体は生前9度にわたる再審請求を要求。彼は無実を訴え続けたものの、死刑判決から43年後に89歳で死亡しています。

当事件を題材とした出版物も数多く出ていますが、その殆どが「奥村さんは冤罪」という主張に則ったものです。奥村さんが犯人ではない場合、誰がこのような凄惨は事件を起こしたのでしょうか。凶悪事件ではあるものの、事件の全貌は未だ不明です。

29位:三菱銀行人質事件-1979年

犯人の梅川昭美
出典:海Cafe2

三菱銀行人質事件は、1979年1月26日に大阪市住吉区の三菱銀行北畠支店で起きた銀行強盗事件です。犯人の梅川昭美は行員と客30人以上を人質に立てこもり、警察官2名と支店長と行員、計4名を射殺。国内の人質事件では初の死者が出た事件となりました。

梅川は犯行当時は30歳ですが、15歳で強殺事件を起こした前科がありました。梅川が少年院に入る時、裁判官は「少年が今後社会に出れば、再び犠牲者が出る可能性があるが、少年であるがゆえに処罰しえない」と発言。その懸念は現実となったのです。

梅川は三菱銀行人質事件で女性行員を全裸にして肉の壁にした他、死亡したとされた行員の耳を切り落とさせる等の猟奇的な行動を命じ続けました。立て篭もりは42時間にわたり、最終的には梅川が射殺される事で事件の幕は閉じています。

28位:奈良小1女児殺人事件-2004年

犯人の小林薫元死刑囚
出典:NeeSee

奈良小一女児殺人事件は、2004年11月17日に奈良県奈良市で当時小学1年生だった女児が誘拐の末に殺害された事件です。犯人は新聞販売店の従業員・小林薫であり、女児に対する強制わいせつ行為で懲役刑に処された過去がありました。

小林は「女の子に悪戯をしたい」という欲求に駆られ、7歳の女子児童を誘拐。自宅に連れ込んで湯船に沈めて殺害し、わいせつな行為や歯を折る等の死体損壊行為を繰り返しました。

小林は女児の携帯電話で「娘はもらった」などの趣旨のメールと少女の写真を母親に送り付けた他、女児の遺体を自宅から離れた場所に遺棄。その後母親の携帯に再度「次は妹を狙う」とメールを送っています。

しかしメールの送信履歴から小林容疑者が浮上し、逮捕にいたっています。逮捕された小林容疑者の自宅からは幼児ポルノのビデオが大量と盗まれたものとみられる女子の下着が沢山あったそうです。小林薫は死刑判決が下り、2013年に死刑が執行されました。

27位:横浜港バラバラ殺人事件-2009年

逮捕された池田容之
出典:elife

横浜港バラバラ殺人事件は、2009年6月18日に横浜市で発生したバラバラ殺人事件です。犯人グループはベトナムから麻薬の密輸を行なっており、トラブル関係にあった麻雀店の経営者と従業員をホテルに呼び出し、生きたままチェーンソーで首を切断しました。

犯人グループは8人いて、計画を構想したのはグループの主犯である近藤剛郎、実行犯は池田容之という人物です。被害者が「家族に電話させてください」と懇願する中、池田は「動くと切れないじゃないか」と冷徹な言葉を発しています。

その後犯人たちは遺体を解体し、横浜港や山梨県の山に遺棄。そして池田容之は当初2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、その後強盗殺人容疑で再逮捕されました。

犯行の動機は、近藤剛郎という男が池田に殺害を依頼、理由は麻雀店の経営を被害者に取られ邪魔な存在だったからだといいます。そのため近藤は池田に殺害を依頼。池田は組織での地位を高めるために犯罪を決行したというのです。

その後池田は逮捕され死刑判決が下され、近藤は逮捕されておらず海外に逃亡。2021年現在も逮捕されておらず国際指名手配されています。

26位:江東マンション神隠し殺人事件-2008年

犯人の星島貴徳
出典:ザ・ミステリー体験

江東マンション神隠し殺人事件は、2008年4月18日に東京江東区のマンションで、女性が拉致の末に殺害された事件です。被害者女性が神隠しにあったかのように消えてしまったことから「神隠し事件」と当初は言われていました。

犯人の星島貴徳は同じ被害者女性と同じアパートに住んでいたものの、面識はありませんでした。星島は性奴隷確保を目的に被害者女性の部屋に侵入。騒がれた事から女性を殴打し、そのまま自室に連れ込み殺害したのです。

更に被害者の遺体を解体し、トイレに流したり生活ごみに出す等して遺棄。一度遺体が自宅にあるときに警察が家宅捜索していますが、堂々と振舞っていたため遺体が入っていた段ボールを調べられずにすんでいます。その後逮捕され、無期懲役が確定しています。

25位:光市母子殺害事件-1999年

犯人の少年に死刑判決が下ったことを報じる新聞記事。中央の男性は被害者の夫。

光市母子殺害事件は、1999年4月14日に山口県光市のアパートで発生した強姦殺人事件です。その残虐性から世間に衝撃をあたえただけでなく、被告側弁護団の弁護内容も大きな波紋を呼びました。

容疑者の18歳の少年は、23歳と生後11ヶ月の母子が済むアパートに強姦目的で侵入。抵抗されたことに対して少年は、母親の首を絞めて殺害後に屍姦しました。そして、泣き止まない子どもに腹を立て、子どもも殺害。殺害後は遺体を隠し、財布を持ち去って逃げ去ったのです。

判決で少年は死刑が確定したものの、この裁判の家庭で弁護団が少年の主張と異なることを弁論したため、世間に波紋を広げました。一部では弁護士の懲罰請求運動の動きも見られるほどになり、弁護士の職務に対する問題提起ともなった事件となったのです。

24位:加古川7人殺害事件-2004年

犯人の藤城康孝
出典:すそ洗い

加古川7人殺害事件は、2004年8月2日に兵庫県加古川市(旧西住吉村区域)で、発生した連続殺人事件です。犯人の藤城康孝は両隣に住む親類8人を刃物で刺し、7人を殺害。自殺を弟に仄めかすものの、最終的には警察に逮捕されています。

藤城は幼少期から親戚から邪魔者扱いされていると感じ、恨みを持っていました。この地域では「分家する時は無償で土地や家を譲渡する」という決まりがあったものの、親類はそれを拒否。藤城の家は本家が所有し、藤原の母も陰湿なイジメを受けていたのです。

ただそれを差し引いても藤城の凶暴な性格は強く、小学校時代には嫌がらせを受けた相手に包丁を持って追いかけた事もありました。この事件は地方特有の陰湿な村社会と、藤城の凶暴性が交錯した悲劇でした。藤城は2015年に死刑が確定し、現在も服役中です。

23位:闇サイト殺人事件-2007年

犯人3名の写真
出典:過疎地の町から

闇サイト殺人事件は、2007年に名古屋市で起きた金銭目的の殺人事件です。「闇の職業安定所」で結びついた川岸健司・神田司・堀慶末の3名は「若い女性を拉致して金を奪えばよい」と強盗事件を起こしました。

彼らは帰宅途中の被害者に声をかけ、車に拉致。被害者を選んだ理由は「たまたま通ったから」でした。そして被害者から現金6万2千円とキャッシュカードを強奪。無残に殺害した後で、遺体を岐阜県瑞浪市の山中に遺棄したのです。

その後主犯格の川岸健治が、死刑を免れたいという理由から自首。それから芋づる的に2人も逮捕されました。主犯格の川岸は早期逮捕に貢献したということで無期懲役、神田と堀は死刑が言い渡されましたが、後に堀は無期懲役に減刑。

しかし余罪があったために再度死刑判決が下されました。堀は現在死刑囚として拘置所に収監されていますが、神田は2015年に死刑が執行されました。

22位:埼玉愛犬家連続殺人事件-1993年

夫婦が経営していたペットショップ・アフリカケンネル
出典:Wikipedia

埼玉愛犬家連続殺人事件は、1993年4月から8月に埼玉県熊谷市で発生した連続殺人事件です。ペットショップを経営する元夫婦の関根元と風間博子は、トラブルになった顧客ら計4人を殺害。この他に3人の男女が失踪していますが、立件されていません。

関根は「ボディを透明にする」として、遺体を店の役員の家で解体。肉は数cm刻みにし、骨は灰になるまで焼却し、それらは山林や川に遺棄されています。失踪者と元夫婦の関連が判明する中、マスコミは大々的に事件を報道し始めます。

結果的に事件に協力させられていた役員が犯行を供述。被害者4人の遺体の一部が見つかり、関根と風間は逮捕されました。元夫婦は共に死刑判決を受けたものの、関根は2017年に病死。風間は現在も冤罪を訴えています。

ちなみに店の役員は懲役3年の実刑判決を受けた後で1998年に出所。事件の顛末を著した本を出版しています。

21位:帝銀事件-1948年

凄惨な事件現場
出店:Wikipedia

帝銀事件は、1948年1月26日に東京都豊島区の帝銀事件で起きた銀行強盗殺人事件です。東京都防疫班の服を着た男は「近くの家で集団赤痢が発生した。予防薬を飲んでもらいたい」と青酸化合物を飲ませ、それを飲んだ行員や客ら12人が死亡しました。

結果的に8月21日平沢貞通という画家が逮捕されます。平沢は事件前後に詐欺事件を起こしていた他、出所不明の被害総額と同等のお金を預金していた等、不審な点はあったものの、確実な証拠と呼べるものはありませんでした。

平沢は拷問のような取り調べを受けた後に犯行を自白しますが、これが警察の圧力である事は明白でした。1955年に死刑判決がくだるものの、彼が無実であるという意見は根強く、刑が執行される事のないまま1987年に95歳で死去しています。

事件当時の日本はGHQの占領下にあり、事件の影には旧軍関係者やGHQの声も疑われています。帝銀事件は戦後有数の凶悪事件であると共に闇の深い事件でもあるのです。

1 2 3 4

13 COMMENTS

京藤 一葉

> 匿名 さん
そうですね、本当に悲しい事件ばかりです。
こういう事件が起きない世の中になって欲しいです。

返信する

コメントを残す